セルティック所属のカナダ代表DFをスコットランドメディアが酷評 中村敬斗を負傷交代に追い込んだプレーにも「非常に乱暴なタックル」

2023.10.14 16:58 Sat
厳しい評価を受けたジョンストン
Getty Images
厳しい評価を受けたジョンストン
日本代表FW中村敬斗(スタッド・ランス)と対峙したカナダ代表DFアリスター・ジョンストン(セルティック)のプレーにスコットランドメディアが反応した。
PR
13日、ホームでカナダ代表と対戦した日本代表はMF田中碧の2発や、中村の4戦4発となるゴールなどで4-1と勝利。国際Aマッチ5連勝を達成した。
そんな中、スコットランド『Football Scotland』が注目したのがカナダ代表のジョンストンのプレーだ。

セルティックのチームメイトであるFW古橋亨梧、MF旗手怜央がベンチスタートとなった一方、ジョンストンは3バックの右で先発。しかし、42分、最終ラインでパスを受けるとFW浅野拓磨にボールを奪われ、ピンチを招いてしまう。浅野から中村へボールが渡ると、追いかけたジョンストンはシュートコースも防ぐことができず、3失点目の大きな原因となってしまった。

また、後半に入るとジョンストンはドリブル突破を許した中村に対し、背後から危険なタックルを敢行。足首をスパイクで踏みつける形となり、中村はそのまま負傷交代する事態に。ジョンストンにはイエローカードを提示された。
失点の場面について『Football Scotland』は「ケイト・ナカムラが決めた3点目はジョンストンだけの責任」「ハーフタイム前にカナダの運命を決定づけた」と酷評。さらに、中村に対して「非常に乱暴なタックルを行った」と危険なファウルの場面にも触れた。

代表ウィーク明けのセルティックは21日にスコティッシュ・プレミアシップ(スコットランド1部)第9節のハート・オブ・ミドロシアン(ハーツ)戦に臨む。今回の一戦で評価を落としてしまったジョンストンは、クラブに戻って挽回することができるだろうか。



PR
1 2
関連ニュース

なでしこジャパンが4月の「SheBelieves Cup」に参加! パリ五輪の切符掴んでの参加とできるか…アメリカ、ブラジル、カナダと対戦

日本サッカー協会(JFA)は19日、なでしこジャパンが4月に行われる「2024 SheBelieves Cup」に参加することを発表した。 パリ・オリンピック出場を目指すなでしこジャパン。北朝鮮女子代表と2月に2試合を戦い、出場権獲得を目指す。 今回の「2024 SheBelieves Cup」には、アメリカ女子代表、ブラジル女子代表。カナダ女子代表も参加。五輪切符を掴んだ上で、強化として臨みたいところだ。 なお、現地時間4月6日(土)の12時30分にアメリカ女子代表と準決勝を戦い、現地時間同9(火)の16時から決勝か3位決定戦でカナダかブラジルと対戦する。テレビ放送は現時点で未定となっている。 2024.01.19 20:25 Fri

なでしこが対戦回避したオーストラリア、親善試合でカナダに連敗…アジア最終予選へ不安残す

オーストラリア女子代表がこのインターナショナルウイークを連敗で終えた。 パリ・オリンピックアジア2次予選のグループAを首位で通過し、最終予選に駒を進めたオーストラリア女子代表ことマチルダズ。現在のFIFAランキングこそ11位だが、アジアでは頭1つ抜けた強豪で、なでしこジャパンも対戦を回避する術をとったほどだ。 そのマチルダズは現地時間1日と5日に、カナダ女子代表との国際親善試合アウェイ2連戦を決行。初戦を0-5、2戦目を0-1で落とし、連敗で代表活動を終えることとなった。 初戦ではビルドアップのミスをさらわれて先制点を献上。ゲームを支配される時間も長く、チャーリー・ルール(ブライトン&ホーヴ・アルビオン)やサラ・ハンター(パリFC)は代表初出場、キャップの少ない選手が多く先発したこともあってか、最終ラインの不安定さが目立った。 2戦目はW杯メンバーを中心にスタートしたものの、セットプレーからクロエ・ラカス(アーセナル)にゴールを許し、攻撃面でも2試合連続の無得点に終わった。 もちろん、気温の低さや人工芝といったアウェイの外的要因も関係しているだろう。加えて、エースのFWサマンサ・カー(チェルシー)と守護神のGKマッケンジー・アーノルド(ウェストハム)はいずれも負傷のために欠場。攻守の要が不在だったことも影響しているのは間違いない。 来年2月24日、28日に控える最終予選の相手は本田美登里監督率いるウズベキスタン女子代表。FIFAランキングは50位で、順当に考えれば優位性は揺るがないが、何が起こるかわからないのがフットボール、ましてやアジア予選だ。 3大会連続5度目のオリンピック出場へ向け、マチルダズはどのような修正を施してくるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】オーストラリアがカナダに大敗…国際親善試合ハイライト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Fw1iu8EKvk4";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.12.06 21:45 Wed

レアルがバイエルンとデイビスを巡って火花…約81億円から提示? 来夏の移籍市場で動きがあるか

バイエルンのカナダ代表DFアルフォンソ・デイビス(23)を巡ってスペインとドイツの巨人が火花を散らしている。 バンクーバー・ホワイトキャップスで育ったデイビスは、2019年1月にバイエルンへと完全移籍。圧倒的なスピードを活かしたサイドアタッカーだったが、バイエルンではサイドバックに転向。ウイングからサイドバックまでプレー可能であり、ナンバーワンの左サイドバックとも言われている。 そのデイビスに強い関心を示しているのがレアル・マドリー。予てから補強したいと考えている左サイドバックの穴を埋めるのにもってこいの才能だ。 2025年夏までバイエルンと契約を結んでいるデイビスだが、マドリーは来夏の獲得を目指している状況。チームとしてのウィークポイントを埋めていきたいところだ。 スペイン『アス』によれば、マドリーはデイビスの代理人であるネダル・フセオ氏と話を進めているとのこと。双方にこの契約には魅力を感じており、デイビス自身もマドリー行きを望んでいるとされている。 しかし、バイエルンはデイビスの引き留めを諦める気は全くない。バイエルンのヘルベルト・ハイナー会長は残留を願っているとイベントで語った。 「デイビスは我々の選手だ。彼は我々と契約しており、2025年6月までの契約を結んでいる。彼は世界最高のサイドバックの1人であり、もちろん我々は彼に残ってほしいと思っている。彼も残留したいだろう」 バイエルンが残留を願うのは当然だが、マドリーは困難な局面でも選手を惹きつける魅力を持っている。今夏はドルトムントのイングランド代表MFジュード・ベリンガムの獲得に動き、獲得は困難かとも思われたが、しっかりと獲得。そして出色のパフォーマンスを見せている。 バイエルンは約5000万ユーロ(約81億円)から交渉を始めようとしているとのこと。ただ、マドリー以外にもチェルシーやマンチェスター・シティも関心を持っているとされ、選手の意思が非常に重要と考えられている。 2023.11.13 22:50 Mon

カナダ女子代表シンクレアが年内で代表引退 男女の代表通算ゴール数で世界記録

カナダ女子代表FWクリスティン・シンクレア(40)が代表を引退する。カナダサッカー協会が発表している。 シンクレアは現在、ナショナル・ウィメンズ・サッカーリーグ(NWSL)のポートランド・ソーンズでプレー。 16歳だった2000年にデビューのカナダ代表としては327試合の出場数を誇り、代表通算190得点をマークする。 その得点数は男女を通じて代表通算の世界最多。また、ワールドカップ(W杯)出場は6大会を数え、2021年の東京オリンピックでは金メダルに貢献したが、代表キャリアとは今年いっぱいをもって別れを決断したようだ。 イギリス『BBC』によると、11月と12月の代表戦も出る予定とみられるシンクレアは「永遠にプレーすることはできない。今が良いタイミング」と話したという。 2023.10.21 09:59 Sat

中村敬斗、4戦4発で爪痕残すも左足首を負傷…「今はとにかく治すことに集中」

左足首負傷の中村敬斗が前を向いた。 9月に続いて、この10月も日本代表から声がかかり、カナダ代表戦ではデビューから4戦4発目となるゴールをマークした中村。不参加の三笘薫に代わり、抜擢の左ウィングでしっかりと結果を出した。 チームも4-1と快勝し、5連勝。森保ジャパンの新たなタレントとして注目の存在だが、そのカナダ戦の後半途中に後ろから相手選手にユニフォームを引っ張られながら左足首を踏まれ、負傷交代した。 担架でピッチを後にした23歳は森保一監督から左足首のねん挫を明らかにされたが、新潟から神戸に移動したチームから離れず。17日のチュニジア代表戦は出場なしだったが、ベンチ入りした。 チームがこの10月の2連戦を連勝で締めた後、取材に応じた中村は心配されるケガの具合に「ケガしたときよりもだいぶ良くなってはいる。今日から松葉杖なしで何とか歩けるようになった」と話す。 ただ、このままフランスに戻るかどうかはまだ決まっていないようで、日本に残って治療を受ける選択肢も含め、これから所属先のスタッド・ランスと話し合うという。 そんな中村は負傷シーンに「正直、納得いかないファウル」と表情を曇らせたが、「過ぎてしまったことは仕方ない。今はとにかくケガを治すことに集中していきたい」と前向きな言葉を紡いだ。 喜びも悔しさもあった今活動だが、収穫はデビューから4戦4発という結果。「そんな難しいゴールでもないし、周りに感謝したい」とチームメイトのおかげと強調したが、爪痕といえる。 どれぐらいで完治するか定かではないが、「ケガを治して帰って来られるように頑張ります」との言葉も残し、再起に意欲も示す中村。まずは治療に専念する。 2023.10.17 23:45 Tue
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly