リヨンに続きレンジャーズもポッター招集に挑戦… 当の本人はCLレベルを望み断り

2023.09.14 13:40 Thu
Getty Images
グレアム・ポッター氏はレンジャーズからの指揮官就任のオファーも断ったようだ。イギリス『サン』が報じた。
PR
ブライトン&ホーヴ・アルビオンでの健闘により自らの評価を高め、昨年9月にはチェルシーに引き抜かれたポッター氏。しかし、スカッドが肥大化していたチームをうまくまとめることができず、成績も低迷し、シーズン終盤に解任。以降、フリーの状況が続いている。
最近では、スタートダッシュに躓いたリヨンからオファーがあったことが報じられたが、ポッター氏はこれを固辞。そんな中、リヨンと同様に苦しんでいるスコットランドのレンジャーズもポッター氏に指揮官就任を打診したという。

今シーズンのレンジャーズはオールドファームを含むスコティッシュ・プレミアシップの開幕4試合ですでに2敗しており、先月末に行われたチャンピオンズリーグ(CL)予選プレーオフのPSV戦2ndレグでは1-5の大敗。CL出場を逃し、ヨーロッパリーグ(EL)に回るなど結果が出ていなかった。

クラブはマイケル・ビール監督に代わる新たな指揮官を探しているようで、ポッター氏の代理人にアプローチをかけたという。
しかし、当のポッター氏はこの仕事に興味を示さず、レンジャーズ指揮官就任を断ったとのこと。現在、落ち着いた生活を送っているポッター氏は現場復帰を急ごうとはせず、適切な仕事が見つかるのを待っているという。

なお、ポッター氏が望んでいるのは、CLに出場するレベルのクラブか近い将来CLに出場する可能性があるクラブでの監督復帰とのこと。果たして、望むようなオファーがポッター氏のもとに届くのだろうか。

PR
関連ニュース

欧州王者シティがナメられた90年代後半の暗黒期…3部降格、現4部クラブとの合併話...「私が会長でなければ今ごろ...」

マンチェスター・シティのデビッド・バーンスタイン元会長が、振り返るのも無惨なクラブの暗黒時代を振り返った。イギリス『ミラー』が伝えている。 イングランド王者、そして欧州王者のシティ。2008-09シーズンに中東資本参入によるビッグクラブ化計画が始まって以降、プレミアリーグを7度制し、1880年の創立から143年、昨季とうとうチャンピオンズリーグ(CL)を初制覇した。 しかし、そんなシティがほんの十数年前まで、宿敵マンチェスター・ユナイテッドの足元はおろか、残留争いが定位置のクラブだったことを、日本の若きサッカー少年・少女は知らないかもしれない。 バーンスタイン氏はシティが3部リーグ降格直前の1998年春に会長となり、「最大の暗黒期」だったと言われる2003年まで5年間務めた人物。シティのプレミアリーグ復帰に尽力したとして、今なおサポーターから高く評価・尊敬される御年80歳の長老だ。 氏は、ウィンブルドンFC(※1)との合併話や、レンジャーズ(スコットランド1部)のフィーダークラブ化案といった、2024年現在では考えられないような、シティが“下に見られた”1990年代後半を振り返る。 (※1)2004年消滅。後身のミルトン・キーンズ・ドンズFCは現在イングランド4部 「ウィンブルドンとの合併がプレミアリーグ復帰への最大の近道…そんな時代があったんだよ。先方からオファーが来たんだ。その後にはレンジャーズから手紙が届いた。彼らは我々(シティ)を自分たちのフィーダークラブ(※2)にしようとしていたんだ」 (※2)シティとジローナ、チェルシーとフィテッセのような関係性。シティは若手選手のレンタル先にジローナをよく利用する 「もちろんどちらもすぐに却下した。正直に言って、あの時代に私が会長だったことはこの上なく幸運なことだったはずだよ。私はシティのファンだからね。誘惑に駆られがちな人間が会長だったら、シティは今ごろどうなっていたか」 バーンスタイン氏はマンチェスターにほど近いマージーサイド州の出身で、幼少期からのシティサポーター。のちにFA(イングランドサッカー協会)会長も務め上げたこの男がいなければ、いまのシティは間違いなくなかっただろう。 2024.02.18 15:25 Sun

191cmながらも「タックルと空中戦に弱い」…レンジャーズが元アタランタFWラマースを1年で見限る

レンジャーズがオランダ人FWサム・サマース(26)を今季終了後に売却する方針だという。 へーレンフェーン時代の2018-19シーズンにエールディビジ16得点を叩き出したことで注目を浴びたラマース。しかし、191cmと長身ながらも足元の技術に長けたストライカーは、20-21シーズンに移籍したアタランタで“ガスペリーニ戦術”にフィットせず、1年でレンタル放出される。 21-22シーズンはフランクフルトで公式戦24試合2得点、22-23シーズンはエンポリで公式戦34試合2得点…ならばと今季はリーグレベルこそかなり下がるが、スコットランド1部のレンジャーズからお声がかかり完全移籍する。 それでも昨年12月までの公式戦31試合で2得点…半分以上で先発したなかでもネットを揺らせない日々が続き、今月10日、母国はユトレヒトへの半年レンタルが発表された。 イギリス『フットボール・インサイダー』によると、レンジャーズはラマースをユトレヒトから帰還次第売却する方針。アタランタからの獲得に費やした移籍金は350万ポンド(約6億6000万円)と、スコットランドのクラブとしてはかなり高額な費用であったことは想像に難くない。 『フットボール・インサイダー』のコラムニストを務める元スコットランド代表のフランク・マカベニー氏は、ラマースについて「タックルされたら勝てないし、彼を目掛けたクロスやCKは意味がない」と、長身ながらもフィジカルタイプではない点を憂い、故に肉弾戦が多いスコットランドでの活躍は不可だとした。 2024.01.18 16:40 Thu

24試合20得点7アシストの37歳ジェコに完敗…フェネルバフチェ退団濃厚バチュアイがスコットランド移籍か

レンジャーズがフェネルバフチェからベルギー代表FWミッチー・バチュアイ(30)の獲得を目指しているようだ。 かつてチェルシーに在籍したストライカー・バチュアイ。2021-22シーズンにチェルシーからの1年レンタルでスュペル・リグ(トルコ1部)のベシクタシュへ移籍すると、なんと翌季はベシクタシュと“激しすぎる”ライバル関係にあるフェネルバフチェへと完全移籍し、現在に至る。 加入1年目の昨季は公式戦32試合で20得点という高い決定力を発揮。しかし今季、フェネルバフチェはボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコを獲得し、これに押し出されたバチュアイは先発機会がカップ戦に限定され、リーグ戦は先発わずか1試合、4得点にとどまっている。 唯一先発出場したリーグ戦ではハットトリックするなど、決定力そのものは錆びついていない。だが、今季の公式戦24試合で20得点7アシストという“脅威の37歳”ジェコがいる以上、定位置回復は見込めず、昨年末以降ベルギー復帰も噂され始めていた。 イギリス『フットボール・インサイダー』によると、フェネルバフチェはバチュアイの退団をすんなり容認する見通しで、現在はスコットランドの強豪・レンジャーズが契約交渉中。同胞のフィリップ・クレメント監督自ら面談するなど、獲得に本腰を入れているとのことだ。 なお、バチュアイは今季が2年契約の2年目。ただ、今季終了後のユーロ2024出場を目指しており、今冬中のフェネルバフチェ退団を決意しているとされている。 2024.01.11 15:40 Thu

古橋のゴラッソで“オールドファーム”を制したセルティック、年内最終戦を白星で飾る!【スコティッシュ・プレミアシップ】

セルティックは30日、スコティッシュ・プレミアシップ第21節でレンジャーズとの“オールドファーム”に臨み、2-1で勝利した。 リーグ戦連勝中の首位セルティックが、公式戦15試合無敗の2位レンジャーズをホームに迎えた“オールドファーム”。2023年最後の大一番に向け、セルティックはFW古橋亨梧とFW前田大然がスタメンに入り、負傷明けのMF旗手怜央はベンチスタート。負傷のDF岩田智輝は、DF小林友希と共にメンバー外となった。 立ち上がりから攻勢に出るセルティックは23分、ボックス左手前でパスを受けたベルナルドがカットインから右足を振り抜いたが、このシュートはわずかに枠の左に逸れる。 それでもセルティックは、25分にセットプレーから先制する。パルマが右CKからクロスを供給すると、アブダラー・シマの中途半端なクリアに反応したベルナルドがボックス中央手前からダイレクトシュートをゴールに突き刺した。 先制したセルティックは、35分にウェルシュが左腕を負傷負傷するアクシデントに見舞われ、ナヴロツキを緊急投入。すると42分に、ボックス右から侵入したマッコースランドに決定機を許したが、このシュートはGKハートの好セーブに救われた。 迎えた後半、セルティックは開始早々に日本人エースのゴラッソでリードを広げる。47分、オライリーのパスをペナルティアーク手前で受けた古橋がフェイントで相手DFをかわして左足一閃。これがゴール右上隅の完璧なコースに突き刺さった。 古橋の今季8点目でリードを広げたセルティックは、71分にハイプレスから中盤でボールを奪った古橋のスルーパスに反応した前田がレオン・バログンに倒されると、ニック・ウォルシュ主審は決定機阻止と判断し、迷わずレッドカードを掲示。 数的優位となったセルティックは、83分に古橋、前田、パルマを下げてオ・ヒョンギュ、ジョンストン、アバダを投入し、前からの守備を担う攻撃陣をリフレッシュする。 その後、セルティックは89分にタヴァーニアの直接FKで1点を返されたが、2-1で逃げ切り、年内最終戦の大一番を勝利で飾った。 セルティック 2-1 レンジャーズ 【セルティック】 ベルナルド(前25) 古橋享梧(後2) 【レンジャーズ】 タヴァーニア(後44) 2023.12.30 23:35 Sat

ウルブスで覚醒待たれるファビオ・シウバ、レンジャーズへの武者修行が決定

レンジャーズは28日、ウォルバーハンプトンからU-21ポルトガル代表FWファビオ・シウバ(21)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「7」に決定している。 2020年夏にポルトから当時のクラブ史上最高額でウルブスへ加入したファビオ・シウバ。しかし、185cmの万能型ストライカーは、ポルトガルの次代を担うストライカーとの触れ込み通りの活躍には至らず。今シーズンは公式戦10試合の出場で1ゴールにとどまっていた。 そういったなか、セルティックとの熾烈なリーグ優勝争いに加え、ヨーロッパリーグでベスト16進出を果たしているスコットランド屈指の名門への武者修業が決定した。 ファビオ・シウバは、ポルト時代にアウェイチームとしてプレーしたアイブロックスを今度は本拠地としてプレーできる喜びを語っている。 「グラスゴーやレンジャーズについていろんな人と話したとき、誰もがクラブと歴史について良いことを話してくれたから、(移籍が決まって)とても嬉しいよ」 「一度ヨーロッパリーグでポルトの一員としてここでプレーしたことがあるし、ここが温かいクラブで、優れた環境やスタジアムを持っているという部分でもすべてが完璧さ」 「ここに来られてとても嬉しいよ。チームと一緒にトレーニングを始めるのが待ち切れないね」 ベンフィカ、ポルトの下部組織で育ったファビオ・シウバは2019年7月にポルトのファーストチームに昇格。2020年9月にウルブスへと完全移籍すると、ここまで公式戦72試合に出場し、5ゴール6アシストを記録している。 昨シーズンの前半戦はベルギーのアンデルレヒト、後半戦はPSVに武者修行に出ていた。 2023.12.29 06:45 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly