シティ、スターリングとの契約見直しか…新給与は英フットボール界最高額に迫るものに

2019.11.20 10:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティがイングランド代表FWラヒーム・スターリング(24)と契約見直しの交渉に入っているという。イギリス『デイリー・メール』が報じた。

2016年夏からシティの指揮を執るジョゼップ・グアルディオラ監督の下、フットボーラーとして磨きがかかるスターリング。2018年11月に2023年までの新契約を結び、週給30万ポンド(約4200万円)の昇給に至った。

だが、そのスターリングを巡っては、レアル・マドリーやバルセロナら他クラブの関心報道が飛び交い続けており、にわかに来夏の移籍市場で獲得に乗り出す可能性も浮上している。

そうした状況を受け、シティはグアルディオラ監督の下で重要性を高めているスターリングの将来をより確固たるものにすべく、最後の更新からまだ1年しか経っていない契約の見直しに動き出したという。

そのシティはすでにスターリング側と話し合いを進めており、新たな契約のなかにイングランドフットボール界最高額に迫る給与を盛り込み、合意を目指しているとみられる。

なお、現在のイングランドフットボール界最高給者は、マンチェスター・ユナイテッドから週給37万5000ポンド(約5200万円)を受給しているスペイン代表GKダビド・デ・ヘアだという。
コメント