【ブンデスリーガ日本人選手】代表帰還組が揃って出場!浅野ボーフムはフランクフルトと価値あるドロー

2024.02.12 08:30 Mon
Getty Images
ブンデスリーガ第21節が週末にドイツ各所で行われた。
PR
今シーズンのブンデスリーガには、日本代表で活躍するボルシアMGのDF板倉滉、シュツットガルトのDF伊藤洋輝、フライブルクのMF堂安律、ボーフムFW浅野拓磨に加え、フランクフルトでクラブ史上最年長出場記録を保持するDF長谷部誠が在籍している。
今シーズンも多くの選手が活躍する中、第21節では浅野板倉伊藤が先発出場、堂安が途中出場している。

日本代表から帰還した浅野の先発したボーフムは、長谷部の所属するフランクフルトとアウェイで対戦。互角の攻防で立ち上がった試合は、14分にフランクフルトが先手を取る。

ゲッツェの浮き球パスを右サイド高い位置で受けたチャイビがアーリークロス。マーモウシュがポストに足を直撃させながらもボールをねじ込んだ。
先制を許したボーフムだったが17分、ボックス手前から放ったブロシンスキのミドルシュートがDFにディフレクトしてゴールに吸い込まれ、試合を振り出しに戻した。

追いついたボーフムは、27分に浅野がポストプレーからシュテーガーの決定機を演出したが、逆転とならず。

71分に浅野がピッチを後にしたボーフムは、82分にブロシンスキがGK強襲のシュートを浴びせるも1-1のままタイムアップを迎えた。

また、伊藤洋輝がフル出場したシュツットガルトはホームでマインツと対戦。前半終了間際に立て続けに2ゴールを奪ったシュツットガルトは、73分にウンダブのゴールで3点目。

直後の76分にアジョルクに一矢報いられたシュツットガルトだったが、3-1で快勝した。

その他、堂安が途中出場したフライブルクはアウェイでドルトムントに0-3で完敗。板倉がフル出場したボルシアMGはダルムシュタットとゴールレスドローに終わっている。

板倉滉[ボルシアMG]
▽2/10
ボルシアMG 0-0 ダルムシュタット
◆フル出場

長谷部誠[フランクフルト]
▽2/10
フランクフルト 1-1 ボーフム
◆ベンチ入りも出場せず

堂安律[フライブルク]
▽2/9
ドルトムント 3-0 フライブルク
◆59分からプレー

伊藤洋輝[シュツットガルト]
▽2/11
シュツットガルト 3-1 マインツ
◆フル出場

原口元気[シュツットガルト]
▽2/11
シュツットガルト 3-1 マインツ
◆ベンチ入りせず

浅野拓磨[ボーフム]
▽2/10
フランクフルト 1-1 ボーフム
◆71分までプレー

PR
関連ニュース

金子拓郎は今夏帰国か? ディナモ・ザグレブにレンタル中も買取OPは行使されない可能性

ディナモ・ザグレブのMF金子拓郎(26)が帰国する可能性が出ている。 北海道コンサドーレ札幌から2023年7月にレンタル移籍でディナモ・ザグレブに加入した金子。ここまでクロアチア1部リーグで21試合に出場し1ゴール5アシストを記録。ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)でも8試合で2ゴール1アシストを記録していた。 そんな中、クロアチア『24sata』がディナモ・ザグレブの夏の動きについて報道。その中で、金子についても言及された。 報道によれば金子は完全移籍に移行する買い取りオプションがあるものの、ディナモ・ザグレブはオプション行使を考えなくなっているという。 金子は昨年秋頃には6試合で5アシストを記録するなどチームへのフィットを見せていたが、その後は特に目立った活躍を残せることができていない。 その中で、ディナモ・ザグレブはレンタル選手の買い取りを精査する必要があり、最も手にしたいのはバイエルンからレンタル中のU-21クロアチア代表FWガブリエル・ヴィドヴィッチ(20)とのこと。31試合で7ゴール3アシストを記録しており、買い取りを目指しているが、高額になる場合にはレンタルの延長を考えるとされている。 いずれにしても金子はレンタル期間の終了と共に札幌へ戻ることが濃厚に。そのまま他のヨーロッパクラブでプレーする可能性もあるが、現在最下位に苦しむチームを助けに戻る可能性もありそうだ。 2024.04.12 22:05 Fri

日本人多数所属のセルティックなどスコットランドクラブがCL自動出場権を失う…チェコに抜かれ王者でもPOからの参加に

今シーズンも日本人選手が5名所属しているスコットランドの名門・セルティックにとっては、悲しい事実が確定してしまったようだ。 今シーズンはセルティックとレンジャーズが熾烈な優勝争いをしているスコティッシュ・プレミアシップ。王者は翌シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)に自動的に出場できるレギュレーションとなっている。 しかし、2025-26シーズンのCLからは自動的に本大会出場の権利が無くなってしまったという。 このレギュレーションは欧州サッカー連盟(UEFA)が定めるUEFA係数ランキングによって決定。イギリス『ガーディアン』によれば、チェコがトップ10に入り、スコットランドが追い抜かれてしまったため、2024-25シーズンのスコティッシュ・プレミシップ王者はCLのプレーオフに回ることになることが決まったという。 最新のランキングでは、首位がイングランド、2位にスペイン、3位にイタリアと続き、ドイツ、フランス、オランダ、ポルトガル、ベルギー、トルコと並んでいる。10位にはチェコが入り、スコットランドは11位。スイス、オーストリア、ノルウェー、デンマークと続いている。 11日に行われたヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)準々決勝1stレグで、チェコのビクトリア・プルゼニがフィオレンティーナとドロー。この結果、ランキングが変化したという。 なお、スコットランドのクラブは今シーズンのヨーロッパの大会から全て敗退。順位の変動が起こらないため、自動出場枠を失うこととなった。 2024.04.12 17:15 Fri

南野拓実の蹴ったボールが主審の顔面直撃…再び話題になる一方でリーグに批判的な声「これを共有する意味があるのか」

モナコの日本代表MF南野拓実のとあるプレーが再び話題になっている。 昨シーズンはモナコに移籍して1年目のシーズンだったが、期待を大きく裏切る形となってしまった南野。しかし、今シーズンはコンディションも整うと、リーグ・アンで25試合に出場し7ゴール5アシストを記録している。 7日に行われたリーグ・アン第28節のスタッド・レンヌ戦でもフル出場を果たすと、キレのあるプレーを連発。ライン際のドリブル突破などが話題を呼んでいた。 そんな中、この試合ではもう1つ南野が話題をさらうことに。試合中、浮き球をダイレクトでパスしようとしたところ、ノールックで蹴ったボールが間近にいたステファニー・フラパール主審の顔面に直撃するアクシデントが起きていた。 南野はすぐに気がつき、歩み寄って謝罪していたが、このシーンをリーグ・アンの公式X(旧ツイッター/@Ligue1UberEats)が投稿したが、再び話題に。一方で、これには批判的な声も寄せられている。 「これを共有する意味があるのか」 「リーグは彼女を嘲笑しようとしているのか?」 「性差別のコメントを生み出すことになる」 また「痛そうだ」、「南野は紳士的」などというコメント以外に、実際に嘲笑するコメントは出ており、「南野の銅像を建てよう」、「彼は国民のヒーローだ」、「一番批判を受ける主審を吊し上げている」など、遠回しのコメントが寄せられている。 <span class="paragraph-title">【動画】南野拓実が蹴ったボールが主審の顔面に直撃…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="fr" dir="ltr"> <a href="https://t.co/XEcvZBNmKO">pic.twitter.com/XEcvZBNmKO</a></p>&mdash; Ligue 1 Uber Eats (@Ligue1UberEats) <a href="https://twitter.com/Ligue1UberEats/status/1778377453431611579?ref_src=twsrc%5Etfw">April 11, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.04.12 16:10 Fri

「疲れているように見えた」「彼の夜ではなかった」ホームで惨敗のリバプール、遠藤航は他の選手同様に厳しい評価「調子を崩していた」

リバプールの日本代表MF遠藤航が低い評価となった。 11日、ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝1stレグでリバプールはホームにアタランタを迎えた。 この試合も先発出場した遠藤。ホームでしっかりと勝利し、2ndレグに繋げたいところだったが、チームはまさかの惨敗。前半にジャンルカ・スカマッカに先制をゆすると、後半に入ってもスカマッカにゴールを許しリードを広げられ、終盤にはマリオ・パシャリッチにもネットを揺らされ、0-3の惨敗。ホームで厳しい敗戦となった。 遠藤は76分までプレーしたが、この日はその他の選手と同様に良いところを出せずに交代。イギリス『リバプール・エコー』は4点(10点満点)と低評価をつけた。 「パシャリッチの序盤の動きを注意深く観察し、時には2人のセンターバックの間に入る必要もあった」 「しかし、疲れているように見え、あまりにも何度も圧倒されていた」 リバプール専門メディアの『This is Anfield』も4点(10点満点)と低評価をつけている。 「定期的にさらされていた守備ユニットの一部。アタランタがボールを奪った時のプレーが非常に速く、いつものように足を入れられなかった」 「彼がボールを保持していた時もさほど良くなかった。先発した何人かの選手と同様に、この日は彼の夜ではなかった」 「中盤でミスを犯し、アタランタにチャンスを与え、ジョタと交代した」 その他、『ESPN』は5点(10点満点)をつけ「プレーを崩してしまいコントロールに苦労した。ボールを前に運ぶことはもっと上手くできたかもしれない」と評価。イギリス『デイリー・メール』は6点(10点満点)とし、「シーズンの大部分で見せてきた守備的なスクリーニングが出せなかった。アンフィールドで調子を崩していたリバプールの多くのスターの1人」と、他の選手同様に、普段のような良いプレーは見せられなかったとした。 <span class="paragraph-title">【動画】まさかの結末…リバプールがホームでアタランタに惨敗</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Iuo8fYmRiRQ";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.12 11:30 Fri

長谷部誠がついに現役を退くか? フランクフルトのユースで指導者になる可能性

元日本代表MF長谷部誠(40)が今シーズン限りで引退する可能性もあるようだ。 長谷部は2008年1月に浦和レッズからヴォルフスブルクへと完全移籍。ブンデスリーガでのキャリアをスタートさせると、2013年9月にニュルンベルクへと完全移籍する。 しかし、チームは2部に降格。長谷部は、2014年7月にフランクフルトへ完全移籍した。 フランクフルトではキャプテンを務めるなどチームの中心選手としてプレー。近年はケガの影響もあり出番が減少しているが、2021-22シーズンはヨーロッパリーグ(EL)で見事に優勝を果たすなどし、現役選手でお最も長くブンデスリーガでプレーする選手となっている。 これまでフランクフルトでは公式戦302試合に出場し2ゴールを記録。今夏、フランクフルト加入から10年を迎える中、現役生活を離れる可能性があるという。 ドイツ『ビルト』によると、チームとの契約は長谷部に委ねられているとのこと。一方で、ユースの指導などを行い、ライセンス取得にも動いていることは周知の事実だ。 引退した場合の選択肢の1つはU21チーム指揮。今シーズン限りでクリスチャン・グリボ監督が退任することが決まっており、後任が未定だ。ただ、現役続行の可能性もあり、少し休むという可能性もあるが、いずれにしても去就は注目を集めそうだ。 <span class="paragraph-title">【写真】長谷部誠が偉大すぎるレジェンドと笑顔で2ショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/C2qIZMIhbs4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/C2qIZMIhbs4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/C2qIZMIhbs4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">長谷部誠 Makoto Hasebe(@makoto_hasebe_official)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2024.04.11 22:50 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly