【ラ・リーガ第35節プレビュー】久保建英がバルサに挑む! 優勝マドリーは降格迫るグラナダ戦

2024.05.10 19:00 Fri
久保建英がバルサに挑む
Getty Images
久保建英がバルサに挑む
先週末に行われた第34節ではレアル・マドリーの2シーズンぶり36度目の優勝が決定。これにより、残り4試合では上位争い、ヨーロッパ出場権争い、残留争いにより多くの注目が集まる。
PR
今節の最注目カードはマンデーナイトに行われる3位のバルセロナと6位のレアル・ソシエダの上位対決だ。
バルセロナは前節、2位攻防戦となったジローナとのカタルーニャ自治州ダービーに2-4で敗戦。DFクリステンセン、FWレヴァンドフスキのゴールによって2度リードを手にしたが、ミス絡みの2失点目で2-2のイーブンに戻されると、そこから2ゴールを叩き込まれ、前回対戦と同じスコアでの厳しいシーズンダブルを喫し、3位に交代した。

これにより、クラブ財政において重要な来季のスーペル・コパ・デ・エスパーニャ出場権獲得はライバルの取りこぼしが必須の厳しい状況となった。その敗戦からのバウンスバックを図るチャビのチームは、直近の公式戦4試合連続で複数失点が続く守備の改善を図りつつ、ラ・レアルのソリッドな守備攻略へ好調のレヴァンドフスキの活躍に期待したい。

一方、ソシエダは前節、ラス・パルマス相手にオウンゴール、FWベッカーのゴールによって2-0の快勝。MFスビメンディ、DFスベルディアの負傷離脱に加えてMF久保建英のコンディションは懸念材料だが、何とかチーム一丸となった戦いで格上相手に連勝を狙いたい。古巣相手に躍動が期待される久保に関してコンディションの改善が確認されており、スタメンか途中投入かは不明だが、プレーできる状況にあるようだ。
前節、カディス戦での3-0の快勝とバルセロナの敗戦によって4節を残してのプリメーラ制覇を決めたマドリーは、王者として初めて臨む一戦で19位のグラナダとのアウェイゲームに臨む。2シーズンぶりの優勝に加え、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝ではバイエルン相手に劇的な逆転勝利を収め、ウェンブリーへの切符を手にした。初戦を2-2のドローで終えた中、後半半ばに先制点を奪われる厳しい展開となったが、途中投入のFWホセルが土壇場の88分と91分に奪った連続ゴールによって2-1の逆転。最高の1週間を過ごすことになった。

今後は6月1日に控えるドルトムントとのCL決勝に向けたコンディション調整が最優先事項となるため、今回の一戦では大幅なターンオーバーが見込まれるが、守護神クルトワやDFミリトンなど虎視眈々とCL決勝への出場を目指す実力者たちが指揮官へのアピールに向けてしっかりとしたパフォーマンスを見せるはずだ。なお、対戦相手のグラナダは残り4試合で17位のマジョルカと11ポイント差となっており、この試合で引き分け以下に終わった場合、3節を残してのセグンダ降格が決定する。

前述のバルセロナとのダービーで会心の勝利を収め、悲願の来季CL出場が確定した2位のジローナは、ここからボーナスとなるスーペル・コパ出場権確保を目指す。そして、今節は3連勝で11位に順位を上げてきたアラベス相手に4連勝を狙う。この試合ではバルセロナ戦でリーグ戦20ゴールの大台に乗せ、ピチーチ争いでトップに立つ主砲ドフビクの活躍にも期待だ。

リーグ連勝で4位死守へ順調に勝ち点3を重ねるアトレティコ・マドリーは、残留へ勝ち点を積みたい15位のセルタとのホームゲームに臨む。前節はマジョルカ相手にFWリケルメの見事なミドルシュートで上げたゴールを最後まで守り切ってウノセロ勝利。追加点に課題を残したが、公式戦14試合ぶりのクリーンシートはポジティブな要素だ。セルタ戦では引き続き無失点にこだわりつつ、得意のホームゲームで攻撃陣も躍動といきたい。

そのアトレティコを6ポイント差で追走する5位のアスレティック・ビルバオは13位のオサスナ相手に連勝を狙う。前節はDFジェライ、DFパレデスとセンターバック2人が退場するアクシデントに見舞われたが、守護神ウナイ・シモンが驚異的なパラドンを連発し、FWイニャキ・ウィリアムズが挙げた2ゴールを守り抜いた。両主力センターバックをサスペンションで欠くこの一戦ではウィリアムズ兄弟が牽引する攻撃陣の働きが重要となる。

その他ではヨーロッパ出場を争う7位のベティスや8位のバレンシア、残留へ崖っぷちの18位カディスの試合や、ビジャレアルvsセビージャの名門対決にも注目したい。

《ラ・リーガ第35節》
▽5/10(金)
《28:00》
アラベス vs ジローナ

▽5/11(土)
《21:00》
マジョルカ vs ラス・パルマス
《23:15》
ビジャレアル vs セビージャ
《25:30》
グラナダ vs レアル・マドリー
《28:00》
アスレティック・ビルバオ vs オサスナ

▽5/12(日)
《21:00》
カディス vs ヘタフェ
《23:15》
アトレティコ・マドリー vs セルタ
《25:30》
バレンシア vs ラージョ
《28:00》
ベティス vs アルメリア

▽5/13(月)
《28:00》
バルセロナ vs レアル・ソシエダ

PR
関連ニュース

チャビ解任のバルセロナにセビージャ指揮官が苦言 「レジェンドの扱いがひどい」

二転三転してチャビ・エルナンデス監督と今季限りの道を選び、元ドイツ代表指揮官であるハンジ・フリック氏の招へいが有力視されるバルセロナだが、セビージャのキケ・サンチェス・フローレス監督が疑問を投げかけた。 今年1月に成績不振を理由にシーズン終了後の辞任意向を明らかにしたチャビ氏。そこからチームの復調にジョアン・ラポルタ会長の続投要請も相まって、4月に翻意して来季も指揮が決まったが、一転して退任の運びとなった。 そんなバルセロナを26日のラ・リーガ最終節でホームに迎え撃つのがセビージャ。異例の解任劇は今月中旬にクラブの財政面を巡るチャビ監督の発言がラポルタ会長の怒りを買って起きたが、セビージャ指揮官は荒さを感じるようだ。 スペイン『マルカ』によると、キケ監督は試合に先立った会見で「彼に大きなハグを送る。彼とは話をするよ。我々はいつも素晴らしいコミュニケーションを取っている」と労い、バルセロナにレジェンドの扱い方に意見した。 「私が言うべきではないが、バルセロナのレジェンドに対する扱いがどれほどひどくことか。なんてひどいんだ」 「(ロナルド・)クーマン、(リオネル・)メッシ、そしてチャビ…。クラブがレジェンドらしく、素晴らしい形で扱ってくれたらと思う」 「彼らはレガシーだし、指導者とファンの結びつきでもあるのだから」 2024.05.25 16:55 Sat

昨季FA杯決勝で大活躍のギュンドアン、古巣にエール 「カップをマンチェスターの青い側に」

バルセロナのドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンが古巣のFAカップ2連覇を期待している。マンチェスター・シティの公式サイトが伝えた。 昨シーズンはプレミアリーグ3連覇やチャンピオンズリーグ(CL)初優勝に加え、FAカップも制したシティ。トレブル(3冠)達成の偉業を成し遂げた。 続く今シーズンはプレミアリーグで前人未到の4連覇を達成したほか、FAカップでも2年連続の決勝進出。タイトルを争う相手はまたも宿敵マンチェスター・ユナイテッドで、25日に決戦に臨む。 昨シーズンのFAカップ決勝で2得点を挙げ、タイトル獲得の立役者となった当時の主将ギュンドアンは「あの日のことはとても良い思い出だ」と1年前の出来事を回想。事の重大さを語っている。 「2023年のFAカップ決勝は、僕のお気に入りの瞬間リストの上位にランクインし続けるだろう。それは間違いない。あの象徴的なスタジアム(ウェンブリー・スタジアム)で最大のライバルを破り、世界のサッカー界で最も名誉あるトロフィーの1つを獲得し、歴史を作ったのだから」 「もちろん、この試合がファンにとってどれほど重要なものかは僕らもわかっていたし、試合前にそのことについて話し合っていた。試合後にファンと一緒に祝ったことは、僕にとって一生忘れられない思い出だ」 また、現在はバルセロナの一員のギュンドアンだが、当然古巣シティの勝利を期待。FAカップ2連覇を願った。 「観戦するかって? 当然だよ。バルセロナがセビージャと対戦するのは次の日の夜だからね」 「シティが2年連続で2冠を達成できるというのは信じられない話だ。僕の予想では、シティがリーグ優勝の勢いに乗り、ユナイテッドを2-0で破るだろう」 「当然僕は選手たちを応援するつもりだし、FAカップをマンチェスターの青い側に留めておいてほしい」 「選手たちが最高のパフォーマンスを発揮し、この偉大なサッカークラブにとって忘れられない新たな1日となることを願っている」 2024.05.25 13:37 Sat

二転三転でチャビ解任のバルセロナ、フリック招へいが確実に

来季のバルセロナはハンジ・フリック氏(59)を新監督にスタートするようだ。 バルセロナでは今年1月にチャビ・エルナンデス監督が今季限りでの辞任を表明したが、ジョアン・ラポルタ会長の説得も相まって、4月に来季続投の運びに。だが、今月中旬にチャビ監督がクラブの財政事情に口を出すと、この発言が会長の怒りを買い、24日に退任が決定した。 二転三転しての監督交代となるバルセロナだが、チャビ監督が最初に辞任意思を示したタイミングから、フリック氏が後任として噂に。そして、このたびにチャビ監督が解任されると、元ドイツ代表指揮官を招へいしようとする動きが取り沙汰され、今や就任が濃厚視されるところだ。 そのなか、移籍市場に精通するイタリア人記者のファブリツィオ・ロマーノ氏は確定時の「Here we go」という決まり文句とともに、フリック氏のバルセロナ指揮官就任決定を主張。交渉はすでにまとまり、代理人のピニ・ザハヴィ氏が2026年までの2年契約を承認したという。 なお、フリック氏はバルセロナを率いるにあたり、スタッフとして2人のドイツ人アシスタントを連れていくようだ。 2024.05.25 12:45 Sat

「親愛なるクレたちへ」…撤回から一転の解任劇、チャビ氏がメッセージ

バルセロナ指揮官を辞するチャビ・エルナンデス氏がファンにメッセージを発信した。 今年1月に成績不振を理由にシーズン終了後の辞任意向を明らかにしたチャビ氏。そこからチームの復調にジョアン・ラポルタ会長の続投要請も相まって、4月に翻意して来季も指揮が決まったが、一転して退任の運びとなった。 今月中旬にクラブの財政面を突いた発言がラポルタ会長の逆鱗に触れ、異例の解任劇となるチャビ氏は26日に敵地で行われるラ・リーガ最終節のセビージャ戦がラストマッチとなるなか、自身のインスタグラムに別れの言葉を綴った。 「親愛なるクレたちへ、バルサのベンチで過ごす時間は日曜日で終わる。人生のクラブを離れるのは決して簡単じゃないが、第二の家族のようなドレッシングルームの長を2年半を務められ、非常に誇りに思う」 「常に側にいてくれ、選手時代と同じように愛情を注いでくれたファンの応援に感謝したい。日曜日が終わればオリンピック・スタジアムで、数カ月後のカンプ・ノウで、スタンドにいるファンの1人になる」 「私も選手や監督である前にバルセロナのサポーターであり、生涯のクラブのベストだけを望むのだから。素晴らしい選手、スタッフと働き、彼らのおかげで、昨季はリーグとスーパーカップを制する最高の結果を残した」 「今季は思うようにいかなかったが、懸命に働き、ラ・マシアからバルセロナのファンをワクワクさせる新世代の若き選手を育てられた」 「本当にありがとう。ファン、選手、スタッフ、職員、会長、理事会、スポーツディレクター、メディア、そしてこの2シーズン半をともに歩んだすべての人に。心のクラブの幸運を祈る。バルサ万歳」 2024.05.25 09:15 Sat

バルサがチャビ監督を解任…一時は続投決定も不信感募る

バルセロナは24日、チャビ・エルナンデス監督(44)の今シーズン限りでの解任を発表した。26日に行われるラ・リーガ最終節のセビージャ戦が最後の指揮となる。 なお、トップチームの新体制については数日以内に発表される。 現役時代にバルセロナの絶対的な司令塔として君臨したチャビ監督は、2021年11月にロナルド・クーマン前監督の後任として古巣に指揮官として復帰。就任1年目は厳しい財政事情のなか、若手を中心とした堅実なやり繰りを見せ、ラ・リーガ2位フィニッシュに導いた。 積極補強を敢行した昨シーズンはチャンピオンズリーグ(CL)、ヨーロッパリーグ(EL)で早期敗退となるも、4シーズンぶりのラ・リーガ制覇を達成。スーペル・コパ・デ・エスパーニャのタイトルも獲得した。 3年目の今シーズンはCLこそグループステージ首位通過を決めたが、不安定な戦いが続き、ビジャレアル相手に3-5の大敗を喫した1月には今シーズン限りでの辞任を表明。それでもジョアン・ラポルタ会長からの続投要請に応じ、来シーズンも指揮を執ることになっていた。 結局ラ・リーガのタイトルはレアル・マドリーに譲り、CLもベスト8敗退となったなか、チャビ監督は16日に行われたラ・リーガ第36節のアルメリア戦前の記者会見でクラブの苦しい財政状況に対する不満を吐露。クラブ側がこれに不信感を抱き、一転して続投が白紙の方向へと傾いていた。 当初はセビージャ戦後に解任発表が行われると見られていたが、セビージャ戦前の正式発表に。チャビ監督の解任には多額の違約金が必要と見られている一方、後任候補の元ドイツ代表指揮官のハンジ・フリック氏(59)と2年契約で合意したと報じられていた。 2024.05.24 21:11 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly