忘れちゃいけない!超WSが選ぶJ2年間ベストイレブンはこれだ!

2017.12.16 15:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2017シーズンの明治安田生命J2リーグは、湘南ベルマーレが優勝を飾り1年でのJ1復帰。さらに、V・ファーレン長崎が2位となり、クラブ史上初のJ1昇格を勝ち取った。

▽3位には1年でのJ1復帰を目指す名古屋グランパス、4位にはアビスパ福岡、5位に東京ヴェルディ、6位にジェフユナイテッド千葉が入り、J1昇格プレーオフは3位の名古屋が制し、J1復帰を決めた。

▽今回はJ2も追い続けた超ワールドサッカー編集部が、独断と偏見を交えながら年間を通じて最も印象的な活躍を披露した11名をセレクトした。

◆超WS選定年間ベストイレブン(J2)
GK秋元陽太(30歳/湘南ベルマーレ)
明治安田生命J2リーグ出場数:42(先発回数:42)/失点数:36
▽J2降格となった湘南に舞い戻った守護神。全42試合でゴールマウスを守ると、リーグ最少タイの36失点の結果を残し、チームのJ2優勝に大きく貢献した。ショットストップの良さに加え、安定感のあるプレー、存在感を発揮。来季J1残留を掴むには守護神の存在が絶対不可欠だ。

DF青木亮太(21歳/名古屋グランパス)
明治安田生命J2リーグ出場数:26(先発回数:24)/得点数:11
▽風間八宏監督の下、突如花開いた新星。右のウイングバックやサイドハーフでプレーし、名古屋の攻撃にアクセントをつけた。ボックス内に侵入する巧さと、ポジショニングの良さで11得点を記録。過去3年間でリーグ戦出場が5試合だったのが嘘のような活躍はセンセーショナルだった。

DFアンドレ・バイア(34歳/湘南ベルマーレ)
明治安田生命J2リーグ出場数:39(先発回数:39)/得点数:4
▽最終ラインを統率する守備面に加え、相手を圧倒する威圧感は流石の一言。フラメンゴやフェイエノールトでプレーしていた経験は伊達ではなく、若いチームに見事に安定感をもたらせた。曺貴裁監督の下で3年目を迎えたシーズンは守備のキーマンだった。

DF冨安健洋(19歳/アビスパ福岡)
明治安田生命J2リーグ出場数:35(先発回数:35)/得点数:1
▽福岡が誇る宝。19歳とは思えない落ち着きで最終ラインに君臨。首位の湘南を並ぶ最少失点36に大きく貢献した。U-20ワールドカップでも見せた存在感は日に日に増す印象で、将来の日本代表を背負って立つセンターバックとなるだろう。

DF安西幸輝(22歳/東京ヴェルディ)
明治安田生命J2リーグ出場数:40(先発回数:34)/得点数:3
▽アンヘル・ロティーナ監督の下、躍進した東京ヴェルディにあって、その戦術の体現者とも言えるのが安西だ。左右のサイドバックを務め、終盤は3トップの左ウイングにも入るなど、ロティーナサッカーの具現者。ステップアップの可能性も高いが、J1でも即レギュラーを取れる逸材だ。

MF岩尾憲(29歳/徳島ヴォルティス)
明治安田生命J2リーグ出場数:41(先発回数:41)/得点数:4
▽序盤躍進を見せた徳島の安定剤。中盤の底からゲームを組み立てられる司令塔で、パスの精度も高く、長短どちらも苦にしない。リカルド・ロドリゲス監督が標榜するサッカーにおいてはキーマンであり、技術の高さが陽の目を浴びたと言える。

MF秋野央樹(23歳/湘南ベルマーレ)
明治安田生命J2リーグ出場数:38(先発回数:36)/得点数:4
▽柏レイソルから期限付き移籍でプレーした秋野。移籍発表時は衝撃を与えたが、その移籍が正解であったことをプレーで証明した。テクニックに優れ、パスでゲームを組み立てていた柏時代とは打って変わり、中盤での守備やデュエルの部分での強さを体得。さらに、運動量も豊富になり、手のつけられないゲームメーカーに成長した。

MF山田直輝(27歳/湘南ベルマーレ)
明治安田生命J2リーグ出場数:39(先発回数:38)/得点数:5
▽故障のイメージが強い山田だが、3年目の湘南でのシーズンは実りあるものとなった。昨シーズン終盤に見せたパフォーマンスを1年間を通して維持。負傷離脱もなく、湘南の優勝に大きく貢献した。浦和レッズへの復帰が決定したが、湘南の攻撃に与えたアクセントを浦和でも発揮できるか。

MFガブリエル・シャビエル(24歳/名古屋グランパス)
明治安田生命J2リーグ出場数:16(先発回数:16)/得点数:7
▽一言で言えば「天才」。名古屋がJ1昇格を掴めたのは、ガブリエル・シャビエルのお陰と言ってもいい。テクニカルなアタッカーで、ゲームを読むセンスも抜群。風間八宏監督のスタイルでは自由に攻撃を任され、J1昇格が危うかった名古屋の救世主となった。

FW渡大生(24歳/徳島ヴォルティス)
明治安田生命J2リーグ出場数:42(先発回数:40)/得点数:23
▽経験を積むごとにゴールハンターとしての才能が開花していく点取り屋。今シーズンは全試合出場も達成し、チームの躍進に多大なる貢献をした。固めどりをするタイプではなく、コンスタントにゴールを奪えることも強み。スピード、裏へ抜ける抜群の動きは圧巻の一言。

FW前田大然(20歳/水戸ホーリーホック)
明治安田生命J2リーグ出場数:36(先発回数:33)/得点数:13
▽今シーズンのJ2リーグで最もインパクトを与えてくれた選手を挙げるなら、前田大然の名前を忘れてはいけない。驚異的なスピードは観る者に衝撃を与え、シュートセンスも高いものを持っている。勢いに乗った時は、止める術がないスピードスター。13得点とブレイクを果たした活躍は来シーズン松本で見られるか。

監督
高木琢也(50歳/V・ファーレン長崎)
▽今シーズンのJ2には素晴らしい指揮官が揃っていた。東京Vのロティーナ監督、徳島のリカルド・ロドリゲス監督、ジェフユナイテッド千葉のファン・エスナイデル監督といった外国人指揮官はチームに大きな変化をもたらせた。その中でも最も評価すべきなのは、クラブ史上初のJ1昇格を掴んだV・ファーレン長崎の高木監督だろう。決して恵まれていた戦力ではない中で、徹底した戦い方と安定した試合運びで終盤に躍進。ラスト13試合を10勝3分けの無敗で終えたように、チームに戦い方が浸透してからの強さは圧巻だった。

関連ニュース
thumb

琉球の2選手が新型コロナ陽性判定

FC琉球は30日、選手2名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 選手はクラブが実施した25日のPCR検査、26日のJリーグ公式検査で陽性疑いの判定となり、その後医療機関で陽性と診断された。 なお、28日に選手、スタッフ全員に対してPCR検査を実施。2選手を除く全員の院生が確認された。 また、濃厚接触者に関してはいないと判断されているとのことだ。 陽性となった2選手は、発熱や味覚異常などはないとのことだ。 2021.07.30 19:18 Fri
twitterfacebook
thumb

町田の選手1名が新型コロナ陽性判定、濃厚接触者は2名

FC町田ゼルビアは30日、トップチーム選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、当該選手は26日に実施したJリーグ公式PCR検査で陽性判定となったとのことだ。 なお、選手とチーム関係者の2名が濃厚接触者として認定されたとのことだ。 26日はトレーニングが実施され、抗原定性検査では全選手が陰性に。28日に当該選手の陽性疑いが出たため、全選手と関係者が抗原定性検査を実施したものの、全員が陰性となった。なお、この時点で当該選手と濃厚接触者と思われる関係者は隔離されていた。 29日に当該選手が再びPCR検査を実施したところ陽性判定に濃厚接触者2名も判明し隔離。残りの選手と関係者はホテルで自主隔離を行ったとのことだ。 なお30日にも当該選手を除く選手、関係者全員がPCR検査を実施しているが、結果はまだ出ていないとのことだ。 当該選手、濃厚接触者の2人とも発熱などの症状は出ていないという。 町田では23日に選手1名が発熱を伴う症状があり、新型コロナウイルスで陽性判定を受けていた。 2021.07.30 17:18 Fri
twitterfacebook
thumb

山形が在籍4カ月のFWルリーニャとの契約満了を発表、11試合でノーゴール

モンテディオ山形は30日、FWルリーニャ(31)との契約満了を発表した。7月31日で満了となる。 U-17ブラジル代表歴を持つルリーニャは母国やポルトガル、韓国、UAE、キプロスでのプレーを経て、2020年にジュビロ磐田に加入した。 明治安田生命J2リーグ26試合の出場で5得点を記録したが、1年で磐田を退団。4月に山形への加入が発表されていた。 山形では明治安田J2で10試合に出場、天皇杯で1試合に出場したがゴールはなかった。 ルリーニャはクラブを通じてコメントしている。 「みなさん4ヶ月という短い期間でしたが、私を温かく迎えていただきありがとうございました。大好きなこのチームでJ1昇格まで共に戦いたかったです」 「チームを離れますが、これからの後半戦での躍進を心から願っています。またみなさんとお会いできる日を楽しみにしています」 2021.07.30 10:36 Fri
twitterfacebook
thumb

「日本に行きたい」ノルウェー人FWがJリーグ行きを熱望、実際にオファーも

ノルウェーのオッドに所属する元ノルウェー代表FWムシャガ・バケンガ(28)がJリーグ行きを希望しているようだ。ノルウェー『Nettavisen』が報じた。 バケンガはノルウェーのローゼンボリでキャリアをスタート。2012年1月にクラブ・ブルージュへ完全移籍すると、セルクル・ブルージュ(ベルギー)、エスビャウ(ノルウェー)、ブラウンシュヴァイク(ドイツ)、モルデ(ノルウェー)とレンタル移籍を繰り返し、2016年7月にローゼンボリへと復帰した。 その後、トロムソ、ランハイム・フォトバルとノルウェー国内でプレーし、2020年6月にオッドへと加入した。 これまでエリテセリエン(ノルウェー1部)で通算151試合54ゴール13アシストを記録しているバケンガ。U-15から世代別のノルウェー代表で常にプレーすると、2014年1月にA代表デビューしていた。 今シーズンもエリテセリエンではここまで11試合で11ゴールを記録。しかし契約は今年一杯となっており、多くのクラブからのオファーがあるという。 バケンガに対しては、サウジアラビアのアル・タイがオファーを出したとのこと。オッドはオファーを受け入れたとのことだが、バケンガ自身は日本に行きたいと考えているようだ。 「オッドが彼らからのオファーを受け入れたのは事実だ。ただ、日本からもオファーを受けた」 「日本に行きたい。それは僕が先に進みたいという僕の願いに合っている。そこに価値があることも知っている」 「覚悟を決めていたが、フィットしなければならない経験を持つトータルパッケージだ。それが今やっときた」 日本のクラブ名は明かされていないが、オッドは金銭面でサウジアラビアからのオファーを受けたとのこと。一方で、日本のクラブはバケンガのプロ意識の高さに感銘を受けたようだ。 バケンガはそのような評価をしてもらったことへの驚きを隠さず、自身も日本に行きたいという願望を改めて主張した。 「極東のクラブからこれほど多くの分析しているのを経験するのは初めてだ」 「オッドに多くを捧げた気がする。彼らが約束を守るためには、テーブルに上がったオファーを受け入れなければいけない」 「彼らはサウジアラビアからのオファーを受け入れたが、僕が望んでいたオファーがあったとしても邪魔はしないだろう。僕の願いは、日本に行きたいということだ」 エリテセリエンに絡む選手では、2020シーズンの得点王であるFWキャスパー・ユンカーが浦和レッズに加入しゴールを量産中。また、同じノルウェー人では大宮アルディージャにFWイバが在籍している。北欧の選手では、デンマークのDFアレクサンダー・ショルツが浦和に加入。過去にはスウェーデン人のFWロビン・シモヴィッチ(名古屋グランパス、大宮アルディージャ)やノルウェー人のFWトル・ホグネ・オーロイ(ジェフユナイテッド千葉)らもJリーグでプレーしていた。 2021.07.30 10:30 Fri
twitterfacebook
thumb

新潟の選手1名が新型ウイルス感染症で陽性判定

アルビレックス新潟は27日、トップチーム選手1名が新型ウイルス感染症の陽性判定を受けたことを発表した。 新潟は26日、クラブ独自のPCR検査を実施。その際に選手1名が陽性判定疑いとなっていた。 27日に医療機関でPCR検査を実施したところ、正式に陽性判定となったとのことだ。 当該選手は発熱や症状がない状態が続いていたが、26日に37.3度と熱が上昇。PCR検査の結果陽性判定疑いとなった。27日も37.2度の発熱のほか、喉の痛みもあったという。 なお、当該選手は自宅待機。濃厚接触者については所轄の保健所に行動履歴全てを提出・報告し、特定を進めるとのことだ。 新潟は28日にトレーニング再開を予定していたが、延期するとのことだ。 2021.07.27 21:07 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly