アトレティコで構想外サウールにセビージャ行きの可能性…

2024.07.08 22:30 Mon
アンダルシア行き噂のサウール
Getty Images
アンダルシア行き噂のサウール
アトレティコ・マドリーの元スペイン代表MFサウール・ニゲス(29)にセビージャ移籍の可能性が浮上している。スペイン『El desmarque』など複数メディアが報じている。

アトレティコのカンテラからファーストチームデビューを飾り、ラージョ・バジェカーノ、チェルシーへのレンタル移籍を除き、コルチョネロス一筋のキャリアを歩んできたサウール。
クラブ通算427試合出場を誇る実力者だが、近年は不安定なパフォーマンスによってディエゴ・シメオネ監督の信頼を完全に失っており、そのユーティリティ性によって各ポジションのバックアップを担う“便利屋”の印象は拭えない。

現行契約は2026年まで残っているが、クラブサイドはすでに構想外を言い渡した模様で、今夏の移籍市場で新天地を求める必要が出てきている。

そういったなか、先日にレアル・ベティスの関心も伝えられたエルチェ出身のMFは、ここに来てそのライバルクラブであるセビージャ行きの可能性が浮上している。
報道によると、セビージャで再起を図りたいサウールは新天地での減俸を受け入れる意向を示しており、個人間では移籍に向けた障害はないという。

ただ、現時点で金額は不明であるものの、セビージャ側は移籍金が高額である場合、獲得に動く可能性は低いようで、サウールはアトレティコと契約を解除してのフリートランスファーをクラブ側に要求しているようだ。

アトレティコとしてはサウールの売却で移籍金を得たい一方、同選手の安くないサラリーを削減できることを鑑みれば、フリーか安価な金額での売却に応じる可能性は高そうだ。

サウール・ニゲスの関連記事

今夏プレシーズンで来日することが発表されたセビージャ。現地メディアが今夏の補強に日本人選手の獲得を進言している。 8日、セビージャは今夏のプレシーズンツアーを発表。7月30日(火)に札幌ドームで北海道コンサドーレ札幌戦、8月2日(金)に駅前不動産スタジアムでサガン鳥栖戦と、親善試合の2試合を行うことを発表した。 今夏は多くのクラブが来日する中で、さらなる来日に。ただ、今シーズンのセビージャは現状苦しみを感じる陣容となっている。 ガルシア・ピミエンタ新監督が率いるチームは、今夏の移籍市場ですでに動きを見せている。アーセナルからベルギー代表MFアルベール・サンビ・ロコンガ(24)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得。また、アトレティコ・マドリーから元スペイン代表MFサウール・ニゲス(29)を1年間のレンタル移籍で獲得した。 中盤の補強が進む一方で、スペイン人FWラファ・ミル(27)がバレンシアへとレンタル移籍。また、モロッコ代表FWユセフ・エン=ネシリ(27)にも移籍の噂が上がっている。元ドミニカ代表FWマリアーノ・ディアス(30)も退団しており、ストライカーは補強ポジションの1つ。その中でスペイン『EL GOL DIGITAL』は日本人ストライカーの獲得を進言している。 その選手とは、セルティックに所属する日本代表FW古橋亨梧(29)。『EL GOL DIGITAL』は、ヨーロッパでの実績に加え、日本マーケットを考慮しても有益な補強だとしている。 古橋はヴィッセル神戸から2021年7月にセルティックへと加入。3シーズンプレーし、公式戦133試合で73ゴール15アシストとエースとして君臨。2022-23シーズンはスコティッシュ・プレミアシップの得点王隣、年間最優秀選手賞も受賞している。 加入してからセルティックはリーグ3連覇という中で、そのスピードとポジショニング、そして何よりも得点力は魅力とのこと。実績に加えて1400万ユーロ(約24億2000万円)とされる市場価値を見ても、お買い得な選手だと勧めている。 さらに、日本に多くのファンがいる古橋を獲得することで、フットボール面だけでなく、商業面でも大きな影響がクラブにあると指摘。レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英を例に挙げ、クラブの財政面を大きく助けることにもなるとし、獲得を進言している。 あくまでも『EL GOL DIGITAL』が獲得を進言している状況であり、セビージャに獲得の意思があるかどうかは不明だが、今シーズンは久保に加えて、マジョルカに日本代表FW浅野拓磨が加入。古橋も移籍となれば日本人3選手がラ・リーガでプレーすることになるが、どうなるだろうか。 2024.07.17 11:45 Wed
セビージャは15日、アトレティコ・マドリーから元スペイン代表MFサウール・ニゲス(29)を1年間のレンタル移籍で獲得した。なお、2024-25シーズン終了後にレンタル期間を1年延長することにも合意している。 アトレティコのカンテラからファーストチームデビューを飾り、ラージョ・バジェカーノ、チェルシーへのレンタル移籍を除き、コルチョネロス一筋のキャリアを歩んできたサウール。 クラブ通算427試合出場を誇る実力者だが、近年は不安定なパフォーマンスによってディエゴ・シメオネ監督の信頼を完全に失っており、そのユーティリティ性によって各ポジションのバックアップを担う“便利屋”の印象は拭えない。 現行契約は2026年まで残っているが、世代交代を見据えるクラブはすでに構想外を言い渡した模様で、今夏のアトレティコ退団が報じられていた。 なお、サウールはベルギー代表MFアルベール・サンビ・ロコンガ(24)、ナイジェリア代表FWチデラ・エジュケ(26)、スペイン人FWペケ・フェルナンデス(21)に次ぐ今夏の補強となる。 2024.07.16 06:30 Tue
元スペイン代表MFサウール・ニゲス(29)のアトレティコ・マドリー退団、そしてセビージャ移籍が確実に。 23-24シーズン終盤ごろから今夏のアトレティコ退団が報じられてきたサウール。アカデミー出身にしてクラブ通算427試合出場を誇るが、近年序列を落とし、レンタル放出も経験した。 22-23シーズンは公式戦38試合、23-24シーズンも49試合出場と、途中出場が増えたとはいえ、チェルシーから復帰後も決して構想外だったわけではない。 しかしながら、世代交代を見据えるクラブと、かつてほどのアトレティコ愛が感じられないサウール。ここ数日、契約解除およびセビージャへのフリー移籍が濃厚と伝えられた。 スペイン『Relevo』によると、サウールは15日にセビージャ入り。 アトレティコとの契約解除協議は水面下で決着したとされ、700万ユーロ(約12億円)の年俸をほぼ半減したうえでのセビージャ行きに、ほとんど躊躇しなかったとされる。 アトレティコ視点では、サウールとの契約をあと2年残すも、双方ともに契約解除の意向で一致していたため、年俸1年分を支払う形で合意へ。結果的にウィンウィンの契約解除だ。 サウールはセビージャと年俸400万ユーロ(約6.8億円)の3年契約を結ぶとされる。 2024.07.13 16:40 Sat
アトレティコ・マドリーが元スペイン代表MFサウール・ニゲス(29)に新天地探しを言い渡したようだ。 21-22シーズンのチェルシーへのレンタル放出が印象的だったサウール。アトレティコの下部組織で育ったセントラルハーフは、クラブ通算427試合出場を誇る実力者だが、近年序列が不安定となり、チェルシーから復帰後は先発より途中出場が多い。 アトレティコはかねてより伝えられる通り、来季からチームを新たに若いスカッドへと変えたい思惑。主軸の元スペイン代表DFマリオ・エルモソ(28)も、減俸提示を受けて今夏のフリー退団を決めたと報じられる。 スペイン『Relevo』いわく、サウールについてはクラブとディエゴ・シメオネ監督から「選手としてひとつのサイクルが終わった」と捉えられ、契約を26年6月まで残すなか、新天地探しを言い渡されているとのことだ。 ただ、それは簡単ではない模様。サウールの給与は決して安くなく、アトレティコ、まだ見ぬ先方のクラブ、そしてサウール…三者が満足できる解決策は多くないものと考えられている。 2024.06.05 14:00 Wed
アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が、ラ・リーガでの重要な勝利を喜んだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 1日、ラ・リーガ第30節でビジャレアルと対戦したアトレティコ。勝てば4位浮上となる一戦、立ち上がりにCKからMFアクセル・ヴィツェルのゴールで先制に成功すると、リードを保ったまま後半へ。50分に失点を許すとその後はペースを掴めない苦しい時間帯が続いたが、87分にMFサウール・ニゲスのゴールで勝ち越すとそのまま2-1で勝利した。 これにより、ラ・リーガ4位浮上となったシメオネ監督は試合運びの課題について言及しつつ、2ゴールについては満足感を示している。 「(先週末に)ビルバオが敗れたことで、自分たちが望んでいた位置に戻るチャンスが巡ってきた。真剣に取り組む必要があった試合は、選手交代で攻撃陣が活性化され、後半開始から陥った状態を抜け出せただろう。ただ、より早く問題を解決できたはずであり、2-1の状態にできたはずだった」 「我々は勝利こそが取り柄という位置にいる。勝たなければ、生み出すものすべてが批判されるのだ。それでも、今日はサビッチが良い形で試合に入り、アスピリクエタは常に存在感を示し、ジョレンテは前線にスペースを作り、サウールはゴールを決め、コレアとモラタはよりアグレッシブだった」 「再びセットプレーからゴールを決められてとても嬉しい。以前はセットプレーのたびゴールの匂いがしたものだが、今はそんなこともなくなっていた。しかし今日は、アクセルが素晴らしいゴールを決めたんだ」 「(決勝弾のサウールについて)彼は常に同じ精神で仕事に取り組んできた。謙虚にクラブへ寄り添ってきたんだ。今、彼のプレー時間は少し減っているが、私は常に彼の能力を心に留めており、彼は我々が慣れ親しんできたものを引き出してくれる」 2024.04.02 10:50 Tue

記事をさがす

サウール・ニゲスの人気記事ランキング

1

来日するセビージャに現地メディアが日本人獲得を進言! 市場価値約24.2億円のストライカーを勧める「商業面でも大きな影響」

今夏プレシーズンで来日することが発表されたセビージャ。現地メディアが今夏の補強に日本人選手の獲得を進言している。 8日、セビージャは今夏のプレシーズンツアーを発表。7月30日(火)に札幌ドームで北海道コンサドーレ札幌戦、8月2日(金)に駅前不動産スタジアムでサガン鳥栖戦と、親善試合の2試合を行うことを発表した。 今夏は多くのクラブが来日する中で、さらなる来日に。ただ、今シーズンのセビージャは現状苦しみを感じる陣容となっている。 ガルシア・ピミエンタ新監督が率いるチームは、今夏の移籍市場ですでに動きを見せている。アーセナルからベルギー代表MFアルベール・サンビ・ロコンガ(24)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得。また、アトレティコ・マドリーから元スペイン代表MFサウール・ニゲス(29)を1年間のレンタル移籍で獲得した。 中盤の補強が進む一方で、スペイン人FWラファ・ミル(27)がバレンシアへとレンタル移籍。また、モロッコ代表FWユセフ・エン=ネシリ(27)にも移籍の噂が上がっている。元ドミニカ代表FWマリアーノ・ディアス(30)も退団しており、ストライカーは補強ポジションの1つ。その中でスペイン『EL GOL DIGITAL』は日本人ストライカーの獲得を進言している。 その選手とは、セルティックに所属する日本代表FW古橋亨梧(29)。『EL GOL DIGITAL』は、ヨーロッパでの実績に加え、日本マーケットを考慮しても有益な補強だとしている。 古橋はヴィッセル神戸から2021年7月にセルティックへと加入。3シーズンプレーし、公式戦133試合で73ゴール15アシストとエースとして君臨。2022-23シーズンはスコティッシュ・プレミアシップの得点王隣、年間最優秀選手賞も受賞している。 加入してからセルティックはリーグ3連覇という中で、そのスピードとポジショニング、そして何よりも得点力は魅力とのこと。実績に加えて1400万ユーロ(約24億2000万円)とされる市場価値を見ても、お買い得な選手だと勧めている。 さらに、日本に多くのファンがいる古橋を獲得することで、フットボール面だけでなく、商業面でも大きな影響がクラブにあると指摘。レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英を例に挙げ、クラブの財政面を大きく助けることにもなるとし、獲得を進言している。 あくまでも『EL GOL DIGITAL』が獲得を進言している状況であり、セビージャに獲得の意思があるかどうかは不明だが、今シーズンは久保に加えて、マジョルカに日本代表FW浅野拓磨が加入。古橋も移籍となれば日本人3選手がラ・リーガでプレーすることになるが、どうなるだろうか。 2024.07.17 11:45 Wed
2

セビージャ、アトレティコで構想外のサウールをレンタル移籍で獲得!今夏4人目の補強に

セビージャは15日、アトレティコ・マドリーから元スペイン代表MFサウール・ニゲス(29)を1年間のレンタル移籍で獲得した。なお、2024-25シーズン終了後にレンタル期間を1年延長することにも合意している。 アトレティコのカンテラからファーストチームデビューを飾り、ラージョ・バジェカーノ、チェルシーへのレンタル移籍を除き、コルチョネロス一筋のキャリアを歩んできたサウール。 クラブ通算427試合出場を誇る実力者だが、近年は不安定なパフォーマンスによってディエゴ・シメオネ監督の信頼を完全に失っており、そのユーティリティ性によって各ポジションのバックアップを担う“便利屋”の印象は拭えない。 現行契約は2026年まで残っているが、世代交代を見据えるクラブはすでに構想外を言い渡した模様で、今夏のアトレティコ退団が報じられていた。 なお、サウールはベルギー代表MFアルベール・サンビ・ロコンガ(24)、ナイジェリア代表FWチデラ・エジュケ(26)、スペイン人FWペケ・フェルナンデス(21)に次ぐ今夏の補強となる。 2024.07.16 06:30 Tue
3

年俸半減も躊躇せず…サウールがまもなくセビージャ入りへ アトレティコとの契約解除協議は水面下で決着

元スペイン代表MFサウール・ニゲス(29)のアトレティコ・マドリー退団、そしてセビージャ移籍が確実に。 23-24シーズン終盤ごろから今夏のアトレティコ退団が報じられてきたサウール。アカデミー出身にしてクラブ通算427試合出場を誇るが、近年序列を落とし、レンタル放出も経験した。 22-23シーズンは公式戦38試合、23-24シーズンも49試合出場と、途中出場が増えたとはいえ、チェルシーから復帰後も決して構想外だったわけではない。 しかしながら、世代交代を見据えるクラブと、かつてほどのアトレティコ愛が感じられないサウール。ここ数日、契約解除およびセビージャへのフリー移籍が濃厚と伝えられた。 スペイン『Relevo』によると、サウールは15日にセビージャ入り。 アトレティコとの契約解除協議は水面下で決着したとされ、700万ユーロ(約12億円)の年俸をほぼ半減したうえでのセビージャ行きに、ほとんど躊躇しなかったとされる。 アトレティコ視点では、サウールとの契約をあと2年残すも、双方ともに契約解除の意向で一致していたため、年俸1年分を支払う形で合意へ。結果的にウィンウィンの契約解除だ。 サウールはセビージャと年俸400万ユーロ(約6.8億円)の3年契約を結ぶとされる。 2024.07.13 16:40 Sat
4

アトレティコ、今季中断期間後台頭の逸材パブロ・バリオスと長期契約締結!

アトレティコ・マドリーは23日、U-19スペイン代表MFパブロ・バリオス(19)との契約を2028年6月30日まで延長したことを発表した。 2018年にレアル・マドリーのカンテラからライバルのアトレティコに加入した181cmのMFは、ユースチームやBチームでの活躍を経て昨年10月末に行われたカディス戦でトップチームデビュー。 中断期間のアピールに成功すると、コパ・デル・レイのアレンテイロ戦で初スタメンを飾って初ゴール。エルチェ戦ではラ・リーガでもスタメンデビューし、4試合ぶりの勝利に貢献。さらに、オビエド戦では途中出場からコパ2試合連続ゴールを挙げると、試合後にディエゴ・シメオネ監督から「約束された未来」と最大級の賛辞の言葉を受け取っていた。 コケ、サウール・ニゲス以降は長らくトップチームに定着するカンテラーノが不在の中、久々に現れた19歳の逸材は圧倒的なボールスキル、攻撃センス、パスセンスを備える、ある意味でアトレティコらしくないプレースタイルの持ち主。だが、フィジカルの向上と共にハードワークの部分でも急成長を遂げており、今後のコルチョネロスの中盤を支える人材となるはずだ 2023.01.23 22:41 Mon
5

アセンシオ、トレーニング中のケガでユーロ予選2試合を欠場か…

スペイン代表のレアル・マドリーFWマルコ・アセンシオが、今月行われるユーロ2020予選の2試合を欠場する可能性があるようだ。『フットボール・エスパーニャ』が報じている。 報道によると、アセンシオは代表でのトレーニング中にふくらはぎを負傷したとのこと。また、ベティスGKパウ・ロペス・サバタも首に問題を抱えており代表戦の出場が微妙だという。なお、スペイン代表は追加招集が必要な場合は24時間以内に発表するようだ。 スペイン代表では、20日にナポリMFファビアン・ルイスが病気により代表辞退を発表。代わりにアトレティコ・マドリーMFサウール・ニゲスが追加招集されていた。 2019.03.21 03:00 Thu

セビージャの人気記事ランキング

1

主将セルジ・ロベルトがバルセロナ退団へ…プレミアリーグ挑戦望む

バルセロナの元スペイン代表MFセルジ・ロベルト(32)が新天地を探しているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。 バルセロナのカンテラ出身で、ファーストチームでは14シーズンを戦ってきたセルジ・ロベルト。右サイドバックと中盤をこなすバックアッパーとしてチームを支え、2023-24シーズンはキャプテンも務めた。 クラブ通算479試合の出場数を誇る生え抜きMFだが、6月30日には契約が満了。バルセロナはもう1シーズンの更新を望み、新たなオファーを提示したという。 クラブの財政状況を踏まえ、金銭面は受け入れたというセルジ・ロベルトだが、他の部分が障壁に。たとえ契約を更新したとしても、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)規則の関係から、選手登録の列に並ぶことを求められた。 登録完了での残留か、登録できずの退団かの期限を8月10日と提示されたセルジ・ロベルトは、この状況を望まず。新契約にはサインせず、新たなリーグへの挑戦を希望している。 スペイン国内ではセビージャやバレンシアが興味を示し、関心度は低いもののジローナも目を向けているとのこと。しかし、本人はプレミアリーグ行きを望み、数日中に具体化されるかもしれないオファーを検討している模様だ。 2024.07.20 14:44 Sat
2

来日するセビージャに現地メディアが日本人獲得を進言! 市場価値約24.2億円のストライカーを勧める「商業面でも大きな影響」

今夏プレシーズンで来日することが発表されたセビージャ。現地メディアが今夏の補強に日本人選手の獲得を進言している。 8日、セビージャは今夏のプレシーズンツアーを発表。7月30日(火)に札幌ドームで北海道コンサドーレ札幌戦、8月2日(金)に駅前不動産スタジアムでサガン鳥栖戦と、親善試合の2試合を行うことを発表した。 今夏は多くのクラブが来日する中で、さらなる来日に。ただ、今シーズンのセビージャは現状苦しみを感じる陣容となっている。 ガルシア・ピミエンタ新監督が率いるチームは、今夏の移籍市場ですでに動きを見せている。アーセナルからベルギー代表MFアルベール・サンビ・ロコンガ(24)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得。また、アトレティコ・マドリーから元スペイン代表MFサウール・ニゲス(29)を1年間のレンタル移籍で獲得した。 中盤の補強が進む一方で、スペイン人FWラファ・ミル(27)がバレンシアへとレンタル移籍。また、モロッコ代表FWユセフ・エン=ネシリ(27)にも移籍の噂が上がっている。元ドミニカ代表FWマリアーノ・ディアス(30)も退団しており、ストライカーは補強ポジションの1つ。その中でスペイン『EL GOL DIGITAL』は日本人ストライカーの獲得を進言している。 その選手とは、セルティックに所属する日本代表FW古橋亨梧(29)。『EL GOL DIGITAL』は、ヨーロッパでの実績に加え、日本マーケットを考慮しても有益な補強だとしている。 古橋はヴィッセル神戸から2021年7月にセルティックへと加入。3シーズンプレーし、公式戦133試合で73ゴール15アシストとエースとして君臨。2022-23シーズンはスコティッシュ・プレミアシップの得点王隣、年間最優秀選手賞も受賞している。 加入してからセルティックはリーグ3連覇という中で、そのスピードとポジショニング、そして何よりも得点力は魅力とのこと。実績に加えて1400万ユーロ(約24億2000万円)とされる市場価値を見ても、お買い得な選手だと勧めている。 さらに、日本に多くのファンがいる古橋を獲得することで、フットボール面だけでなく、商業面でも大きな影響がクラブにあると指摘。レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英を例に挙げ、クラブの財政面を大きく助けることにもなるとし、獲得を進言している。 あくまでも『EL GOL DIGITAL』が獲得を進言している状況であり、セビージャに獲得の意思があるかどうかは不明だが、今シーズンは久保に加えて、マジョルカに日本代表FW浅野拓磨が加入。古橋も移籍となれば日本人3選手がラ・リーガでプレーすることになるが、どうなるだろうか。 2024.07.17 11:45 Wed
3

セビージャ、アトレティコで構想外のサウールをレンタル移籍で獲得!今夏4人目の補強に

セビージャは15日、アトレティコ・マドリーから元スペイン代表MFサウール・ニゲス(29)を1年間のレンタル移籍で獲得した。なお、2024-25シーズン終了後にレンタル期間を1年延長することにも合意している。 アトレティコのカンテラからファーストチームデビューを飾り、ラージョ・バジェカーノ、チェルシーへのレンタル移籍を除き、コルチョネロス一筋のキャリアを歩んできたサウール。 クラブ通算427試合出場を誇る実力者だが、近年は不安定なパフォーマンスによってディエゴ・シメオネ監督の信頼を完全に失っており、そのユーティリティ性によって各ポジションのバックアップを担う“便利屋”の印象は拭えない。 現行契約は2026年まで残っているが、世代交代を見据えるクラブはすでに構想外を言い渡した模様で、今夏のアトレティコ退団が報じられていた。 なお、サウールはベルギー代表MFアルベール・サンビ・ロコンガ(24)、ナイジェリア代表FWチデラ・エジュケ(26)、スペイン人FWペケ・フェルナンデス(21)に次ぐ今夏の補強となる。 2024.07.16 06:30 Tue
4

セビージャの来日が突如中止に? 札幌、鳥栖と対戦予定も1試合が開催不可とスペインで報道

今夏の来日が予定されていたセビージャだが、突如としてジャパンツアーが中止になったようだ。スペイン『アス』が伝えた。 ヨーロッパリーグ(EL)を7度も制しているセビージャ。今夏の来日が突如決まり、北海道コンサドーレ札幌、サガン鳥栖と2試合を行うことが8日に発表された。 鳥栖にはかつて在籍した元日本代表MF清武弘嗣も今夏移籍したことで話題を集めることとなったが、『アス』によれば予期せぬ出来事が発生。1試合が開催できなくなったという。 札幌戦か鳥栖戦かは明かされていないが、どちらかの試合の開催に問題が発生したとされ、ジャパンツアー自体が中止に。セビージャはプレシーズンの2試合がなくなることから、ポルトガルでプレシーズンを過ごすことを模索しているという。 経済的な側面でも利益を得られるはずだったセビージャ。具体的に何が問題になったのかは明らかではなく、クラブからも公式に中止は発表されていないが、今後の動向が注目を集める。 2024.07.20 16:05 Sat
5

セビージャ退団のラメラの新天地はギリシャ! AEKアテネに完全移籍し3年契約

AEKアテネは21日、元アルゼンチン代表MFエリク・ラメラ(32)の加入を発表した。契約期間は2027年までの3年間となる。 ラメラは母国のリーベル・プレートでキャリアをスタートしたラメラは、2011年8月にローマへと完全移籍し、ヨーロッパでのキャリアをスタート。2013年8月には、当時のクラブレコードである3000万ユーロ(約51億4800万円)以上でトッテナムへ完全移籍。2021年7月にセビージャへと完全移籍していた。 ローマでは公式戦67試合で21ゴール13アシスト、トッテナムでは公式戦257試合で37ゴール44アシスト、セビージャでは公式戦92試合で16ゴール7アシストを記録。2022-23シーズンはセビージャでヨーロッパリーグ(EL)優勝を経験し初タイトルを獲得した。 トッテナム時代の2020-21シーズンには、アーセナルとのノースロンドン・ダービーで決めたラボーナでのゴールがプスカシュ賞を受賞するなど、創造性あふれるアタッカーとしてプレーした中、新天地はギリシャとなった。 なお、アルゼンチン代表としても25試合に出場していた。 2024.07.21 22:20 Sun

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly