首位・鹿児島は4位・奈良とゴールレスドロー、最下位・北九州を下した愛媛が2位にジャンプアップ【明治安田J3第12節】

2023.06.03 22:25 Sat
3日、明治安田生命J3リーグ第12節の6試合が各地で行われた。

首位の鹿児島ユナイテッドは、勝ち点差2の4位につける奈良クラブのホームに乗り込んだ一戦。攘夷対決ということもあり、堅い展開になるが、鹿児島が押し込んでいく。
互いに決定機を作っていくが、ゴールは生まれず。風の影響もあり、前後半で主導権を握るチームが変わり、後半は風上に立った鹿児島が圧力をかけていくが、防戦一方の奈良の前にゴールを奪えず。0-0のゴールレスドローに終わった。

5位のFC今治は、11位のいわてグルージャ盛岡とアウェイで対戦。上位に食らいついて行きたいなか、12分に佐藤未勇にゴールを許し失点。それでも44分に照山颯人のゴールで追いつく。

後半はタイスコアで進んでいく中、76分に松原亘紀がネットを揺らし、岩手が勝ち越しに成功。そのまま2-1で勝利し、今治にとっては手痛い敗戦となった。
一方で、今治と勝ち点で並ぶ6位の愛媛FCはアウェイで最下位のギラヴァンツ北九州と対戦。開始11分に佐藤諒のゴールで先制。互いにフィニッシュの精度を欠いた試合は、そのまま0-1で愛媛が勝利し、2位に一気に浮上した。

その他、9位の松本山雅FCは19位のSC相模原と壮絶な打ち合いに。9分のオウンゴールを皮切りに、61分までに5-0とするが、そこから3失点。試合終盤に追い込まれたが、リードを守り切り5-3で勝利を収めた。

◆明治安田生命J3リーグ第12節
▽6/3(土)
福島ユナイテッドFC 0-1 Y.S.C.C.横浜
松本山雅FC 5-3 SC相模原
ギラヴァンツ北九州 0-1 愛媛FC
奈良クラブ 0-0 鹿児島ユナイテッドFC
いわてグルージャ盛岡 2-1 FC今治
FC琉球 3-0 アスルクラロ沼津

▽6/4(日)
《13:00》
FC大阪 vs AC長野パルセイロ
ガイナーレ鳥取 vs FC岐阜
《14:00》
ヴァンラーレ八戸 vs テゲバジャーロ宮崎
カターレ富山 vs カマタマーレ讃岐


関連ニュース

今治が2選手の負傷報告…FW日野友貴は右ヒザ内側側副じん帯、FWアンジェロッティは左ハムストリングを損傷

FC今治は21日、FW日野友貴、FWアンジェロッティの負傷を報告した。 日野は11日、アンジェロッティは15日のトレーニング中にそれぞれ負傷。検査の結果、日野は右ヒザ内側側副じん帯損傷、アンジェロッティは左ハムストリングス肉離れと診断されたとのことだ。なお、両選手とも離脱期間については明らかにされていない。 日野は愛媛県出身で、長崎総合科学大学を経て2020年からJFLのホンダロックSC(現ミネベアミツミFC)でプレー。昨シーズンは日本フットボールリーグ(JFL)で28試合19得点を記録しリーグ得点王に輝くと、今シーズンから今治に加入した。 アンジェロッティは母国ブラジルやオーストリアでのプレーを経て、2021年に柏へ加入。昨シーズンは大宮アルディージャにレンタル移籍されていたが、シーズン終了後に退団すると今年1月に今治加入が発表されていた。 2024.02.21 15:30 Wed

J3降格の大宮、昨季最終節での横断幕でサポーター3名が開幕から8試合入場禁止処分「誹謗中傷・侮辱となる不適切な横断幕」

大宮アルディージャは20日、2023シーズンの最終節でのサポーターの違反行為を報告した。 問題の行為が起きたのは、2023シーズンの明治安田生命J2リーグ最終節の東京ヴェルディ戦。試合後のセレモニーで発生した。 2023シーズンは21位と過去最低順位に終わり、クラブ史上初となるJ3降格も味わったシーズン。近年はJ2で残留争いに巻き込まれ続けた結果、最終的に降格となり、サポーターからは辛辣な横断幕も出されていた。 大宮によれば、その際に掲示された横断幕が試合運営管理規程に抵触。「クラブからの注意喚起があったにも関わらず、対象を特定し誹謗中傷・侮辱となる不適切な横断幕を掲出する違反行為をおこなった」とし、3名に対して処分を下すことが発表された。 当該行為を行った3名に対しては、2024シーズンの明治安田J3リーグの第1節ヴァンラーレ八戸戦から、第8節のFC大阪戦までの8試合の入場禁止と、同期間のYBCルヴァンカップの入場禁止という処分となった。 不甲斐なさを露呈し続けているクラブに対してのファン・サポーターのフラストレーションも理解できるところではあるが、違反行為をしては訴えも意味話さないことになる。 大宮は「クラブとして同様の事象が起らないよう、引き続き、安心・安全なスタジアム運営に努めてまいります。スタジアムにご来場いただく皆さまにおかれましても、リスペクトの精神を持った行動・言動を心掛けるとともに、ご来場の皆さまが安心・安全に観戦できるスタジアム運営の実現に向けて、観戦ルールの順守をお願いします」と呼びかけている。 2024.02.21 09:25 Wed

Jリーグが理念強化配分金とファン指標配分金の支給クラブと支給額を発表! 「DAZN」ベースのファン指標分配金の1位は浦和、最下位は福島に

Jリーグは20日、2024年度理念強化配分金の支給対象候補クラブ、2023年度ファン指標配分金支給対象クラブを発表した。 Jリーグは、2023シーズンの競技順位と人気順位に基づく理念強化配分金の支給対象候補クラブが決定した。 理念強化配分金は、2023年の明治安田生命J1リーグで1位から9位に対して送られるもの。また、2023シーズン年間ファン指標順位(DAZN視聴者数等1~9位)に基づく順位でも支給される。 競技面では初優勝のヴィッセル神戸から9位のセレッソ大阪までが支給され、神戸は2024年、2025年にそれぞれ2億5000万円ずつを手にする。2位の横浜F・マリノスは1億8000万円ずつ、3位のサンフレッチェ広島は、1億5000万円と7000万円を手にする。 また、ファン指標順位は1位が浦和レッズで1億7000万円。2位が神戸で1億2000万円、3位が横浜FMで7000万円と続き、9位はアルビレックス新潟で1500万円となった。なお、競技順位で9位以内に入っていないクラブでは7位にガンバ大阪、8位に北海道コンサドーレ札幌、そして9位の新潟となった。 さらに、「ファン指標配分金」として、13億4000万円をJリーグの全60クラブに分配。これは、2023シーズンのDAZN視聴者数やDAZNシーズンパス販売実績等で配分され、1位が浦和で8636万404円。2位が横浜FMに7123万3512円、3位が川崎フロンターレで7021万4068円となっている。なお、最下位は福島ユナイテッドFCとなり2076万217円が分配される。 ◆理念強化配分金(競技) 1位:ヴィッセル神戸 1年目ー2億5000万円、2年目ー2億5000万円 2位:横浜F・マリノス 1年目ー1億8000万円、2年目ー1億8000万円 3位:サンフレッチェ広島 1年目ー1億5000万円、2年目ー7000万円 4位:浦和レッズ 1年目ー1億5000万円、2年目ーなし 5位:鹿島アントラーズ 1年目ー1億2000万円、2年目ーなし 6位:名古屋グランパス 1年目ー9000万円、2年目ーなし 7位:アビスパ福岡 1年目ー7000万円、2年目ーなし 8位:川崎フロンターレ 1年目ー6000万円、2年目ーなし 9位:セレッソ大阪 1年目ー5000万円、2年目ーなし ◆理念強化配分金(人気) 1位:浦和レッズ/1億7000万円 2位:ヴィッセル神戸/1億2000万円 3位:横浜F・マリノス/7000万円 4位:川崎フロンターレ/5000万円 5位:鹿島アントラーズ/4000万円 6位:名古屋グランパス/3000万円 7位:ガンバ大阪/2500万円 8位:北海道コンサドーレ札幌/2000万円 9位:アルビレックス新潟/1500万円 ◆ファン指標配分金 1位:浦和レッズ/8536万404円 2位:横浜F・マリノス/7123万3512円 3位:川崎フロンターレ/7021万4068円 4位:鹿島アントラーズ/6722万4841円 5位:名古屋グランパス/6221万4555円 6位:ヴィッセル神戸/6138万6548円 7位:ガンバ大阪/5431万7495円 8位:北海道コンサドーレ札幌/5191万2112円 9位:FC東京/4830万3502円 10位:アルビレックス新潟/4659万8704円 11位:セレッソ大阪/4478万1280円 12位:清水エスパルス/4385万7401円 13位:サンフレッチェ広島/4189万2451円 14位:柏レイソル/3947万9046円 15位:湘南ベルマーレ/3870万9907円 16位:サガン鳥栖/3788万3437円 17位:アビスパ福岡/3583万6995円 18位:横浜FC/3270万4028円 19位:京都サンガF.C./3173万5711円 20位:ジュビロ磐田/2640万1864円 21位:東京ヴェルディ/2611万5857円 22位:ベガルタ仙台/1910万4092円 23位:ジェフユナイテッド千葉/1806万4432円 24位:大分トリニータ/1635万7892円 25位:FC町田ゼルビア/1635万1328円 26位:モンテディオ山形/1596万4500円 27位:大宮アルディージャ/1582万902円 28位:V・ファーレン長崎/1526万9362円 29位:ヴァンフォーレ甲府/1524万4783円 30位:ファジアーノ岡山/1302万4156円 31位:ロアッソ熊本/1260万2259円 32位:徳島ヴォルティス/1141万7554円 33位:ツエーゲン金沢/1107万4002円 34位:水戸ホーリーホック/1097万7559円 35位:栃木SC/1062万9663円 36位:松本山雅FC/1061万4671円 37位:ザスパクサツ群馬/1058万5271円 38位:レノファ山口FC/1056万340円 39位:いわきFC/1053万6990円 40位:ブラウブリッツ秋田/801万5290円 41位:藤枝MYFC/786万5302円 42位:鹿児島ユナイテッドFC/560万5374円 43位:愛媛FC/468万53円 44位:ギラヴァンツ北九州/461万2982円 45位:FC岐阜/412万575円 46位:カターレ富山/407万680円 47位:SC相模原/371万8217円 48位:FC琉球/366万5421円 49位:FC今治/364万1179円 50位:いわてグルージャ盛岡/349万1823円 51位:AC長野パルセイロ/342万817円 52位:カマタマーレ讃岐/320万23円 53位:ガイナーレ鳥取/301万1947円 54位:ヴァンラーレ八戸/272万2294円 55位:アスルクラロ沼津/265万404円 56位:奈良クラブ/246万5890円 57位:FC大阪/221万9666円 58位:テゲバジャーロ宮崎/221万417円 59位:Y.S.C.C.横浜/214万142円 60位:福島ユナイテッドFC/207万6217円 2024.02.20 20:15 Tue

今季は何名が来場? Jリーグがプロレスの日にちなみに蝶野正洋さんらユニフォームレスラー3選手をピックアップ

サッカー選手とは異なる力強い魅力で、会場を沸かせた。 Jリーグ公式X(旧:ツイッター)は、2月19日がプロレスの日であることから、昨季ゲストとしてJの会場に来場した、ユニフォーム姿のプロレスラー3名を紹介した。 鹿島アントラーズのホームゲームに登場したのは蝶野正洋さん。鈴木優磨ともスペシャル対談を行うなど、話題を集めた。 オカダ・カズチカさんはFC東京のホームゲームに来場。交流のあるMF松木玖生は、ゴールパフォーマンスでレインメーカーポーズも披露している。 モンテディオ山形のホームには地元出身の本間朋晃さんが来場。自身も山形サポで、当日はマイクパフォーマンスのみならず、”ハスキーボイス”でのスタメン紹介も好評を博した。 また、ポストに対しては"忘れてもらっちゃ困るぜ"と、ツエーゲン金沢戦に来場した関札皓太さんや、AC長野パルセイロ戦に姿を見せたドラゴン・ダイヤさん、レノファ山口FC戦に登場した青木優也さんなどを各方面が引用で紹介している。 23日に幕を開ける明治安田Jリーグ。パワフルなゲストの来場は、今季も楽しみだ。 <span class="paragraph-title">【写真】Jユニフォーム姿の蝶野正洋、オカダ・カズチカ、本間朋晃</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>今日は <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%81%AE%E6%97%A5?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#プロレスの日</a><br>\<br><br>昨シーズン、Jリーグの試合に登場したプロレスラーの皆さん<a href="https://twitter.com/hashtag/%E8%9D%B6%E9%87%8E%E6%AD%A3%E6%B4%8B?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#蝶野正洋</a> さん|<a href="https://twitter.com/masahirochono?ref_src=twsrc%5Etfw">@masahirochono</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%AA%E3%82%AB%E3%83%80%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%82%BA%E3%83%81%E3%82%AB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#オカダ・カズチカ</a> さん|<a href="https://twitter.com/rainmakerXokada?ref_src=twsrc%5Etfw">@rainmakerXokada</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%9C%AC%E9%96%93%E6%9C%8B%E6%99%83?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#本間朋晃</a> さん|<a href="https://twitter.com/kokeshi19761118?ref_src=twsrc%5Etfw">@kokeshi19761118</a><br><br>これからも共に日本のスポーツ界を盛り上げていきましょう! <a href="https://t.co/ZgTEuS8z0Y">pic.twitter.com/ZgTEuS8z0Y</a></p>&mdash; Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) (@J_League) <a href="https://twitter.com/J_League/status/1759367193714893062?ref_src=twsrc%5Etfw">February 19, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.20 16:30 Tue

琉球退団のMF人見拓哉がJFL鈴鹿に加入、昨季はJ3リーグ9試合に出場

FC琉球は20日、2023シーズン限りで退団したMF人見拓哉(26)が、日本フットボール(JFL)に所属するアトレチコ鈴鹿クラブへ加入すると発表した。 人見は2020年、立正大学から琉球へ加入してプロデビュー。初年度から明治安田生命J2リーグで8試合に出場したが、その後は出番の減少もあり2021年7月にAC長野パルセイロへレンタル移籍となった。 翌シーズンから琉球へ復帰すると、2023シーズンも引き続き所属。しかし、昨シーズンは明治安田生命J3リーグで9試合出場1ゴールの成績にとどまり、昨年11月に契約満了が発表されていた。 2024.02.20 12:35 Tue
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly