三笘薫の衝撃ゴールが“プレミアリーグ史上最高のソロゴール”の1つに!公式でアンリやアザールらとともに選出

2023.08.25 11:55 Fri
Getty Images
プレミアリーグが史上最高のソロゴールを10つ選出。ソロゴールに明確な定義はないが、大きなチャンスではない状況から独力で決めるゴールのことで、ブライトン&ホーブ・アルビオンの日本代表MF三笘薫のゴールもその10個の中に選ばれている。
PR
19日に行われたプレミアリーグ第2節のウォルバーハンプトン戦で今シーズン初ゴールを決めた三笘。左サイドのタッチライン際でボールを受けると、カットインから一気に加速し、手に引っ張られて倒れそうになりながらも強引に突破、倒れ込みながらゴールに流し込むスーパーゴールを決めた。
衝撃のゴールにはすでに「今シーズンのベストゴール」という声も上がっていた中、プレミアリーグの公式サイトは三笘のゴールを受けて歴代のソロゴールを選出。三笘同様に大きなインパクトを与えたゴールを紹介している。

その中には、プレミアリーグのレジェンドである元フランス代表FWティエリ・アンリ氏や元オランダ代表FWルート・ファン・ニステルローイ氏のゴールに加え、元ベルギー代表FWエデン・アザールのゴールも選ばれており、錚々たるメンバーの中に三笘のゴールも並んでいる。

また、プレミアリーグのシーズン最優秀ゴールに輝いたソフィアン・ブファル(2017-18)、ソン・フンミン(2019-20) 、モハメド・サラー(2021-22)のゴールも選ばれており、三笘のゴールが2023-24シーズンのシーズン最優秀ゴールに選ばれる可能性も大いにありそうだ。
◆プレミアリーグ史上最高のソロゴール(括弧内は所属チーム、シーズンと対戦相手)
三笘薫(ブライトン&ホーブ・アルビオン、2023-24シーズンvsウォルバーハンプトン)
モハメド・サラー(リバプール、2021-22シーズンvsマンチェスター・シティ)
ティエリ・アンリ(アーセナル、2003-04シーズンvsリバプール)
ジョルダン・アイェウ(クリスタル・パレス、2019-20シーズンvsウェストハム)
ダリアン・アトキンソン(アストン・ビラ、1992-93シーズンvsウィンブルドン)
ソフィアン・ブファル(サウサンプトン、2017-18シーズンvsWBA)
ハテム・ベン・アルファ(ニューカッスル、2011-12シーズンvsボルトン)
ティエリ・アンリ(アーセナル、2002-03シーズンvsトッテナム)
ソン・フンミン(トッテナム、2019-20シーズンvsバーンリー)
ロッド・ウォレス(リーズ・ユナイテッド、1993-94シーズンvsトッテナム)
ルート・ファン・ニステルローイ(マンチェスター・ユナイテッド、2001-02シーズンvsフルアム)
エデン・アザール(チェルシー、2018-19シーズンvsウェストハム)




PR
1 2
関連ニュース

日本人所属同士の上位対決は10人のセルティックがハーツに完敗…【スコティッシュ・プレミアシップ】

セルティックは3日、スコティッシュ・プレミアシップ第29節でハーツと対戦し0-2で敗戦した。 3日前に行われたダンディーFC戦を圧勝した2位セルティック(勝ち点68)が、3位ハーツ(勝ち点52)のホームに乗り込んだ一戦。 セルティックはこの試合、FW前田大然とDF岩田智輝がスタメン入り、FW古橋享梧はベンチスタートとなり、負傷中のMF旗手怜央、DF小林友希はベンチ外となった。一方、ハーツのFW田川亨介はベンチスタート、FW小田裕太郎はベンチ外となっている。 日本人所属クラブ同士の上位対決は、セルティックが先に決定機を創出する。11分、オライリーのパスをボックス右で受けようとしたヤン・ヒョンジュンがコクランに倒されてPKを獲得。しかし、イダーのPKはGKクラークの残した足に弾かれた。 先制のチャンスを逃したセルティックは、15分に退場者を出す。右サイドでバウンドしたボールを対応したようとしたヤン・ヒョンジュンの上げた足がコクランの顔付近をかすめると、主審はイエローカードを提示したが、オンフィールド・レビューの末にカードの色が赤に変更された。 早い時間に数的不利となったセルティックだが、22分に再びチャンスを迎える。自陣のクリアを中盤で拾った前田がドリブルで仕掛けたDFの裏を狙ったイダーへパス。さらにイダーからラストパスをボックス右で受けえたオライリーがシュートを放つと、左ポストに当たったボールがゴールネットを揺らしたが、イダーの場面でオフサイドを取られ、ゴールは取り消された。 その後は一進一退の展開が続く中、セルティックは39分にピンチ。右サイドから入れたクロスのクリアボールをボックス内で競り合ったDFアリスター・ジョンストンにディフレクトしたボールが岩田の左腕に当たると、オンフィールドレビューの末にハンドと判定されハーツにPKを献上。このPKをグラントがゴール左隅に決めた。 先制を許したセルティックは、前半追加タイム4分にも岩田のボールロストからピンチを招くと、フォレストのラストパスをボックス右で受けたシャンクランドにゴールネットを揺らされたが、VARの末にシャンクランドのオフサイドと判定され、ゴールは取り消された。 迎えた後半、セルティックはベルナルドを下げて古橋を投入。しかし、再びスコアを動かしたのはホームチームだった。56分、ボックス右でパスを受けたニューヴェンホフがピッチに足を取られて転倒するも、残った足で何とかマイナスに繋ぐと、これに反応したシャンクランドがダイレクトシュートをゴール左隅に流し込んだ。 2点を追う展開となったセルティックは78分、中盤でパスカットした古橋がカウンターを仕掛けると、ラストパスをボックス左で受けたイダーが決定機を迎えたが、シュートはGKクラークの好セーブに阻まれた。 直後にセルティックは岩田を下げてケリーを投入。対するハーツは79分、ニューヴェンホフとフォレストを下げて田川とデブリンをピッチに送り出した。 結局、試合はそのまま0-2でタイムアップ。序盤で数的不利となったセルティックは上位対決に敗れ、首位レンジャーズとの勝ち点差を縮めることはできなかった。 ハーツ 2-0 セルティック 【ハーツ】 グラント(前43[PK]) シャンクランド(後11) 2024.03.03 23:12 Sun

AZ菅原由勢が右足ダイレクトで今季初ゴール! 斉藤光毅&三戸舜介も先発のスパルタ戦で

AZでプレーするDF菅原由勢が今季初ゴールをマークした。 AZは2日のエールディビジ第24節で、三戸舜介&斉藤光毅が所属するスパルタ・ロッテルダムのホームに乗り込み、1-1のドロー。菅原をはじめ、三戸、斉藤の日本人3選手は揃って先発した。 この試合も右サイドバックでスタートから出場した菅原は0-0の25分、チームが左サイドから攻撃を仕掛けると、ボックス右で味方からのパスを右足ダイレクト。これがゴール左下に突き刺さった。 この試合で公式戦32試合目の菅原はシーズン初ゴールに。だが、その菅原が56分にヒザを痛めて交代を強いられると、チームは74分に追いつかれ、3連勝とはならず。 一方の三戸と斉藤は73分、90分までそれぞれプレー。スパルタは連敗こそ回避したものの、2試合で勝利なしとなっている。 2024.03.03 17:30 Sun

S・リエージュ川辺駿が日本人対決で1G1A! 得点は11試合ぶり

スタンダール・リエージュMF川辺駿が1得点1アシストの活躍だ。 スタンダール・リエージュは2日に行われたジュピラー・プロ・リーグ第28節で、シュミット・ダニエルや渡辺剛、横田大祐が所属するヘントと対戦。川辺、シュミット、渡辺が揃って先発し、日本人対決実現の一戦になるなか、前半に先制を許したが、4-2で勝利した。 2試合ぶり先発の川辺は2-1の62分に敵陣中央からボールを持ち上がった味方からディフェンスラインの背後に抜け出す動きでボールを引き出すと、ボックス中央から右足インサイドキックでネットを揺らし、チーム3得点目をマーク。公式戦11試合ぶりの7ゴール目となった。 そんな28歳MFは65分にも敵陣右サイドのハーフウェイライン付近からスルーパスを送り、エボワのゴールをアシストすると、88分にお役御免。チームの2連敗を止める白星に大きく貢献した。 <span class="paragraph-title">【動画】川辺駿がシュミット・ダニエル&渡辺剛の相手守備陣からゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br><a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%B7%9D%E8%BE%BA%E9%A7%BF?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#川辺駿</a><br>今季7ゴール目<br>\<br><br>絶好調の川辺駿が今日も魅せた!<br>縦パスに上手く反応し、冷静にグラウンダーで流し込んだ<br><br>ベルギーリーグ第28節<br>リエージュ×ヘント<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> 見逃し配信中 <a href="https://t.co/uF6iezYsSm">pic.twitter.com/uF6iezYsSm</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1764114477212172490?ref_src=twsrc%5Etfw">March 3, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.03.03 13:45 Sun

「完全に流れ変えた」「プレス凄いわ」土壇場の決勝点を呼び込んだ遠藤航のプレスが話題、現地もまずまずの評価「素早いプレーで組み立てた」

リバプールの日本代表MF遠藤航が決勝ゴールに絡んだ。 2日、プレミアリーグ第27節でリバプールはノッティンガム・フォレストと対戦。遠藤はFAカップ決勝でのケガの影響もあり、ベンチスタートとなった。 タイトルホルダーとしての戦いとなった中、フォレスト相手に苦しむリバプール。ゴールレスで迎えた60分に遠藤はダルウィン・ヌニェスと共にピッチに立つ。 それでもフォレストの前になかなか崩せないリバプール。このままゴールレスドローかと思われた中、後半アディショナルタイムに決勝ゴールが生まれた。 ラストプレーともいえる99分、右CKからのクロスはクリアされると、こぼれ球をコンスタンティノス・ツィミカスがシュート。しかし、これはDFに当たりブロックされる。 ボックス内で相手ボールになったところを遠藤が猛然とプレス。するとこれがミスを誘い、こぼれ球をアレクシス・マク・アリスターへ繋ぐと、浮き球のパス。ヌニェスが頭で合わせて、劇的な決勝ゴールとなった。 遠藤も絡んだ決勝点。勝ち点2を拾ったリバプールだが、イギリス『リバプール・エコー』が6点(10点満点)の評価を遠藤につけた。 「フォレストの突破を止めようとした際、警告の可能性を免れていた」 また、リバプール専門メディアの『This is Anfield』は7点(10点満点)をつけている。 「ファイナルサードでは大きなプレーはなかったが、素早いプレーで組み立てていた」 イギリス『デイリー・メール』や『90min』も6点の評価。途中出場となったが、決勝点につながった目立たない大きな仕事はファンにも称賛されており、「ボールちゃんと触ってるな」、「出て勝利を呼び込むの凄いのよ」、「流れを完全に変えてた」、「遠藤神だな」、「アプローチがさすが」、「プレスが凄いわ」とコメントが集まっている。 <span class="paragraph-title">【動画】遠藤航の素早いプレスが決勝ゴールを生み出すキッカケに</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Ci6IOPLTHtU";var video_start = 259;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.03.03 13:10 Sun

バーミンガム三好康児が巧みな胸トラップからの右足弾! 2戦ぶりとなる今季6ゴール目

バーミンガム・シティMF三好康児がゴールだ。 バーミンガムは2日のチャンピオンシップ(イングランド2部相当)第35節でサウサンプトンと対戦。ホームに4位チームを迎え撃っての一戦で2度のリードもあったが、3-4で競り負けた。 4試合連続で先発の三好は右サイドハーフでプレーし、開始2分に逆サイドからの展開をボックス右に入り込みながら反応。胸トラップでボールをゴール方向に収めて、右足で蹴り込んだ。 26歳MFにとってはチャンピオンシップ2試合ぶりとなる5ゴール目(5アシスト)。シーズンを通じては6ゴール目となった。 そのゴールで幸先よく先制したものの、打ち負けたバーミンガムはこれでチャンピオンシップ2連敗。順位も18位から降格圏に迫る20位に落としている。 <span class="paragraph-title">【動画】バーミンガム三好康児が開始2分弾!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br><a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%B8%89%E5%A5%BD%E5%BA%B7%E5%85%90?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#三好康児</a> が開始2分弾‼<br>\<br><br>三好康児が電光石火の先制弾!<br>巧みな胸トラップから右足一閃<br>今季6ゴール目となる絶妙なコントロールショットを突き刺した<br><br>EFLチャンピオンシップ第35節<br>バーミンガム × サウサンプトン<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> 見逃し配信中 <a href="https://t.co/Bj5n6Ag55C">pic.twitter.com/Bj5n6Ag55C</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1764092061152919814?ref_src=twsrc%5Etfw">March 3, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.03.03 10:20 Sun
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly