「良い精神状態にある」、デンマークとの決勝T初戦に臨むナーゲルスマン監督に過度な重圧なし

2024.06.29 14:40 Sat
決勝T初戦に臨むナーゲルスマン監督
Getty Images
決勝T初戦に臨むナーゲルスマン監督
ユーロ2024の決勝トーナメント初戦に臨むドイツ代表ユリアン・ナーゲルスマン監督に気負いや重圧はないようだ。ドイツ『キッカー』が会見コメントを伝えている。

ホスト国として今大会の優勝が期待されるドイツ。スイス代表、ハンガリー代表、スコットランド代表と同居したグループステージではスコットランド、ハンガリー相手の連勝で早々に首位通過を決定。最終節のスイス戦では土壇場の同点ゴールで1-1のドローに持ち込んで無敗を維持した。
そして、順当に決勝トーナメント進出を決めたマンシャフトは29日、グループCを2位通過したデンマークとベスト8進出を懸けて激突する。

難敵相手のノックアウトラウンド初戦に向けた公式会見に出席した青年指揮官は、「私はかなりリラックスしている。我々はすべてをよく準備し、ビデオセッションを何度も行い、できることはすべてやった。そこから、もっと穏やかに寝ることができる。チームが何ができるかを知っている。プレーヤーは良い精神状態にある。試合中にミスをすることは常にあるが、それはどちらのチームにも当てはまる。国の大きな期待に応えられることを願っている」と、自身を含めてチーム全体が過度な重圧に晒されることなく準備ができていると語った。

自分たちの志向するスタイルを追求しつつ、対戦相手の分析にも長けた戦術家はデンマークの印象についても言及。
「非常によく組織されたチームで、高い位置からプレスをかけ、フィジカルも非常に強い。守備も良く、アグレッシブだ。ワンタッチでプレーし、すぐに危険にさらすことができるため、我々としてはボールを失わないように注意する必要がある。明確な組織と経験豊富なプレーヤーがいる。彼らは難しい相手だ」と対戦相手の組織力やカウンターへの警戒を口にしている。

また、選手起用の部分ではスイス戦で負傷し、欠場の可能性も伝えられたDFアントニオ・リュディガーについて「スタッフは彼を復帰させるために全力を尽くした。彼は我々にとって非常に重要なプレーヤーだ。彼は今日(28日)よくトレーニングした。今のところ、調子は良さそうだ。明日までに何も起こらなければ、出場できるだろう」と、出場の可能性を示唆。

一方で、MFカイ・ハヴァーツ、FWニクラス・フュルクルクの2択となる1トップの人選に関しては、国内のファンや識者の間でも意見が分かれるところとなっている。

その点について問われた指揮官は「フュルクルクは得点して以来、すでに重要な役割を担っている。我々は先発と、エネルギーをもたらすために交代するプレーヤーを必要としている。彼にはその両方ができる能力がある」と、ドルトムントFWの活躍を評価しつつも、「私は(ファンの間での)議論について聞いていない。スタッフには十分な経験があり、言われたことに基づいて決める必要はない。我々はすでに(先発を)選択したが、あなた方には言わない」といずれの選手を起用するかの明言を避けた。

最後に、元バイエルンの指揮官はドルトムントの本拠地BVBシュタディオン・ドルトムントで行われる一戦に向け、「私は対戦相手としてここに来ることがよくあったが、とても騒がしい。明日も同じ状況になり、対戦相手がスタジアムのプレッシャーを感じてくれることを願っているよ」と、熱狂的な後押しを期待した。

ユリアン・ナーゲルスマンの関連記事

バイエルンのMFトーマス・ミュラー(34)がドイツ代表からの引退を表明した。ドイツ『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ユーロ2024では準々決勝でスペイン代表に敗れ、ベスト8敗退に終わったドイツ。今大会で2試合プレーしたミュラーは、スペイン戦後に「これが僕の最後の試合になるかもしれない」と語り、ユリアン・ナーゲルスマン監督と話し合いの場を持つと明かしていた。 そんなミュラーは15日、自身のYouTubeチャンネルにて「代表チームでの将来についての決断」と題した動画を投稿。自身の代表キャリアを振り返ると同時に、「14年以上前、初めて国際試合に出場させてもらった時は、こんなこと夢にも思わなかった。131試合に出場し、45ゴールを挙げたドイツの鷲に、今日別れを告げる」と述べ、2026年北中米ワールドカップ(W杯)を目指すチームを、今度は一ファンとして観客席から応援する意向を示した。 2010年3月に代表デビューを飾ったミュラーは、通算131試合45ゴール41アシストを記録。ローター・マテウス氏の150試合、ミロスラフ・クローゼ氏の137試合に次ぐ歴代3位の出場試合数を誇る。 初出場の2010年W杯では得点王とベストヤングプレーヤー賞に輝き、2014年W杯では優勝に貢献。2018年W杯後には代表から離れる時期もあったが、ユーロ2020には参加し、共に計4度のW杯とユーロを経験している。 なお、代表でのキャリアには幕を閉じるが、クラブキャリアは2025年夏まで残すバイエルンとの契約を全うする見込みだ。 2024.07.15 18:18 Mon
活躍が期待されながらもユーロ2024のメンバーから落選となったドイツ代表MFアレクサンダル・パブロビッチだが、どうやら手術を決断したようだ。 バイエルンの下部組織で育ち、2023年11月にファーストチームに昇格したパブロビッチ。20歳の若手のゲームメーカーは、ドイツ代表として自国開催のユーロ2024出場が期待された。 ドイツ代表としてもプレーしており、ユリアン・ナーゲルスマン監督も期待を寄せていたが、扁桃炎を患ってしまい、メンバーから漏れることとなった。 しかし、扁桃炎はパブロビッチにとっては単なる病気ではない。2023-24シーズンは、重度の扁桃炎を3度も患うことに。抗生物質を服用する必要があり、その度に衰弱し、数週間の欠場を余儀なくされた。 ドイツ『ビルト』によれば、ユーロ前にシーズン4度目の扁桃炎になったパブロビッチは、自身のキャリアを邪魔する病気を解決するため、手術を受けることを決断したという。 2023-24シーズンは扁桃炎により7試合を欠場。シーズン中に再び悩まされることは嫌だったと、手術前のパブロビッチはコメントしていた。 「扁桃炎に2、3回もかかり、その度に体力的に参っている。でも、シーズン中にはできない。上手くいかなくなれば、完全にダメになってしまう。そのために休暇を犠牲にしなければならないかもしれない」 「ただ、今はその方が重要だ。また病気になって、2週間も3週間も欠場はしたくない」 ユーロに出られなかったことは残念だったが、この先のキャリアを考えて決断したパブロビッチ。悩みがなくなって迎える新シーズンの躍動が期待される。 2024.07.12 21:57 Fri
ドイツ代表のMFトーマス・ミュラーが代表引退の可能性をほのめかした。ドイツ『Sport1』が伝えた。 5日、ユーロ2024準々決勝でスペイン代表と対戦したドイツ。89分のMFフロリアン・ヴィルツの同点弾で延長に持ち込むも、PK戦突入間際に勝ち越しゴールを許し、ベスト8で散った。 ユーロを現役最後の舞台としていたMFトニ・クロースにとってのラストマッチとなったなか、80分から出場していたミュラーも代表に別れを告げる可能性を示唆。敗戦後にコメントしていた。 「もしかしたら、これが僕の最後の試合になるかもしれない」 ミュラーは試合翌日、もしくは数日以内のユリアン・ナーゲルスマン監督との話し合いを希望。「それからどうなるか見てみよう」「監督と僕が、その方が賢明だと判断する可能性もある」と述べた。 2010年3月に代表デビューを飾ったミュラーは、ローター・マテウス氏の150試合、ミロスラフ・クローゼ氏の137試合に次ぐ131試合に出場。歴代3位の出場試合数を誇る。 なお、GKマヌエル・ノイアーも今後に言及。「前にも言ったけど、これから考えるよ。今日でも明日でもなく、半年以上かかるかもしれない」と時間をかけての決断を強調した。 2024.07.06 14:31 Sat
ドイツ代表のユーロ2024が終わった。 開催国ドイツは5日の準々決勝でスペイン代表と対戦。延長戦にもつれ込む激戦だったが、延長戦で勝ち越しを許し、1-2で力尽きた。 UEFA公式サイトによると、ユリアン・ナーゲルスマン監督は「準決勝進出を祝福する」と敵チームにメッセージを送り、総括した。 「60分以降は我々の方が明らかに良いチームだった。終盤の同点ゴールも当然だ。だが、最後のチャンスで勝ち越しを許してしまった。残念ながら、サイドで十分なプレッシャーをかけられずにね」 試合後の選手たちに「この大会から敗退するに値しないと伝えた」との言葉かけを明かすと、これまでの頑張りも労った。 「我々は誰もが家族と会えずに寂しい思いをしているが、誰も去りたいなんて思っていない。この6週間の当初から、グループの雰囲気も良かった。この試合でも勝つために全力を尽くしてくれたよ」 そして、この試合を最後に現役を退くトニ・クロースにも「トニのキャリアをどれだけ評価してもし過ぎではない」と賛辞を送った。 「おそらくドイツ人選手として異例だ。彼は間違いなくドイツで最も偉大な選手の1人。彼の成功は誰もが知るところだが、彼の人となりを知る者はそう多くない」 「彼にとっても非常につらいはずなのに、チームが語りかけてもくれた。彼はいつだってこのチームの一員だと考えているんだ」 <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】スペインvsドイツ</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Tsz2oEL8fLc";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.07.06 09:30 Sat
ドイツ代表のユリアン・ナーゲルスマン監督が、デンマーク代表戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えた。 29日、ユーロ2024ラウンド16でドイツはデンマークと対戦した。 開催国としてトロフィー獲得を目指すドイツ。試合は4分に左CKからニコ・シュロッターベックがヘディングで完璧に合わせるもこれはゴールが認められない。 その後はデンマークもペースを取り戻した中、48分にはヨアキム・アンデルセンがネットを揺らして、デンマークが先生かと思い木や、これはオフサイドでノーゴールとなる。 互いにゴールが認められない中、53分にはデンマークがハンド。ドイツがPKを獲得すると、カイ・ハヴァーツがしっかりと成功させて先制。さらに68分には、カウンターからジャマル・ムシアラが一発で決めて2-0でドイツが勝利を収めた。 試合後、ナーゲルスマン監督は振り返り、難しい展開となったものの、PKを決めたハヴァーツを称えるとともに、守備の形を3バックに変えてから後半は非常によくなったとした。 「ワイルドな試合だった。最初の20分は、今大会で最高の瞬間だった。その後は雷雨に見舞われた。劣勢になるかと思われたが、先制できた」 「カイはPKでとても良いプレーを見せた。スタジアムは我々を大いにアシストしてくれた」 「3バックに切り替えてからはずっと安定していた。前半は不安定な場面もあり、エリクセンにスペースを見つけられていた」 「ハーフタイム以降はずっと良くなったし、クリーンシートに抑えられるのは常に良いことだ」 グループCを勝ち上がってきたデンマークに対しては、苦しい相手だったとコメント。前半は無理矢理なプレーも多かったと反省。ただ、立ち上がり20分のプレーを絶賛した。 「簡単な試合ではなかった。デンマークはよくやっていたし、我々も序盤は良い展開だった。無理をしすぎたかもしれない」 「ただ、スイス戦のような逆境でも、観客の助けもあってなんとか切り抜けることができた。チームを誇りに思う。彼らは自分たちが本当に優れていることに気がつき始めている」 「成長の余地は常にある。最初の20分は非常に満足していたが、無理をせず、忍耐強くボールをキープする必要がある。最初の20分間と同じことを続けられれば、我々を倒すことは難しいだろう」 <span class="paragraph-title">【動画】3つもゴールが取り消された一戦はドイツがデンマークを撃破</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="j2hXMxwjdFQ";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.06.30 11:35 Sun

記事をさがす

ユリアン・ナーゲルスマンの人気記事ランキング

1

ドイツ代表期待の20歳MFパブロビッチ、ユーロ欠場を余儀なくされた問題解決のため手術

活躍が期待されながらもユーロ2024のメンバーから落選となったドイツ代表MFアレクサンダル・パブロビッチだが、どうやら手術を決断したようだ。 バイエルンの下部組織で育ち、2023年11月にファーストチームに昇格したパブロビッチ。20歳の若手のゲームメーカーは、ドイツ代表として自国開催のユーロ2024出場が期待された。 ドイツ代表としてもプレーしており、ユリアン・ナーゲルスマン監督も期待を寄せていたが、扁桃炎を患ってしまい、メンバーから漏れることとなった。 しかし、扁桃炎はパブロビッチにとっては単なる病気ではない。2023-24シーズンは、重度の扁桃炎を3度も患うことに。抗生物質を服用する必要があり、その度に衰弱し、数週間の欠場を余儀なくされた。 ドイツ『ビルト』によれば、ユーロ前にシーズン4度目の扁桃炎になったパブロビッチは、自身のキャリアを邪魔する病気を解決するため、手術を受けることを決断したという。 2023-24シーズンは扁桃炎により7試合を欠場。シーズン中に再び悩まされることは嫌だったと、手術前のパブロビッチはコメントしていた。 「扁桃炎に2、3回もかかり、その度に体力的に参っている。でも、シーズン中にはできない。上手くいかなくなれば、完全にダメになってしまう。そのために休暇を犠牲にしなければならないかもしれない」 「ただ、今はその方が重要だ。また病気になって、2週間も3週間も欠場はしたくない」 ユーロに出られなかったことは残念だったが、この先のキャリアを考えて決断したパブロビッチ。悩みがなくなって迎える新シーズンの躍動が期待される。 2024.07.12 21:57 Fri
2

ミュラーがドイツ代表引退を表明…デビューから14年で歴代3位の131試合出場

バイエルンのMFトーマス・ミュラー(34)がドイツ代表からの引退を表明した。ドイツ『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ユーロ2024では準々決勝でスペイン代表に敗れ、ベスト8敗退に終わったドイツ。今大会で2試合プレーしたミュラーは、スペイン戦後に「これが僕の最後の試合になるかもしれない」と語り、ユリアン・ナーゲルスマン監督と話し合いの場を持つと明かしていた。 そんなミュラーは15日、自身のYouTubeチャンネルにて「代表チームでの将来についての決断」と題した動画を投稿。自身の代表キャリアを振り返ると同時に、「14年以上前、初めて国際試合に出場させてもらった時は、こんなこと夢にも思わなかった。131試合に出場し、45ゴールを挙げたドイツの鷲に、今日別れを告げる」と述べ、2026年北中米ワールドカップ(W杯)を目指すチームを、今度は一ファンとして観客席から応援する意向を示した。 2010年3月に代表デビューを飾ったミュラーは、通算131試合45ゴール41アシストを記録。ローター・マテウス氏の150試合、ミロスラフ・クローゼ氏の137試合に次ぐ歴代3位の出場試合数を誇る。 初出場の2010年W杯では得点王とベストヤングプレーヤー賞に輝き、2014年W杯では優勝に貢献。2018年W杯後には代表から離れる時期もあったが、ユーロ2020には参加し、共に計4度のW杯とユーロを経験している。 なお、代表でのキャリアには幕を閉じるが、クラブキャリアは2025年夏まで残すバイエルンとの契約を全うする見込みだ。 2024.07.15 18:18 Mon
3

クロース現役引退のドイツ、ミュラーも代表に別れ? 「これが最後の試合になるかも」

ドイツ代表のMFトーマス・ミュラーが代表引退の可能性をほのめかした。ドイツ『Sport1』が伝えた。 5日、ユーロ2024準々決勝でスペイン代表と対戦したドイツ。89分のMFフロリアン・ヴィルツの同点弾で延長に持ち込むも、PK戦突入間際に勝ち越しゴールを許し、ベスト8で散った。 ユーロを現役最後の舞台としていたMFトニ・クロースにとってのラストマッチとなったなか、80分から出場していたミュラーも代表に別れを告げる可能性を示唆。敗戦後にコメントしていた。 「もしかしたら、これが僕の最後の試合になるかもしれない」 ミュラーは試合翌日、もしくは数日以内のユリアン・ナーゲルスマン監督との話し合いを希望。「それからどうなるか見てみよう」「監督と僕が、その方が賢明だと判断する可能性もある」と述べた。 2010年3月に代表デビューを飾ったミュラーは、ローター・マテウス氏の150試合、ミロスラフ・クローゼ氏の137試合に次ぐ131試合に出場。歴代3位の出場試合数を誇る。 なお、GKマヌエル・ノイアーも今後に言及。「前にも言ったけど、これから考えるよ。今日でも明日でもなく、半年以上かかるかもしれない」と時間をかけての決断を強調した。 2024.07.06 14:31 Sat
4

ドイツの新たな天才、開催国優勝の期待背負う躍進レバークーゼン支えたゲームメーカー/フロリアン・ヴィルツ(ドイツ代表)【ユーロ2024】

14日、ユーロ2024がいよいよ開幕。ドイツで行われる今大会は24カ国が出場し、7月14日までの1カ月間開催される。 今大会には最後の国際大会になる選手や、所属クラブで躍動した若手選手まで、622名の選手にプレーの可能性がある状況。出場24カ国を注目選手と共に紹介していく。 <span class="paragraph-subtitle">■ドイツ代表</span> 出場回数:14大会連続14回目 最高成績:優勝(1972、1980、1996) ユーロ2020結果:ベスト16 予選結果:開催国 監督:ユリアン・ナーゲルスマン <span style="font-weight:800">◆注目選手</span> MFフロリアン・ヴィルツ(レバークーゼン) 2003年5月3日(21歳) 2023-24シーズンに圧倒的な強さを見せつけたレバークーゼンを牽引した21歳の若きアタッカー。ケルンのアカデミーからレバークーゼンのアカデミーに加入すると、2020年5月に17歳15日とブンデスリーガ史上3番目の若さでデビューした。 同じドイツ代表でありレバークーゼン出身のFWカイ・ハヴァーツ(アーセナル)を上回る才能として期待を集めると、2020年6月には17歳34日でブンデスリーガ史上最年少ゴールを記録。順調に羽ばたくと思った中、2021-22シーズンの終盤にヒザの前十字じん帯を断裂し長期離脱となった。 それでも復活を果たし、2023-24シーズンは公式戦49試合に出場し18ゴール20アシストを記録。類稀なる創造性に加え、ゴールに直結するプレーの精度が増したヴィルツは、シーズンわずか1敗のチームにおいて躍進の立役者となった。 また、ドイツ代表としてもユリアン・ナーゲルスマン監督が就任して以降は8試合中7試合で先発出場。[4-2-3-1]の左サイドでプレーしており、開催国としての4度目の優勝への原動力として期待を受けている。 <span style="font-weight:800">◆試合日程</span> ▽6月14日(金) 《28:00》※開幕戦 【A】 ドイツ代表 vs スコットランド代表 ▽6月19日(水) 《25:00》 【A】ドイツ代表 vs ハンガリー代表 ▽6月23日(日) 《28:00》 【A】スイス代表 vs ドイツ代表 <span style="font-weight:800">◆招集メンバー</span> GK 1.マヌエル・ノイアー(バイエルン) 12.オリバー・バウマン(ホッフェンハイム) 22.マルク=アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ) DF 2.アントニオ・リュディガー(レアル・マドリー/スペイン) 3.ダビド・ラウム(RBライプツィヒ) 4.ヨナタン・ター(レバークーゼン) 6.ジョシュア・キミッヒ(バイエルン) 15.ニコ・シュロッターベック(ドルトムント) 16.ヴァルデマール・アントン(シュツットガルト) 18.マキシミリアン・ミッテルシュタット(シュツットガルト) 20.ベンヤミン・ヘンリクス(RBライプツィヒ) 24.ロビン・コッホ(フランクフルト) MF 5.パスカル・グロス(ブライトン&ホーヴ・アルビオン/イングランド) 8.トニ・クロース(レアル・マドリー/スペイン) 10.ジャマル・ムシアラ(バイエルン) 11.クリス・ヒューリッヒ(シュツットガルト) 17.フロリアン・ヴィルツ(レバークーゼン) 19.レロイ・サネ(バイエルン) 21.イルカイ・ギュンドアン(バイエルン) 23.ロバート・アンドリッヒ(レバークーゼン) 25.エムレ・ジャン(ドルトムント) FW 7.カイ・ハヴァーツ(アーセナル/イングランド) 9.ニクラス・フュルクルク(ドルトムント) 13.トーマス・ミュラー(バイエルン) 14.マキシミリアン・バイアー(ホッフェンハイム) 26.デニス・ウンダブ(シュツットガルト) <span class="paragraph-title">【動画】レバークーゼンで躍動したヴィルツ、全ゴール集!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="pdNicH8jnVw";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.06.14 17:30 Fri
5

“怠慢プレー”で批判殺到のバイエルンFW、自身のSNS投稿を全削除

バイエルンのU-21オランダ代表FWジョシュア・ザークツィーが自身のインスタグラム(zirkzee)の投稿をすべて削除し、プロフィール画像も真っ黒なものに変えている。 バイエルンは24日、アリアンツ・アレーナでアヤックスとのプレシーズンマッチに臨んだ。先発出場したザークツィーは43分、ゴール前でGKをかわしてあとは無人のゴールへ流し込むだけの場面を迎えたが、余裕を持って歩いてゴールを決めようとしたところ、アヤックスDFペル・スフールスの決死のブロックに阻まれてしまった。 このプレーには、試合後に多くの海外メディアが「信じられないミス」「怠慢だ」など批判を浴びせ、ユリアン・ナーゲルスマン監督は次のように語っていた。 「単純にジョシュアには相手が見えていなかったんだと思う。そして彼は楽に押し込みたいと思った。私は彼が公式戦のようなシチュエーションでは異なる真剣さを見せてくれると思っているし願っている」 「彼はわざとそうしなかった。彼が自分でうまく解決できることを知っているので、彼と話はしない」 ナーゲルスマン監督はやや苦言を呈しながらも信頼を強調していたが、SNS上での反応は違ったようで、ドイツ『spox』は試合後にザークツィーのインスタグラムに誹謗中傷のコメントが相次いだため、今回の対応を行ったと可能性が高いとしている。 なお、ザークツィーのツイッターアカウント(@JoshuaZirkzee)に関しては以前のままだが、元々インスタグラム程更新頻度は高くない。 <span class="paragraph-title">【動画】批判が殺到したザークツィーの“怠慢プレー”</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/PreSeason?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#PreSeason</a><a href="https://twitter.com/hashtag/bayaja?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#bayaja</a> <a href="https://t.co/8hg4SgrsUv">pic.twitter.com/8hg4SgrsUv</a></p>&mdash; AFC Ajax (@AFCAjax) <a href="https://twitter.com/AFCAjax/status/1419023912436961287?ref_src=twsrc%5Etfw">July 24, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2020年最優秀選手に輝いたレヴァンドフスキ、躍動のシーズン全ゴールを一気見! <div style="margin:0 auto; min-width:300px; "><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJrVUdCVjlqVyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 2021.07.26 12:01 Mon

ドイツ代表の人気記事ランキング

1

「本気で良いと?」「なぜユニフォームで示す必要が」ユーロ開催国のドイツが新ユニフォーム発表!ピンクになったアウェイユニフォームに批判の声多数「恥さらしだ」

ドイツサッカー連盟(DFB)とアディダスは14日、ユーロ2024に向けたドイツ代表の新ユニフォームを発表した。 今年6月に開催されるユーロ。自国開催のドイツは、このところの国際大会で低迷が続く中で結果を残したいところだ。 その本大会に向けて、ユニフォームを新調。ホームユニフォームは、伝統的な白を基調とし、肩部分に印象的な色のグラデーションが施され、ドイツ国旗の黒、赤、金の色の鷲の翼を彷彿とさせるものとなっている。 また、前面には、DFB ロゴからインスピレーションを得た繊細なエンボス加工が施されている。 一方で、アウェイユニフォームは大きく印象が変わることに。これまでは黒や赤が基調となっていた中、ピンクと紫の新しいカラーリングとなっている。 この配色は、新世代のドイツのサッカーファンとこの国の多様性を表現することを目的とされており、色のグラデーションのダイヤモンド型のパターンは、鷲の翼を連想させるように意図されている。 伝統的なホームユニフォームに関しては「本当に素敵」、「シンプルだけど素晴らしい」、「とてもクール」とコメント。概ね高評価を得ているが、ピンクと紫のアウェイユニフォームには批判的な声が殺到。「多様性より国の色の方が大事だ」、「本気で良いと思っているのか?」、「世界中でバカにされる」、「なぜピンクを着る必要がある?」、「恥さらしだ」、「ユニフォームで多様性を示す必要はない」と、受け入れ難い人が多いようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】ドイツ代表の新ユニフォーム、ホームとアウェイで賛否が真っ二つに</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/C4fSWXjN25r/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/C4fSWXjN25r/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/C4fSWXjN25r/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">DFB-Team(@dfb_team)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2024.03.15 09:35 Fri
2

ドイツ代表期待の20歳MFパブロビッチ、ユーロ欠場を余儀なくされた問題解決のため手術

活躍が期待されながらもユーロ2024のメンバーから落選となったドイツ代表MFアレクサンダル・パブロビッチだが、どうやら手術を決断したようだ。 バイエルンの下部組織で育ち、2023年11月にファーストチームに昇格したパブロビッチ。20歳の若手のゲームメーカーは、ドイツ代表として自国開催のユーロ2024出場が期待された。 ドイツ代表としてもプレーしており、ユリアン・ナーゲルスマン監督も期待を寄せていたが、扁桃炎を患ってしまい、メンバーから漏れることとなった。 しかし、扁桃炎はパブロビッチにとっては単なる病気ではない。2023-24シーズンは、重度の扁桃炎を3度も患うことに。抗生物質を服用する必要があり、その度に衰弱し、数週間の欠場を余儀なくされた。 ドイツ『ビルト』によれば、ユーロ前にシーズン4度目の扁桃炎になったパブロビッチは、自身のキャリアを邪魔する病気を解決するため、手術を受けることを決断したという。 2023-24シーズンは扁桃炎により7試合を欠場。シーズン中に再び悩まされることは嫌だったと、手術前のパブロビッチはコメントしていた。 「扁桃炎に2、3回もかかり、その度に体力的に参っている。でも、シーズン中にはできない。上手くいかなくなれば、完全にダメになってしまう。そのために休暇を犠牲にしなければならないかもしれない」 「ただ、今はその方が重要だ。また病気になって、2週間も3週間も欠場はしたくない」 ユーロに出られなかったことは残念だったが、この先のキャリアを考えて決断したパブロビッチ。悩みがなくなって迎える新シーズンの躍動が期待される。 2024.07.12 21:57 Fri
3

ペドリを負傷させたクロースが謝罪「一日も早い回復と活躍を祈っている」

ドイツ代表MFトニ・クロースが、ケガを負わせてしまったスペイン代表MFペドリに謝罪した。 クロースは、5日に行われたユーロ2024準々決勝のスペイン戦に先発出場すると、開始早々の4分に中盤でボールを受けようとしたペドリと激しく接触。このプレーでペドリは左ヒザを負傷し、8分にダニ・オルモと交代した。 その後の検査でペドリは、左ヒザの内外側ねん挫と診断され、今大会中の復帰は絶望的となった。 クロースは6日、自身のインスタグラムを更新。ペドリを負傷させたことに謝罪しつつも、意図的なものではなかったと強調している。 「僕にとって最も重要なことはペドリに謝罪し、一日も早く元気になってもらうことだ。もちろん、僕は君を傷つけるつもりはなかった。君の一日も早い回復と活躍を祈っている。君は素晴らしい選手だ」 2024.07.07 07:30 Sun
4

ミュラーがドイツ代表引退を表明…デビューから14年で歴代3位の131試合出場

バイエルンのMFトーマス・ミュラー(34)がドイツ代表からの引退を表明した。ドイツ『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ユーロ2024では準々決勝でスペイン代表に敗れ、ベスト8敗退に終わったドイツ。今大会で2試合プレーしたミュラーは、スペイン戦後に「これが僕の最後の試合になるかもしれない」と語り、ユリアン・ナーゲルスマン監督と話し合いの場を持つと明かしていた。 そんなミュラーは15日、自身のYouTubeチャンネルにて「代表チームでの将来についての決断」と題した動画を投稿。自身の代表キャリアを振り返ると同時に、「14年以上前、初めて国際試合に出場させてもらった時は、こんなこと夢にも思わなかった。131試合に出場し、45ゴールを挙げたドイツの鷲に、今日別れを告げる」と述べ、2026年北中米ワールドカップ(W杯)を目指すチームを、今度は一ファンとして観客席から応援する意向を示した。 2010年3月に代表デビューを飾ったミュラーは、通算131試合45ゴール41アシストを記録。ローター・マテウス氏の150試合、ミロスラフ・クローゼ氏の137試合に次ぐ歴代3位の出場試合数を誇る。 初出場の2010年W杯では得点王とベストヤングプレーヤー賞に輝き、2014年W杯では優勝に貢献。2018年W杯後には代表から離れる時期もあったが、ユーロ2020には参加し、共に計4度のW杯とユーロを経験している。 なお、代表でのキャリアには幕を閉じるが、クラブキャリアは2025年夏まで残すバイエルンとの契約を全うする見込みだ。 2024.07.15 18:18 Mon
5

クロース現役引退のドイツ、ミュラーも代表に別れ? 「これが最後の試合になるかも」

ドイツ代表のMFトーマス・ミュラーが代表引退の可能性をほのめかした。ドイツ『Sport1』が伝えた。 5日、ユーロ2024準々決勝でスペイン代表と対戦したドイツ。89分のMFフロリアン・ヴィルツの同点弾で延長に持ち込むも、PK戦突入間際に勝ち越しゴールを許し、ベスト8で散った。 ユーロを現役最後の舞台としていたMFトニ・クロースにとってのラストマッチとなったなか、80分から出場していたミュラーも代表に別れを告げる可能性を示唆。敗戦後にコメントしていた。 「もしかしたら、これが僕の最後の試合になるかもしれない」 ミュラーは試合翌日、もしくは数日以内のユリアン・ナーゲルスマン監督との話し合いを希望。「それからどうなるか見てみよう」「監督と僕が、その方が賢明だと判断する可能性もある」と述べた。 2010年3月に代表デビューを飾ったミュラーは、ローター・マテウス氏の150試合、ミロスラフ・クローゼ氏の137試合に次ぐ131試合に出場。歴代3位の出場試合数を誇る。 なお、GKマヌエル・ノイアーも今後に言及。「前にも言ったけど、これから考えるよ。今日でも明日でもなく、半年以上かかるかもしれない」と時間をかけての決断を強調した。 2024.07.06 14:31 Sat

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly