鎌田大地は「チームで唯一の10番」、長谷部誠は「ブンデスで比類ないもの」、フランクフルト幹部が日本人2人を語る

2020.09.07 20:55 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フランクフルトのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるフレディ・ボビッチ氏が今夏の補強についてコメント。その中で日本人選手2人について語った。ドイツ『アウクスブルガー・アルゲマイネ』が伝えた。フランクフルトは、2019-20シーズンのブンデスリーガで9位に終わり、2020-21シーズンはブンデスリーガとDFBポカールのみの戦いとなる。

2シーズン続けてヨーロッパリーグに出場していたフランクフルト。チームはヨーロッパでの戦いを失ったものの、2年間で100試合以上をこなし、2019-20シーズンは予選から戦っため、準備が整わないままシーズンが開幕してしまった。

新シーズンに向けて攻撃面の補強が足りていないと見られているフランクフルト。しかし、最も重要な問題は日本代表MF鎌田大地(24)の契約延長だ。

先日契約延長を果たしたアディ・ヒュッター監督も、鎌田の契約延長が重要であるとコメントしていたが、ボビッチ氏もフランクフルトにとって重要な存在であるとの見解を示した。

「アディ・ヒュッター監督は、自身の契約延長の際に、『近い将来、鎌田大地が新たな契約書にサインすることが、クラブにとってより重要だ』とコメントしていた。昨シーズン、ブンデスリーガでブレイクした日本人は、フランクフルトで重要なポジションを担っている」

「鎌田はここ数年よく成長し、とても気持ちよくプレーしているようだ。(ミヤト・)ガチノビッチがチームを去ってから(ホッフェンハイムに移籍)、彼はチームで唯一の10番の選手になり、結果として重要になった。しかし、彼の代理人の1人は別のプランがあると言っている」

2019-20シーズンは公式戦48試合で10ゴール9アシストを残した鎌田の契約は2021年6月30日まで。チームとしては今夏契約延長を果たしたいところだろう。

また、ブンデスリーガ最長在籍選手となり、アジア人で最も試合に出場しているMF長谷部誠についても言及。チームにとって、戦力として非常に重要な存在であると強調した。

「長谷部誠は、ブンデスリーガの出場試合数が311とアジア人で最も多い。36歳であり、多くの人は長谷部が道徳的なサポートや緊急事態にのみ機能すると疑っている。しかし、フランクフルトでは異なる」

「長谷部はフランクフルトの試合の主力であり、彼のポジションでのプレーは、ブンデスリーガで比類ないものだ。彼のビルドアップとパスは、フランクフルトの試合におけるビルドアップの創造性を確実なものにし、人としての観点でもロールモデルだ」

「しかし、ヒュッター監督が常に長谷部に依存しているわけではないということに、疑問が生じている。最近では、ヨーロッパリーグのバーゼル戦の2ndレグで、長谷部なしで試合をスタートさせた。後半、ヒュッター監督は間違いを正し、フランクフルトの試合はより安定したように見えた」

なお、鎌田が仮に移籍した場合は「フランクフルトはクリエイティブな発想がなくなる」とも語り、高いレベルでプレーできる選手を獲得しなければいけないとも考えているようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

後半から出場の鎌田がOG誘発でフランクフルトがドローに持ち込む《ブンデスリーガ》

フランクフルトは20日、ブンデスリーガ第17節でフライブルクとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。フランクフルトのMF長谷部誠は66分までプレーし、MF鎌田大地は後半から出場している。 前節シャルケ戦では復帰したヨビッチのドッペルパックで快勝として4連勝とした7位フランクフルト(勝ち点26)は、長谷部が4試合連続ボランチでスタメンとなった一方、鎌田は2試合連続ベンチスタートとなった。 9位フライブルク(勝ち点23)に対し、フランクフルトが開始6分に先制する。ソウのクサビのパスを受けたユネスが反転からボックス中央へうまく侵入し、左足でシュートを決めきった。 その後もフランクフルトが主導権を握っていたが、32分に同点とされる。デミロビッチのポストプレーからR・サライにボックス右へ侵入され、チップキックシュートを決められた。 同点とされたフランクフルトは39分にアンドレ・シウバが勝ち越しのゴールに迫るシュートを放つも、GKの好守に阻まれ、前半は1-1で終えた。 迎えた後半、バルコクに代えて鎌田を投入したフランクフルトだったが、チャンスを作れずにいると、63分に逆転される。FKの流れから4分前に投入されていたペテルゼンにボレーシュートを決められた。 追う展開となったフランクフルトは長谷部に代えてヨビッチを投入。すると75分、FKの流れからボックス右の鎌田がボレー。枠を捉えていたシュートがシュローターベックにカットされるも、ルーズボールがゴールに吸い込まれた。 終盤にかけては互いに攻め込む展開となったものの、2-2で試合は終了。鎌田の活躍もあってフランクフルトが勝ち点1をもぎ取っている。 2021.01.21 06:53 Thu
twitterfacebook
thumb

マインツがフランクフルトMFコールをレンタル移籍で獲得

マインツは18日、フランクフルトから元U-21ドイツ代表MFドミニク・コール(26)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 コールはセントラルミッドフィルダーとしてプレー。レバークーゼンの下部組織で育つと、アウグスブルクへの移籍を経験。2017年7月にレバークーゼンへ復帰すると、2019年7月にフランクフルトへと完全移籍で加入していた。 フランクフルトでは、公式戦49試合に出場。2019-20シーズンはブンデスリーガで26試合に出場し3アシスト、DFBポカールで5試合に出場し2アシスト、ヨーロッパリーグでも4試合に出場していた。 今シーズンはブンデスリーガで7試合、DFBポカールで2試合に出場している。 マインツはここまで勝ち点わずか「7」で降格圏の17位に位置。ブンデスリーガで178試合にに出場し4ゴール11アシストを記録しているコールの補強は助けになるだろうか。 2021.01.19 10:05 Tue
twitterfacebook
thumb

ヨビッチ、復帰戦わずか28分間でレアル時代の通算ゴール数をクリア! 「アメージングな感覚だ!」

フランクフルトのセルビア代表FWルカ・ヨビッチが上々のリスタートに歓喜した。 2019年夏にフランクフルトを旅立ち、レアル・マドリーの門を叩いたヨビッチだが、実力を発揮できずにいると、ピッチ外での問題行動で悪目立ち。今季もケガや新型コロナウイルス感染で公式戦5試合の出場にとどまり、14日に今季いっぱいのシーズンローンでフランクフルト復帰が決定した。 良い思い出が残るフランクフルトに戻り、再起を期すヨビッチは17日に本拠地で行われた第16節のシャルケ戦でさっそくベンチ入りすると、62分からピッチに。レアル・マドリーでのゴールから遠ざかる日々が嘘だったかのように、72分と後半アディショナルタイム1分にゴールネットを揺らした。 わずか28分間のプレーだったが、ドッペルパックの活躍でレアル・マドリー在籍1年半に記録したゴール数(2得点)を叩き出したヨビッチ。試合後、自身のインスタグラム(lukajovic)で喜びの思いを綴り、ゴールをシャルケ戦限りで現役引退のDFダビド・アブラアムらに捧げた。 「アメージングな感覚だ! 勝利、2ゴール、これ以上のカムバックは想像できなかった。これは始まりに過ぎず、これからがベストなときが来るのを願うばかりだ。応援してくれたみんな、ありがとう」 「最初のゴールは偉大なプロフェッショナルで、素晴らしいリーダーで、真の友人で、僕がピッチで共演できて光栄に思う素晴らしい男であるキャプテンのダビド・アブラアムに捧げる」 「そして、2ゴール目は愛する妻と3人の子供を残して、この世を去ったアイントラハトのファンに捧げる。ご冥福をお祈りします」 2021.01.18 17:55 Mon
twitterfacebook
thumb

「簡単な試合ではなかった」チームの4連勝を支える長谷部誠が復帰のヨビッチを称賛

フランクフルトのMF長谷部誠が、シャルケ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 今シーズンは5試合連続ドローなど、試合内容は悪くないもののなかなか勝ち切れない状態が続いていたフランクフルト。しかし、2020年ラストゲームのアウグスブルク戦で10試合ぶりの勝利を記録すると、2021年は2連勝を記録していた。 チームが引き分け続ける中、長谷部はベンチに座り続ける状況が続いていたが、その後に復帰。直近2試合同様にシャルケ戦でもボランチで先発出場を果たすと、チームは3-1で勝利を収め、4連勝を記録した。 長谷部は試合後にシャルケ戦を振り返り、簡単ではなかったと苦しんだと語った。 「簡単な試合ではなかった。僕たちは勝利に値したと思う。1-1の状態の後、僕たちは苦労し、後半には多くのチャンスがなかった」 この試合は、キャプテンを務めていたダビド・アブラアムの現役ラストマッチとなったが、長年一緒にプレーしてきた長谷部は、アブラアムとの思い出を語った。 「ダビドは素晴らしい人間だ。彼は34歳で最高の状態を保っている。僕たちは多くのエモーショナルな瞬間を経験した。僕はとても悲しいけど、彼とプレーできたことを誇りに思う」 また、レアル・マドリーからレンタル移籍で復帰したルカ・ヨビッチは、後半途中から再デビュー。すると、チームを勝利に導く2ゴールを記録していた。 ヨビッチについては「ルカはボックスの中で傑出している。2本のシュートで2ゴール。フィリップとの互換性もとても良い。僕たちは今、嵐の中でより多くのオプションを持っている。それはチームを助けることになる」とコメント。MFフィリップ・コスティッチとの連携もよく、大きな戦力になると語った。 2021.01.18 12:05 Mon
twitterfacebook
thumb

復帰のヨビッチが早速ドッペルパック、長谷部フル出場のフランクフルトがシャルケを退けて4連勝《ブンデスリーガ》

フランクフルトは17日、ブンデスリーガ第16節でシャルケをホームに迎え、3-1で勝利した。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場し、MF鎌田大地は79分から出場している。 前節マインツに快勝して3連勝とした9位フランクフルト(勝ち点23)は、長谷部が3試合連続でボランチ起用となった一方、鎌田が3試合ぶりにベンチスタートとなった。 前節1年ぶりの勝利を手にした17位シャルケ(勝ち点7)に対し、フランクフルトが立ち上がりから攻勢に出ると、鎌田に代わってシャドーの位置に入ったバルコクが決定的なシュートを浴びせていく。 引き続きエンジン全快で攻め立てるフランクフルトは24分に決定機。左CKからニアサイドのヒンテレッガーのヘディングシュートが左ポストに直撃した。 そして勢いそのまま28分にフランクフルトが押し切った。コラシナツのクリアミスを起点に、ドゥルムのパスをボックス中央で受けたアンドレ・シウバがトラップからシュートを蹴り込んだ。 しかし1分後、ヒンテレッガーとGKトラップが一瞬見合った隙を突かれ、ボックス右からホッペにシュートを決められてしまう。 すかさず同点とされたフランクフルトが引き続き攻勢に出ると、42分に決定機。ソウのスルーパスに抜け出したドゥルムがボックス右からシュート。だが、GKフェールマンの好守に阻まれた。 1-1で迎えた後半、フランクフルトが主導権を握る中、53分にヒンテレッガーをベンチに下げ、長谷部が3バックの中央に入った。 そのフランクフルトは62分にレンタルで復帰を果たしたヨビッチが投入される。すると72分、そのヨビッチが復帰戦でゴールを挙げる。左サイドからのコスティッチのクロスを右足ボレーで蹴り込んだ。 さらに後半追加タイム1分、コスティッチのスルーパスを受けたヨビッチがボックス左に侵入。冷静にDFを外してシュートを決めきった。 復帰のヨビッチがいきなりのドッペルパックでシャルケを退けたフランクフルトが4連勝としている。 2021.01.18 04:06 Mon
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly