アル・イテハドがガジャルド監督と契約解消…後任はミラン退団のピオリ氏濃厚に

2024.07.03 16:15 Wed
アル・イテハド退団のガジャルド監督
Getty Images
アル・イテハド退団のガジャルド監督
アル・イテハドは2日、マルセロ・ガジャルド監督(48)の解任を発表した。

昨年11月にヌーノ・エスピリト・サント前監督の後任として就任したガジャルド監督。昨夏の加入からまもなくしてモチベーションを失ったとされる元フランス代表FWカリム・ベンゼマとの確執が囁かれ、連覇を狙ったサウジ・プロ・リーグも5位で終戦した。
そんなガジャルド監督と2025年夏までの契約を残すアル・イテハドだったが、その契約を解消しての別れを明らかに。後任には昨季をもってミラン監督を退任したステファノ・ピオリ氏(58)が浮上している。

移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ記者の最新情報によると、そんなピオリ氏はアル・イテハド行きが濃厚。3年契約でのサウジアラビア行きともいわれる。

マルセロ・ガジャルドの関連記事

アル・イテハドは13日、ローラン・ブラン氏(58)の新監督就任を発表した。契約に関する詳細は明かされていない。 昨シーズンのサウジ・プロ・リーグで連覇を逃し、期待外れの5位で終戦したアル・イテハド。その後、元フランス代表FWカリム・ベンゼマとの確執も伝えられたマルセロ・ガジャルド監督を解任した。 その後任として白羽の矢が立ったのは、昨季限りでミラン監督を退任したステファノ・ピオリ氏だったが、ルアイ・ナゼル会長の電撃辞任の影響もあって交渉は破談に終わった。 これを受け、新たな候補に浮上していたのが、これまでボルドーやフランス代表、パリ・サンジェルマン(PSG)、アル・ラーヤン、リヨンで監督を歴任したブラン氏だった。 現主力のベンゼマやエンゴロ・カンテといった同胞との関係は良好で、獲得間近のアルジェリア代表MFフセム・アワールもリヨン時代の教え子。今後の積極補強も予想されており、新シーズンはアル・ヒラルやアル・ナスルとの熾烈なタイトルレースに挑む。 2024.07.13 22:38 Sat
ローラン・ブラン新監督の招へいが決定的となったサウジアラビアのアル・イテハドが、大型補強に向けて動いているようだ。 昨夏、元フランス代表FWカリム・ベンゼマ、フランス代表MFエンゴロ・カンテ、ブラジル代表MFファビーニョらを補強したアル・イテハドだが、ヌーノ・エスピリト・サント、マルセロ・ガジャルドと2人の指揮官の下で戦った昨シーズンはサウジ・プロ・リーグで5位フィニッシュするなど無冠に終わった。 その成績不振に加え、ベンゼマらとの確執が報じられたガジャルド監督を解任したクラブは、ステファノ・ピオリ、クリストフ・ガルティエという2人の指揮官との交渉が難航した中、最終的にブラン氏の招へいを決断した。 そのフランス人指揮官の下で捲土重来を期す新シーズンに向けてクラブは、昨夏同様の積極補強に動いている。 現時点で獲得が決定的となっているのが、ローマのアルジェリア代表MFフセム・アワール(26)だ。 移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、リヨン時代に指揮官の指導を受けたアワールはすでに個人間でサウジアラビア行きに合意。また、加入1年での放出を考慮していたローマも1500万ユーロ(約26億円)+アドオンという条件でアル・イテハドと合意に近づいているという。 同じく実現度が高そうなのは、マンチェスター・ユナイテッドのブラジル代表MFカゼミロ(32)。今夏のユナイテッド退団が決定的とみられる同選手は予てよりサウジアラビア行きが取り沙汰されており、レアル・マドリーの元同僚ベンゼマ、セレソンの同僚ファビーニョとの再会を受け入れる可能性は高い。 フランス『レキップ』によると、ユナイテッドはカゼミロの今夏退団を容認する構えで、すでに選手サイドはアル・イテハドとの交渉を開始しているという。 現時点で実現性は低いものの、アル・イテハドが前述の2選手以外で獲得を目指しているのは、パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表DFマルキーニョス(30)と、アストン・ビラのフランス代表FWムサ・ディアビ(25)だ。 『レキップ』によると、ブラン氏のPSG時代の教え子であるマルキーニョスに関して、PSGは少なくとも残り1年の残留を希望しているものの、選手とサウジアラビアのクラブの間で交渉が行われているとしている。 一方、フランス『フット・メルカート』によると、昨夏アル・ナスルの補強候補に挙がっていながらも、レバークーゼンからアストン・ビラに移籍したディアビに対して、アル・イテハドは強い関心を示しているという。そして、ベンゼマとカンテ、新指揮官のフレンチコネクションを利用して説得を目指すことになるようだ。 2024.07.12 18:25 Fri
アル・イテハドの監督にローラン・ブラン氏(58)が就任するようだ。 昨季のサウジ・プロ・リーグで連覇ならずの5位で終戦したアル・イテハド。先日、昨年11月に就任して間もないマルセロ・ガジャルド監督を解任し、後任として白羽の矢が立ったのが昨季限りでミラン監督を退団したステファノ・ピオリ氏(58)だ。 最近では就任が有力視される状況だったが、アル・イテハドのルアイ・ナゼル会長が突じょ辞任してから風向きが一変。獲得決定的といわれたベルギー代表DFアルトゥール・テアテ(24)とともに、ピオリ氏の話も破談したといわれる。 そこで新たに浮上するのがこれまでボルドーやフランス代表、パリ・サンジェルマン(PSG)、アル・ラーヤン、リヨンで監督を歴任したブラン氏。2023年9月にリヨンを去ってからフリーとなっている。 移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏によると、ブラン氏はアル・イテハド行きが目前。近く監督就任の見込みという。 2024.07.10 21:15 Wed
アル・イテハドが、スタッド・レンヌのベルギー代表DFアルトゥール・テアテ(24)の獲得を決定的なモノにした。 今夏の移籍市場ではウェストハムからの関心が取り沙汰されていたテアテだったが、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏によると、サウジアラビアのアル・イテハドが移籍金1800万ユーロ(約31億3000万円)でクラブ間での合意を取り付けたという。 テアテ本人とは1年の延長オプション付きの3年契約で合意し、すでにメディカルチェックもパスしたとのことだ。 テアテは母国のヘンク、スタンダール・リエージュ、オーステンデを経て2021年8月にボローニャへレンタル移籍。その翌年7月に完全移籍に移行。センターバックと左サイドバックを主戦場に主力として活躍した。 その後、2022年夏にレンヌへ完全移籍していた。リーグ・アンのクラブでは公式戦80試合以上に出場し、昨シーズンは40試合3ゴールの数字を残していた。 また、ベルギー代表として18キャップを刻む左利きのDFは今回のユーロ2024で3試合に出場していた。 なお、先日にマルセロ・ガジャルド監督を解任したアル・イテハドは、昨シーズンまでミランを率いていたステファノ・ピオリ監督の招へいが確実に。そのピオリ監督はボローニャ時代のテアテを高く評価し、クラブとして獲得に動いた過去もあり、新天地ではディフェンスラインの主力として起用することになるはずだ。 2024.07.04 18:30 Thu
ミランを退任したステファノ・ピオリ氏(58)の新たな仕事先は、サウジアラビアになる可能性があるようだ。 ピオリ氏は2019年10月にミランの指揮官に着任すると、3年目の2021-22シーズンはクラブに11シーズンぶりのスクデットをもたらすことに成功。しかし、今シーズンは首位インテルに大差をつけられての2位となり、CL、EL、コッパ・イタリアでもタイトルに届かなかったことから、今季限りでの退任が発表された。 現在はプレミアリーグでの指揮を希望と報じられるなど、新天地が注目されているピオリ氏。そんな中で、イギリス『スカイ・スポーツ』によるとサウジアラビアのアル・イテハドが招へいに関心を示しているようだ。 アル・イテハドはカリム・ベンゼマとの確執も噂されたマルセロ・ガジャルド監督を先月解任。後任として、ピオリ氏はフルアムのマルコ・シウバ監督と並ぶ候補になっているという。 マルコ・シウバ監督はフルアムとの契約を2026年夏まで残しており、アル・イテハドが違約金の支払いを避けたい場合は、ピオリ氏が最有力になる可能性もある模様。ミランを復活に導いた実績を持つ指揮官がサウジアラビア行きを望むかは不透明であり、決断が注目されている。 2024.07.02 18:40 Tue

記事をさがす

マルセロ・ガジャルドの人気記事ランキング

1

ブラン招へいのアル・イテハド、昨夏に続き大型補強画策? 指揮官教え子らが候補

ローラン・ブラン新監督の招へいが決定的となったサウジアラビアのアル・イテハドが、大型補強に向けて動いているようだ。 昨夏、元フランス代表FWカリム・ベンゼマ、フランス代表MFエンゴロ・カンテ、ブラジル代表MFファビーニョらを補強したアル・イテハドだが、ヌーノ・エスピリト・サント、マルセロ・ガジャルドと2人の指揮官の下で戦った昨シーズンはサウジ・プロ・リーグで5位フィニッシュするなど無冠に終わった。 その成績不振に加え、ベンゼマらとの確執が報じられたガジャルド監督を解任したクラブは、ステファノ・ピオリ、クリストフ・ガルティエという2人の指揮官との交渉が難航した中、最終的にブラン氏の招へいを決断した。 そのフランス人指揮官の下で捲土重来を期す新シーズンに向けてクラブは、昨夏同様の積極補強に動いている。 現時点で獲得が決定的となっているのが、ローマのアルジェリア代表MFフセム・アワール(26)だ。 移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、リヨン時代に指揮官の指導を受けたアワールはすでに個人間でサウジアラビア行きに合意。また、加入1年での放出を考慮していたローマも1500万ユーロ(約26億円)+アドオンという条件でアル・イテハドと合意に近づいているという。 同じく実現度が高そうなのは、マンチェスター・ユナイテッドのブラジル代表MFカゼミロ(32)。今夏のユナイテッド退団が決定的とみられる同選手は予てよりサウジアラビア行きが取り沙汰されており、レアル・マドリーの元同僚ベンゼマ、セレソンの同僚ファビーニョとの再会を受け入れる可能性は高い。 フランス『レキップ』によると、ユナイテッドはカゼミロの今夏退団を容認する構えで、すでに選手サイドはアル・イテハドとの交渉を開始しているという。 現時点で実現性は低いものの、アル・イテハドが前述の2選手以外で獲得を目指しているのは、パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表DFマルキーニョス(30)と、アストン・ビラのフランス代表FWムサ・ディアビ(25)だ。 『レキップ』によると、ブラン氏のPSG時代の教え子であるマルキーニョスに関して、PSGは少なくとも残り1年の残留を希望しているものの、選手とサウジアラビアのクラブの間で交渉が行われているとしている。 一方、フランス『フット・メルカート』によると、昨夏アル・ナスルの補強候補に挙がっていながらも、レバークーゼンからアストン・ビラに移籍したディアビに対して、アル・イテハドは強い関心を示しているという。そして、ベンゼマとカンテ、新指揮官のフレンチコネクションを利用して説得を目指すことになるようだ。 2024.07.12 18:25 Fri
2

アル・イテハド、ローラン・ブラン新監督招へいを発表! 過去に仏代表やPSGを指揮

アル・イテハドは13日、ローラン・ブラン氏(58)の新監督就任を発表した。契約に関する詳細は明かされていない。 昨シーズンのサウジ・プロ・リーグで連覇を逃し、期待外れの5位で終戦したアル・イテハド。その後、元フランス代表FWカリム・ベンゼマとの確執も伝えられたマルセロ・ガジャルド監督を解任した。 その後任として白羽の矢が立ったのは、昨季限りでミラン監督を退任したステファノ・ピオリ氏だったが、ルアイ・ナゼル会長の電撃辞任の影響もあって交渉は破談に終わった。 これを受け、新たな候補に浮上していたのが、これまでボルドーやフランス代表、パリ・サンジェルマン(PSG)、アル・ラーヤン、リヨンで監督を歴任したブラン氏だった。 現主力のベンゼマやエンゴロ・カンテといった同胞との関係は良好で、獲得間近のアルジェリア代表MFフセム・アワールもリヨン時代の教え子。今後の積極補強も予想されており、新シーズンはアル・ヒラルやアル・ナスルとの熾烈なタイトルレースに挑む。 2024.07.13 22:38 Sat
3

監督人事で慌ただしいアル・イテハド、ブラン氏が近く就任へ

アル・イテハドの監督にローラン・ブラン氏(58)が就任するようだ。 昨季のサウジ・プロ・リーグで連覇ならずの5位で終戦したアル・イテハド。先日、昨年11月に就任して間もないマルセロ・ガジャルド監督を解任し、後任として白羽の矢が立ったのが昨季限りでミラン監督を退団したステファノ・ピオリ氏(58)だ。 最近では就任が有力視される状況だったが、アル・イテハドのルアイ・ナゼル会長が突じょ辞任してから風向きが一変。獲得決定的といわれたベルギー代表DFアルトゥール・テアテ(24)とともに、ピオリ氏の話も破談したといわれる。 そこで新たに浮上するのがこれまでボルドーやフランス代表、パリ・サンジェルマン(PSG)、アル・ラーヤン、リヨンで監督を歴任したブラン氏。2023年9月にリヨンを去ってからフリーとなっている。 移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏によると、ブラン氏はアル・イテハド行きが目前。近く監督就任の見込みという。 2024.07.10 21:15 Wed
4

ユベントスで残念な終わり方も…引く手数多な様子のアッレグリ氏

ユベントスを去ったマッシミリアーノ・アッレグリ氏(56)。次なる指揮官職を希望するなら選択肢は少なくないようだ。 コッパ・イタリア決勝における投げやりな言動・行動で即刻解任されたアッレグリ氏。もとより今季着任のクリスティアーノ・ジュントリSDと関係が悪く、リーグ戦の不調ぶりも際立っており、シーズン後の解任ならある意味妥当だったろうが、やはり残念な終わり方である。 ともあれ、カルチョにおける長い指導者キャリアで培った人脈があり、次なる指揮官職を希望するなら選択肢は少なくない模様。 イタリア『コリエレ・デラ・セーラ』いわく、モンツァの最高経営責任者(CEO)を務めるアドリアーノ・ガッリアーニ氏が、ミラン時代の仲間に対し、ユベントスでの解任劇を笑い飛ばしながら「ウチの監督ポストが空くから頭に入れておいて」と電話をかけたという。 モンツァは躍進の立役者となったラッファエレ・パッラディーノ監督(40)が、来月の契約満了に伴う退任を決意。ガッリアーニCEOは水面下で後任を探し、アレッシオ・ディオニージ氏(44)、アレッサンドロ・ネスタ氏(48)とともに、アッレグリ氏も候補の1人とされる。 また、高待遇を求めるならサウジアラビア行きという選択肢も。つい先日、アッレグリ氏のマネージメントを担当する代理店が、リヤドでアル・イテハドとミーティング。会談内容の詳細こそ不明も同クラブはマルセロ・ガジャルド監督(48)との契約解除が確実視される。 アッレグリ氏の“師匠”であり、個人アドバイザーも担うイタリアサッカー界の長老、ジョバンニ・ガレオーネ氏は最近、自身の一番弟子について「欧州内でオファーがあるだろうけどね」とコメントしつつ、来季いきなりの現場復帰については否定的な見解を寄せた。 振り返ると、アッレグリ氏はユベントスで第1次政権を終えたあと、2年間のブランクを経て再登板。ここ10年、ユベントス以外で指揮を執ったことがない。 再登板後はユベンティーノにほとんど良い印象を与えなかったアッレグリ氏だが、純粋に、他クラブで指揮を執ってどのような采配を振るうか、見てみたい。 2024.05.27 20:50 Mon
5

ベルギー代表DFテアテがアル・イテハド移籍へ…ボローニャ時代に自身評価した前ミラン指揮官ピオリと共闘に

アル・イテハドが、スタッド・レンヌのベルギー代表DFアルトゥール・テアテ(24)の獲得を決定的なモノにした。 今夏の移籍市場ではウェストハムからの関心が取り沙汰されていたテアテだったが、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏によると、サウジアラビアのアル・イテハドが移籍金1800万ユーロ(約31億3000万円)でクラブ間での合意を取り付けたという。 テアテ本人とは1年の延長オプション付きの3年契約で合意し、すでにメディカルチェックもパスしたとのことだ。 テアテは母国のヘンク、スタンダール・リエージュ、オーステンデを経て2021年8月にボローニャへレンタル移籍。その翌年7月に完全移籍に移行。センターバックと左サイドバックを主戦場に主力として活躍した。 その後、2022年夏にレンヌへ完全移籍していた。リーグ・アンのクラブでは公式戦80試合以上に出場し、昨シーズンは40試合3ゴールの数字を残していた。 また、ベルギー代表として18キャップを刻む左利きのDFは今回のユーロ2024で3試合に出場していた。 なお、先日にマルセロ・ガジャルド監督を解任したアル・イテハドは、昨シーズンまでミランを率いていたステファノ・ピオリ監督の招へいが確実に。そのピオリ監督はボローニャ時代のテアテを高く評価し、クラブとして獲得に動いた過去もあり、新天地ではディフェンスラインの主力として起用することになるはずだ。 2024.07.04 18:30 Thu

アル・イテハドの人気記事ランキング

1

“36歳を喜ばせようと躍起に” フランス化進むアル・イテハド「ベンゼマに100%服従」

アル・イテハドが元フランス代表FWカリム・ベンゼマ(36)ありきのクラブとなっている。スペイン『Relevo』が伝えている。 他のサウジアラビア勢と同様、昨夏からスター選手乱獲を始めたアル・イテハド。ベンゼマを筆頭に、ベンゼマと同じくムスリムでフランス代表のエンゴロ・カンテ、ブラジル代表のファビーニョと、CL優勝経験者を多数獲得した。 しかし、目玉補強だったベンゼマは新天地に馴染めず。指揮官との対立に始まり、チーム練習を”サボった”こともあったとされる。 サウジでクリスティアーノ・ロナウド(アル・ナスル)に次ぐ年収、およそ1億ユーロ(約172億円)を稼いでいても退団の意向が強いようで、これらが報じられるようになって久しいが、気持ちに変化なし。 現在アル・イテハドはスペイン合宿中。ベンゼマはレアル・マドリー時代の関係者と再会し、「マドリードが恋しい」「ジッダでの生活に辟易している」と漏らしたそうだ。 しかし、クラブ側は今なおモチベーションの低い36歳ベンゼマを“喜ばせよう”と躍起に。 手始めに、フランス代表指揮官として若き日のベンゼマをエースに据えたローラン・ブラン氏を新監督に招聘。また、ベンゼマと同じアルジェリア系にして、故郷リヨンの後輩であるフセム・アワール(※)の獲得が近いとされる。 (※)2020年にフランス代表デビューも、昨年からアルジェリア代表に鞍替え 他にもアストン・ビラからフランス代表MFムサ・ディアビの獲得に近いとされ、アル・イテハドは「全てはベンゼマのために」と言わんばかりにフランス国民をかき集めている格好だ。 23-24シーズンは優勝したアル・ヒラルと勝ち点「42」差の5位に沈んだアル・イテハド。『Relevo』は同クラブについて「カリム・ベンゼマに100%服従した」と皮肉を込める。 2024.07.16 14:25 Tue
2

ディアビのアル・イテハド移籍が目前に!年俸40億円で個人合意

アストン・ビラに所属するフランス代表FWムサ・ディアビ(25)のアル・イテハド移籍が目前に迫っているようだ。 昨夏、サウジ・プロ・リーグのアル・ナスルのオファーを拒否し、レバークーゼンからアストン・ビラへ完全移籍で加入したディアビ。昨シーズンは公式戦54試合10ゴール9アシストを記録するなど、2トップの一角や左右のウイングでほぼフル稼働。クラブのプレミアリーグ4位フィニッシュに貢献した。 移籍市場に精通するジャーナリストのフロリアン・プレッテンベルク氏によれば、アル・イテハドは年俸2300万ユーロ(約40億円)の契約でディアビと合意に至った模様。 また、クラブ間交渉では6000万ユーロを要求するアストン・ビラに対し、5500~6000万ユーロ(約94~103億円)の間で合意に近づいており、数日中にも交渉がまとまる可能性は高いという。 今夏にローラン・ブラン監督を新指揮官に迎えたアル・イテハドには、カリム・ベンゼマやエンゴロ・カンテらが在籍しており、ディアビはレ・ブルー同僚と共に新生アル・イテハドの中核を担うことになる。 2024.07.22 00:15 Mon
3

アワールのアル・イテハド移籍が決定…ローマ加入1年も恩師待つサウジ行きを決断

アル・イテハドは16日、ローマからアルジェリア代表MFフセム・アワール(26)の獲得を発表した。契約は2028年夏までの4年となる。 リヨン時代は決定的な仕事ができる中盤として人気を博したアワール。2023年3月に代表でのプレー先をフランスからアルジェリアに変更したなか、同年夏からローマで国外挑戦を果たした。 そうして始まったローマでのキャリアだが、主力になり切れず。シーズン途中に監督交代が起こったチーム状況のなかで、トータルで25試合4得点の成績だったが、途中出場も多かった。 ローマでの1年目が終わったばかりだが、早くも移籍話が浮かび、獲得に興味を示したのがサウジ・プロ・リーグのアル・イテハド。その話が着々と進み、ついに公式発表になった。 イタリア『スカイ』によると、移籍金額は1200万ユーロ(約20億7000万円)。アル・イテハドを新たに率いるローラン・ブラン監督とはリヨン時代に一緒だったということで、再会となる。 2024.07.17 09:20 Wed
4

バルセロナがカンテのレンタルも検討…アル・イテハドに放出の意思なく実現は困難か

バルセロナがアル・イテハドのフランス代表MFエンゴロ・カンテ(33)に目を向けているようだ。スペイン『スポルト』が報じた。 現在はアスレティック・ビルバオのFWニコ・ウィリアムズ(22)、RBライプツィヒのMFダニ・オルモ(26)のスペイン代表2選手の獲得に注力しているバルセロナ。一方で中盤補強も今夏の課題となっている。 バルセロナが最も好んでいる選手は、レアル・ソシエダのスペイン代表MFミケル・メリーノ(28)。しかし、より安価な選択肢として、ユーロ2024で健在ぶりをアピールしたカンテのレンタル移籍を検討しているという。 33歳のフランス代表MFは2023年7月にチェルシーからサウジアラビアのアル・イテハドへ移籍。2023-24シーズンは同胞FWカリム・ベンゼマらとともにプレーし、これといったケガもなく公式戦44試合を戦った。 そんなカンテにはウェストハムも関心を示し、口頭でオファーを提示。対するアル・イテハドには売却の意思がなく、これを拒否したとみられている。 この流れからもカンテのレンタルが難しいことは明白。バルセロナは可能性だけでも視野に入れつつ、メリーノに次ぐ選択肢を模索していく。 2024.07.21 17:37 Sun
5

ユーロで健在ぶり示したカンテにプレミア復帰の可能性浮上…

ユーロ2024で健在ぶりを示したフランス代表MFエンゴロ・カンテ(33)にプレミアリーグ復帰の可能性が浮上している。イギリス『ガーディアン』が報じている。 チェルシーでの7年間の活躍の末、昨年夏に同胞FWカリム・ベンゼマと共にサウジアラビアのアル・イテハドへ加入したカンテ。チェルシーでの晩年は負傷に苦しめられたが、新天地では公式戦40試合以上に出場するなどコンディションを回復させた。 そして、ユーロ本大会で2年ぶりのレ・ブルー復帰を果たすと、当初はヨーロッパのトップレベルに比べて競争力が劣る中東でプレーしていることからサプライズ招集に疑問符が付いたが、今大会では全盛期のパフォーマンスを披露。改めて健在ぶりを示した。 また、個人としても今大会でのパフォーマンスによって自信を取り戻したか、クラブレベルでもヨーロッパ復帰の可能性を認めていた。 『ガーディアン』によると、そのカンテにはウェストハムが興味を示しており、アル・イテハドと2000万ポンド(約40億8000万円)の金額で交渉中。現時点で交渉はポジティブで、合意に至る可能性は十分にあるようだ。 イングランド代表MFデクラン・ライスのアーセナル移籍以降、セントラルMFの問題を抱えるウェストハムは、昨季後半戦でマンチェスター・シティからレンタル加入した同MFカルヴァン・フィリップスの買い取りを見送り。また、ジローナのスペイン代表MFアレイシ・ガルシアの獲得に動くもレバークーゼンに競り負けていた。 フレン・ロペテギ新監督はレアル・マドリー時代にカンテ獲得に動いた過去があり、カンテ自身もチェルシー退団時にロンドン残留を希望していたとの話もあり、この移籍実現の可能性は十分に考えられる。 2024.07.19 15:14 Fri

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly