今夏の去就注目のルカク、チェルシーは移籍金を約66億円に設定か

2024.05.07 10:50 Tue
チェルシーはFWロメル・ルカクの今夏売却を計画
Getty Images
チェルシーはFWロメル・ルカクの今夏売却を計画
チェルシーは現在ローマにレンタル移籍中のベルギー代表FWロメル・ルカク(30)について、今夏の移籍金を設定したようだ。
PR
ルカクは昨夏に紆余曲折を経て、最終的にローマへレンタルの形で加入。ここまで公式戦44試合20ゴール4アシストと流石の成績を収めており、指揮官がジョゼ・モウリーニョ前監督からダニエレ・デ・ロッシ監督に交代した後も主力の立場は変わっていない。
これだけの活躍を見せるルカクについて、当然ローマは来シーズン以降もキープを希望。シーズン中にチェルシーとの交渉を予定とも報じられており、イングランドのクラブがどのような条件を提示するかが注目されていた。

そんな中、移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、チェルシーはルカクの移籍金を4000万ユーロ(約66億4000万円)に設定した模様。昨夏と同様の移籍金を設定しており、大幅な値引きには応じない構えのようだ。

財政難のローマがこの金額を提示するのは難しいとの見方もあるが、チェルシーとしてはそれ以外のクラブであっても基本的に4000万ユーロさえ提示してもらえば交渉する姿勢だという。
また、『フットボール・イタリア』によると、チェルシーはナポリのナイジェリア代表FWビクター・オシムヘン(25)獲得に向けた交渉の一部としてルカクを差し出す計画もあると報じており、いずれにしても今夏は再びルカクの去就が注目の的になるだろう。

PR
関連ニュース

プレミア最優秀若手は覚醒したチェルシーMFパーマーが受賞! ゴールとアシスト合計32はリーグトップの記録

プレミアリーグは17日、2023-24シーズンのウブロ ヤング・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーを発表。チェルシーのイングランド代表MFコール・パーマー(22)が受賞した。 パーマーはマンチェスター・シティから今シーズン完全移籍でチェルシーに加入。これまでは満足いく出番がなかったが、チェルシーでその才能が覚醒した。 攻撃的なポジションを任されると、最終節を残した段階で22ゴール10アシスト。32ゴールに絡む活躍を見せ、これはプレミアリーグで1位タイだ。 ゴールはシティのFWアーリング・ハーランドに続いて2位、アシストもアストン・ビラのFWオリー・ワトキンスに続いて2位につけている。 先日22歳になったばかりのパーマーだが、21歳以下でシーズン30ゴールスコア(ゴールとアシストの合計)以上に達したのは史上3人目。ロビー・ファウラー、クリス・サットンと偉大な2人に続く快挙となった。 また、今シーズンはゴールとアシストを共に2桁記録しているのはワトキンス、モハメド・サラー(リバプール)、アンソニー・ゴードン(ニューカッスル)と4人だけ。チェルシーのレジェンドであるディディエ・ドログバ、フランク・ランパードと並び、ホームでのシーズン16ゴールという記録にも並んだ。 2019-20シーズンからスタートしたこの賞をチェルシーの選手が受賞したのは初。これまではリバプールのDFトレント・アレクサンダー=アーノルド(2019-20)、シティのMFフィル・フォーデン(2020-21、2021-22)、ハーランド(2022-23)が受賞していた。 2024.05.18 21:50 Sat

CL決勝進出のレアルがチェルシーに約10億円支払い… 昨年引退のアザールの影響

今シーズンのラ・リーガを制し、36度目の優勝を果たしたレアル・マドリー。チャンピオンズリーグ(CL)でもバイエルンを下して決勝に進出し、ドルトムントと対戦する。 今シーズン2冠目を目指すマドリーだが、CL決勝に進出したことにより、チェルシーに500万ポンド(約9億9000万円)を支払わなければいけなくなるという。イギリス『テレグラフ』が伝えた。 一見すると意味不明な構図だが、これに関わるのが元ベルギー代表MFエデン・アザール。2023年10月に現役引退を発表したが、アザールの契約が関係しているという。 ベルギー代表の黄金世代を支えた1人で、チェルシーでも多くのタイトルを獲得。2019年7月に大きな期待を寄せられてマドリーに完全移籍した。 最大1億3000万ポンド(約256億4000万円)の移籍金で加入したアザール。チームの中心としての活躍が期待されたが、マドリー移籍後はケガばかりの日々が続き、4シーズンで6ゴール9アシストと悲惨な結果に。補強の失敗例として常に話題に上がる。 その失敗ぶりは、引退した後にも影響が。昨シーズン限りで契約解除となりマドリーを退団したアザールだったが、契約は今シーズン終了まであり、チェルシーから移籍した際の契約は有効だという。 その条件の1つが、マドリーがCL決勝に進出した場合のボーナスの支払い。チェルシーに対して上記の500万ポンドを支払うというものだった。 アザールは引退し、今シーズンのマドリーには一切関与していないものの、契約は有効とのこと。何もしていない元選手のために、無駄金を支払う結果となってしまったようだ。 2024.05.17 14:20 Fri

なでしこFW浜野まいかが大仕事! チェルシーに優勝の可能性残す決勝ゴール記録、最終節前に首位浮上【FAWSL】

FA女子スーパーリーグ(FAWSL)の優勝争いが混沌とすることに。なでしこジャパンのFW浜野まいかが大仕事をやってのけた。 FAWSLは残り1節を残すのみ。1試合未消化だった2位のチェルシーが6位のトッテナムと対戦した。 首位のマンチェスター・シティとの勝ち点差は「3」という状況で迎えた延期分。最終節を前に勝利すれば首位に返り咲くことが可能となる。 浜野は[4-4-2]の右サイドハーフで先発出場。勝利が必要な大一番で先発起用されると、0-0で迎えた37分に大仕事をやってのける。 左サイドからのグーロ・レイテンからのグラウンダーのクロスをファーサイドに走り込んだ浜野がダイレクトで蹴り込み、チェルシーが先制。この1点が決勝点となり、0-1で勝利したチェルシーがシティをかわし、最終節前に首位に浮上した。 浜野にとってはこれがシーズン2ゴール目。タイトル獲得に向けて大きな仕事をした。 なお、最終節は18日に行われ、チェルシーがマンチェスター・ユナイテッドと、シティがアストン・ビラと対戦。勝ち点52で並ぶ両者、タイトル獲るのは浜野か、それとも長谷川唯か。いずれにしてもなでしこジャパンの選手がトロフィーを掲げることとなる。 <span class="paragraph-title">【動画】浜野まいかが大仕事! チェルシーに優勝の可能性呼び込むゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="bkCU_dB_xmc";var video_start = 132;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.16 21:38 Thu

終盤復調でチェルシーに流れるポジティブな空気、ベーリー会長も「本当に若くエキサイティングなチームがある」

チェルシーの会長であるトッド・ベーリー氏が、マウリシオ・ポチェッティーノ監督やチームへの信頼を語った。イギリス『イブニング・スタンダード』が伝えている。 2022年夏にトッド・ベーリー氏がオーナーになって以来、選手の移籍に10億ポンド(約1909億3500万円)以上を支払っているチェルシー。しかし、新体制下で臨んだ昨シーズンは相次ぐ指揮官交代もあってプレミアリーグを12位で終えるなど低迷し、ポチェッティーノ監督を招へいした今シーズンも開幕から苦戦が続いていた。 しかし、苦戦の一因ともなっていた大量のケガ人が徐々に戻ってきた終盤にかけては復調。現在はプレミアリーグ4連勝で6位にまで浮上しており、ヨーロッパリーグ(EL)出場権に手の届くところまできている。 ベーリー氏はこうしたチームに対して、手応えを感じているようだ。ドーハで開催されたカタール経済フォーラムにて、同氏は忍耐の必要性を説きつつチームは順調に進歩していると強調している。 「一番大事なのは、忍耐強くあるべきということだ。何かを構築する際はそれがすぐ完成することを期待するかもしれない。だが、現実として本当に良いものを作るには少し時間がかかるものだ。我々としても、忍耐は常に考えられていた」 「本当に若くエキサイティングなチームがあり、これからも長く一緒にいられると考えている。長期にわたって支配的なところを見てみれば、チーム、フロント、コーチングスタッフが本当に安定しているものだ」 「だから、基礎を築き、チームの安定から始め、平均よりも長い契約を結んだ若いチームを持てたのは良いスタートだと思う。そして、ヨーロッパのフットボールの現実として、7年契約は実際には5年契約と同じだ。その契約を最終年で満了することは決してないだろう。延長も含め、選手とクラブにとって何が最善かを判断することになる」 「2013年に(MLBの)ドジャースを買収したとき、我々は15勝25敗からのスタートだった。だが、我々の計画は正しいと信じていたからこそ、それに固執し続けたんだ。そして、チェルシーでも同じような経験をしている」 「周囲の雑音には一切耳を貸さず、計画に忠実であり続けるという決意を持たなければならない。そしてボクシングデー以来、我々はプレミアリーグで4番目に優れたチームだ。そして今の状況は、どんどん良くなっていると思う」 2024.05.16 16:45 Thu

「非常に厳しいシーズン」負傷者続出もあり昨季ほどの結果残せず…ブライトン指揮官は「素晴らしい選手を欠いてのプレーは厳しい」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンのロベルト・デ・ゼルビ監督が、敗北に落胆のコメントを残した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 15日に行われたプレミアリーグ第34節延期分で、チェルシーと対戦したブライトン。三笘薫ら多くの負傷者を抱え、リーグ戦直近10試合わずか2勝と低迷するチームは、この日も前半に先制点を許す苦しい展開に。後半にも追加点を奪われると、88分に退場者を出した相手にダニー・ウェルベックが1点を返すのがやっとであり、1-2で敗れた。 最終節の結果次第でボトム10フィニッシュもあり得る状況となる中、デ・ゼルビ監督は苦しいシーズンだったと胸中を吐露。多くのケガ人が出ている状況では厳しいとしつつ、それでも最終節に向けた意気込みを述べている。 「今日は後半と前半の終盤に、非常に良いプレーができていただろう。試合開始から最初の20分は、プレッシャーに苦しんでいた。だが、その後は良い試合をしたと思う」 「2失点目を許す前に、1-1でイーブンの状況にできたかもしれない。だが、我々は全力を尽くした。そして、トップ10の座でフィニッシュするための最後の試合が残されている」 「今シーズンは非常に厳しいシーズンだった。言い訳はしたくない。だが、我々レベルのクラブにとって、素晴らしい選手を欠く中でプレーするのは厳しい。そして特にシーズン序盤は、ホームであまりにポイントを落とした。その代償を支払うことになったんだ」 2024.05.16 11:55 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly