「秩序風紀を乱す行為」で栃木と4月に契約解除のFWエスクデロ競飛王がタイ1部のチェンマイ・ユナイテッドに加入

2021.05.25 12:35 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
今年4月に栃木SCを契約解除となっていたFWエスクデロ競飛王(32)の新天地が決まった。

エスクデロのマネジメントを行う『HEROE(エロエ)』が発表。タイリーグ1(タイ1部)のチェンマイ・ユナイテッドへと完全移籍することとなった。

エスクデロは浦和レッズの下部組織出身で、2005年にトップチームに昇格。FCソウルや江蘇舜天(後の江蘇蘇寧、江蘇FC)でプレーした後、2016年に京都サンガF.C.へと移籍。2018年7月からは韓国の蔚山現代へと期限付き移籍し、2020年に栃木へと加入していた。

栃木では2020シーズンに明治安田生命J2リーグで30試合に出場も無得点。今季は出番がなかった中、エスクデロは日本サッカー協会選手契約書内第9条①(5)にある「クラブの秩序風紀を乱す行為」があったため、双方合意の下で契約を解除。4月22日付で退団していた。

チェンマイ・ユナイテッドは、昨シーズンのタイリーグ2(タイ2部)で2位となり、今シーズンが初の1部挑戦となるクラブ。エスクデロにとっては中国、韓国に次いで海外3酷目の挑戦となる。

関連ニュース
thumb

元フランス代表MFナスリが現役引退、マルセイユやアーセナル、シティでプレー

元フランス代表MFサミル・ナスリ(34)が現役引退を発表した。フランス『レキップ』が報じた。 報道によると、ナスリは26日にフランス『Le Journal du Dmanche』のインタビューにて引退を発表したとのことだ。 「あるエピソードが僕をひどく傷付け、サッカーとの関係を変えた」 「僕はドーピングなどしていなかったから、不公平というもの以上のことを感じた。病気だったから、ビタミン注射を打っただけだった。思わず足が止まってしまったよ」 ナスリが口にしたのは、2018年2月に処分が下されたドーピング疑惑。ナスリはセビージャに所属していた2016年冬、6時間以内に50mlのルールに反する500mlの点滴静脈注射を受けていたが、これが世界アンチ・ドーピング機関(WADA)の規則に反する違反行為に抵触。欧州サッカー連盟(UEFA)は、2017年3月に同選手に対する処分を科すことを決定。2018年2月に6カ月のフットボール活動禁止処分が決定していた。 その後、1年間の処分期間が延長され、合計で18カ月もサッカーから離れることに。その出来事が、情熱を消してしまったようだ。 その後、ウェストハム、そしてアンデルレヒトでプレーしたナスリ。マンチェスター・シティ時代の同僚であるヴァンサン・コンパニ率いるチームで指導者になる目論見があったが、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で計画が狂い、チャレンジする気持ちを失ったと明かした。 「感情的な面もあったけど、選手であると同時に少しスタッフでもいようという考えがあった」 「僕は指導者になりたいと思っているので、彼と一緒に学ぼうと自分に言い聞かせた」 「でも、計画通りにはいかなかった。その後、コロナのためにリーグ戦は中止された。そのあとは、あまりやりたいと思わなくなった」 「何のチャレンジもしたいと感じなかった。そしてマルセイユでなければ、フランスに戻ることは考えられなかった」 マルセイユの下部組織で育ったナスリは、2004年7月にファーストチームに昇格。マルセイユで若くして才能を見出されると、2008年7月にアーセナルへと移籍する。 アーセナルでも主軸選手としてプレーしたナスリは、2011年8月にシティへと完全移籍。2016年8月からセビージャへとレンタル移籍すると、2017年8月にはアンタルヤスポルへと完全移籍。その後、前述のドーピング問題で解雇されると、2019年1月にウェストハムへと加入。2019年7月から1年間アンデルレヒトでプレーし、その後は無所属だった。 クラブキャリアではプレミアリーグで220試合に出場し36ゴール44アシスト、リーグ・アンで121試合に出場し11ゴール22アシストを記録。チャンピオンズリーグでも58試合で9ゴール10アシストを記録していた。 タイトルとしても、シティ時代にプレミアリーグで2度優勝。リーグカップもシティで制していた。 フランス代表としても41試合に出場し5ゴールを記録。ワールドカップの出場経験はないものの、ユーロは2大会に出場していた。 <span class="paragraph-title">【動画】ナスリ、シティ時代の最高のプレー集!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJzMjlRUFYzVyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.09.26 19:30 Sun
twitterfacebook
thumb

橋本拳人所属のロストフ、ショミン監督の辞任を発表

FCロストフは25日、ユーリ・パブロビッチ・ショミン監督が辞任したことを発表した。 前任のヴァレリー・カルピン氏がロシア代表監督に就任したことにより、8月4日から指揮を執っていたショミン監督。しかし、クラブのアルタシュ・アルチュヤンツ会長との協議の結果、公式戦7試合という任期で辞任することが決定した。 就任後の公式戦で1勝3分け3敗と振るわない成績だったクラブは、ロシア・プレミアリーグで現在15位に位置。アルチュヤンツ会長は降格圏に沈むクラブを立て直すべく、監督との別れを惜しみつつもこの判断に至ったようだ。 今回辞任を決断したショミン監督は、クラブを通じてコメントをしている。 「この決断は二人でしたことだ。友好的な関係を築いてくれたロストフの経営陣に感謝したい。選手たちにも感謝しているが、人生は別の方向に進んでしまった。我々は友人のまま別れ、お互いに助け合うことになるだろう」 また、後任にはユースで監督を務めていたサウル・テディエフ氏が暫定的に就任することが決定している。 2021.09.26 15:49 Sun
twitterfacebook
thumb

セルティックの主将、スコットランド代表MFマクレガーが5年契約を締結

セルティックは24日、キャプテンを務めるスコットランド代表MFカラム・マクレガー(28)との契約延長を発表した。 新たな契約期間は2026年6月30日までの5年間となる。 セルティックのアカデミー出身のマクレガーは、2013年7月にファーストチームに昇格。1年目はノッツ・カウンティへとレンタル移籍を経験したが、2014年5月からセルティックでプレーを続けている。 キャプテンを務めるマクレガーは、これまで公式戦337試合に出場し54ゴール64アシストを記録。6度のスコティッシュ・プレミアシップ優勝や4度のスコティッシュ・カップ制覇、5度のスコティッシュ・リーグカップ制覇を経験している。 今シーズンもここまでリーグ戦5試合に出場。チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグの予選にも出場していた。 2021.09.25 17:41 Sat
twitterfacebook
thumb

ガーナ代表がライェバツ監督の復帰を発表、南アフリカW杯ではベスト8進出

ガーナサッカー協会(GFA)は24日、セルビア人指揮官のミロバン・ライェバツ氏(67)をガーナ代表の新監督に招へいしたことを発表した。契約期間は1年で、オプションでさらに1年更新される契約になっている。 ガーナ代表ではカタール・ワールドカップ、アフリカ予選での成績不振を受けてチャールズ・アコナ前監督が解任されていた。 ライェバツ氏は2008年から2010年にかけてガーナ代表を指揮。2010年南アフリカ・ワールドカップではガーナを準々決勝進出に導いていた。 2021.09.25 00:50 Sat
twitterfacebook
thumb

ボルドー、レンヌ退団のセネガル代表FWニアンを獲得

ボルドーは24日、レンヌを退団してフリーとなったセネガル代表FWエムバイェ・ニアン(26)を獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月までの2年間で、オプションでさらに1年更新される契約になっているとのことだ。 ニアンは同日、レンヌを退団。フリーでのボルドー加入となった。かつてミランに在籍したニアンは、レンヌでは公式戦92試合に出場して30ゴール9アシストと活躍。2019-20シーズンにはリーグ・アンで3位となり、クラブ史上初のチャンピオンズリーグ出場に導いていた。 ただ、今季はブルーノ・ジェネジオ新督の構想外となり、出場機会がない状況だった。なお、ニアンは26日に早速レンヌとの古巣対決を戦う日程となっている。 2021.09.25 00:00 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly