バイエルンがキエーザ獲得を検討? ユベントスとの契約は2025年夏まで

2024.06.18 13:00 Tue
バイエルンがフェデリコ・キエーザ獲得に動く可能性
Getty Images
バイエルンがフェデリコ・キエーザ獲得に動く可能性
バイエルンがイタリア代表FWフェデリコ・キエーザ(26)に狙いを定めているようだ。

今シーズンまで指揮を執ったトーマス・トゥヘル監督が退任となり、新たにヴァンサン・コンパニ監督を迎えたバイエルン。新シーズンの補強に動き出しており、キングスレー・コマンセルジュ・ニャブリの稼働率に不安を抱えるウィンガーも強化ポイントとなっている。
そんな中で、ドイツ『スカイ・スポーツ』によるとクラブはキエーザへの関心を強めている模様。2021年から同選手には関心を持っており、今夏に再び獲得へ動く可能性があるようだ。

キエーザは2020年夏にフィオレンティーナから加入して以来、大ケガに見舞われながらもチームの主力として活躍。今シーズンも公式戦37試合10ゴール3アシストを記録していた。

一方で、クラブとの契約は残り1年を切る状況に。ユベントスとの契約交渉は金銭面で折り合いがつかず停滞中であり、チアゴ・モッタ監督の構想に入っているかも不透明な状態と報じられている。
キエーザに対しては、プレミアリーグのクラブやローマも獲得を望んでおり、争奪戦に発展する可能性もある模様。一方で、本人はユーロ2024終了後に去就を決める予定であり、決断を急がない構えと報じられている。

フェデリコ・キエーザの関連記事

ユベントスがドルトムントのU-21ドイツ代表FWカリム・アデイェミ(22)を狙っているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。 チアゴ・モッタ新監督の望む陣容を揃えるべく、積極的に選手を入れ替えているユベントス。イタリア代表FWフェデリコ・キエーザ(26)にも移籍の可能性があるウイングは注目箇所の1つとなっている。 マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWジェイドン・サンチョ(24)への関心が報じられたが、こちらは対立していたエリク・テン・ハグ監督と歩み寄り、ユナイテッドで練習に復帰。ユベントスのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるクリスティアーノ・ジュントリ氏は、レンタル実現に忍耐が必要と考え、移籍市場閉幕が近づく8月中旬に狙いを定めているという。 そんななかでポールポジションに立ったのがアデイェミ。レスター・シティやローマ、ウェストハムから関心のU-23アルゼンチン代表FWマティアス・スーレ(21)を売却することで得られる資金を用いるという。 すでに選手からは承認をもらい、ドルトムントとの交渉へ。チェルシーも関心を示すが、ドルトムントは3000万〜4000万ユーロ(約51億7000万〜69億円)+ボーナス以下のオファーには耳を傾けない模様だ。 また、ポルトのブラジル代表MFガレーノ(26)やポルトガル代表FWフランシスコ・コンセイソン(21)も候補に。しかし、この2人は金額の問題から代替案と考えられている。 アデイェミはナイジェリアにルーツを持つ左利き快速アタッカーで、2022年夏にレッドブル・ザルツブルクからドルトムントへ移籍。初年度から主力の1人として活躍するも、2023-24シーズンは負傷もあり、ブンデスリーガで10試合の先発にとどまった。 なお、ユベントスはポーランド代表FWアルカディシュ・ミリク(30)も売却する可能性もあるが、モッタ監督はウイングを偽9番起用する準備を進めているとのこと。そのため、純粋なセンターフォワードの獲得には向かわず、セリエBに降格したサッスオーロのイタリア代表FWドメニコ・ベラルディ(29)もリストに残しているようだ。 2024.07.14 19:01 Sun
ユベントスが、元イングランド代表MFジェイドン・サンチョ(24)の獲得を諦めた可能性があるようだ。 マンチェスター・ユナイテッドにおける不遇、エリク・テン・ハグ監督との確執、ドルトムントへのレンタル放出…と近年不遇のサンチョ。 それでもなんとか23-24シーズン後半戦に古巣ドルトムントで持ち直し、復帰したマンチェスターでは、“敵対関係”と言って差し支えのなかったテン・ハグ監督としっかり向き合っていく意欲があると現地時間12日以降報じられる。 指揮官と和解へ…これが理由かは定かでないが、新ウインガーとしてサンチョ獲得を目論んでいたユベントスは撤退を決めた可能性が。 イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』いわく、ユーベはイタリア代表FWフェデリコ・キエーザ(26)について売却一択であり、今夏ウインガーを補強する方針に変わりはないという。 しかしながら、今日現在最もホットな名前は、ポルトで背番号「10」を背負うポルトガル代表FWフランシスコ・コンセイソン(21)。ユーロ2024でA代表初得点を決めた新鋭であり、名手セルジオ・コンセイソンの四男である。 リストアップする選手は他にも複数いるようだが、ユベントスのクリスティアーノ・ジュントリSDはこの度ポルトへ照会依頼。サンチョとの紐付けは薄くなっているとのことだ。 したがって、今夏のサンチョはユナイテッド残留が濃厚か。 2024.07.13 17:45 Sat
ユベントスのイタリア代表FWフェデリコ・キエーザ(26)は、ローマ移籍に近づいてるようだ。 ユベントスはチアゴ・モッタ新監督の下、マッシミリアーノ・アッレグリ前体制から大幅な刷新を図っている。そのなかでキエーザはクラブとの契約延長の停滞や、新指揮官が望むタイプのウイングプレーヤーではないということもあり、今夏の移籍が既定路線とみられる。 ユーロ2024期間中には去就に関する動きをストップしていた26歳だが、イタリアの敗退に伴い、その動きを本格化させる構えだ。 すでにサウジアラビアからの巨額なオファーを拒否した一方、関心が伝えられたバイエルンやプレミアリーグの複数クラブの交渉に進展がみられない状況のなか、ここにきて現実味を帯びてきたのが、以前から関連が報じられたローマ移籍だ。 補強の権限を有するダニエレ・デ・ロッシ監督は、イタリア代表のコーチングスタッフ時代から親交があるキエーザを高く評価しており、手薄なウイングのトップターゲットに定めていた。 移籍市場に精通するニコロ・スキラ氏によると、ローマはキエーザに対して年俸550万ユーロ(約9億6000万円)のオファーを掲示したという。さらに、イタリア『Il Romanista』はクラブ間でも交渉を進めており、2000万ユーロ(約34億9000万円)+アドオンという条件で交渉がまとまる可能性が高いと主張している。 現在、ローマではアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが攻撃の主軸を担っており、ユベントス時代に良い関係性を築いたキエーザの加入によって、そのコンビネーションの復活も期待されるところだ。 2024.07.06 15:30 Sat
ユベントスはU-23アルゼンチン代表FWマティアス・スーレ(21)の売却方針を改めているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。 チアゴ・モッタ監督体制での新シーズンに向け、補強を進めたいところだが、そのためには資金捻出が必要なユベントス。レンタル先のフロジノーネでセリエA36試合11ゴール3アシストの結果を残したスーレがまとまった移籍金の回収が見込める売却候補の1人に数えられていた。 この左利きウインガーに対しては、レバークーゼンやアストン・ビラからの関心が取り沙汰されるほか、ドルトムントも興味。しかし、ユベントスは少なくとも3500万ユーロ(約60億円)+ボーナスでの売却と見積もり、ドイツやイングランドのクラブの提示額は現時点で2000万ユーロ(約34億3000万円)程度が最大だという。 そんななか、モッタ新監督はスーレを戦力として考え始め、残留を望んでいるとのこと。代わりに契約が残り1年を切ることから移籍の噂が絶えないイタリア代表FWフェデリコ・キエーザ(26)や、ローマからレンタルバックする逸材DFディーン・ハイセン(19)らに売却の可能性が高まるようだ。 順当にいけば、スーレは7月10日から始まるトレーニングキャンプにひとまず参加する見込み。なお、ウインガーを欲しているユベントスでは、マンチェスター・ユナイテッドの元イングランド代表FWメイソン・グリーンウッド(22)や元イングランド代表FWジェイドン・サンチョ(24)、ドルトムントのU-21ドイツ代表FWカリム・アデイェミ(22)らも新戦力候補に挙がっている。 2024.06.23 18:45 Sun
ユベントスがマンチェスター・ユナイテッドの元イングランド代表FWメイソン・グリーンウッド(22)の獲得に向け、策を練っている。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。 今シーズンはヘタフェへのレンタル移籍で、強姦未遂などの容疑による活動停止からの再起を図ったグリーンウッド。初挑戦のラ・リーガで33試合8ゴール6アシストの結果を残したが、ユナイテッド復帰の道はないとみられている。 そんなアタッカーに興味を示しているのがユベントス。チアゴ・モッタ監督体制で新シーズンを迎えるクラブはウインガーの補強を画策中で、グリーンウッドがかねてからのターゲットとなっている。 しかし、ラツィオも狙うグリーンウッドの獲得には移籍金4000万〜5000万ユーロ(約68億6000万〜85億7000万円)が必要で、ユベントスにその資金を投じる見込みはなし。8月まで値が下がるのを待ちつつ、イタリア代表FWフェデリコ・キエーザ(26)を取引に含めることも検討しているという。 現在イタリア代表の一員としてユーロ2024に参戦中のキエーザは、ユベントスとの契約が残り1年を切るものの、延長交渉が停滞中。ローマやバイエルンからの関心も報じられていた。 また、ユベントスはグリーンウッドだけでなく、ドルトムントからユナイテッドにレンタルバックする元イングランド代表FWジェイドン・サンチョ(24)も獲得候補に挙げているとのこと。こちらはユナイテッドが給与の一部を負担するレンタル移籍に限り獲得可能なようだ。 2024.06.22 17:58 Sat

バイエルンの関連記事

U-23イスラエル代表のオーバーエイジ枠でパリ・オリンピック参戦予定だったバイエルンGKダニエル・ペレツだが、負傷によって無念の大会欠場が決定した。 バイエルンは18日、「ゴールキーパーのダニエル・ペレツがハムストリングを負傷しました。ダニエルは数週間欠場し、イスラエル代表チームとともにパリ・オリンピックには参加しません。ダニエル、の早期回復を祈ります」とイスラエル人GKの負傷と共にパリ五輪欠場を明かした。 昨夏、母国屈指の名門マッカビ・テル・アビブからバイエルンへ加入した24歳のペレツは、ここまでA代表で2試合に出場している。 なお、今大会のグループDで日本、パラグアイ、マリと同居するイスラエルは、同選手の離脱を受けて新たなGKを追加招集することになる。 2024.07.19 14:45 Fri
バイエルンはモナコのスイス代表FWブリール・エンボロ(27)を注視し続けているようだ。フランス『フット・メルカート』が報じた。 新シーズンに向けてヴァンサン・コンパニ監督を招へいし、各ポジションの補強も進めるバイエルン。一方、カメルーン代表FWエリック・マキシム・チュポ=モティング(35)との契約が満了し、新たなストライカーを探している。 バイエルンは以前よりエンボロへの関心を示し、6月には選手本人がこの噂に言及。「僕のクラブとバイエルンへの敬意から、この件に関しては何も言えない」「モナコでとても幸せ」と主張しながら、バイエルンの印象や、かつてプレーしていたブンデスリーガへの思いを簡単に語っていた。 しかし、最近代理人を変更したというエンボロは、ドイツ復帰を希望しているとのこと。コメントの通りモナコでの居心地の良さも感じているため、移籍を最優先事項には掲げていない模様だ。 バイエルンは先日幕を閉じたユーロ2024でのエンボロの活躍を見て、コンパニ新監督の信頼できるオプションになると確信。対するモナコはなんとしても引き留めたい考えで、バイエルンからのオファーはまだ届いていないという。 かつてシャルケやボルシアMGで計6シーズン過ごしたエンボロは、2022年夏に移籍金1250万ユーロ(約21億4000万円)でモナコ入り。加入1年目からリーグ・アンで32試合12得点の好成績を残すも、2023-24シーズンはヒザのケガにより、リーグ戦5試合の出場にとどまった。 シーズン終盤には復帰し、そのまま今夏のユーロに参加。PK戦の末に敗れこそしたが、準々決勝のイングランド代表戦では値千金の先制点を決めていた。 バイエルン移籍となれば、ボルシアMGでスポーツ・ディレクター(SD)を務めていたマックス・エバール氏(現在はバイエルンのスポーツ部門取締役)とも再会。慣れ親しんだブンデスリーガで再びプレーすることになるのだろうか。 2024.07.18 15:06 Thu
マンチェスター・ユナイテッドのU-23フランス代表DFレニー・ヨロ(18)獲得は、バイエルンの補強戦略にも大きな影響を与えそうだ。 今夏の移籍市場でセンターバックの補強を模索しているユナイテッド。当初はバイエルンのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト獲得を目指し、選手も移籍を望んだことからバイエルンとの交渉が続けられていた。 しかし、バイエルンが移籍金5000万ユーロ(約85億4000万円)+ボーナスの条件を譲らなかったこともあり、交渉は中々進まず。その間に、ユナイテッドはレアル・マドリー行きが有力とされていたヨロの獲得についてリールと交渉を進展させ、獲得間近の状況となった。 ドイツ『スカイ・スポーツ』によると、ヨロを獲得したユナイテッドがデ・リフトの交渉を継続させるかは不透明な模様。関心を失ったわけではなないが、少なくともバイエルンの要求額を支払う可能性は小さくなったようだ。 これにより、デ・リフト残留の線も出てきたバイエルンは、レバークーゼンのドイツ代表DFヨナタン・ター(28)獲得を迷っているとのこと。こちらも選手はバイエルン加入を望んでいるが、クラブ間交渉が停滞する状態となっている。 2024.07.18 11:10 Thu
オーストラリア代表がバイエルンへコーチングスタッフを派遣。次期エースを徹底的にサポートする。豪『news.com.au』が伝える。 北中米ワールドカップ(W杯)アジア最終予選で日本代表と激突するオーストラリア代表。 コーチ陣は来たる9月以降の戦いに向け、現在は「欧州組」の選手たちの動向を、重点的に追いかけているようだ。 グラハム・アーノルド監督は16日、取材対応の中で、今夏アデレード・ユナイテッドからバイエルンへ移籍した同代表FWネストリ・イランクンダ(18)に言及。 6月の二次予選ラスト2試合で初キャップを与えた“次期エース”について、徹底サポートの意向を明確にした。 「来週、レネ・ミューレンスティーン(※)をバイエルンに向かわせる。バイエルンとはすでに連絡をとっていて、イランクンダの様子だったり、起用プランなどを知れる範囲で知りたい。我々は彼をサポートするためになんでもする」 (※)豪代表のアシスタントコーチ。マンチェスター・ユナイテッド時代はサー・アレックス・ファーガソン元監督の副官 18歳イランクンダは豪州随一のタレントである一方、アデレード時代にラフプレーや言動、ピッチ外での態度など、メンタル面の課題を指摘されており、バイエルン移籍を控えて「落ち着いた環境でサッカーに集中させたい」との理由で、パリ五輪最終予選に招集されず。 それでも関係者の尽力・サポートにより、ここ数カ月はメンタル面の成長が伝えられる。 アーノルド監督は続けて「彼は素晴らしい、本当に素晴らしい才能の持ち主だ。自ら壁を乗り越えることが若者の成長に不可欠だが、周囲がサポートを怠ってもいいということではない」とコメント。W杯最終予選を見据えたイランクンダへの期待は明らかだ。 日本代表が15年間負けていないオーストラリア代表だが、次回対戦(10月15日)では、近年豪州に少なかったドリブラータイプのイランクンダが森保ジャパンの脅威となる可能性も。バイエルンが認めた逸材は本職右ウイングのため、対峙するのは伊藤洋輝かもしれない。 2024.07.17 16:40 Wed
シュツットガルトからバイエルンに完全移籍した日本代表DF伊藤洋輝(25)が16日、入団会見に臨んだ。 2021年7月にジュビロ磐田からシュツットガルトへと加入した伊藤は、当初はU-23チームに入る予定も、その能力を買われて予定を前倒しし、ファーストチームでシーズンスタート。そのままレギュラーに定着した。 3シーズンを過ごし、ブンデスリーガ通算85試合に出場し2ゴール4アシスト。しかし、シュツットガルトは残留争いを繰り返していたなか、2023-24シーズンは上位を争い続け、バイエルンよりも上の2位でフィニッシュ。そして、今夏電撃的にバイエルンへと加入した。 ビッグクラブへの移籍を果たした伊藤。スポーツ・ディレクター(SD)のクリストフ・フロイント氏と共に入団会見に臨んだ。 伊藤はバイエルンの第一印象について「チームメイト全員が初日から温かく迎えてくれました。昨日は最初のテストを行いました。上手くやっています」とコメント。また、バイエルンのプレースタイルについては「バイエルンは常にボールを保持しており、プレッシャーの掛かる状況に上手く対処する必要があると思います」と、ポゼッションサッカーに慣れていく必要があるとした。 センターバック、そして左サイドバックでもプレーする伊藤。「僕たちには優秀な選手がたくさんいます。ボールをコントロールしたいです。僕はいくつかのポジションでプレーができるので、ここではうまくお互いが補えると思います」と、複数ポジションでプレーすること、そしてチームメイトと補完し合っていくとした。 すでにヴァンサン・コンパニ監督とも話したという伊藤。「良いプレーができるように、自分が何ができるかということを監督と少し話しました」と明かした。また、チームメイトについては「トーマス・ミュラーとはまだ話はしていないですが、対戦した経験はあります。彼に対しては良い印象があり、初めて会うのが楽しみです。セルジュ・ニャブリは、ミュンヘンで美味しい日本食のレストランを勧めてくれました」と、すでにチームメイトと交流を持っているとした。 ビッグクラブへの移籍となった伊藤は「僕はシュツットガルトで3年間過ごし、今バイエルンに来ました。クラブは僕に大きなチャンスを与えてくれました。今はバイエルンで集中しています」とコメント。感謝を述べつつ、チームのために集中するという。また、「僕は典型的な日本人ではないと思いますが、一生懸命努力し、自分の役割を果たそうとします。それが、典型的な日本人のメンタリティです」と、チームのために貢献していくと誓った。 シュツットガルトや日本代表でも背負う「21」をつける伊藤。ビッグクラブでの初の戦いでどんなパフォーマンスを見せるのか注目だ。 <span class="paragraph-title">【動画】バイエルンで体力テストを行う伊藤洋輝</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="de" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/Ito?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Ito</a><a href="https://twitter.com/hashtag/MiaSanMia?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MiaSanMia</a> <a href="https://t.co/9iaQbQo9nP">pic.twitter.com/9iaQbQo9nP</a></p>&mdash; FC Bayern München (@FCBayern) <a href="https://twitter.com/FCBayern/status/1812903596109013155?ref_src=twsrc%5Etfw">July 15, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.07.16 19:05 Tue

ブンデスリーガの関連記事

デンマーク代表DFラスムス・クリステンセン(27)のフランクフルト入りが濃厚視されるようだ。 先のユーロ2024にも参戦のR・クリステンセン。母国デンマークのミッティランでプロ入りした187cmのサイズを誇る右サイドバックはアヤックスでのステップアップ移籍がうまくいかず、レッドブル・ザルツブルクでのプレーを挟み、2022年夏からリーズ・ユナイテッドに渡った。 だが、リーズがそのシーズンをもってチャンピオンシップ(イングランド2部相当)に降格し、自身もローマにレンタル移籍。セリエAとコッパ・イタリアを合わせて31試合に出場し、1得点2アシストの成績を収めたが、リーズにひとまずレンタルバックの運びとなった。 そして、この夏はフランクフルトの興味話が浮上。最近では選手との口頭合意が報じられ、あとはクラブ間交渉の行方次第とされるなか、ドイツ『スカイ』によると、1年レンタルで合意に至り、1500万ユーロ(約25億7000万円)ほどの買取オプションが付くという。 フランクフルトでは本職の右サイドバック陣にベテランの元アメリカ代表DFティモシー・チャンドラーや、27歳のポルトガル人DFアウレリオ・ブタが控えるが、補強が必要なポジションだった。 2024.07.19 14:57 Fri
サッカー界を揺るがす大きな問題となっている日本代表MF佐野海舟の逮捕問題。移籍したばかりのマインツでも大きな問題に発展する可能性がある中、移籍金は支払われることになるようだ。 日本代表でもプレーし、今夏鹿島アントラーズからマインツへと完全移籍した佐野。しかし、17日に不同意性交疑惑で逮捕されたと一斉に報道された。 事件は14日、佐野は知人の男性2人と女性2人と都内で食事。その後、ホテルへと移動し、30代の女性に性的暴行を加えたとして逮捕。本人も容疑を認めていると言われている。 新加入選手のスキャンダルを受けたマインツは「マインツは新加入の佐野海舟が母国で逮捕されたという日本のメディア報道に驚きました。情報が不足しているため、この報道についての評価やコメントはまだできません」と声明を発表。詳細がわからないため、情報を集めている状況だとしていた。 クラブは弁護士などに連絡を取っているものの、まだ把握できていない状況であり、佐野は21日に合流する予定だったが、実現は不可能と見られている。 そんな中、ドイツ『ビルト』が続報を伝える中で、佐野の移籍が既に成立していると伝え、移籍金は支払わなければいけないとした。 「7月4日に正式に移籍が完了したため、マインツは基本移籍金250万ユーロ(約4億3000万円)を支払う必要がある」 「ただ、少なくとも、佐野海舟が不在であれば、クラブは年俸の支払いを免除できる可能性あるだろう」 鹿島も発表していた通り、佐野の移籍は完了しているため、当初の移籍金は支払う義務がマインツに発生する様子。一方で、契約を履行できない可能性が高い佐野は、給料を受け取ることはないという見方だ。 日本サッカー界だけでなく、ドイツサッカー界にも影響を与えるスキャンダル。捜査がどのように進展するのか、ドイツからも注目が集まっている。 2024.07.19 13:10 Fri
レバークーゼンは18日、スタッド・レンヌのフランス人FWマルタン・テリエ(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月までの2年間で、移籍金はドイツ『キッカー』によると2000万ユーロ(約34億3000万円)とのこと。 リール下部組織出身のテリエは2016年にファーストチームデビュー。レンタル先のストラスブールでブレイクを果たすと、2018年夏にリヨンへ正式加入。左ウイングを主戦場に、公式戦77試合17ゴールの数字を残したが、多士済々のアタッカーが揃う中、メインキャストを担うことはできなかった。 そうした中、2020年夏にレンヌへ完全移籍。そのレンヌでは加入2年目となった2021-22シーズンにストライカーとしての才能が完全に開花。左ウイングと2トップの一角でプレーした中、リーグ戦36試合出場でキャリアハイの21ゴールを記録した。 左右のウイングやセカンドトップに加え、爆発的なスピードを武器に攻撃的なウイングバックでもプレー可能な多才なアタッカーは、2023年1月に前十字じん帯断裂の重傷を負ったが、昨年9月末に戦列復帰を果たすと、昨シーズンは公式戦35試合9ゴール4アシストと完全復活への足がかりとしていた。 昨季ドイツ国内2冠のレバークーゼンは今夏、同じくレンヌからU-21フランス代表DFジャンニュエル・ベロシアンを獲得。ジローナのスペイン代表MFアレイシ・ガルシアに続く3人目の補強選手となった。 2024.07.19 06:30 Fri
ドルトムントは18日、シュツットガルトのギニア代表FWセール・ギラシー(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2028年6月30日までの4年間となる。 ドイツ『スカイ・スポーツ』によれば、約1800万ユーロ(約30億7500万円)の契約解除金を支払っての獲得となったという。 ギラシーはクラブのメディカルチェックでヒザに問題が発覚。移籍が頓挫する可能性があったが、自らヒザの専門医の検査を受けに行き、問題がないことを証明。手術の必要もなく、リハビリをすればシーズン開幕に間に合う見込みから契約となった。 ギラシーは、スタッド・ラヴァルの下部組織で育った中、2014年7月にファーストチームに昇格。2015年7月にはリールへと完全移籍した。 おセールへのレンタル移籍を経験すると、2016年7月にケルンへ完全移籍。アミアンへのレンタル移籍を経験。2020年8月にスタッド・レンヌへと完全移籍すると、2022年9月にシュツットガルトに完全移籍していた。 シュツットガルトでは58試合に出場し44ゴール5アシスト。2023-24シーズンはブンデスリーガで28試合28ゴールを記録し、チームの2位フィニッシュに大きく貢献していた。 ギラシーはクラブを通じて加入の喜びを語っている。 「サッカーに興味のある世界中の子供たちは皆、このクラブを知っており、黒と黄色のジャージを知っており、黄色の壁を知っている。新しいチームメイトのこと、このすべてにとても興奮している」 「そして、これを言うことが僕にとって重要だ『僕はタイトルを獲得するためにここに来た』それが僕の主張であり、動機だ。クラブは昨年、チャンピオンズリーグ決勝に進出することで、ドルトムントで何が可能であるかを示した」 2024.07.18 23:42 Thu
レバークーゼンが元カメルーン代表DFジョエル・マティプ(32)を新戦力として検討しているようだ。ドイツ『スカイ・スポーツ』が報じた。 2023-24シーズンはブンデスリーガ無敗優勝の偉業を成し遂げたレバークーゼン。しかし、ユーロ2024でも活躍したドイツ代表DFヨナタン・ター(28)は、バイエルンを始めとした複数のビッククラブから注目を集めている。 ターの移籍に備え、ドルトムントを退団したドイツ代表DFマッツ・フンメルス(35)への関心も報じられたが、リバプールを退団したマティプもリスト入りしているとのこと。すでに選手本人や代理人に接触しているという。 新たな挑戦を望んでいる195cmセンターバックは、ドイツ帰還に抵抗なし。シャルケを退団した2016年夏以来のブンデスリーガ復帰の可能性が出ている。 マティプはドイツのボーフム出身で、ファーストチーム昇格後はリバプールに移籍するまでシャルケ一筋。イングランドに渡ってからは8シーズンで通算201試合プレーし、2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)制覇や2019-20シーズンのプレミアリーグ優勝、国内カップ戦の複数タイトルなどリバプールの成功に貢献した。 2023-24シーズンは前十字じん帯断裂の大ケガにより、後半戦を棒に振る形に。公式戦の出場が14試合にとどまったなか、5月には契約満了による退団が発表されていた。 2024.07.18 19:37 Thu

記事をさがす

フェデリコ・キエーザの人気記事ランキング

1

テン・ハグと和解の方向へ…ユベントスがサンチョ獲得から撤退か

ユベントスが、元イングランド代表MFジェイドン・サンチョ(24)の獲得を諦めた可能性があるようだ。 マンチェスター・ユナイテッドにおける不遇、エリク・テン・ハグ監督との確執、ドルトムントへのレンタル放出…と近年不遇のサンチョ。 それでもなんとか23-24シーズン後半戦に古巣ドルトムントで持ち直し、復帰したマンチェスターでは、“敵対関係”と言って差し支えのなかったテン・ハグ監督としっかり向き合っていく意欲があると現地時間12日以降報じられる。 指揮官と和解へ…これが理由かは定かでないが、新ウインガーとしてサンチョ獲得を目論んでいたユベントスは撤退を決めた可能性が。 イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』いわく、ユーベはイタリア代表FWフェデリコ・キエーザ(26)について売却一択であり、今夏ウインガーを補強する方針に変わりはないという。 しかしながら、今日現在最もホットな名前は、ポルトで背番号「10」を背負うポルトガル代表FWフランシスコ・コンセイソン(21)。ユーロ2024でA代表初得点を決めた新鋭であり、名手セルジオ・コンセイソンの四男である。 リストアップする選手は他にも複数いるようだが、ユベントスのクリスティアーノ・ジュントリSDはこの度ポルトへ照会依頼。サンチョとの紐付けは薄くなっているとのことだ。 したがって、今夏のサンチョはユナイテッド残留が濃厚か。 2024.07.13 17:45 Sat
2

ユベントスがアデイェミ獲得に向けてドルトムントとの交渉へ…スーレの売却資金を活用か

ユベントスがドルトムントのU-21ドイツ代表FWカリム・アデイェミ(22)を狙っているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。 チアゴ・モッタ新監督の望む陣容を揃えるべく、積極的に選手を入れ替えているユベントス。イタリア代表FWフェデリコ・キエーザ(26)にも移籍の可能性があるウイングは注目箇所の1つとなっている。 マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWジェイドン・サンチョ(24)への関心が報じられたが、こちらは対立していたエリク・テン・ハグ監督と歩み寄り、ユナイテッドで練習に復帰。ユベントスのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるクリスティアーノ・ジュントリ氏は、レンタル実現に忍耐が必要と考え、移籍市場閉幕が近づく8月中旬に狙いを定めているという。 そんななかでポールポジションに立ったのがアデイェミ。レスター・シティやローマ、ウェストハムから関心のU-23アルゼンチン代表FWマティアス・スーレ(21)を売却することで得られる資金を用いるという。 すでに選手からは承認をもらい、ドルトムントとの交渉へ。チェルシーも関心を示すが、ドルトムントは3000万〜4000万ユーロ(約51億7000万〜69億円)+ボーナス以下のオファーには耳を傾けない模様だ。 また、ポルトのブラジル代表MFガレーノ(26)やポルトガル代表FWフランシスコ・コンセイソン(21)も候補に。しかし、この2人は金額の問題から代替案と考えられている。 アデイェミはナイジェリアにルーツを持つ左利き快速アタッカーで、2022年夏にレッドブル・ザルツブルクからドルトムントへ移籍。初年度から主力の1人として活躍するも、2023-24シーズンは負傷もあり、ブンデスリーガで10試合の先発にとどまった。 なお、ユベントスはポーランド代表FWアルカディシュ・ミリク(30)も売却する可能性もあるが、モッタ監督はウイングを偽9番起用する準備を進めているとのこと。そのため、純粋なセンターフォワードの獲得には向かわず、セリエBに降格したサッスオーロのイタリア代表FWドメニコ・ベラルディ(29)もリストに残しているようだ。 2024.07.14 19:01 Sun
3

新体制でメルカート臨むローマが大幅刷新へ…優先事項はCF、WG、SBの3ポジション

新体制でメルカートに臨むローマは、幾つかのポジションで大幅な刷新が見込まれている。 今シーズン途中にジョゼ・モウリーニョ監督、ゼネラルマネージャーのチアゴ・ピント氏が去ったローマ。オーナーのフリードキン・ファミリーはリナ・スルークCEO、ダニエレ・デ・ロッシ監督、ニースから引き抜いた新スポーツディレクター(SD)のフローラン・ギゾルフィ氏の3者により多くの権限を与え、今夏のメルカートに臨む構えだ。 現時点ではRBライプツィヒからレンタル中だったDFアンヘリーニョの買い取りオプション行使が発表され、同じくリーズ・ユナイテッドのDFディエゴ・ジョレンテのレンタル期間延長あるいは完全移籍での買い取りが既定路線に。 一方、退団ではチェルシーからレンタルしていたFWロメル・ルカクに加え、レバークーゼンとパリ・サンジェルマン、リーズからレンタル中だったFWサルダール・アズムン、MFレナト・サンチェス、DFラスムス・クリステンセンのローンバックに、DFレオナルド・スピナッツォーラの契約満了による退団が濃厚だ。 そういった中、今夏のメルカートで焦点となりそうなのが、ルカク、アズムン退団に加えて引き抜きの噂が絶えないパウロ・ディバラ、売却の可能性が伝えられるタミー・エイブラハムの去就が注目される前線だ。 センターフォワードではリールのジョナサン・デイビッドが理想のターゲットとして名前が挙がるが、資金力やチャンピオンズリーグ(CL)出場を逃した点でプレミアリーグを中心とする競合クラブ相手に太刀打ちができない。 これを受け、ブラガでプリメイラ・リーガ2位の21ゴールを挙げたシモン・バンザ、トゥールーズのエースストライカーであるタイス・ダリンガらが候補として名前が挙がる。 [4-3-3]をメインシステムで採用する中、手薄なウイングではユベントスのフェデリコ・キエーザをトップターゲットにナポリのマッテオ・ポリターノ、サッスオーロのアルマン・ロリエンテらデ・ロッシ監督のリクエストとみられるセリエAの選手。新SDのルートからリールのエドン・シェグロヴァ、ニースのジェレミー・ボガらが獲得候補に名を連ねる。 さらに、近年チームの泣き所となっているサイドバックでは指揮官が熱望するトリノのラウル・ベッラノーバ、古巣帰還に含み持たせるウェストハムのエメルソン・パルミエリが有力なターゲットに。その他ではギゾルフィ氏が推すリールのバフォデ・ディアキテ、スタッド・レンヌのゲラ・ドゥエらがプランBとして計画される。 その3つのポジションに比べて優先度は低いものの、補強の必要性があるポジションではGKルイ・パトリシオの退団で空く控えGKにレッチェのヴラディミーロ・ファルコーネ、デ・ロッシ監督が求める中盤の補強ではインテルのダビデ・フラッテージを理想に、SPAL時代の教え子でカリアリでプレーするマッテオ・プラーティにも関心を示している。 2024.06.08 17:38 Sat
4

就任ほぼ確実…チアゴ・モッタ新監督が描くNEWユベントスとは「システム、中軸、売却OKの現主力2人」

ユベントスのチアゴ・モッタ新監督(仮)が描く構想とは。 23日にボローニャでの職務を終えることが発表されたチアゴ・モッタ監督。現役時代の名声に劣らぬ指導力でクラブを束ね、評価を劇的に高めた42歳は、ほぼ確実に今夏からユベントスの新指揮官に、と現地で伝えられる。 イタリア『スカイ』は、移籍専門家ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏の取材内容を交えつつ、同監督が描いているという来季のユベントスの一部スカッドを紹介。 マッシミリアーノ・アッレグリ体制で[3-5-2]を基軸としたユベントスだが、チアゴ・モッタ新監督はシステムを含めた基礎から変更。中軸はDFグレイソン・ブレーメル、MFマヌエル・ロカテッリ、MFアドリアン・ラビオだという。 この3選手に関し、残留確実なのはクラブ愛がずば抜けたロカテッリのみ。ブレーメルはマンチェスター・ユナイテッド行きが拭えず、ラビオは来月末に契約切れが迫っている。 一方で、最近バイエルン行きも浮上したポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニー(33)、契約延長の兆しが見えないイタリア代表FWフェデリコ・キエーザ(26)。この2人の放出はOKと踏んでいる模様。 シュチェスニーの定位置について、移籍金総額2000万ユーロ(約34.1億円)で獲得確実となっているイタリア人GKミケーレ・ディ・グレゴリオ(26/モンツァ)に新守護神を託すプランで問題ないと考えているようだ。 キエーザについては、「たとえ残留してもチアゴ・モッタのファーストチョイスではない」とディ・マルツィオ氏。同選手はミランおよびローマからのリストアップが報じられている。 ここで挙げた選手の去就にかかわらず、ユベントスはチアゴ・モッタ新監督と共に新たな時代を切り拓いていく必要がある。 2024.05.26 13:50 Sun
5

21歳FWスーレは一転のユーベ残留? モッタ新監督が戦力に計算か

ユベントスはU-23アルゼンチン代表FWマティアス・スーレ(21)の売却方針を改めているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。 チアゴ・モッタ監督体制での新シーズンに向け、補強を進めたいところだが、そのためには資金捻出が必要なユベントス。レンタル先のフロジノーネでセリエA36試合11ゴール3アシストの結果を残したスーレがまとまった移籍金の回収が見込める売却候補の1人に数えられていた。 この左利きウインガーに対しては、レバークーゼンやアストン・ビラからの関心が取り沙汰されるほか、ドルトムントも興味。しかし、ユベントスは少なくとも3500万ユーロ(約60億円)+ボーナスでの売却と見積もり、ドイツやイングランドのクラブの提示額は現時点で2000万ユーロ(約34億3000万円)程度が最大だという。 そんななか、モッタ新監督はスーレを戦力として考え始め、残留を望んでいるとのこと。代わりに契約が残り1年を切ることから移籍の噂が絶えないイタリア代表FWフェデリコ・キエーザ(26)や、ローマからレンタルバックする逸材DFディーン・ハイセン(19)らに売却の可能性が高まるようだ。 順当にいけば、スーレは7月10日から始まるトレーニングキャンプにひとまず参加する見込み。なお、ウインガーを欲しているユベントスでは、マンチェスター・ユナイテッドの元イングランド代表FWメイソン・グリーンウッド(22)や元イングランド代表FWジェイドン・サンチョ(24)、ドルトムントのU-21ドイツ代表FWカリム・アデイェミ(22)らも新戦力候補に挙がっている。 2024.06.23 18:45 Sun

バイエルンの人気記事ランキング

1

「初日? パーフェクトだ」 バイエルン合流の伊藤洋輝にクラブが密着! ファンもエール 「頑張れ洋輝!」

日本代表DF伊藤洋輝がバイエルンでのキャリアをスタートさせた。 シュツットガルトでの欧州初挑戦から3年を経て、この夏からバイエルンに移籍した伊藤。ヴァンサン・コンパニ監督のもとでも、左サイドバックだけでなく、センターバックもこなせる万能性を生かしながらのプレー姿が期待されるなか、ついにドイツが誇るビッグクラブで初日を迎えた。 クラブではSNSを介してその模様が公開され、25歳DFはカメラマンからバイエルンで迎えた初日の感想を問われると、「初日? パーフェクトだ!」と充実した様子。動画内では室内で身体を動かし、プレシーズンが本格的に始まる前のテストを受けた模様だ。 ファンからは「頑張れ洋輝!」、「活躍期待してます!」、「ようこそミュンヘンへ」などとのコメントが寄せられる。バイエルンは昨季、12年ぶりの無冠に終わり、挽回を期すシーズンに。ドイツ屈指のビッグクラブで伊藤がどんな立ち位置を確立していくか注目だ。 ちなみに、バイエルンの選手たちは17日にピッチに揃って初のトレーニングを予定。22日からテガーンゼー湖でのトレーニングキャンプに入り、31日から韓国ツアーに向かう。 <span class="paragraph-title">【動画】伊藤洋輝のバイエルン初日にクラブが密着</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="de" dir="ltr"> Hiroki <a href="https://twitter.com/hashtag/Ito?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Ito</a> beim <a href="https://twitter.com/hashtag/FCBayern?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FCBayern</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/MiaSanMia?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MiaSanMia</a> <a href="https://t.co/9iaQbQo9nP">pic.twitter.com/9iaQbQo9nP</a></p>&mdash; FC Bayern München (@FCBayern) <a href="https://twitter.com/FCBayern/status/1812903596109013155?ref_src=twsrc%5Etfw">July 15, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.07.16 15:55 Tue
2

「僕は典型的な日本人ではない」バイエルン移籍の伊藤洋輝が入団会見、すでにチームメイトとも交流「美味しい日本食のレストランを勧めてくれた」のは?

シュツットガルトからバイエルンに完全移籍した日本代表DF伊藤洋輝(25)が16日、入団会見に臨んだ。 2021年7月にジュビロ磐田からシュツットガルトへと加入した伊藤は、当初はU-23チームに入る予定も、その能力を買われて予定を前倒しし、ファーストチームでシーズンスタート。そのままレギュラーに定着した。 3シーズンを過ごし、ブンデスリーガ通算85試合に出場し2ゴール4アシスト。しかし、シュツットガルトは残留争いを繰り返していたなか、2023-24シーズンは上位を争い続け、バイエルンよりも上の2位でフィニッシュ。そして、今夏電撃的にバイエルンへと加入した。 ビッグクラブへの移籍を果たした伊藤。スポーツ・ディレクター(SD)のクリストフ・フロイント氏と共に入団会見に臨んだ。 伊藤はバイエルンの第一印象について「チームメイト全員が初日から温かく迎えてくれました。昨日は最初のテストを行いました。上手くやっています」とコメント。また、バイエルンのプレースタイルについては「バイエルンは常にボールを保持しており、プレッシャーの掛かる状況に上手く対処する必要があると思います」と、ポゼッションサッカーに慣れていく必要があるとした。 センターバック、そして左サイドバックでもプレーする伊藤。「僕たちには優秀な選手がたくさんいます。ボールをコントロールしたいです。僕はいくつかのポジションでプレーができるので、ここではうまくお互いが補えると思います」と、複数ポジションでプレーすること、そしてチームメイトと補完し合っていくとした。 すでにヴァンサン・コンパニ監督とも話したという伊藤。「良いプレーができるように、自分が何ができるかということを監督と少し話しました」と明かした。また、チームメイトについては「トーマス・ミュラーとはまだ話はしていないですが、対戦した経験はあります。彼に対しては良い印象があり、初めて会うのが楽しみです。セルジュ・ニャブリは、ミュンヘンで美味しい日本食のレストランを勧めてくれました」と、すでにチームメイトと交流を持っているとした。 ビッグクラブへの移籍となった伊藤は「僕はシュツットガルトで3年間過ごし、今バイエルンに来ました。クラブは僕に大きなチャンスを与えてくれました。今はバイエルンで集中しています」とコメント。感謝を述べつつ、チームのために集中するという。また、「僕は典型的な日本人ではないと思いますが、一生懸命努力し、自分の役割を果たそうとします。それが、典型的な日本人のメンタリティです」と、チームのために貢献していくと誓った。 シュツットガルトや日本代表でも背負う「21」をつける伊藤。ビッグクラブでの初の戦いでどんなパフォーマンスを見せるのか注目だ。 <span class="paragraph-title">【動画】バイエルンで体力テストを行う伊藤洋輝</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="de" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/Ito?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Ito</a><a href="https://twitter.com/hashtag/MiaSanMia?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MiaSanMia</a> <a href="https://t.co/9iaQbQo9nP">pic.twitter.com/9iaQbQo9nP</a></p>&mdash; FC Bayern München (@FCBayern) <a href="https://twitter.com/FCBayern/status/1812903596109013155?ref_src=twsrc%5Etfw">July 15, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.07.16 19:05 Tue
3

CB獲得望むユナイテッド、デ・リフトの交渉難航ならバイエルンターゲットのターを狙う?

バイエルンが獲得を目指すレバークーゼンのドイツ代表DFヨナタン・ター(28)に対して、マンチェスター・ユナイテッドも接触しているようだ。 昨シーズンのレバークーゼンでは主力センターバックとして公式戦48試合6ゴール1アシストを記録し、クラブのブンデスリーガ無敗優勝にも大きく貢献したター。今夏の移籍市場では、多くのビッグクラブから注目を浴びる存在になっている。 特に獲得に熱心な姿勢を見せているのは、レバークーゼンに王者の座を奪われたバイエルン。オランダ代表DFマタイス・デ・リフトにユナイテッド行きの可能性が高まっていることもあり、クラブは実力十分のターを理想的な補強とみなしている。 一方で、デ・リフト売却に向けたユナイテッドとの交渉については、いまだ最終的なオファーが届かず。ユナイテッド側はバイエルンの求める5000万ユーロ(約86億3000万円)+ボーナスという条件が高額と感じており、他の候補についても検討しているようだ。 ドイツ『スカイ・スポーツ』によると、その候補の一人がターとのこと。ターはバイエルン移籍を望むもののクラブ間合意には至っていないことから、割って入る余地はあるという。 各クラブの思惑が絡み合う複雑な様相となっているが、まずどの移籍が動き出すかで状況は大きく変わると見られている。 2024.07.16 11:40 Tue
4

4カ月離脱のアラウホ、移籍の可能性消滅…契約延長進まぬバルセロナは手放しに喜べず

バルセロナのウルグアイ代表DFロナルド・アラウホ(25)を取り巻く状況がケガで変化している。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。 先日までコパ・アメリカ2024に参加していたアラウホ。7日に行われた準々決勝のブラジル代表戦で右足を負傷すると、ハムストリングの腱の損傷が確認され、手術の運びとなった。 最低4カ月の離脱が見込まれるDFは今夏の移籍の可能性が消滅。1月にバイエルンからオファーが届いていたほか、ここ数カ月はブラジル代表DFチアゴ・シウバが退団したチェルシーからの打診も報じられていた。 バルセロナはアラウホをプロジェクトの中心選手の1人と考えているものの、ビッグオファーを受け入れれば財政難を解決する一手に。結局、消去法で残留へ傾くこととなった。 しかし、契約延長が進んでいないことから、残留を手放しには喜べない状況。バルセロナは2026年6月までの契約を更新すべく、交渉に着手しているが、アラウホ陣営がオファーを保留している。 仮に延長を拒否された場合、2025年夏はバルセロナが移籍市場で不利な立場に。1年後のフリー移籍が視野に入るため、高額での売却が困難となり、移籍金はバイエルンが1月に提示した総額9000万ユーロ(約155億6000万円)を確実に下回る見通しだ。 2024.07.16 15:14 Tue
5

バイエルンがポルトガル代表MFパリーニャを完全移籍で確保! 4年契約締結、移籍金は80.6億円でフルアムのクラブレコードに

バイエルンは11日、フルアムのポルトガル代表MFジョアン・パリーニャ(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2028年6月30日までの4年間となる。 パリーニャは2022年7月にスポルティングCPからフルアムに加入。2022-23シーズンはプレミアリーグで35試合に出場し3ゴールを記録。FAカップでも5試合で1ゴールを記録していた。 2023-24シーズンは、プレミアリーグで33試合に出場し4ゴールを記録。2シーズンで公式戦79試合に出場し8ゴールを記録していた。 ポルトガル代表としてユーロ2024にも参加。チームは敗退した中、移籍が決定。これまでポルトガル代表通算31試合で2ゴールを記録していた。 トーマス・トゥヘル監督が2023-24シーズン限りで退任し、ヴァンサン・コンパニ監督が新たに就任したバイエルン。選手補強に動く中、1年越しにパリーニャの獲得に動き、成就させることとなった。 なお、ドイツ『スカイ・スポーツ』によると、移籍金は4600万ユーロ(約80億6000万円)にボーナスがつくとのこと。フルアムにとってはクラブレコードとなる移籍金だという。 パリーニャはクラブを通じてバイエルン移籍の喜びを露わにしている。 「人生で最も幸せな日の1つだ。今、僕はヨーロッパのトップクラブの1つでプレーする。これは僕にとって夢の実現であり、とても誇りに思っている」 「アリアンツ・アレーナの雰囲気とファンを楽しみにしている。バイエルンで成功を味わい、タイトルを獲得したい。全力を尽くす」 2024.07.11 17:22 Thu

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly