バレンシアDFモントーヤがベティス移籍を希望

2018.08.04 19:40 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バレンシアのスペイン人DFマルティン・モントーヤ(27)が、ベティス移籍を目指しているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。▽バレンシアは今夏、スポルティング・リスボンからイタリア人DFクリスティアーノ・ピッチーニを完全移籍で獲得。これにより控えに回されることが濃厚とみられているモントーヤが、退団を希望しているようだ。

▽同選手の代理人が、スペイン『ABC』に以下のように明かしている。


「これ以上(プレシーズンの)フレンドリーマッチに参加したくないということを、彼は既にバレンシアに伝えている」

「彼はベティスに移籍したいと思っていて、それは監督に伝達済みだ」

▽日本代表MF乾貴士も今シーズンから加入した、魅力的な攻撃サッカーを特徴とするベティスへの移籍を望むモントーヤ。しかし、バレンシアの見込む移籍金700万ユーロ(約9億円)に対してベティスは半額も用意することが出来ておらず、金銭面が課題となっていることも伝えられている。

▽バルセロナのマシアで育成されたモントーヤは、2010年にトップチームデビューを果たしたものの、定位置を掴むことはできず。2015年夏にレンタルで加わったインテルでも満足のいく出場機会を確保することは叶わず、2016年夏にバレンシアに完全移籍していた。昨シーズンは、公式戦31試合4アシストを記録している。
関連ニュース
thumb

フランクフルト、バレンシアから期待の逸材FWを獲得

フランクフルトは17日、バレンシアからU-16スペイン代表FWファビオ・ブランコ(17)を獲得した。契約期間は2023年6月30日までで、延長オプションが付随している。 2016年にバレンシアのアカデミーに入団したファビオ・ブランコは、各カテゴリで文句なしのパフォーマンスを発揮。今季から飛び級でフベニールA(U-19相当)に昇格すると、突破力に優れたプレーと主戦場が右ウイングであることからサポーターから“フェラン・トーレス2世”と評されていた。 また、U-16スペイン代表としてもプレーするファビオ・ブランコに関しては、バルセロナやレアル・マドリー、バイエルン、マルセイユなど国内外のビッグクラブが興味を示していたが、最終的にはフランクフルトが逸材FWの確保に成功した。 フランクフルト移籍が決まったファビオ・ブランコは、公式サイトで以下のように喜びを語っている。 「ベン・マンガ氏との話し合いで、僕も家族もフランクフルト移籍が次の成長へのステップになると確信しました。クラブはここ数年で素晴らしい発展をみせており、来季は国際大会に出場することから多くの出場機会を期待できる。ここでさらに成長し、故郷から遠く離れることになるけどそこでステップアップを遂げたい。ドイツでの生活をとても楽しみにしているよ」 2021.05.18 02:02 Tue
twitterfacebook
thumb

エン=ネシリ弾でバレンシアに競り勝ったセビージャが3戦ぶりの白星! 逆転優勝へわずかな望み繋ぐ《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第36節、セビージャvsバレンシアが12日にサンチェス・ピスフアンで行われ、ホームのセビージャが1-0で勝利した。   前節、2位のレアル・マドリーとの上位対決を土壇場の失点によって2-2のドローで終え、逆転での優勝が大きく遠のいた4位のセビージャ(勝ち点71)。それでも、可能性が残る限り全力を尽くすアンダルシアの雄は、自力での残留に向けて1ポイントを残す13位のバレンシア(勝ち点39)を相手に勝利を狙った。   ベンチ入り禁止処分が解けたロペテギ監督は、3試合ぶりの白星を狙う一戦に向けて先発5人を変更。アクーニャに代えてエスクデロを左サイドバックに置いたほか、ラキティッチとフェルナンドに代えてグデリとオリベル・トーレス、前線はパプ・ゴメスとオカンポスに代わってエン=ネシリ、オスカルがスソと3トップを組んだ。   マキシ・ゴメスを最前線に残す[5-4-1]の守備的な布陣を採用したバレンシアを相手に立ち上がりから攻勢を仕掛けていくセビージャ。   相手陣内でボールを動かすものの、なかなか相手の守備ブロックを揺さぶり切れずにいる中で16分にはボックス左に抜け出したエン=ネシリにシュートチャンスもニア下を狙った左足のシュートはサイドネットを叩く。   以降も攻め手が乏しいホームチームは22分に相手の背後に飛び出したスソが冷静にGKとの一対一を制すが、これは惜しくもオフサイド。さらに、ボックス付近でボールを引き出すスソが再三のフィニッシュに繋げていくが、相手の粘り強い守備を前に前半の内にゴールをこじ開けることはできなかった。   迎えた後半、押し込まれる入りとなったセビージャは立ち上がりにバジェホに続けて際どいシュートを許すなど、難しい入りとなる。これを受けてロペテギ監督は59分、エスクデロとグデリ、オリベルに代えてアクーニャ、フェルナンド、パプ・ゴメスを投入。   すると、この3枚替えがすぐさまゴールをもたらす。66分、ボックス手前でルーズボールを回収したフェルナンドのショートスルーパスに反応したエン=ネシリがDFフェッロと完璧なタイミングで入れ替わると、冷静にGKとの一対一を制した。   主砲エン=ネシリの今季18点目でようやく先制に成功したセビージャは、攻撃的なカードを切って前がかるバレンシアの攻撃を受け止めながらカウンターから相手を仕留めにかかる。ただ、先制後はなかなか決定機まで至らず、最少得点差の痺れる状況が続く。   その後、ウノセロのまま試合は最終盤に突入し、セビージャ側には土壇場で追いつかれたマドリー戦の悪夢がよぎるが、バレンシアの攻撃が迫力不足ということもあり、何とかこのまま試合をクローズした。   この結果、3戦ぶりの白星を手にしたセビージャがわずかながらも逆転優勝の可能性を残した。 2021.05.13 03:59 Thu
twitterfacebook
thumb

低迷バレンシアがグラシア監督を解任、暫定監督は通算6度目のボロ氏に

バレンシアは3日、ハビ・グラシア監督(51)の解任を発表した。 なお、暫定指揮官にはチームオフィシャル(試合統括者)である“ボロ”ことサルバドール・ゴンサレス氏(57)が就任する。 ハビ・グラシア監督は、現役時代はアスレティック・ビルバオの下部組織で育ち、ジェイダやレアル・バジャドリー、レアル・ソシエダ、ビジャレアル、コルドバでプレーした。 引退とは指導者の道を歩み、カディスやアルメリア、オサスナなどのスペインクラブやギリシャでも指揮。近年はルビン・カザン、ワトフォードを指揮し、2020年7月に久々にスペインへと復帰していた。 今シーズンは開幕からなかなか調子が上がら図、中位をさまようことに。後半戦に入ってもチームは立ち直らず、ここ6試合はリーグ戦未勝利が続いていた。 2日には第34節でバルセロナと対戦し、2-3で逆転負け。降格圏の18位ウエスカとの勝ち点差が「6」となり、残り4試合でしっかり残留するために監督交代に踏み切った。 ボロ氏は、バレンシアの下部組織出身で、テネリフェやデポルティボ・ラ・コルーニャでプレー。引退後はバレンシア一筋でキャリアを続けており、なんと今回が6度目の暫定監督となる。 過去には、ロナルド・クーマン監督、マウリシオ・ペジェグリーノ監督、パコ・アジェスタラン監督、チェーザレ・プランデッリ監督、アルベルト・セラーデス監督の後任に暫定で就いていたことがある。 2021.05.03 19:30 Mon
twitterfacebook
thumb

メッシがドブレーテ、逆転勝利のバルセロナは次節2ポイント差の首位アトレティコと激突《ラ・リーガ》

バルセロナは2日、ラ・リーガ第34節でバレンシアとのアウェイ戦に臨み、3-2で逆転勝利した。 前節グラナダ戦を痛恨の逆転負けに終わり、首位浮上のチャンスを逸した3位バルセロナ(勝ち点71)。首位アトレティコ・マドリーを暫定5ポイント差で追う中、グラナダ戦での退席処分によりクーマン監督がベンチ入り禁止となったチームは、ここ数試合同様にメッシとグリーズマンの2トップとする[3-5-2]で臨んだ。 5バックを形成する14位バレンシア(勝ち点36)に対し、立ち上がりにペドリが決定的なシュートを放ったバルセロナが一方的に押し込む展開で推移していく。すると12分に決定機。FKからアラウホがボレーで合わせたものの、ゴール至近距離からのシュートはGKシレッセンの好守に阻まれた。 守勢に回るバレンシアは20分、ゴンサロ・ゲデスの持ち上がりからガヤがシュートに持ち込むも枠を捉えきれない。さらに26分、ガヤが左サイドを持ち上がってクロスを送ると、ラチッチがダイレクトで合わせたが、シュートはGKテア・シュテーゲンが防いだ。 カウンターで揺さぶられたバルセロナは31分、メッシが直接FKで牽制するも、ハーフタイムにかけてもチャンスは生み出せずに前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半開始4分、カウンターを受けたバルセロナはゲデスに決定的なシュートを許したが、GKテア・シュテーゲンが防いだ。しかし直後の左CKからガブリエウにヘディングシュートを決められた。 それでも56分、すかさずPKを獲得する。メッシの浮き球パスがゴール前のF・デ・ヨングにつながりかけたところでラトのハンドがあった。このPKをメッシはGKシレッセンに止められるもルーズボールをペドリが蹴り込み、さらにDFにカットされてこぼれたボールをメッシが押し込んだ。 さらに63分、バルセロナが一気に逆転する。左サイドからのジョルディ・アルバのクロスをF・デ・ヨングがヘッドで合わせると、シュートはGKシレッセンに止められるも、ルーズボールをグリーズマンが押し込んだ。 そして69分、バルセロナがリードを広げる。ボックス手前中央で得たFKをメッシが直接狙うと、右ポスト内側に当たってゴールに吸い込まれた。 終盤の83分にソレールにゴールを許して1点差とされたバルセロナだったが、3-2で逆転勝利し、次節アトレティとの首位攻防戦に向けて大きな勝利を掴んでいる。 2021.05.03 05:51 Mon
twitterfacebook
thumb

試合中の人種差別を疑われたカディスDF、ラ・リーガは証拠なしと判断

先日、試合中に選手から人種差別発言を受けたとして試合がボイコットされそうになった事件だが、進展があったようだ。 事件は4日に行われたラ・リーガ第29節のカディスvsバレンシアで発生。1-1で迎えた30分、バレンシアのフランス人DFムクタル・ディアカビとカディスのDFフアン・カラが衝突。ディアカビが激怒し、カラから人種差別的な言葉を浴びせられたと主張。しかし、主審からイエローカードが提示されたディアカビは、そのままピッチを去ってしまった。 試合は30分間の中断を経て再開。ディアカビはそのままスタンドで試合を見守った一方で、カラは6日に「そんな事実はない」と真っ向から人種差別発言を否定していた。 この事件に関して、ラ・リーガが調査に動いているとされていたが、スペイン『ディアリオ・デ・カディス』によると、人種差別発言の証拠がなかったようだ。 ラ・リーガは、カディスとバレンシアの試合での音声に対してフィルタリングとクリーニングを専門とする企業の協力を仰いだとのこと。また、映像もチェックし、ジェスチャーや会話、読唇術を使うなどして調査したようだ。 スペイン『アス』によれば、その中で聞こえた表現は「たわごと」、「僕を放っておいて」、「申し訳ない。怒ってはいけない」だけだったとのこと。ディアカビに対する人種差別発言はなかったとされている。 バレンシアは人種差別を疑わず、クラブを上げてディアカビをサポートし、人種差別反対の映像を撮影。一方のカラは自ら記者会見でこの件について触れ、記者の質問に応え真っ向から否定していたが、今回の調査ではカラの主張が認められることとなった。 なお、今回のカラへの扱いに対してカディスは法的措置も視野に入れていたが、今回の件でバレンシアを訴えることはしないようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】バレンシアは人種差別反対に立ち上がる動画を撮影</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIxVndUd09qVyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.04.09 11:30 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly