フリーのレジェスがリーガ2部のコルドバに加入2018.01.31 04:01 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ2部のコルドバは30日、元スペイン代表FWホセ・アントニオ・レジェス(34)の獲得を発表した。▽セビージャの下部組織出身であるウインガーのレジェスは、16歳でトップチームデビュー。快足ドリブラーとしてセビージャでブレイクした後、2004年冬にアーセナルへ移籍したが、アーセナルではロンドンの気候に馴染めず、期待に応えることはできなかった。その後、レンタルで移籍したレアル・マドリーでリーガ優勝に貢献するも、2007年夏にアトレティコ・マドリーへ完全移籍。しかし、アトレティコでは活躍できず、翌年にベンフィカへレンタルに出された。その後、アトレティコ、セビージャへ復帰した後、2016年夏にエスパニョールに加入。昨季はリーガで21試合に出場して3ゴール4アシストを記録したが、契約延長には至らず、シーズン終了後にフリーとなっていた。

▽移籍先のコルドバは現在、リーガ2部で22チーム中20位と降格圏に沈んでいる。
コメント
関連ニュース
thumb

セバージョス争奪戦が激化? セビージャやベティスも名乗り!

レアル・マドリーに所属するスペイン代表MFダニ・セバージョス(22)を巡る争奪戦が激化しているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 ベティス下部組織出身であるセバージョスは、大会MVPに選出された2017年6月のU-21欧州選手権後にマドリーへ入団。今シーズンは公式戦34試合3ゴール2アシストを記録したものの、ジネディーヌ・ジダン監督が復任して以降は3試合のみの出場にとどまった。 そのセバージョスは、「目標はマドリーで成功を収めること」と残留を希望。しかし、ジダン監督から戦力外通告を受けたことが報じられており、今夏に売却されることが濃厚となっている。 とはいえ、セバージョスは引く手数多であり、既報によれば、トッテナムやアーセナル、ユベントス、リヨンが関心を寄せている。そして、今回新たに加わったのが、セビージャと古巣ベティスのようだ。 セビージャは新指揮官に就任したフレン・ロペテギ氏が、スペイン代表やレアル・マドリーで同選手を重宝してきたことからリストアップ。一方のベティスは、MFジオバニ・ロ・セルソ(23)やMFセルヒオ・カナレス(28)、MFウィリアム・カルバーリョ(27)といった主力MFの去就が不透明なことから、移籍に備えて獲得したいと考えているとのことだ。 2019.06.18 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

コロンビア代表を負傷離脱のFWムリエルが、アタランタ移籍で合意

アタランタが、セビージャのコロンビア代表FWルイス・ムリエル(28)の獲得で合意したようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じた。 ウディネーゼやグラナダ、レッチェ、サンプドリアでプレーしたムリエルは、2017年7月にセビージャへと完全移籍。しかし、2018-19シーズンはリーガエスパニョーラで6試合に出場し1ゴール1アシストにとどまると、1月にフィオレンティーナへとレンタル移籍。セリエAで19試合で6ゴールを記録するなど、活躍を見せていた。 そんなムリエルに対し、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場が決定しているアタランタが興味。数日前から交渉を始めていたところ、コパ・アメリカのアルゼンチン代表戦でムリエルが負傷。ヒザの側副じん帯を損傷しており、5〜7週間は復帰できないとコロンビアサッカー連盟が発表し、チームから離脱していた。 この負傷により交渉がストップするかと思われていたが、アタランタは交渉を継続。移籍金1500万ユーロ(約18億2500万円)+300万ユーロ(約3億6500万円)のボーナスで合意したと報じられている。 フィオレンティーナは1300万ユーロ(約15億8000万円)での買い取りオプションを持っていたものの、買取らないことを決断。ムリエルは、コロンビア代表でも同僚のFWドゥヴァン・サパタとともに、アタランタでチャンピオンズリーグを戦うことになりそうだ。 2019.06.18 16:05 Tue
twitterfacebook
thumb

PSG、リーガ屈指のFWイェデルに関心! 代理人と接触か

パリ・サンジェルマン(PSG)が、セビージャに所属するフランス代表FWウィサム・ベン・イェデル(28)の獲得に興味を示しているようだ。フランス方面の情報を引用してスペイン『マルカ』が伝えている。 2016年にトゥールーズからセビージャに加入したイェデル。スピードに秀でた身長170cmのストライカーで、セビージャ通算138試合70ゴール22アシストを誇り、今シーズンは公式戦54試合30ゴール11アシストを記録した。 今回、伝えられたところによると、クラブ最多得点記録を保有するウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(32)の退団が取り沙汰されているPSGがイェデルの代理人と接触したようだ。 また、同選手は以前に今夏のセビージャ退団を希望する主旨のコメントを残しており、契約解除金4000万ユーロ(約48億6000万円)が設定されているという。 2019.06.18 14:36 Tue
twitterfacebook
thumb

コロンビア代表FWムリエル、アルゼンチン戦で左ヒザ損傷し大会終了《コパ・アメリカ》

コロンビア代表FWルイス・ムリエルが、左ヒザ側副靭帯損傷でコパ・アメリカから離脱したことを、所属先のセビージャが報告した。 コロンビア代表は16日、コパ・アメリカ2019グループB第1節でアルゼンチン代表と対戦した。先発出場したムリエルだったが、試合開始直後、相手のMFレアンドロ・パレデスのタックルを受けて負傷交代を余儀なくされてしまった。 この時に左ヒザ側副靭帯にケガを負った同選手は以降のコパ・アメリカ参加は不可能に。復帰は8月半ばになると見込まれている。 今季フィオレンティーナにレンタルしていたムリエルに関しては、今夏の移籍市場で放出候補に挙がっていたようで、アタランタなどが関心を持っていた模様。だが、今回のケガでムリエルが新天地を探すことは難しくなったかもしれない。 2019.06.16 19:51 Sun
twitterfacebook
thumb

セビージャ新指揮官のロペテギ、ルイス・アルベルトに熱視線か

セビージャが、ラツィオに所属するスペイン代表MFルイス・アルベルト(26)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 スペイン人MFパブロ・サラビア(27)やアルゼンチン代表MFエベル・バネガ(30)、フランス代表FWウィサム・ベン・イェデル(28)、オランダ代表FWクインシー・プロメス(27)ら多くの主力の去就が不透明となっているセビージャ。フレン・ロペテギ新監督は、彼らを売却した場合に得られる資金をルイス・アルベルトの獲得に充てたいと考えているという。 セビージャ下部組織出身のルイス・アルベルトは、2011年にトップチームに昇格すると、リバプールやマラガなどを渡り歩き2016年夏にラツィオへ加入。今シーズンのセリエAでは、スペイン人らしいボールコントロールと高水準のパスセンスを武器に27試合で4ゴール5アシストを記録。また、2017年にはロペテギ監督の下でスペイン代表デビューも飾っている。 しかし、ラツィオはスペイン代表MFの放出に否定的であり、少なくとも3000万ユーロ(約36億6000万円)の移籍金を要求する模様。そこで、セビージャはアルゼンチン代表MFフランコ・バスケス(30)の譲渡を含めたオファーを検討しているようだ。 2019.06.14 15:16 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース