「活躍に負けないように」日本代表に刺激を受け移籍後初ゴールを決めた伊藤涼太郎、ゴール喜ぶも「今年1番悪い出来」と反省

2023.09.18 11:58 Mon
©STVV
シント=トロイデンのMF伊藤涼太郎が、初ゴールを決めたメヘレン戦を振り返った。17日、ジュピラー・プロ・リーグ第7節でシント=トロイデンはメヘレンをホームに迎えた。
今季は連勝スタートとなったものの、その後4試合未勝利。中断前には正守護神がGK鈴木彩艶に変更するなどしたシント=トロイデン。この試合でも、鈴木の他、日本代表DF橋岡大樹、伊藤が先発出場。後半にはMF藤田譲瑠チマ、MF山本理仁が出場し、FW岡崎慎司はベンチ入りも出番がなかった。

試合は33分、伊藤の横パスを受けたヤルネ・ステウカースがボックス手前からスペースへパス。これをボックス内右で受けた橋岡がシュート。左ポストを叩いたシュートがネットを揺らし、シント=トロイデン加入後初ゴールを記録した。

さらに63分には相手のビルドアップをカットしたところから攻め込むと、ステウカースからのダイレクトパスをボックス内左で受けた伊藤がニアサイドに蹴り込みゴール。こちらも加入後初ゴールを決め、シント=トロイデンがリードを2点に広げ、2-0で勝利を収めた。
久々の勝利を収めたシント=トロイデン。伊藤は自身の初ゴールを振り返った。

「上手くヤルネ(・ステウカース)からボールが出てきて、その前にマティアス(・デロージ)からボールをもらうイメージはできていたんですけど、違う角度から良いパスが入ってきたので、僕は流し込むだけでした」

ゴールシーンを振り返った伊藤だが、この試合の自身のパフーマンスには全く納得がいっていないようだ。

「個人的には全然良くなくて、得点シーン以外は全然良くなくて、今年1番悪い出来なんじゃないかと。その中で点を取れたことは、1つホッとしています」

「チームとしてはもっともっと自分たちがボールを持つ時間だったり、自分たちがプレスをする時間を増やさなければいけないと思います」

より良いプレーを見せていきたいと意気込んだ伊藤。日本代表戦も観に行ったといい、刺激を受けたと語った。

「現地に試合を観に行って、僕が目標とする代表選手たちのプレーを間近で見ることができたというのは、自分にとっては非常に良い機会だと思いますし、代表期間では多少休みがあって、少し勇気をもらって自チームで頑張ろうと思わせてくれるようなプレーを日本代表は良い試合でしていたので、その選手たちの活躍に負けないようにここでしっかり結果を出していきたいと思います」

チームメイトの橋岡も参加し、その他の選手たちの活躍でドイツ代表、トルコ代表を破った日本に力をもらったという伊藤。次節はヘンクとのダービーマッチとなる。

「どこが相手でも、自分たちのサッカー、自分のプレーをしっかりするだけですし、今日は点を取りましたけど、このゴールで満足することなく、もっともっとたくさんのゴール、たくさんのチャンス、たくさんのアシストをもっとチームのために取れればと思います」


1 2

関連ニュース

「ガチのアイドルかと思った」「かっこよすぎる!」橋岡大樹の「#イキって見える」オフショットが話題、仲良し・久保建英の反応を望む人も

シント=トロイデンの日本代表DF橋岡大樹がインスタグラムを更新。オフショットが話題だ。 ベルギーでの3シーズン目となった今季も定位置を確保している橋岡。今季はここまでジュピラー・プロ・リーグ13試合に出場し、クラブ初ゴールを含む2ゴール1アシストの数字を残している。 その橋岡は11月30日にインスタグラムを更新。ドイツのクリスマスマーケットを訪れた時のオフショットを投稿している。 イルミネーションなど街は完全にクリスマスムードの中、橋岡はバケットハットにカラーレンズのサングラスも着用。タートルネックのニットにアウターを合わせたオシャレな装いだ。 だが、ファッションをキメすぎたと感じているのかハッシュタグでは「#バケットハット #サングラス #イキって見える #勘違いしてないよ」と綴っている。 そんな橋岡のオフショットだが、本人の心配をよそにファンからは「めちゃくちゃイケメンじゃね?大好き」、「かっこいいー」、「ガチのアイドルかと思ったらハシオカ!!!かっこよ」、「かっこよすぎる!!!」と称賛の言葉が集まっている。 ただ、「タケからコメント来るかな」、「久保君のコメント待ちーーw」と橋岡の仲良しである日本代表MF久保建英のコメントを望む声も多い。 これまで、久保は橋岡のこうした投稿には必ずといっていいほどコメント。9月には、車のバックドアを開けてトランクの部分に腰かけキメていた橋岡のオフショットに対し「車が急発進しますよーに」と絶妙な返しをすると、橋岡も待ってましたと言わんばかりに「やっときた!人の不幸を願うな。。」と返信していた。 もはや十八番となった橋岡の投稿と久保のコメントだが、ファンの間でもそのノリが定着している模様だ。果たして、今回も2人の軽妙なやり取りが見られるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】橋岡大樹がバケットハットにサングラスでクリスマスマーケットを堪能!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/C0RTJlaS_Rb/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/C0RTJlaS_Rb/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/C0RTJlaS_Rb/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">橋岡大樹 Daiki Hashioka(@hashioka0517)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.12.01 19:20 Fri

シント=トロイデンの本拠地にアルデルヴァイレルトが不満「ここでプレーしないといけないのは残念」

ロイヤル・アントワープの元ベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルトがシント=トロイデンの本拠地に不満を示している。ベルギー『Nieuwsblad』が伝えている。 ベルギー代表通算127キャップを誇るアルデルヴァイレルト。かつてアトレティコ・マドリーやトッテナムでもプレーした34歳は、昨シーズンから母国のアントワープに加入し、いきなりチームを66年ぶりのリーグ優勝へと導いた。 屈強なセンターバックは今季も健在で、公式戦22試合中20試合でスタメン出場し、トッテナム時代以来となるチャンピオンズリーグ(CL)にも参戦。24日には敵地でのリーグ戦第15節・シント=トロイデン戦にフル出場した。 ただ、1-1のドローに終わったこの一戦の終了後、アルデルヴァイレルトはシント=トロイデンの本拠地「大王わさびスタイエンスタジアム」、通称“スタイエン”に対する不満をあらわにした。 「今後の後半戦を見据えるなら、今日のドローもポジティブに考えることはできる。ゴール前でもう少し運があれば勝てただろう」 「けど、このスタジアムでプレーすることは非常に難しい。他のチームが通常の天然芝でプレーするなか、ここの1チーム(シント=トロイデン)だけが人工芝でプレーしている」 「慣れなければいけない、というのはもちろん正論だが、普段からここでプレーしているわけじゃないし、慣れる時間なんてない。個人的には、ここの人工芝でプレーしないといけないのが残念だ」 シント=トロイデンの本拠地“スタイエン”は1927年に開場後、2011年の大幅改修から人工芝を導入。サッカーにおける天然芝or人工芝の議論は、言わば100点の答えがない議論であり、ビジネス視点から見れば、スタジアムを二次利用するなら人工芝の方が適するという考え方もある。 ただ、選手視点だと人工芝はケガのリスクが増すことは明らか。アルデルヴァイレルトにもそういった意識があるはずだ。 2023.11.25 17:55 Sat

「アグレッシブなサッカーができれば」アルゼンチン戦を前に意気込む藤田譲瑠チマ、A代表に刺激を受ける「ゴール前でのアイデアはまだまだ足りない」

U-22日本代表のMF藤田譲瑠チマ(シント=トロイデン)が、U-22アルゼンチン代表戦へ意欲を語った。 18日、パリ・オリンピック世代のU-22日本代表が国内で初めて試合を開催。相手はA代表がカタール・ワールドカップ(W杯)を制した強豪・アルゼンチンだ。 このチームの中心選手の1人でもある藤田。オリンピックを前に、海外挑戦をスタートさせたシーズンとなり、経験を積んでいる。 アルゼンチンとの試合でのイメージについては「受け身にならず、自分たちのアグレッシブなサッカーができればと思います」と語った藤田。U-23アジアカップを含めて1年の集大成にもなる試合となる。 「前回(10月)はアメリカ戦で4失点してしまったので、そういったところを直しつつ、チャンスがあったのも確かなので、チャンスを上手く決め切れるかが厳しい試合の中では必要になるので、チームとして意識したいと思います」 10月のアメリカ遠征では、メキシコに4-1で快勝もアメリカに1-4で惨敗に終わっていた。アジアとはまた違う戦いでも課題を見つけた中、今度は南米の雄が相手だ。 この世代では日本での試合が初。藤田は「強みはアグレッシブにサッカーするところなので、そういったところを見てもらいながら、サッカーを楽しんでもらえればと思います」と、ファン・サポーターへの思いを語った。 一方で、16日には日本代表が北中米W杯アジア2次予選を戦い、ミャンマー代表相手に5-0で完勝を収めた。 藤田は試合を観ていたと言い「日本もアジアの中だとしっかり強豪というか、相手は守備に回る時間がほとんどでのサッカーになる」と分析。「その中でもクオリティは高いものがあって、ゴール前でのアイデアは自分たちにはまだまだ足りないところなので、明日の試合だったりでどんどん力をつけていければと思います」と、A代表のレベルの高さを画面越しにも感じつつ、しっかりと自分たちも力をつけていきたいとした。 2023.11.17 23:20 Fri

もはや別人!?シント=トロイデンが日本人選手たちを話題のAI風に加工して激変

シント=トロイデンの選手たちの、アメリカの卒業アルバム風の姿が話題になっている。 今夏だけでMF伊藤涼太郎、DF小川諒也、MF山本理仁、MF藤田譲瑠チマに加え、GK鈴木彩艶と5名の日本人を獲得したシント=トロイデン。さらに、DF橋岡大樹、GKシュミット・ダニエル、FW岡崎慎司が所属しており、8人の日本人選手が所属している。 今回、アメリカの卒業アルバム風に変身したのは、橋岡、岡崎、伊藤、山本、藤田、鈴木の6人だ。 クラブの日本語版の公式インスタグラムは、「STVV選手をイヤーブック風にしてみました1番似合うのは誰??」とし、6人の日本人選手と他のチームメイトたちの画像を公開。SNSを中心に話題を呼んでおり、顔写真を“アメリカの学生”のような写真に加工できる『AIイヤーブック』のように選手を加工している。 6人の日本人選手たちは、想像以上に激変。橋岡こそ面影を残しているが、メガネ姿で楽器を持った藤田はまるで別人のよう。伊藤もメガネ姿で少し大人しそうな男性へと変貌している。 さらに、山本七三分けのお坊ちゃん風で、鈴木はジャージ姿が目立つアスリート風に仕上がっている。 そして、岡崎に至ってはもはや別人。東南アジアを彷彿とさせるような民族衣装姿になっており、顔の部分で何とか岡崎だと分かるが、AIによって大きく印象が変わっている。 ここまでくると小川とシュミット・ダニエルが加工された姿も見てみたいものだが、他の選手たちの加工姿も見られるだろうか。 <span class="paragraph-title">【画像】もはや別人!?シント=トロイデンの選手たちをAIで加工</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CzqDhqrvrWU/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CzqDhqrvrWU/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CzqDhqrvrWU/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">シント=トロイデンVV(@stvv_jp)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.11.16 20:10 Thu

「打点高けぇ」「気持ちいい」これが橋岡大樹の強み!後半ATの劇的ヘディング弾でシント=トロイデン5試合ぶり勝利の立役者に…喜んで足を攣ってしまうオマケも

シント=トロイデンの日本代表DF橋岡大樹が劇的な決勝ゴールを奪った。 27日、シント=トロイデンはジュピラー・プロ・リーグ第12節でモレンベークと対戦した。鈴木彩艶はフル出場し、伊藤涼太郎は先発してハーフタイムに山本理仁と交代。藤田譲瑠チマは87分から途中出場し、岡崎慎司、小川諒也、シュミット・ダニエルはメンバー外となった。また、モレンベークの安部柊斗は84分から途中出場している。 アブバカリ・コイタのPKでシント=トロイデンが82分に先制し、モレンベークも90+3分にマフタル・ゲイエが同点弾を奪取。終盤にスコアが動いた一戦は、最後の最後にホームクラブが再び前へ出た。 90+6分、エリック・ジュニオール・ボキャが個人技を見せ、左サイドをえぐってのクロスを送ると、大外へ走り込んだ橋岡が相手の頭を1つ越える高い打点のヘディングシュートを叩き込んだ。 浦和レッズ時代もウイングバックとしてプレーする中で、ビルドアップの逃げ道やターゲットの1人として、空中戦の強さを発揮していた橋岡。決勝点のヘッドも当てただけではなく、コースを見極めた見事な一撃だった。 殊勲の橋岡はゴールパフォーマンスで足を攣っていたこともあり、直後に交代。勝ち越したシント=トロイデンが5試合ぶりの白星を手にしている。 ファンはこのゴールに「橋岡らしい!」、「AT弾は燃える」、「打点高けぇ」、「気持ちいい」、「ゴールパフォーマンスで足攣ってる」とコメント。それでもチームの勝利に貢献する気持ちを見せた橋岡を称賛する声が集まっている。 <span class="paragraph-title">【動画】橋岡大樹が高い打点のヘディング弾で決勝点奪取!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="f-02yNNqJMI";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.10.28 14:15 Sat
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly