鈴木彩艶がベルギーデビューもセルクル・ブルージュに2失点敗戦…日本人は5名出場【ジュピラー・プロ・リーグ】

2023.08.28 09:47 Mon
©STVV
27日、ジュピラー・プロ・リーグ第5節のシント=トロイデンvsセルクル・ブルージュが行われ、0-2でセルクル・ブルージュが勝利した。
PR
この試合では浦和レッズからレンタル移籍で加入したGK鈴木彩艶がデビュー。またDF橋岡大樹、MF藤田譲瑠チマが先発出場。MF山本理仁、MF伊藤涼太郎が70分から出場し、FW岡崎慎司はベンチ入りも出番はなかった。
開幕2連勝スタートも、その後は勝利がないシント=トロイデン。一方で2勝2敗のスタートとなったセルクル・ブルージュを迎えた。

最初のチャンスは5分、左サイドから大きく右に展開すると、パスを受けた橋岡がボックス手前からシュート。鋭いボールがゴールに飛ぶが、わずかに枠を外れる。

その後セルクル・ブルージュが攻め込むが、デビュー戦のGK鈴木は落ち着いたプレーでゴールを守っていく。
26分にはあわやのシーン。最終ラインからビルドアップしようとしたところ、GK鈴木が目測を誤りトラップミス。僅かにズレていた為ことなきを得たが、あわやオウンゴールというシーンを招いた。

さらに42分には、GK鈴木がスペースへのボールを前に出て処理しようとしたが、相手の足が先に触れてゴールがガラ空きに。味方のカバーもあり失点を免れるが、デビュー戦ということもあり周囲との連係ミス、判断ミスも散見された。

0-0で迎えた後半も立ち上がりにピンチ。52分にはボックス内のヤン・グボホにボールが渡ると、その前に倒れてしまったGK鈴木の頭上を狙われそうになるが、ミスショットに助けられる。

攻撃面ではなかなか良いところが見られないシント=トロイデン。59分には、右サイドでフリーになっていた橋岡がボックス内右から豪快に振り抜くが、これは枠を越えていく。

すると64分、セルクル・ブルージュがスコアを動かす。自陣からの縦パスをグボホが体を入れながらスルーすると、ケビン・デンキーが落とし、受けたグボホが絶妙なスルーパス。これをティボ・ソマーズが落ち着いて流し込む。シント=トロイデンは完全に崩されての失点となった。

さらに69分には、連係と個人技でやられることに。グボホ、デンキー、グボホとボックス手前で細かくつなぎ、パスを受けたアラン・ミンダがボックス内で仕掛けると、前に出てきたGK鈴木を嘲笑うかのように転がしてゴールへシュート。これをデンキーが押し込み、セルクル・ブルージュが追加点を奪う。

上手くいかないシント=トロイデンは、85分に途中出場の山本がボックス内でボレーも大きくふかしてしまう。すると、88分にはミンダのミドルシュートが右ポスト直撃。跳ね返りをオリヴィエ・デマンが蹴り込むが、今度はクロスバーに直撃し3点目とはならない。

90分にはカウンターを受けると、ミンダが持ち込み逆サイドへとパス。これをエミリオ・ケーラーがファーサイドで詰めようとしたが、GK鈴木が手を伸ばしてセーブ。それでもデンキーが無人のゴールへと蹴り込むが、最後はDFがブロックし粘りを見せる。

アディショナルタイム2分には、左サイドからカットインした伊藤が右足を振り抜くが、右ポストを直撃。攻撃面で上手くいかなかったシント=トロイデンは0-2で敗戦。セルクル・ブルージュは連勝となった。

シント=トロイデン 0-2 セルクル・ブルージュ
【セルクル・ブルージュ】
ティボ・ソマーズ(後19)
ケビン・デンキー(後24)

PR
関連ニュース

「バラバラにならないように」敗戦を受けて気を引き締めるキャプテン・藤田譲瑠チマ、負けられない戦いへ「優勝を持ち帰りたい」

U-23日本代表のMF藤田譲瑠チマ(シント=トロイデン)がU-23韓国代表戦を振り返った。 22日、AFC U23アジアカップのグループB最終節が行われ、日本は韓国と対戦した。 勝利した方がグループ1位通過となり、準々決勝でU-23インドネシア代表と対戦が決定。敗れた方が2位通過となり、開催国のU-23カタール代表との対戦となる。 試合は韓国が低くラインを設定し、日本は立ち上がりこそ攻め込んでいたものの、なかなかゴールに迫れない展開が続く。 スローペースに付き合ったまま前半はゴールレスドロー。後半、日本は流れを変えようと選手交代を図ると、チャンスの数は圧倒的に増えたものの、この世代の課題でもある決定力不足を露呈。すると75分にCKからキム・ミヌにゴールを許し失点。その後、さらに猛攻を仕掛けるもゴールは奪えず、0-1で敗れることとなった。 試合後のフラッシュインタビューに応じたキャプテンの藤田。この試合はベンチスタートとなったが「最後は勝って良い流れで行きたかったですが、この敗戦を無駄にしたくないです」とコメント。しっかりと、今日の敗戦から修正したいとした。 開催国でもあるカタールとの試合については「試合を見ている感じだと、審判のレフェリングも難しい場面がありますけど、チームとしてしっかりサッカーをして勝ちたいと思います」と、自分たちのペースに持ち込んでいきたいと意気込んだ。 ここまで全員で一丸となって戦ってきた日本。GK山田大樹(鹿島アントラーズ)以外はピッチに立っている。 チームの団結力については「良い感じだと思います」と語った藤田だが 「この敗戦で1回バラバラにならないように、自分を中心にまたまとめあげて、良い方向に向かえればと思います」と、リーダーシップを発揮してまとめ上げたいとした。 この3試合を終えての収穫については「最初の2試合は無失点で終えられて、簡単に得点をやらせない所は強みだと思うので、決勝トーナメントに行っても大事になるので、もう1回集中して入りたいです」とコメント。守備が安定している部分は、強みにしていきたいという。 次は開催国のカタール戦。負ければ、パリ・オリンピックへの挑戦は幕を閉じることとなる。 現地に多く集まったファン・サポーター、そして日本からも応援しているファン・サポーターに向け、藤田は意気込みを語った。 「たくさんの方が応援してくれていると思うので、自分たちもしっかりそれに見合う戦いをして、優勝を持ち帰りたいので、応援よろしくお願いします」 2024.04.23 01:08 Tue

「一から戦い直そう」数的不利のHTの反応を語った藤田譲瑠チマ、苦しみながらも勝ち点3に「良い流れに乗れる」

U-23日本代表のキャプテンMF藤田譲瑠チマ(シント=トロイデン)が、U-23中国代表戦を振り返った。 16日、パリ・オリンピック出場を目指す日本は最終予選を兼ねたAFC U23アジアカップで中国と対戦した。 8大会連続8度目のオリンピック出場を目指す中、試合は8分に松木玖生(FC東京)が山田楓喜(東京ヴェルディ)のクロスに合わせて先制する。 しかし、17分に西尾隆矢(セレッソ大阪)が相手をヒジ打ちしたとして一発退場。70分以上を数的不利で戦う中、GK小久保玲央ブライアン(ベンフィカ)のビッグセーブやその他の選手たちのハードワークもあり1-0で勝利。白星スタートとなった。 厳しい戦いを勝利で終えた日本。試合後のフラッシュインタビューに応じた藤田は数的不利に早い時間帯になったことについて言及。「早い段階で得点できたのは良いんですけど、すぐにレッドカードが出てしまって自分たちが難しくなるシチュエーションでした」と振り返り、「チームとして90分間うまく失点なしで行けたので、プラスに捉えていければと思います」と、1人少ないながらもしっかりとゼロで抑えられたことを喜んだ。 パリ・オリンピックに向けた大事な初戦。試合に臨む意気込みについては「いつも通り、今までやってきたことしかできないので、特別なことはしようとせず、今まで培ってきたものを出そうと思っていました」とコメント。その中でのアクシデントを受け、ハーフタイムには「今の状況は仕方ないからやるしかないという言葉が出ていましたし、チームとして、また一から戦い直そうという話はしました」と、しっかりと切り替えることができたという。 その中での勝利は「すごく大きいと思います」と語る藤田。「今後にも響いてきますし、自分たちも初戦勝てたことで良い流れに乗れると思うので、この流れに乗ったまま今後の試合も戦っていきたいと思います」と、苦しんだ末の勝利は勢いになると語った。 中2日で迎えるのはUAE戦。「まずは良い準備をして次の試合も勝てるようにしたいですし、チームとして勢いを持って試合に臨めるように、自分自身意識的に声をかけていきたいと思います」とコメント。キャプテンとして、しっかりとチームを牽引していきたいと語った。 UAE戦は19日(金)の24時30分キックオフ。DAZNとNHKで生中継される。 <span class="paragraph-title">【動画】練習どおり!山田楓喜のクロスを松木玖生が鮮やかダイレクトボレー!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="FV92D6V87DM";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】大ピンチを救った守護神・小久保玲央ブライアンの神懸かりセーブ!!</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> <a href="https://t.co/wKC1xsgC4d">pic.twitter.com/wKC1xsgC4d</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1780238101283041308?ref_src=twsrc%5Etfw">April 16, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.04.17 01:18 Wed

【パリ行きの命運を託された23選手】大岩ジャパンのダイナモ、この世代筆頭の藤田譲瑠チマが主将としても引っ張る

パリ・オリンピックのアジア最終予選を兼ねるAFC U23アジアカップが15日に開幕する。出場16カ国が4組に分かれてのグループステージから始まる五輪出場もかけた戦いは約2週間ちょっとのスケジュール的にも勝ち上がれば勝ち上がるほど総力戦が必至。ここではパリ行きの命運が託されたU-23日本代表の23選手を紹介し、藤田譲瑠チマにフォーカスする。 ■藤田譲瑠チマ(MF/シント=トロイデン) この大岩ジャパン発足時からの大黒柱はナイジェリア人の父を持ち、Jリーグ屈指の育成力を誇る東京ヴェルディのアカデミー出身。2020年の昇格を待たずしてプロデビューの経歴を持ち、1年目からJ2リーグ41試合出場で3ゴールと堂々たる数字を残した。 2021年から徳島ヴォルティスでのJ1リーグ挑戦を決断し、翌年からは横浜F・マリノスにステップアップ移籍。アンカーでも、ダブルボランチでも、インサイドハーフでも攻守にわたってダイナモぶりを遺憾なく発揮し、横浜FM1年目からJ1リーグ優勝に貢献した。 その横浜FMで1年半を過ごし、昨夏から満を持してシント=トロイデンでの欧州挑戦を決意。試合途中からも多いが、ここまで公式戦24試合に出場して、ジュピラー・プロ・リーグ第20節のスタンダール・リエージュ戦では記念すべき初ゴールをマークしている。 2022年夏にフル代表を経験済みの代表キャリアも順調そのものといえる22歳有望株の売りは170cm前半のサイズをカバーする予測の良さとボール捌き。狭いエリアでも失わないキープ力と精度の高い縦パスも魅力で、個性派揃いの中盤でも中心を託される。 また、大岩ジャパン全体においても持ち前の統率力で一線を画す存在で、この世代を率い始めてから明確なリーダーを置いてこなかった大岩剛監督もパリ行きに向けて一丸が求められるとの認識をより強め、主将に指名。名実ともに中心として今大会を迎える。 試合ではというと、松木玖生や山本理仁らとともに逆三角形の中盤を支える役割が求められ、底がメインポジション。主なプレータスクは奪って繋ぐ。プレーヤーとしても、主将としても繋ぎ手となり、パリ行きの切符に導いていきたい。 2024.04.16 17:00 Tue

【パリ行きの命運を託された23選手】世代屈指のゲームメーカー、山本理仁が今大会も中盤でタクトを振るう

パリ・オリンピックのアジア最終予選を兼ねるAFC U23アジアカップが15日に開幕する。出場16カ国が4組に分かれてのグループステージから始まる五輪出場もかけた戦いは約2週間ちょっとのスケジュール的にも勝ち上がれば勝ち上がるほど総力戦が必至。ここではパリ行きの命運が託されたU-23日本代表の23選手を紹介し、山本理仁にフォーカスする。 ■山本理仁(MF/シント=トロイデン) Jリーグ屈指の育成力に定評のある東京ヴェルディのアカデミー育ちで、2019年に高校2年生でプロ入り。いわゆる飛び級でプロの世界に飛び込んでからというもの、東京VではJ2リーグが主戦場ながら1年目から戦力となり、20歳にして通算100試合出場を数えた。 そんな左利きの司令塔が大きな決断をしたのが2022年夏。ガンバ大阪でのJ1リーグ挑戦だ。ただ、慣れない関西の地では移籍早々に左足甲の骨折がわかり、新天地デビューは10月になってから。結局、そのデビュー戦を含む2試合に途中出場したのみに終わった。 ダニエル・ポヤトス新体制のもとで迎えた2年目でもレギュラー定着とまでいかないなか、公式戦15試合出場と出番を増やしていったが、その夏にシント=トロイデンでの欧州挑戦を決断。今夏までのローン選手としてG大阪からベルギーに渡り、現在に至る。 ベルギーではというと、かつてヴィッセル神戸を率いたトルステン・フィンク監督のもと、ここまで32試合に出場。そのうち、先発は8試合のみと途中出場が主だが、今回の代表参加を除けば、不出場は2試合だけとチーム内で戦力に計算される存在であり続ける。 武器はアンカーやインサイドハーフをこなすなかで、左足から繰り出すキック精度。組み立てる力はこの世代屈指で、エリート街道の世代別代表キャリアにおいて、どのカテゴリーでも司令塔役を任され、大岩ジャパンでも不動のゲームメーカーという立ち位置だ。 今大会の中盤陣でも藤田譲瑠チマをはじめ、松木玖生らとともに主軸と目され、[4-3-3]のシステム下ではインサイドハーフが主なポジション。海外組5選手の1人として参戦する今大会もゲームメーク力と視野の広さをもってして中盤からの手綱捌きが期待される。 2024.04.15 06:00 Mon

“大王わさび”で伊藤涼太郎と川辺駿がともにアシスト!シント=トロイデンvsスタンダール・リエージュは計6発打ち合いのドロー

両チームの日本人MF2人がゴールに直結する活躍を見せた。 ジュピラー・プロ・リーグ第33節となるプレーオフ2、シント=トロイデンvsスタンダール・リエージュ大王わさびスタイエンスタジアムで行われ、3-3の引き分けに終わった。 シント=トロイデンは山本理仁と藤田譲瑠チマがU-23日本代表の活動でメンバー外となり、日本代表GK鈴木彩艶はフル出場し、伊藤涼太郎は後半アディショナルタイムまでプレーして1アシストを記録。小川諒也はベンチ入りも出場なく、岡崎慎司はメンバー外となった。また、スタンダール・リエージュの川辺駿はフル出場し、1アシストを残している。 プレーオフに入って2連勝中のシント=トロイデンに対し、1分け1敗と未勝利のスタンダール・リエージュ。この試合でも開始早々の4分にシント=トロイデンが試合を動かす。 バイタルエリア中央で受けた伊藤涼太郎がドリブルでボックス内に侵入すると、引き取ったエリック・ジュニオール・ボキャが力強くネットを揺らした。 伊藤にアシストが付いたシント=トロイデンだったが、スタンダール・リエージュも9分にウィルフリード・カンガのゴールですぐさま追い付き、折り返して57分のPK献上時はGKアルノー・ボダールが見事なセーブ。するとその2分後には川辺駿が魅せる。 ワンツーを駆使して中盤右サイドでフリーとなった川辺は、味方の動き出しを見て正確なクロスを供給。ファーからダイアゴナルに走り込んだウィリアム・バリクウィシャのボレー弾をお膳立てした。 逆転に成功したスタンダール・リエージュは、81分にも相手のパスミスを突いてカンガが追加点を奪取。だが、シント=トロイデンもその3分後、またも伊藤が絡んで1点を返す。ゴール正面、ペナルティアークから狙った伊藤の右足ミドルはGKに阻まれたが、こぼれ球をアドリアーノ・ベルタッチーニが押し込んだ。 シント=トロイデンはさらに88分、ファティ・カヤにリーグ戦初ゴールが生まれ、土壇場で同点に追い付くと、試合はこのままタイムアップ。打ち合いの末に、両者勝ち点「1」を分け合った。 シント=トロイデン 3-3 スタンダール・リエージュ 【シント=トロイデン】 エリック・ジュニオール・ボキャ(4分) アドリアーノ・ベルタッチーニ(84分) ファティ・カヤ(88分) 【スタンダール・リエージュ】 ウィルフリード・カンガ(9分、81分) ウィリアム・バリクウィシャ(59分) <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】伊藤が2得点に絡み川辺はピンポイントクロス!シントトロイデンvsS・リエージュは打ち合いに</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="xFKGp1WaNRY";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.13 18:40 Sat
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly