ベティス、エバートンからGKロブレスを完全移籍で獲得!5年ぶりにスペイン復帰

2018.07.06 03:35 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ベティスは5日、エバートンからスペイン人GKジョエル・ロブレス・ブラスケス(28)を完全移籍で獲得した。契約期間は2022年6月30日までの4年間となる。

▽アトレティコ・マドリーユース出身のロブレスは、10代の頃から各年代のスペイン代表に選出されるなど、将来を嘱望された逸材。しかし、トップチームに昇格後は、同年代に在籍したスペイン代表GKダビド・デ・ヘア(現・マンチェスター・ユナイテッド)からポジションを奪えず、2012年1月にラージョ・バジェカーノ、2013年1月にはウィガンへレンタル移籍した。

▽その後、2013年の夏にウィガン時代の恩師であるロベルト・マルティネス監督(現・ベルギー代表監督)が就任したエバートンに完全移籍。しかし、長年にわたって守護神を務めてきた元アメリカ代表GKティム・ハワードの控えGKとしての座を脱却できず、エバートンでは在籍5シーズンで公式戦65試合に出場にとどまっていた。
コメント
関連ニュース
thumb

監督解任のベティス、元マドリー指揮官ペジェグリーニと交渉中

ベティスが、チリ人指揮官のマヌエル・ペジェグリーニ氏(66)の招へいに動いているようだ。チリ『BioBioChile』が伝えている。 先月21日、成績不振でルビ監督を解任したベティス。ルビ監督は昨年6月に就任したものの、前任のキケ・セティエン監督と指向するプレースタイルが異なることもありシーズン序盤から苦戦。解任時、チームは14位に低迷していた。 現在はスポーツ・ディレクターのアレクシス・トゥルヒージョ氏が暫定指揮官を務めているが、来シーズンに向けて新監督招へいに動いている模様。そこで名前が挙がっているのがペジェグリーニ氏だ。 監督キャリア20年を超える同氏はビジャレアル、マラガ、レアル・マドリーでの指導歴があり、スペインでの経験は申し分ない。最近ではウェストハムで指揮を執っていたが、低迷が続いたことで昨年12月に解任の憂き目に遭っていた。 一方でトルコメディアによると、今年3月にエルスン・ヤナル監督を解任したフェネルバフチェも招へいに動いているという。伝えられるところによると、ペジェグリーニ氏は条件として具体的な選手の獲得を求めたと言われている。 2020.07.03 00:30 Fri
twitterfacebook
thumb

レスター、W・カルバーリョと個人間合意か? ただ、クラブ間交渉は難航…

レスター・シティがベティスに所属するポルトガル代表MFウィリアム・カルバーリョ(28)の獲得に向け、個人間での合意を取り付けた模様だ。スペイン『マルカ』が報じている。 現在、プレミアリーグでチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の3位を維持するレスターは、来シーズンのCL参戦に向けて補強を目指す。 その中でナイジェリア代表MFウィルフレッド・エンディディへの依存が指摘される中盤のホールディングロールを担う大型の守備的MFは、補強ポイントの1つとなっている。 そして、『マルカ』が伝えるところによれば、レスターはベティスでプレーするカルバーリョの獲得に向け、積極的な動きを見せているようだ。 2018年夏にスポルティング・リスボンからベティスに加入したカルバーリョは、キケ・セティエン監督(現バルセロナ)率いる昨季のチームで絶対的主力に君臨。しかし、今季は筋肉系のケガに悩まされ、リーグ戦9試合の出場にとどまっている。 また、チームも先日にルビ監督が解任されるなど14位に低迷しており、28歳という年齢を考えれば、新天地を求める可能性は十分に考えられるところだ。 そういった状況下においてレスターとカルバーリョは、今夏の移籍に向けて個人間で合意に至った模様だ。 しかし、『マルカ』によると、レスターとベティスとのクラブ間交渉は難航しているという。 ベティスは2018年夏の獲得時、カルバーリョの保有権75パーセントにあたる1600万ユーロ(約19億3000万円)と、各種インセンティブとして400万ユーロ(約4億8000万円)をスポルティングに支払っているという。 ただ、残りのおよそ20パーセントの保有権に関しては出場時間などに応じて、1000万ユーロ(約12億円)で買い取るオプションとなっており、その複雑な契約内容がレスターとの交渉を難航させているようだ。 カルバーリョの今季の負傷や、残り3年となった契約年数、コロナ禍を考慮すれば、レスターの掲示額は自ずとベティスの獲得時を下回る金額となるが、売却には移籍金の一部をスポルティングに支払う必要があることから、ベティスサイドが大幅な値下げに応じる可能性は低い模様だ。 2020.06.24 16:38 Wed
twitterfacebook
thumb

不調ベティスで監督交代…ルビ監督退任でSD務めるトゥルヒージョ氏が今季終了まで指揮

ベティスは21日、ルビ監督(50)の退任及びスポーツ・ディレクターを務めるアレクシス・トゥルヒージョ氏(54)の新指揮官就任を発表した。 昨シーズンを10位で終えたベティスはキケ・セティエン前監督(現バルセロナ)の後任として、2017-18シーズンにウエスカをプリメーラ昇格に導き、昨季はエスパニョールにヨーロッパリーグ(EL)出場権をもたらしたルビ監督(写真)を招へい。 しかし、堅守速攻をベースとするルビ監督のスタイルは、極端なポゼッションスタイルを採用していた前体制と大きくやり方が異なることもあり、シーズン序盤から苦戦。 昨年11月半ばから12月初旬にかけては3連勝を含む4戦無敗で盛り返したものの、今年に入って再び調子は下降。ラ・リーガ第30節消化時点で8勝10敗10分けの厳しい戦績を受け、クラブは20日に行われたアスレティック・ビルバオ戦の敗戦(0-1)を受け、ルビ監督の更迭に踏み切った。 なお、今シーズン終了までの契約でチームを率いることになったトゥルヒージョ氏は、セントラルMFとして活躍した現役時代の1993年から2000年にかけてベティスの主力を務めていた。 また、現役引退後は2004年から2006年までアシスタントコーチを務め、2017年5月には解任されたビクトル・サンチェス監督に代わってシーズン終了まで暫定指揮官を務めていた。 なお、来季以降の新指揮官に関しては前アーセナル指揮官のウナイ・エメリ氏、前バレンシア指揮官のマルセリーノ・ガルシア・トラル氏などの名前が挙がっていた。 2020.06.21 18:37 Sun
twitterfacebook
thumb

エメリ氏にベティスからオファーも拒否! 古巣セビージャへの義理立て?

今シーズン途中までアーセナルを指揮していたウナイ・エメリ氏が、ベティスからのオファーを断っていたようだ。スペイン『アス』が報じている。 これまでバレンシア、セビージャ、パリ・サンジェルマンで実績を残してきたエメリ氏だが、昨年11月末に成績不振によって就任2年目のアーセナルを解任された。 以降、フリーの状態が続くスペイン人指揮官には今季のラ・リーガで14位に低迷しているベティスからルビ監督の後任としてオファーが届いていたようだ。 しかし、エメリ氏はシーズン途中からの指揮を敬遠していることに加え、今後のスカッド構築に向けた意見の相違などもあり、すでにオファーを固辞したという。もちろん、理由のひとつにはヨーロッパリーグ(EL)3連覇を成し遂げた古巣セビージャへの義理立てもあったかもしれない。 なお、エメリ氏にオファーを拒否されたベティスだが、今シーズン限りでのルビ監督解任は既定路線となっており、前バレンシア指揮官のマルセリーノ・ガルシア・トラル氏などをリストアップしているものの、交渉は難航を極める模様だ。 2020.06.19 17:10 Fri
twitterfacebook
thumb

ベティスのルビ監督がセビージャ・ダービー敗戦の弁「困難な試合だった」

ベティスのルビ監督がセビージャ戦敗戦後にコメントを残した。スペイン『マルカ』が伝えている。 新型コロナウイルスの影響で3月から中断が続いたラ・リーガは、11日に行われた第28節のセビージャvsベティスのセビージャ・ダービーでリスタートした。 ルビ監督が試合前にヨーロッパリーグ出場権も目指すと語っていた12位ベティスだが、立ち上がりから相手に押し込まれる展開が続くと、後半11分にDFマルク・バルトラのファウルでPKを献上。やや厳しい判定にも思えたが、これを昨年11月の前回対戦でもネットを揺らされているFWルーカス・オカンポスに決められ失点。さらにその6分後には追加点を奪われ、アウェイで2-0で敗れた。 試合後、ルビ監督は相手の強さを認めた上で、自分たちにも問題があったと完敗宣言した。 「我々の相手は非常に強力だった。倒すことは困難だったよ。前半はよく我慢していたよ。後半が良くなかっただけにね。最初の失点は残念だったね。でも全体的に相手の方が優れていた」 「我々は自陣でリスクを犯さないことを選んだ。ビルドアップは上手くいったが、ゴール前で鋭さが足りなかった。低い位置でボールを持った時、常に何かが起こっていた」 「試合が続くにつれて選手たちがどんどん疲れていたのは明白だった。90分プレーした選手たちは特にね。準備は出来ていたからメンタリティの問題だったのだろう。だが、状況は普段より困難だ。下を向いていてはいけない」 ベティスは4日後の15日にラ・リーガ第29節でグラナダをホームに迎える。 2020.06.12 15:08 Fri
twitterfacebook