北村菜々美、藤野あおばが2ゴール!東京NBが今季最多5得点の快勝、I神戸も開幕3連勝飾る【WEリーグ】

2023.11.26 19:20 Sun
先制点を含む2ゴールを挙げた北村菜々美
©WE LEAGUE
先制点を含む2ゴールを挙げた北村菜々美
26日、2023-24 WEリーグ第4節の6試合が各地で行われた。◆東京NBが今季最多5ゴールの大勝【マイ仙台vs東京NB】
前節連勝が止まった日テレ・東京ヴェルディベレーザは、2連敗中のマイナビ仙台レディースとアウェイで対戦し、今季最多となる5得点を奪っての快勝を収めた。
中2日で迎える連戦にあたり、両チームともに前節からスタメンをマイナーチェンジ。マイ仙台は2人、東京NBはGKを含む4人を入れ替えて臨んだ。

開始早々はマイ仙台が佐々木莉緒廣澤真穂に好機が訪れたが、枠に飛ばせず。以降はこれをしのいだ東京NBがボールを握り始める。

試合が動いたのは43分、東京NBは左サイドバック松田紫野の対角フィードで裏を取り、今節は2トップの一角で先発した北村菜々美が抜け出し、GKとの一対一を冷静に制した。
折り返して63分には途中出場・木下桃香が右ポケットをえぐって折り返し、北村が触ってファーの藤野あおば。GKが弾いたボールを松田が蹴り込み、リーグ戦初ゴールをマークする。

その6分後には國武愛美とマッチアップした北村が縦に仕掛けてのニア上抜きで追加点を奪取。74分には松田のラストパスから藤野あおばに今季初ゴールが生まれると、86分にも波状攻撃から右サイドを崩し、木下の折り返しから再び藤野がネットを揺らして勝負あり。

今季最多となる大量5得点&今季初完封で、無敗を維持している。

◆大宮Vが初黒星&S広島Rが初勝利【大宮VvsS広島R】
NACK5スタジアム大宮では大宮アルディージャVENTUSとサンフレッチェ広島レジーナが顔を合わせ、2-1でアウェイのS広島Rが勝利を収めた。

開幕2連勝と好スタートを切った大宮Vに対し、連敗スタートとなったWEリーグカップ覇者のS広島R。対照的な両チームだが、試合を動かしたのはS広島Rだった。

35分、自陣で相手の横パスをカットした柳瀬楓菜が左を使い、中嶋淑乃が長い距離を持ち運んで最深部から浮き球のクロスを送ると、松本茉奈加が頭で合わせた。その6分後にはショートカウンターから上野真美が絶妙なループシュートを沈めてリードを広げる。

中2日のS広島Rに対し、第3節の開催日が変更になったことで日程に利のある大宮Vは、後半に逆襲。折り返しての57分に阪口萌乃のミドルで1点を返すと、以降も攻勢が続き、終盤には坂井優紀の前線投入などパワープレーを仕掛けたものの、次のゴールが遠いままタイムアップ。S広島Rが今季初勝利を挙げ、大宮Vは連勝がストップした。

◆I神戸が3連勝、N相模原は4連敗
第3節の大宮V戦が12月13日に行われる関係で、日程面にゆとりのあるINAC神戸レオネッサは、ホームにノジマステラ神奈川相模原を迎え、成宮唯髙瀬愛実のゴールで2-0と勝利。I神戸が開幕3連勝を飾った一方、N相模原は4連敗を喫している。

また、前節の東京NB戦では2点のビハインドから追い付いてのドローに持ち込んだ浦和は、ホームにジェフユナイテッド市原・千葉レディースを迎えて2-0と完封勝ち。67分、清家貴子のクロスに途中出場の菅澤優衣香が合わせて先制すると、83分には菅澤の落としから清家が追加点を挙げている。

また、セレッソ大阪ヤンマーレディースは小山史乃観の決勝点でちふれASエルフェン埼玉を下し、開幕戦以来となる白星。互いに2連勝で迎えたAC長野パルセイロ・レディースとアルビレックス新潟レディースの一戦は、タフな90分間となったが、ゴールは生まれず、0-0の引き分けに。AC長野は3試合連続のクリーンシートとなった。

◆2023-24 WEリーグ第4節
マイナビ仙台レディース 0-5 日テレ・東京ヴェルディベレーザ
【東京NB】
北村菜々美(43分)
松田紫野(63分)
北村菜々美(69分)
藤野あおば(74分)
藤野あおば(86分)

三菱重工浦和レッズレディース 2-0 ジェフユナイテッド市原・千葉レディース
【浦和】
菅澤優衣香(67分)
清家貴子(83分)

大宮アルディージャVENTUS 1-2 サンフレッチェ広島レジーナ
【大宮V】
阪口萌乃(57分)
【S広島R】
松本茉奈加(35分)
上野真実(41分)

ちふれASエルフェン埼玉 0-1 セレッソ大阪ヤンマーレディース
【C大阪】
小山史乃観(75分)

INAC神戸レオネッサ 2-0 ノジマステラ神奈川相模原
【I神戸】
成宮唯(25分)
髙瀬愛実(76分)

AC長野パルセイロ・レディース 0-0 アルビレックス新潟レディース

1 2
関連ニュース

新布陣に新戦力、WEリーグ再開初戦で快勝の東京NB・松田岳夫監督「ゴールに近づく種類を増やせたことは非常にプラス」

日テレ・東京ヴェルディベレーザの松田岳夫監督が、WEリーグの再開初戦となったノジマステラ神奈川相模原戦を振り返った。 3勝3分け1敗で4位に付ける東京NBは3日、相模原ギオンスタジアムでのノジマステラ神奈川相模原戦に臨み、2-0で勝利を収めた。 東京NBはこの日、ウインターブレイク前に採用していた[4-4-2]ではなく、[3-5-2]の布陣でスタート。松田監督は試合後の総括で「中断期間にチームとして色々な試みをしてきました。1つは、グラウンドにいる選手たちがもっと自分のプレーを出せるように、もう1つはゲーム全体を支配すること」と、新システム採用の理由を述べた。 立ち上がりこそN相模原の圧力に戸惑い、ボール保持からの前進に苦しんだものの、19分の先制点以降はその言葉通り、ゲームを支配。相手を食い付かせ、ボールを晒すことを恐れないテンポの良いパスワークから好機を作った。 一方で、「ボールを動かすことに専念すると、相手をはがしてのハードワークが薄れてきたりとか、その辺のバランスは今後気を付けていきたい」とも語り、相手を裏返した瞬間の背後へのパワーも、一層求めたい考えだ。 新たな布陣を冒頭では[3-5-2]と紹介したが、攻守では選手の立ち位置が大幅に変わる。セットアップを強いられれば[5-3-1-1]となるが、ポゼッション時は両ワイドが中へ絞ってボランチのような立ち位置を取り、中盤2枚は2トップと並ぶような形に。あえて表記するなら[3-3-4]といったところか。 左のウイングバック(と呼んでいいのかは難しいが)にはゲームメイカータイプの菅野奏音を起用した。その意図を問われた指揮官は「選手それぞれの特徴を生かしたいので、サイドにいますけど、サイドの選手だとは思っていないです。もっと内側とか、自由にプレーして欲しい」と説明。菅野は序盤こそサイドに寄ってはいたが、次第に中盤の逆サイドまで顔を出してボールに触れる機会を作った。 「公式戦で初めて試みたことなので、なかなかうまくイメージが持てなかったかもしれないですけど、もっと自由な発想で攻撃の時は取り組んで欲しいなと。このチームがもっと良くなるために、楽しみな部分だと思っています」とさらなる高みを求め、天才肌の8番が新たな境地を開くことに期待をかけている。 また、2トップには今冬の目玉補強、鈴木陽と神谷千菜を即時起用した。 相手を背負う強さも見せた鈴木は、パスをさばきに落ちてから再び裏を狙うなど、多才さを披露。好機も多くあっただけに、1つでも決まっていれば、満点の初陣だったが、十分に好印象を与えた。 そして、神谷はあいさつ代わりのヘディング弾2発と、強烈なインパクトを残した。見事な駆け引きからの1点目、体を投げ出しての2点目と、デビュー戦で圧巻の2ゴール。 松田監督も「今までなかった中央へのクロスや、そういうイメージは非常によく出ていましたし、ゴールに近づくための種類を増やせたことは非常にプラス。(2人は)もともとゴールへの意欲の高い選手たちですし、ヘディングが強いというところでは、彼女たちの武器は十分今日のゲームでは出せたと思います」と高く評価。なでしこリーグでの実績を引っ提げてWEリーグへ挑戦した2選手は、東京NBへ新たな風を吹き込んだ。 再開初戦を白星で飾った東京NBは次節、3位・アルビレックス新潟レディースとアウェイで対戦する。好調を維持する相手に対し、どのような姿を見せるのか、注目が集まる。 2024.03.03 22:50 Sun

広島の新スタジアムで勝利した新潟LがI神戸、浦和に肉薄!EL埼玉は”埼玉ダービー”制し、3年目で初の連勝【WEリーグ】

2023-24 WEリーグ第8節の6試合が2日から3日にかけて各地で行われた。 WEリーグカップ決勝の再戦、8位・サンフレッチェ広島レジーナvs3位・アルビレックス新潟レディースは、広島の新スタジアム、エディオンピースウイング広島で開催された。 両チームともに前半の決定機を生かし切れずに迎えた55分、EピースでのWEリーグ最初のゴールを挙げたのは、新潟Lの滝川結女だった。 中盤で相手の横パスを引っ掛けた杉田亜未が持ち上がってカウンターを仕掛け、バイタルエリアで横へはたくと、受けた滝川がペナルティアーク手前から右足での豪快なミドルシュートを突き刺した。 先制した新潟Lはさらに71分、左CKを獲得すると、ニアを狙った杉田のキックをGK木稲瑠那がはじき出し切れず、そのままゴールに吸い込まれた。 追い掛けるS広島Rは75分、なでしこジャパンのパリ・オリンピック出場権獲得にも貢献した上野真実が下がって受けて右を使い、松本茉奈加がポケットへ侵入して折り返すと、今冬に帝京平成大学から新加入した古賀花野が蹴り込み、デビュー戦でのWEリーグ初ゴールをマーク。1点を返す。 途中出場の2人がゴールに絡んだS広島Rだが、反撃もここまで。逃げ切った新潟Lが3ポイントを獲得し、上位2チームへ肉薄している。 NACK5スタジアム大宮で行われた"埼玉ダービー"、5位・大宮アルディージャVENTUSvs10位・ちふれASエルフェン埼玉は、EL埼玉が2-0で勝利を収めた。 WEリーグデビューとなる小野未織をGKに起用したEL埼玉は62分、左CKのこぼれ球に反応した祐村ひかるが狙うと、軌道上にいた唐橋万結が頭でコースを変え、先制点を奪う。70分には左ポケットから園田悠奈、吉田莉胡とつながり、逆サイドから佐久間未稀がWEリーグ初ゴールとなる一撃を沈め、WEリーグ3年目で初の連勝を飾っている。 9位のAC長野パルセイロ・レディースは、7位ジェフユナイテッド市原・千葉レディースをホームに迎え、鈴木日奈子の今季初ゴールを含む2得点で、2-1と競り勝った。 皇后杯決勝の再現となった2位・三菱重工浦和レッズレディースvs首位・INAC神戸レオネッサは1-1のドローに終わり、両チームを追う4位の日テレ・東京ヴェルディベレーザは、神谷千菜の2得点で最下位・ノジマステラ神奈川相模原に勝利。10位・マイナビ仙台レディースは6位・セレッソ大阪ヤンマーレディースと対戦し、2-1と逆転勝ちを収めている。 ◆WEリーグ 第8節 マイナビ仙台レディース 2-1 セレッソ大阪ヤンマーレディース 三菱重工浦和レッズレディース 1-1 INAC神戸レオネッサ ノジマステラ神奈川相模原 0-2 日テレ・東京ヴェルディベレーザ AC長野パルセイロ・レディース 2-1 ジェフユナイテッド市原・千葉レディース 大宮アルディージャVENTUS 0-2 ちふれASエルフェン埼玉 サンフレッチェ広島レジーナ 1-2 アルビレックス新潟レディース <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】EピースでのWE初戦は新潟LがS広島Rを下す</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="nrLvzUYo-8o";var video_start = 4;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】EL埼玉が大宮Vとのダービー制し、記念すべき初連勝</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="zcyU-l10aCA";var video_start = 3;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】鈴木日奈子の2得点でAC長野が千葉Lに勝利!</span> <span data-other-div="movie3"></span> <script>var video_id ="zcyU-l10aCA";var video_start = 3;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.03.03 20:00 Sun

神谷千菜が名刺代わりのヘディング2発!新布陣採用の東京NBに3ptもたらす N相模原は新監督の初陣を白星で飾れず【WEリーグ】

3日、2023-24 WEリーグ第8節のノジマステラ神奈川相模原vs日テレ・東京ヴェルディベレーザが相模原ギオンスタジアムで行われ、アウェイの東京NBが2-0で勝利を収めた。 WEリーグは2カ月間のウインターブレイクを終え、今週末から再開する。1分け6敗で最下位に沈むN相模原は指揮官交代を決断して再起を図り、3勝3分け1敗で4位の東京NBも、逆転優勝への意欲を示す。 今冬には両チームともに、昨季のなでしこリーグで結果を残したストライカーを補強。N相模原は大竹麻友 、東京NBは鈴木陽に神谷千菜と、早速新加入選手を先発起用した。 N相模原の小笠原唯志新監督はこれまでの[4-3-3]から[3-4-3]に布陣を変更し、果敢なプレッシングを決行。これがはまり、序盤から南野亜里沙や平野優花が積極的に足を振っていく。 なでしこジャパンの一員としてパリ・オリンピックアジア最終予選に参加した田中桃子と藤野あおばを、疲労を考慮してか、ベンチスタートとした東京NBも、これまでの[4-4-2]とは異なる[3-5-2]の新システムを採用。相手の勢いと不慣れな面もあってか窮屈なビルドアップを強いられたが、11分には池上聖七の浮き球パスから鈴木陽がフリーで抜け出して一対一を迎える。だが、右足アウトサイドで流し込もうとしたシュートは、GK池尻凪沙に阻まれた。 手探りな組み立ての続く東京NBだったが、19分に先手を取る。右ウイングバックで先発した岩﨑心南のクロスに頭で合わせたのは神谷。昨季のなでしこリーグ得点王が、デビュー戦で名刺代わりのWEリーグ初ゴールをマークした。 N相模原が徐々に圧を下げたこともあり、徐々にボールワークにテンポが生まれ始めた東京NB。左ウインバックの菅野奏音を含めた両ワイドを内側に立たせてボールの保持率を上げ、中盤の2枚を押し上げた4トップ気味となる形を作り出せるようになると、足の長いスルーパスや坂部幸菜のクロスから鈴木にも度々好機が訪れた。 ハーフタイム明けに岩﨑に代えて藤野を投入した東京NBは、開始直後に藤野のクロスからあわやオウンゴールというシーンを作る。N相模原も58分、新加入の片山由菜を送り出して主導権を奪い返そうと試みるが、再びスコアを動かしたのは東京NBだった。 64分、左深い位置から上げた北村菜々美のクロスはファーへ流れるかと思われたが、神谷が体ごと投げ出してのヘディングで力強くねじ込み、アウェイサポーターに感嘆の声を上げさせた。 鮮烈な印象を与えた神谷は71分にも北村のクロスに飛び込み、よもやハットトリックかという場面を迎える。 87分にはN相模原の下山莉子にあわやのミドルシュートを浴びたものの、GK野田になのファインセーブをあり、クリーンシートでタイムアップ。再開初戦を白星で飾っている。 ノジマステラ神奈川相模原 0-2 日テレ・東京ヴェルディベレーザ 【東京NB】 神谷千菜(19分) 神谷千菜(64分) <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】なでしこリーグ得点王がデビュー戦で2ゴール!東京NBがN相模原を下す</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="0ADLLvA5LDQ";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.03.03 16:04 Sun

I神戸が首位堅持 いきなりの首位攻防戦で先制もドローに、浦和とは1pt差のまま【WEリーグ】

2023-24WEリーグ第8節の三菱重工浦和レッズレディースvsINAC神戸レオネッサがが3日に浦和駒場スタジアムで行われ、1-1で引き分けた。 WEリーグ再開初戦からいきなりの首位攻防戦。パリ・オリンピック出場を決めたなでしこジャパン勢では清家貴子、石川璃音、山下杏也加、北川ひかる、田中美南がそれぞれ先発した。 1ポイント差でひしめき合い、勝敗の行方が今後を大きく左右する一戦を先に動かしたのは首位I神戸。セットプレーからだった。 5分、右CKから北川がクロスを送ると、大外の竹重杏歌理がヘディングシュート。首位固めを狙うI神戸がまず先制し、一歩前に出る。 だが、浦和は12分、敵陣左サイドから細かく繋ぐと、島田芽依のヒールを挟み、ボックス中央の清家が鋭いターンから右足フィニッシュ。早々に追いつく。 その後は両者譲らずの展開に。後半も次のゴールを巡って、互いにフィニッシュ数を増やしていくものの、有効打とはならない攻撃が続く。 勝てば順位逆転の浦和は55分になでしこジャパン帰りの高橋はなを送り込んだりと勝利にこだわるが、I神戸も集中を切らさず。 I神戸は62分に田中がミドルを放てば、浦和も67分の塩越柚歩や、83分の清家が積極的にシュートを打つが、どれも枠をとらえきれない。 そうして終盤を迎えるなか、浦和は後半アディショナルタイムに清家が裏を抜け出してのフィニッシュもGk山下が難なくセーブする。 結局、首位攻防戦は勝ち点1ずつを分け合う結果に終わり、I神戸が首位をキープ。浦和は引き続き1ポイント差で追いかけることとなった。 三菱重工浦和レッズレディース 1-1 INAC神戸レオネッサ 【浦和】 清家貴子(12分) 【I神戸】 竹重杏歌理(5分) <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】浦和とI神戸の首位攻防戦は痛み分け</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="7uEkftoox3o";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.03.03 15:20 Sun

インドネシア女子サッカーの至宝、C大阪FWザーラがWEリーグデビュー 日本の女子トップリーグでプレーした初の同国籍選手に

セレッソ大阪ヤンマーレディースのインドネシア女子代表FWザーラ・ムズダリファが、大きな1歩を踏み出した。 2023-24 WEリーグはウインターブレイクが明け、C大阪は2日にアウェイでマイナビ仙台レディースと対戦した。 今季から新加入のザーラは初のベンチ入りを果たすと、1点リードの71分、和田麻希に代わって途中出場。念願のWEリーグデビューを果たし、2トップの一角に入った。 ザーラは、昨年7月にイングランドのサウスシールズFCからC大阪への加入が発表された22歳。インスタグラムのフォロワー数は約90万人を誇る、インドネシア女子サッカー界のパイオニア的存在となっている。 日本の女子トップリーグでインドネシア国籍の選手がプレーするのはこれが初。新たな歴史を紡いだ。 記念すべき最初のボールタッチは投入から3分後、中盤・宮本光梨からの浮き球を頭ではたくシンプルなもの。チームは残念ながら逆転負けを喫したが、リーグ戦はまだ折り返しにも満たないため、これからの活躍が期待される。 <span class="paragraph-title">【動画】C大阪に加入したザーラのドキュメンタリー</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="qaUzrKs_7M0";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【写真】ロビーキャップを被るザーラ</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cu6ezl9vgqJ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cu6ezl9vgqJ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cu6ezl9vgqJ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Muzdalifah(@zahmuz12)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2024.03.02 22:02 Sat
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly