クロアチア代表が32名から24名に絞られる…国内組やナポリMFログが選外《ロシアW杯》2018.05.21 22:55 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽クロアチアサッカー協会(HNS)は21日、ロシア・ワールドカップ(W杯)に向けたクロアチア代表候補メンバーを32名から24名に絞ったことを発表した。

▽ズラトコ・ダリッチ監督は、14日に32名を予備登録。今回はそこから、GKカルロ・レティカ(ハイドゥク・スプリト)、DFボルナ・ソサ(ディナモ・ザグレブ)、DFゾラン・ニジッチ(ハイドゥク・スプリト)、DFボルナ・バリシッチ(オシエク)、MFマリオ・パシャリッチ(スパルタク・モスクワ)、MFマルコ・ログ(ナポリ)、FWドゥイエ・チョップ(スタンダール・リエージュ)、FWイヴァン・サンティニ(カーン)の8名を選外とした。

▽なお、MFルカ・モドリッチ(レアル・マドリー)、MFマテオ・コバチッチ(レアル・マドリー)、MFイバン・ラキティッチ(バルセロナ)、FWマリオ・マンジュキッチ(ユベントス)、FWイバン・ペリシッチ(インテル)など主力は順当に選出されている。

▽クロアチアは、グループDに入っており、アルゼンチン代表、アイスランド代表、ナイジェリア代表と対戦する。今回発表されたクロアチア代表候補メンバーは以下のとおり。

◆クロアチア代表候補メンバー24名
GK
ダニエル・スバシッチ(モナコ/フランス)
ロヴレ・カリニッチ(ヘント/ベルギー)
ドミニク・リヴァコビッチ(ディナモ・ザグレブ)
カルロ・レティカ(ハイドゥク・スプリト)

DF
ベドラン・チョルルカ(ロコモティフ・モスクワ/ロシア)
ドイエ・チャレタ=ツァル(ザルツブルク/オーストリア)
ヨシプ・ピバリッチ(ディナモ・キエフ/ウクライナ)
ドマゴイ・ヴィダ(ディナモ・キエフ/ウクライナ)
マテイ・ミトロビッチ(ベシクタシュ/トルコ)
デヤン・ロブレン(リバプール/イングランド)
シメ・ヴルサリコ(アトレティコ・マドリー/スペイン)
イバン・ストリニッチ(サンプドリア/イタリア)
ティン・イェドバイ(レバークーゼン/ドイツ)
ボルナ・ソサ(ディナモ・ザグレブ)
ゾラン・ニジッチ(ハイドゥク・スプリト)
ボルナ・バリシッチ(オシエク)

MF
フィリップ・ブラダリッチ(リエカ)
マルセロ・ブロゾビッチ(インテル/イタリア)
ミラン・バデリ(フィオレンティーナ/イタリア)
イバン・ラキティッチ(バルセロナ/スペイン)
マテオ・コバチッチ(レアル・マドリー/スペイン)
ルカ・モドリッチ(レアル・マドリー/スペイン)
マリオ・パシャリッチ(スパルタク・モスクワ/ロシア)
マルコ・ログ(ナポリ/イタリア)

FW
マリオ・マンジュキッチ(ユベントス/イタリア)
イバン・ペリシッチ(インテル/イタリア)
ニコラ・カリニッチ(フィオレンティーナ/イタリア)
マルコ・ピアツァ(シャルケ/ドイツ)
アンドレイ・クラマリッチ(ホッフェンハイム/ドイツ)
アンテ・レビッチ(フランクフルト/ドイツ)
ドゥイエ・チョップ(スタンダール・リエージュ/ベルギー)
イヴァン・サンティニ(カーン/フランス)
コメント
関連ニュース
thumb

主力投入も低調クロアチア、ハンガリーに逆転負けで早くも初黒星《ユーロ2020予選》

クロアチア代表は24日、ユーロ2020予選・グループE第2節でハンガリー代表とのアウェイ戦に臨み、1-2で逆転負けした。 3日前に行われた予選初戦のアゼルバイジャン代表戦を2-1と辛勝して白星スタートとしたクロアチアは、アゼルバイジャン戦のスタメンから4選手を変更。モドリッチやラキティッチ、ペリシッチらが引き続きスタメンとなり、ロブレンやレビッチ、ブロゾビッチら主力が先発となった。 初戦のスロバキア代表戦を0-2と敗れたハンガリーに対し、[4-3-3]で臨んだクロアチアは3トップに右からペリシッチ、クラマリッチ、レビッチ、中盤アンカーにブロゾビッチ、インサイドにモドリッチとラキティッチを据えた。 そのクロアチアは6分にペリシッチが右サイドからのカットインシュートでオンターゲットを記録すると、直後に決定機。左サイドからのバリシッチのアーリークロスに対してクラマリッチがボレーで合わせたシュートがわずかに枠の上に外れた。 その後、ホームチームのハンガリーの反撃を受けたクロアチアだったが、13分に先制する。モドリッチの右サイドからのクロスをクラマリッチが合わせたシュートはミートしなかったものの、ゴール前にいたレビッチが押し込んだ。 先制後は膠着状態に陥った中、28分にクロアチアにアクシデント。バリシッチがハムストリングを痛めてプレー続行不可能となり、レオバツが投入された。 すると34分、試合を振り出しに戻される。ジュジャークのスルーパスでボックス右に侵入したサライに右足でゴール左に蹴り込まれた。 ハーフタイムにかけてもチャンスを作れないクロアチアは1-1で前半を終えた。 迎えた後半も拮抗した展開が続く中、クロアチアは59分に勝ち越しのチャンス。ボックス左で仕掛けたペリシッチが左足でシュート。だが、枠を捉えきれなかった。 その後も低調なクロアチアは76分に逆転される。右CKからファーサイドのパトカイにルーズボールを右足アウトで流し込まれた。 さらに80分、ラキティッチのバックパスミスを突かれて大ピンチとなるも、ゴール前で何とか身体を張って失点を許さない。 しかし、終盤にかけてもチャンスを作れなかったクロアチアは1-2で逆転負け。グループの本命に早くも黒星が付いている。 2019.03.25 04:03 Mon
twitterfacebook
thumb

クロアチア、ホームで格下に苦戦もバリシッチの代表初弾とクラマリッチ弾で逆転勝利! 予選を白星発進《ユーロ2020予選》

ユーロ2020予選グループE第1節のクロアチア代表vsアゼルバイジャン代表が21日に行われ、ホームのクロアチアが2-1で逆転勝利している。 ユーロ2020本大会出場を懸けた予選が今月からスタート。ロシア・ワールドカップ(W杯)の準優勝チームとして臨んだUEFAネーションズリーグではイングランド代表、スペイン代表の後塵を拝してグループB降格を強いられたクロアチアは、ウェールズ代表、スロバキア代表、ハンガリー代表と曲者揃いのグループEに入った。 格下アゼルバイジャンをホームで迎え撃った初戦に向けてはヴィダ、ラキティッチ、コバチッチ、モドリッチ、ペリシッチら主力を揃って起用した。 立ち上がりから細かいミスが目立って流れを掴み切れないクロアチアは13分にピンチ。背後へのフィードに対してDFヴィダが足を滑らせて倒れると、シェイダイェフにボックス内に侵入される。だが、ここはGKロヴレ・カリニッチが見事な対応で一対一を制して事なきを得る。 しかし、19分にはモドリッチ、コバチッチと続けて中盤での競り合いで後手を踏むと右サイドに抜け出したシェイダイェフにボックス右から強烈なシュートを決められてまさかの先制点を献上してしまう。 何とか前半のうちに追いつきたいホームチームは左サイドのペリシッチの仕掛けを軸に反撃を開始。36分には左CKの場面でクラマリッチがニアにヘディングシュートを飛ばすが、これは相手DFのゴールカバーに遭う。それでも、前半終了間際の44分に再びセットプレーのチャンスを得ると、モドリッチの左CKで生まれたゴール前の混戦からチャレタ=ツァルのシュートのこぼれ球をバリシッチが押し込んだ。 伏兵バリシッチの代表初ゴールによって1-1のイーブンで試合を折り返したクロアチアは後半に入って完全に主導権を掌握。モドリッチの直接FKやボックス内でのペトコビッチのシュートで2点目に迫るが、粘る相手の守備をこじ開けることができない。 ホームで勝ち点逸は許されないクロアチアは69分にペトコビッチを下げてレビッチ、73分にはコバチッチを下げてヴラシッチと攻撃的なカードを切っていく。すると79分、バイタルエリア中央の密集からレビッチがボックス左のクラマリッチに繋ぐと、クラマリッチが巧みなファーストタッチでDFを外して左45度からファーポストへ絶妙なコントロールシュートを流し込んだ。 ようやく逆転に成功したクロアチアだが、守りに入ることなく攻勢を続ける。クラマリッチやペリシッチが決定機を決め切れなかったものの、このまま試合を2-1でクローズ。苦しみながらもユーロ2020予選初戦を白星でスタートした。 また、同日行われたグループC第1節のもう1試合、スロバキア代表vsハンガリー代表は、ドゥダとルスナークの挙げた2ゴールによってホームのスロバキアが2-0で勝利している。 2019.03.22 06:42 Fri
twitterfacebook
thumb

クロアチアがユーロ予選初戦に向けた招集メンバー発表! モドリッチ&ラキティッチも招集《ユーロ2020予選》

クロアチアサッカー協会(HNS)は4日、ユーロ2020予選に向けたクロアチア代表メンバー24名+予備メンバー4名を発表した。 2019年最初の代表ウィークに向けてクロアチ代表を率いるズラトコ・ダリッチ監督は、MFルカ・モドリッチ(レアル・マドリー)、MFマテオ・コバチッチ(チェルシー)、MFイバン・ラキティッチ(バルセロナ)、MFイバン・ペリシッチ(インテル)など主力が順当に選出された。 ユーロ2020予選でウェールズ代表やスロバキア代表らと同居するグループEに属するクロアチアは、21日にホームでアゼルバイジャン代表と、24日にアウェイでハンガリー代表と対戦する。今回発表されたメンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆クロアチア代表メンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ロヴレ・カリニッチ</span>(アストン・ビラ/イングランド) <span style="font-weight:700;">ドミニク・リヴァコビッチ</span>(ディナモ・ザグレブ) <span style="font-weight:700;">シモン・スルガ</span>(リエカ) <span style="font-weight:700;"ヨシプ・ポサベツ</span>(ハイドゥク・スプリト)※ <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">マリン・レオバツ</span>(リエカ)</span> <span style="font-weight:700;">アントニオ・ミリッチ</span>(アンデルレヒト/ベルギー) <span style="font-weight:700;">ドマゴイ・ヴィダ</span>(ベシクタシュ/トルコ) <span style="font-weight:700;">ドゥイエ・チャレタ=ツァル</span>(マルセイユ/フランス) <span style="font-weight:700;">ボルナ・バリシッチ</span>(レンジャーズ/スコットランド) <span style="font-weight:700;">デヤン・ロブレン</span>(リバプール/イングランド) <span style="font-weight:700;">ティン・イェドバイ</span>(レバークーゼン/ドイツ) <span style="font-weight:700;">カルロ・バルトレツ</span>(ノアシャラン/デンマーク)※ <span style="font-weight:700;">マルティン・ポングラチッチ</span>(ザルツブルク/オーストリア)※ <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">フィリップ・ブラダリッチ</span>(カリアリ/イタリア) <span style="font-weight:700;">マリオ・パシャリッチ</span>(アタランタ/イタリア) <span style="font-weight:700;">マルセロ・ブロゾビッチ</span>(インテル/イタリア) <span style="font-weight:700;">イバン・ペリシッチ</span>(インテル/イタリア) <span style="font-weight:700;">ミラン・バデリ</span>(ラツィオ/イタリア) <span style="font-weight:700;">マテオ・コバチッチ</span>(チェルシー/イングランド) <span style="font-weight:700;">マルコ・ログ</span>(セビージャ/スペイン) <span style="font-weight:700;">イバン・ラキティッチ</span>(バルセロナ/スペイン) <span style="font-weight:700;">ルカ・モドリッチ</span>(レアル・マドリー/スペイン) <span style="font-weight:700;">ニコラ・ヴラシッチ</span>(CSKAモスクワ/ロシア) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">マルコ・ピアツァ</span>(フィオレンティーナ/イタリア) <span style="font-weight:700;">アンドレイ・クラマリッチ</span>(ホッフェンハイム/ドイツ) <span style="font-weight:700;">アンテ・レビッチ</span>(フランクフルト/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ヨシップ・ブレカロ</span>(ヴォルフスブルク/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ブルーノ・ペトコビッチ</span>(ディナモ・ザグレブ)※ ※予備メンバー 2019.03.05 02:50 Tue
twitterfacebook
thumb

モドリッチが契約延長を決断した5つの理由

レアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチ(33)が残留を決断した背景として、5つの理由が挙げられている。スペイン『アス』が主張した。 2012年にトッテナムから加入して以降、エル・ブランコの絶対的な司令塔として活躍を続けるモドリッチ。昨夏にはクラブとの確執も取り沙汰され、インテル移籍の可能性も伝えられた。 しかし、ファイナルまで闘ったロシア・ワールカップ(W杯)での疲労を色濃く感じさせたパフォーマンスは徐々に向上。サンティアゴ・ソラーリ新監督下で“マドリーの心臓”と呼ばれる存在感を再び取り戻し、先日の『アス』では遂に新契約締結を決断したことが報じられた。 そして、一時期には退団やむなしとも伝えられたモドリッチが一転して残留を決めた背景には、様々な要素があったようだ。 ◆バロンドール<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190205_29_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>モドリッチは昨年にバロンドールを受賞。チャンピオンズリーグ(CL)3連覇やW杯準優勝を評価される形で、ユベントスFWクリスティアーノ・ロナウドとバルセロナFWリオネル・メッシが10年間独占していた最高の個人賞を勝ち取った。『アス』によると、モドリッチはこの受賞がレアル・マドリーでプレーしていた影響が大きいと認識。W杯でのパフォーマンスは印象的だったが、同大会で活躍がフォーカスされた背景には、CL3連覇チームを牽引していたことによるメディア露出に依る部分があったと考えているようだ。 ◆家族との安住<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190205_29_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>天候や人々からの寵愛、食事などを含め、モドリッチはマドリッドの街でとても快適に過ごしているという。それは同選手の家族も同様であり、妻のヴァニャさん、イヴァン君、エマちゃん、ソフィアちゃんの3人の子どもたちも、スペイン生活に慣れ親しんでいる。大黒柱であるモドリッチは私生活の安定性を重視しており、その面についてもマドリーに留まることが最良だと感じているとのことだ。 ◆先人の功績を引き継ぐ<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190205_29_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>モドリッチは、ジネディーヌ・ジダン氏、ラウール・ゴンザレス氏、シャビ・アロンソ氏、サンティアゴ・ソラーリ現指揮官といったクラブのレジェンドたちから脈々と受け継いでいるものを、とても強く意識。そういった選手たちと同じような役割を果たすためにも、マドリー残留が前向きな選択肢となるようだ。また、残りのキャリアを全てマドリーに捧げ、よりクラブとの結び付きを強めることも考慮されているという。 ◆給与改善<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190205_29_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>モドリッチは昨夏にインテルから魅力的な提案をされたが、マドリーに対してそれに張り合うような要求は決してせず。さらに、同時期のミーティングで契約更新を急ぐ気はないと伝えたそうだ。しかし、現在ではクラブ側がモドリッチの給与改善を主張。また、選手側もその愛情を高く評価しているようだ。 ◆クラブ幹部との関係<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190205_29_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>モドリッチは、フロレンティーノ・ペレス会長、ホセ・アンヘル・サンチェス理事長というクラブの2トップと素晴らしい関係を築いている。会長たちは同選手のパフォーマンスと人柄をかなり高く評価。また、ロッカールームでもあらゆるチームメートからのリスペクトを集めており、名実ともに最も欠かせない選手としての立場を確立している。<hr>2012年にトッテナムからマドリーに加入したモドリッチは、それ以来の公式戦通算287試合で16ゴール44アシストを記録し、4度のCL制覇など数々の栄光をクラブにもたらした。既にレジェンドと称しても差し支えない背番号10の、契約延長の正式発表が待たれている。 2019.02.05 18:40 Tue
twitterfacebook
thumb

SNSでの侮辱発言に処分、ロブレンがクロアチア代表として1試合の出場停止

UEFA(欧州サッカー連盟)は11日、リバプールのクロアチア代表DFデヤン・ロブレンに対して、1試合の出場停止処分を下すことを発表した。イギリス『スカイ・スポーツ』など複数メディアが報じている。 今回の処分の対象となったのは、2018年11月に行われたUEFAネーションズリーグに関わる一件。クロアチア代表はスペイン代表と対戦し、3-2で勝利したものの、ロブレンが自身のインスタグラム(dejanlovren06)に不適切な内容を投稿した事で調査が行われていた。 「ハッピーだ。僕はヒジで奴(セルヒオ・ラモス)を殺してやった、殺してやったんだ」 「セルヒオ・ラモスは僕よりもミスが多いし、(ラファエル・)ヴァランの方が良い。でも、レアル・マドリーでプレーしているからミスしても5-1か5-2で勝つし、誰も気にしないんだ」 ロブレンは、レアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスを罵倒し、スペイン代表チームへの侮辱的な発言を行っていた。また、スペイン側はこの投稿に対し「失礼な態度」だと主張していた。 UEFAは、ロブレンの行為が「侮辱的であり、そのほかの方法での適切な行為の基本原則に違反している」とし、懲戒規則の条項に違反していると発表。クロアチア代表として1試合の出場停止処分を下すことを発表した。 なお、クロアチア代表の次の試合は、3月に予定されているアゼルバイジャン代表とのユーロ2020予選となる。 2019.01.11 21:45 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース