マイナビ仙台レディースの松窪真心がNWSLノースカロライナへ期限付き移籍!W杯前はなでしこのトレーニングパートナーも務める

2023.07.27 22:59 Thu
©超ワールドサッカー
アメリカ、ナショナル・ウィメンズ・サッカーリーグ(NWSL)に所属するノースカロライナ・カレッジは27日、マイナビ仙台レディースのMF松窪真心(18)が期限付き移籍で加入することを発表した。

期限付き移籍期間は2024年6月30日まで。P-1ビザを取得後にチームへと加わることになる。
28日には誕生日を迎える松窪。自身初の海外挑戦へ向け、マイ仙台の公式サイトを通じて意気込みを語っている。

「この度、海外にチャレンジすることを決断いたしました。この半年間でたくさんのことを学びました。マイナビ仙台レディースでの経験を活かし、もっと成長した姿をお見せできるように頑張りたいと思います。これからも応援よろしくお願いいたします」

鹿児島県出身の松窪は2023年2月にJFAアカデミー福島からマイ仙台へ正式加入。2022-23 Yogibo WEリーグの後半戦ではルーキーながらも全試合に先発出場し、12試合でチームトップとなる4ゴールをマークした。
年代別の日本女子代表にも名を連ね、2022年のU-20女子ワールドカップ(W杯)では準優勝に貢献。今年6月にはオーストラリア&ニュージーランド女子Wへ臨むなでしこジャパンのトレーニングパートナーも務めた。

テニスプレーヤーの大坂なおみが共同オーナーを務めるノースカロライナ・カレッジには、過去に川村優理(アルビレックス新潟レディース)が在籍し、昨季までは長野風花もプレー(リバプール)。今季は三浦成美が完全移籍で加わり、17日には小林里歌子の加入も発表されていた。
関連ニュース

史上最高額の女子選手誕生、移籍金はいくら? ザンビア女子代表のエースがアメリカの新設クラブに加入

アメリカで史上最高額の女子選手が誕生した。 その選手はザンビア女子代表FWレーチェル・クンダナンジ(23)。13日、アメリカのナショナル・ウィメンズ・サッカーリーグ(NWSL)に今シーズンから参入するベイFCが、スペインのマドリードCFFから獲得したことを発表した。 ザンビア女子代表のエースとして活躍するクンダナンジは、マドリードCFFでリーガFの43試合に出場し33ゴールを記録する驚異的な得点力の持ち主。今シーズンは14試合で8ゴール4アシストを記録していた。 また、ザンビア女子代表として、2023年のオーストラリア&ニュージーランド女子ワールドカップ(W杯)にも出場。東京オリンピックにも出場しており、ザンビア女子代表として18試合10ゴールを記録している。 世界的にも注目されるストライカーだが、移籍金は86万ドル(約1億3000万円)とのこと。イギリス『BBC』によれば、女子選手としては世界最高記録の移籍金とのことだ。 なお、これまでの最高額はマンチェスター・シティから2022年にバルセロナへと移籍したイングランド代表MFキーラ・ウォルシュの40万ポンド(約7600万円)だったという。 ベイFCはNWSLに参加する新興クラブ。2023年4月に設立されたクラブであり、アフリカ女子最優秀選手賞を受賞したナイジェリア女子代表FWアシサト・オショアラをバルセロナから、スコットランド女子代表DFジェン・ビーティーをアーセナルから獲得するなど、積極補強を行っている。 2024.02.14 12:15 Wed

元チェルシーの10番で韓国女子代表のエース、チ・ソヨンがNWSLのシアトル・レインFCへ加入

アメリカ、ナショナル・ウィメンズ・サッカーリーグ(NWSL)のシアトル・レインFCは24日、韓国女子代表MFチ・ソヨン(32)の完全移籍加入を発表した。 契約期間は2025年までとなっている。 2011年になでしこリーグ時代のINAC神戸レオネッサでトップチームキャリアをスタートさせたチ・ソヨンは、リーグ優勝と皇后杯の3連覇を経験。 2014年1月に加入したチェルシーでは、同年にFA女子スーパーリーグ(FAWSL)最優秀選手に選出。翌年にはイングランドプロサッカー選手協会(PFA)年間最優秀女子選手賞を受賞した。 10番を背負うなど中心選手として8シーズン半を過ごし、国外選手として初の200試合出場も達成。計210試合に出場し、68得点をマークするなど、リーグ優勝6回を含む、13個の主要タイトル獲得に貢献した。 2022年には母国の水原FCへ加入し、2シーズン連続で年間最優秀ミッドフィールダーに選出。韓国女子代表としても154試合に出場し、69ゴールは歴代最多となっている。 チームを率いるローラ・ハービー監督は、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「彼女を迎え入れることができて、とても嬉しくい思っています。最高レベルでプレーする彼女の経験と能力は、私たちのチームに多くの実りあるものをもたらしてくれるでしょう」 「勝者としての実績もありますし、ピッチ上の物事をさまざまな方法で解決できます。チームを前進させるために一緒に働くのが待ち切れないですね」 <span class="paragraph-title">【動画】シアトル・レインFCへ加入するチ・ソヨンがメッセージ!</span> <span data-other-div="movie"></span> 2024.01.26 21:40 Fri

GKスタンボー華が遠藤純の同僚に NWSLエンジェル・シティに移籍

アメリカのナショナル・ウィメンズ・サッカーリーグ(NWSL)を戦うエンジェル・シティFCは24日、大宮アルディージャVENTUSからGKスタンボー華(25)の獲得を発表した。契約は1年延長オプション付きの2024年までで、移籍金は1万ドル(約140万円)になるという。 新天地を通じて「エンジェル・シティでプレーできるのを心から誇りに思います。私の第二の故郷であるアメリカでプレーできるのは大きな意味があります。このチームのためにできることを精一杯やるつもりです」とコメントした。 東京都生まれのスタンボーはJFAアカデミー福島、INAC神戸レオネッサを経て、2021-22シーズンから大宮Vに加入。かつてなでしこジャパンにも選ばれた実力者だが、大宮Vでは出番が限られ、2シーズン半でWEリーグ6試合、WEリーグカップ3試合、皇后杯3試合の出場だった。 エンジェル・シティFCでは遠藤純が所属しており、チームメイトとなる。 2024.01.25 13:35 Thu

女子W杯史上最年少出場選手が遠藤純のチームメイトに!韓国の16歳FWがエンジェル・シティ加入

アメリカ、ナショナル・ウィメンズ・サッカーリーグ(NWSL)のエンジェル・シティFCは18日、韓国女子代表FWケイシー・フェア(16)の新規加入を発表した。 背番号は「9」。契約期間は2026年までとなっている。 フェアは父親がアメリカ人で母親が韓国人。韓国で生まれ、アメリカで育った。直近ではプレイヤーズ・デベロップメント・アカデミー(PDA)に所属し、男子チームにも混じってトレーニングをしていた。 幼少期はセンターバック、中盤のセンターと徐々に前線へとポジションを移していき、現在はトップでのプレーが中心となっている。 U-17アメリカ女子代表のキャンプにも招集歴があるが、フル代表では韓国を選択。オーストラリア&ニュージーランド女子ワールドカップ(W杯)にも出場し、大会の最年少出場記録を塗り替えた(16歳24日)。 エンジェル・シティにはなでしこジャパンのMF遠藤純も所属。フェアは加入に際し、クラブを通じて次のようにコメントしている。 「夢が叶ったような気分です。初めてロサンゼルスに来たのは昨年の9月で、エンジェル・シティのトレーニングに参加し、文化やロサンゼルスに恋したんです。選手の皆さんもとても歓迎してくれましたし、街のすべてが本当に楽しいと感じました」 「チームの一員になれること、BMOスタジアムで、ファンの皆さんの前でプレーできることにわくわくしています」 <span class="paragraph-title">【動画】新加入のフェアが英語とハングルでメッセージ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Everyone say, &quot;Hi Casey!&quot; <br><br>Drop your favorite Los Angeles recommendations for Casey Phair and her fam in the comments! <a href="https://t.co/2kqnd9PYf1">pic.twitter.com/2kqnd9PYf1</a></p>&mdash; Angel City FC (@weareangelcity) <a href="https://twitter.com/weareangelcity/status/1748082438444896503?ref_src=twsrc%5Etfw">January 18, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.01.19 15:50 Fri

元なでしこFW永里優季がNWSLのヒューストン・ダッシュに加入! 「ファンの前でプレーするのが待ちきれません!」

ナショナル・ウィメンズ・サッカーリーグ(NWSL)のヒューストン・ダッシュは13日、シカゴ・レッドスターズの元なでしこジャパンFW永里優季(36)と11日に契約合意に至ったと発表した。2025年までの2年契約となる。 過去にドイツやイングランドでプレーするなど海外経験豊富な永里は、2017年5月にシカゴ・レッドスターズへ加入し、初のアメリカ挑戦。その後はオーストラリアのブリスベン・ロアーや、当時は神奈川県2部リーグだった男子チームのはやぶさイレブン(現・厚木はやぶさFC)でもプレーし、2021年からNWSLに新規参入したレーシング・ルイビルFCへ加わった。 2022年にはシカゴ・レッドスターズへ再加入。復帰2年目となった2023シーズンはリーグ戦19試合に出場し、3得点を記録した。 3度の女子ワールドカップ(W杯)出場経験を誇る元なでしこジャパンFWはヒューストン・ダッシュ加入に際し、クラブを通じてコメントしている。 「この野心的なクラブに加わり、スペース・シティのコミュニティの一員になれることにとても興奮しています」 「ヒューストンにトロフィーをもたらすだけでなく、ベテラン選手としてチームに調和、落ち着き、勝利へのマインドをもたらしたいと思っています。才能ある選手たちやコーチングスタッフ全員と協力し、シェル・エナジー・スタジアムのファンの前でプレーするのが待ちきれません!」 2024.01.13 14:05 Sat
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly