京都がFWエスクデロ競飛王、FW岩崎悠人ら13選手と契約更新

2017.12.13 15:50 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
▽京都サンガF.C.は13日、13選手との契約更新を発表した。クラブ公式サイトが伝えた。

▽今回契約更新が発表されたのは、FWエスクデロ競飛王(29)、DF牟田雄祐(27)、DF石櫃洋祐(34)、DF下畠翔吾(25)、MF小屋松知哉(22)、GK清水圭介(29)、FW大野耀平(23)、MF望月嶺臣(22)、DF染谷悠太(31)、MF仙頭啓矢(22)、FW岩崎悠人(19)、MF田村亮介(22)、DF本多勇喜(26)の13名となる。

▽エスクデロは、2シーズン目となった今シーズンは明治安田生命J2リーグで21試合に出場、天皇杯で1試合に出場していた。牟田は京都で6試合に出場。シーズン途中からJFLのFC今治に期限付き移籍し、10試合に出場していた。

▽石櫃はJ2、天皇杯でそれぞれ1試合ずつ出場。下畠はJ2で20試合、天皇杯で1試合、清水はJ2で10試合、天皇杯で1試合、染谷はJ2で31試合、天皇杯で1試合、田村はJ2で10試合1得点、本田はJ2で38試合に出場し2得点、天皇杯で1試合に出場していた。

▽また、今シーズン加入組では、望月はJ2で19試合に出場し1得点、小屋松はJ2で38試合に出場し8得点、天皇杯で1試合に出場していた。大野はJ2で8試合に出場し1得点、仙頭はJ2で24試合5得点、岩崎はJ2で35試合2得点、天皇杯で1試合出場を記録していた。

関連ニュース
thumb

また町野!5戦6発エースの決勝点で湘南が京都との熱戦を制す【明治安田J1第18節】

26日、明治安田生命J1リーグ第18節の京都サンガF.C.vs湘南ベルマーレがサンガスタジアム by KYOCERAで行われ、1-0でアウェイの湘南が勝利を収めた。 12年ぶりのJ1でもアグレッシブな戦いを披露する京都は、前半戦を9位で終えた。前節も敗れはしたが、難敵・鹿島アントラーズを相手に善戦。今節は[4-3-3]のアンカーに井上を起用し、インサイドハーフを武富と金子が務めた。 序盤は苦戦を強いられた中でスタイルを取り戻す兆しの見える湘南だが、快勝した川崎フロンターレ戦後に対セレッソ大阪3連敗やFC東京戦後の天皇杯敗戦など、調子の良さを継続できていない。今節は好ゲームを披露したそのFC東京戦と同じ11人でスタートした。 曹貴裁監督と山口智監督、互いの指揮官にとって古巣対決となるカードは、3月の対戦時は1-1と未決着。試合前に気温30度が互いの走力にどう影響するかにも注目が集まった一戦の序盤は、湘南が奪ってからの素早い攻撃で形を作った。 瀬川のスルーパスから池田の左足はGK上福元に阻まれるも、13分には町野がネットを揺らす。高橋のスルーパスから裏を取り、GKとの一対一を制するも、オフサイドディレイでゴールは認められなかった。 対する京都は23分に古巣対戦となった武富が距離のある中で右足を振る。直後にはボックス右へ流れたボールをピーター・ウタカがGK谷より先に触り、角度のない位置からループ。さらには、こちらも古巣対戦となる金子の右足のミドルでゴールに迫る。 30分を過ぎると再び湘南が連続してチャンスを迎える。大岩の右クロスから瀬川がジャンピングボレーを放てば、39分にはボックス左に侵入した高橋、直後には町野のクロスに茨田が飛び込んだ。 前半終了間際の京都は1本のパスで裏を取り、ウタカがGK谷をかわしてのフィニッシュ。ハーフタイムにはアピアタウィアと荒木に代えてメンデスと福岡を投入し、3バックに変更してミラーゲームを展開した。プレッシングが機能し始め、攻守の連動性が増すと、豊川のそらしからウタカがGK谷をかわして左足のフィニッシュというチャンスを迎える。 杉岡のブロックでこれをしのいだ湘南も直後の71分に茨田、池田からタリク、大橋へのスイッチで再び前線を活性化させると、3分後には出足の良い舘のインターセプトから投入された大橋が右足のフィニッシュ。さらにタリクにもチャンスが訪れたが、81分の決定機はGK上福元の見事な飛び出しに阻まれた。 流れを取り戻した湘南は83分にも畑と米本の2枚を送り込むと、この交代策が的中する。右サイドでの作りから中央を経由して米本がスルーパスを送ると、左のポケットを取ったフリーの畑が丁寧なグラウンダーの折り返し。最後は反応した町野が右足でネットを揺らし、87分に均衡を破った。2戦連続ゴールで殊勲の町野は直後にウェリントンと交代し、ゴール裏の一角を位置取った湘南サポーターからスタンディングオベーションで迎えられた。 短い残り時間で反撃に出る京都だったが、湘南も集中を切らさずに対応を続けてタイムアップ。湘南が今季2度目の2連勝を飾り、一方の京都は今季2度目の2連敗となった。 京都サンガF.C. 0-1 湘南ベルマーレ 【湘南】 町野修斗(後42) 2022.06.26 20:38 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第18節:京都vs湘南】ハイインテンシティな戦い、勝って後半戦の勢いに乗るのは

【明治安田生命J1リーグ第18節】 2022年6月26日(日) 18:30キックオフ 京都サンガF.C.(9位/20pt) vs 湘南ベルマーレ(17位/16pt) [サンガスタジアム by KYOCERA] ◆後半戦、研究してくる相手への対策は【京都サンガF.C.】 前半戦ラストは鹿島アントラーズにアウェイで敗れたものの、12年ぶりのJ1の舞台は5勝5分け7敗で9位と一桁順位で折り返した。 団子状態にある中、後半戦は上にも下にも行く状況。前半戦で掴んだものをしっかりと出して勝ち点を重ねていきたいところだ。 京都の持ち味である前からのプレスは後半戦も継続するとみられるが、連戦、夏場を迎えるにあたっては無闇なプレスは大きなリスクとなる。 5月以降は結果が伴わなくなってきたものの、徐々に戦い方に幅が持てる状況。前からのプレス、後方からのビルドアップに固執しすぎず、研究してくる相手に対しての判断を間違わないことが重要だ。 曺貴裁監督の古巣であり、多くの選手がかつて所属した湘南との対戦。果たして、どんな戦いを見せるだろうか。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:上福元直人 DF:飯田貴教、アピアタウィア久、麻田将吾、荻原拓也 MF:福岡慎平、川崎颯太、金子大毅 FW:豊川雄太、ピーター・ウタカ、荒木大吾 監督:曺貴裁 ◆まずは降格圏脱出へ【湘南ベルマーレ】 例年以上に期待感を抱かせて開幕した今シーズンだったが、蓋を開ければもはや定位置とも言われてしまう下位に低迷。降格圏で前半戦を終えた。 今シーズンも残留争いの真っ只中にいる湘南だが、前半戦の終盤に徐々に結果が残るように。ヴィッセル神戸、川崎フロンターレ、FC東京と力のある3チームから勝利を奪っている。 得点の匂いがほぼしなかった前半戦だったが、ここにきて複数得点が続くこともあり、チームとして乗っていると言える状況だ。 ただ、ミッドウィークの天皇杯は、主力を投入しながらもジュビロ磐田に0-1で敗戦。勝ち上がることもできなかったが、疲労も溜まるという厳しい一戦となった。 これで今シーズンはリーグ戦のみの戦いに。残留という目標に変わったが、しっかりと勝ち点を重ねていきたいところだ。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:谷晃生 DF:舘幸希、大岩一貴、杉岡大暉 MF:石原広教、田中聡、高橋諒 MF:池田昌生、茨田陽生 FW:瀬川祐輔、町野修斗 監督:山口智 2022.06.26 15:50 Sun
twitterfacebook
thumb

カイキのゴールを守り切った鹿島、京都を下して4試合ぶり白星【明治安田J1節17節】

明治安田生命J1リーグ第17節、鹿島アントラーズvs京都サンガF.C.が18日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、1-0で鹿島が勝利した。 2週間ぶりの再開となるリーグ戦。中断前の両チームは不振に陥っており、鹿島は現在3試合未勝利。京都は中断直前の川崎フロンターレ戦での白星は7試合ぶりのものだった。 また、この2週間の間に行われたルヴァンカップでもプレーオフステージで敗退となった両チーム。互いに上昇気流を探す一戦となる中、鹿島は代表帰りの上田が和泉と2トップを組む布陣を用意。京都は前節から先発を大きく入れ替え、豊川、ウタカ、荒木を最前線に並べた。 キックオフした京都が開始30秒でシュートを放つ入りとなった一戦。鹿島も2分にカイキがミドルシュートを枠に飛ばすなど、互いにアグレッシブな立ち上がりを見せる。 4分には早くも京都が決定機を作る。右CKの場面でキッカーの扇原がグラウンダーのクロスをボックス中央に供給。ゴール前の密集地を避けたポイントに狙い通りの動きを見せたウタカが右足ダイレクトで合わせたが、GKクォン・スンテの好セーブに遭った。 見事なデザインプレーでチャンスを作った京都。その後は相手にポゼッション率を譲りながらも、ボール奪取から素早いカウンターを仕掛けていく。対する鹿島はロングボールを多用しチャンスを演出。28分にはピトゥカのロングフィードでカイキが抜け出し、ボックス中央からループシュートを狙うが、ここは距離を詰めたGK上福元が手に当てて凌いだ。 35分には樋口が強烈なミドルシュートでGK上福元を強襲。39分には三竿から右サイドの高い位置をとった常本にロングボールが渡り、ボックス右から自らシュートへ。ここも惜しいシーンだったが、僅かに枠の左へ外れた。 続く43分には鹿島に絶好の先制機。敵陣左サイドでボールを奪い、右斜め前方へ素早くロングボールを送ると、相手DFがこれをクリアミス。その背後に走り込んでいた上田がフリーでチャンスを迎えるが、シュートをGK上福元の顔面に当ててしまい、ゴールとはならなかった。 攻勢の中で後半を迎えた鹿島はその立ち上がりの5分、立て続けに得たCKのチャンスで右から樋口がアウトスイングのクロスを入れると、ゴール前でフリーとなっていたカイキが頭で流し込んで先制に成功した。 ここからは余裕のできた鹿島がペースをつかんで試合を進める展開に。京都は65分までに脳震とうと判断された武田を含めた3つの交代枠を使ってテコ入れを図っていく。 そんな京都は65分にウタカがボックス左に侵入しシュートまで運ぶが、ゴールには至らず。以降は互いにゴールチャンスを迎えることなく、試合は終盤へ突入していく。 後半のアディショナルタイムは常本の治療でプレーが停止した分、7分と長く取られたなか、鹿島は同時に3選手を交代させ、逃げ切りの姿勢を強める。 そして、試合巧者の鹿島は上手く時間を使いながら試合をクローズ。カイキのゴールを守り切り、4試合ぶりの勝利を手にした。 鹿島アントラーズ 1-0 京都サンガF.C. 【鹿島】 アルトゥール・カイキ(後5) 2022.06.18 20:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第17節:鹿島vs京都】互いに仕切り直したい一戦、前半戦ラストを白星で飾るのは

【明治安田生命J1リーグ第17節】 2022年6月18日(土) 18:00キックオフ 鹿島アントラーズ(2位/30pt) vs 京都サンガF.C.(9位/20pt) [県立カシマサッカースタジアム] ◆再び勝ち星を重ねられるか【鹿島アントラーズ】 近年のシーズンとは異なり開幕から良いスタートを切れている鹿島。中断前の順位は2位と覇権奪還のチャンスを残している状況だ。 今節で前半戦は終了。首位との勝ち点差は僅かに「1」という状況。しっかりと後を追いかけていきたいところだろう。 ただ、中断前のリーグ戦は3戦未勝利と足踏み状態。中断期間のYBCルヴァンカップもアビスパ福岡相手に1勝1敗となったが、アウェイゴール差で敗退。あまり良い流れとは言えない。 エースである上田綺世が日本代表活動に参加していた中でケガで途中離脱。結果も残せずという状況だったが、すでに全体トレーニングに合流しており、京都戦での起用は可能だろう。鈴木優磨が出場停止となるだけに、チームとしては前半戦ラストマッチが正念場。ただ、ここから切り替えて勝利し、後半戦に向かっていきたいところだ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:クォン・スンテ DF:常本佳吾、関川郁万、三竿健斗、安西幸輝 MF:樋口雄太 MF:仲間隼斗、ディエゴ・ピトゥカ、アルトゥール・カイキ FW:和泉竜司、上田綺世 監督:レネ・ヴァイラー 出場停止:鈴木優磨 ◆ルヴァンの反省を生かせるか【京都サンガF.C.】 12年ぶりのJ1挑戦となっている京都だが、前半戦残り1試合の時点で8位という好位置につけている。下を見る必要はないが、降格圏殿勝ち点差は「7」。まだ余裕がある中で、しっかりと勝ち点を重ねていきたい。 その京都は中断前に川崎フロンターレに1-0で勝利するという大きな勝ち点3を獲得。ただ、中断期間のルヴァンカップでは名古屋グランパスを相手に1試合で6失点を喫するなど連敗。勢いは削がれてしまったと言えるだろう。 鹿島を相手にも得意とする前からのプレスをかけていくことは大事だが、裏を取られて仕舞えば危険な展開も待っている。いかにコンパクトな守備を保てるかがカギとなる。 いかに自分たちの形に持っていけるのか。京都の生命線でもあるプレスからのカウンターをしっかりと見せたい。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:上福元直人 DF:白井康介、井上黎生人、麻田将吾、荻原拓也 MF:福岡慎平、川崎颯太、武田将平 FW:宮吉拓実、ピーター・ウタカ、豊川雄太 監督:曺貴裁 出場停止:アピアタウィア久 2022.06.18 15:30 Sat
twitterfacebook
thumb

「すごっ!」、「監督の人徳でますね」京都サンガに意外な訪問者現る! 曺貴裁監督も思わず笑顔に

海外でプレーする選手がオフを利用して古巣クラブを訪れることはよくある中、京都サンガF.C.を意外な人物が訪れたようだ。 ヨーロッパのシーズンも終了し、各クラブの選手たちは日本へ帰国。束の間の休息をとっている中でもトレーニングを欠かさない姿を見せている。 今夏も多くの選手が帰国し古巣のトレーニングに参加。日本代表招集メンバーもGKシュミット・ダニエル(シント=トロイデン)はベガルタ仙台を訪問した他、三笘薫(ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ)や三好康児(ロイヤル・アントワープ)は川崎フロンターレ、香川真司(シント=トロイデン)はセレッソ大阪、林大地(シント=トロイデン)はサガン鳥栖でトレーニングに参加した。 変わったところでは橋岡大樹(シント=トロイデン)が浦和レッズだけでなく、ザスパクサツ群馬を訪問。これはユース時代からの恩師である大槻毅監督の好意で実現したようだ。 そんな中、京都を訪れたのは日本代表でも中心として活躍するMF遠藤航(シュツットガルト)。子供と共に訪問。トレーニングには参加しなかったが、珍しい訪問となった。 その理由は昨季から指揮を執る曺貴裁監督の存在。ラフな格好で訪れた遠藤は、京都の選手たちとコミュニケーションを取ったようだ。 この意外な訪問者にファンは「すごっ!」、「監督の人徳でますね」、「キジェさん嬉しそう」と、湘南ベルマーレ時代の教え子の訪問を監督も喜んでいる様子に言及。遠藤の訪問で影響を受ける選手たちの活躍に期待を寄せる声も多く集まった。 京都は18日に鹿島アントラーズと対戦。遠藤から得た何かを試合でいきなり発揮するだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】京都に意外な訪問者!曺貴裁監督も思わず笑顔に</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">本日、曺貴裁監督の湘南ベルマーレ時代の教え子であり、日本代表の <a href="https://twitter.com/hashtag/%E9%81%A0%E8%97%A4%E8%88%AA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#遠藤航</a> 選手にお越しいただきました<a href="https://twitter.com/hashtag/sanga?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#sanga</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%BA%AC%E9%83%BD%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%AC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#京都サンガ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/SAdventure?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SAdventure</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%AA%E8%BC%9D%E3%81%91?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#みんな輝け</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%B7%9D%EF%A8%91%E9%A2%AF%E5%A4%AA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#川﨑颯太</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E7%A6%8F%E5%B2%A1%E6%85%8E%E5%B9%B3?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#福岡慎平</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%AE%AE%E5%90%89%E6%8B%93%E5%AE%9F?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#宮吉拓実</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%A6%E3%82%BF%E3%82%AB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ピーターウタカ</a> <a href="https://t.co/Hr1hN5jXjS">pic.twitter.com/Hr1hN5jXjS</a></p>&mdash; 京都サンガF.C. (@sangafc) <a href="https://twitter.com/sangafc/status/1537287127553441792?ref_src=twsrc%5Etfw">June 16, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.16 18:10 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly