ペリシッチが慣れ親しんだドイツの地でバウンスバック誓う 「チームメイトと監督を信じている」

2022.10.05 00:37 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムのクロアチア代表MFイバン・ペリシッチがフランクフルト撃破への意気込みを語った。

チャンピオンズリーグ(CL)のグループDで本命と目されるトッテナムだが、前節のスポルティングCP戦での敗戦によって1勝1敗の2位に位置。ここからは同じく1勝1敗で3位につけるフランクフルトとの重要な連戦に挑む。

先週末に行われたアーセナルとのノースロンドン・ダービーを1-3で落とし、今季リーグ戦初黒星を喫した中で久々のドイツ帰還となったクロアチア代表は慣れ親しんだ地でのバウンスバックを期している。イギリス『フットボール・ロンドン』が同選手の会見コメントを伝えている。
「(ダービー敗戦後の雰囲気は)厳しかったよ。ダービーであろうと他の試合であろうと、負ければ嫌な気分になるものだ。だけど、フットボールでは、他のスポーツと同じように、またチャンスがある」

「もっと良い試合、もっと良いプレー、もっと走らなければならないし、クラブのために戦わなければならない。この前の試合では、それができなかった。僕はチームメイトと監督を信じているし、明日はそれを見せられると思っている。明日はグループリーグ突破に向けて、本当に大事な一歩になると思う」

また、過去にドルトムント、ヴォルフスブルク、バイエルンとドイツの3クラブでの経験を持つベテランアタッカーは、イングランドとドイツの違いについても言及。

「ドイツに戻るのはいつでも嬉しいよ。ドイツでは3つのクラブで5年間プレーし、多くのトロフィーを獲得することができた。また、ドイツで2人の子供を授かったことも、僕にとっては特別なことだね」

「リーグを比較すると、ドイツはとても似ていて、スペースが広い。ここで過ごした時間は楽しかったよ。プレミアリーグとの違いは、本当に良いチームが5、6チームあることかな。僕にとっては、それが唯一の違いだね。個人的には、同じようなリーグだと捉えているよ」

さらに、インテル時代もアントニオ・コンテ監督の下でプレーし、最終的にスクデット獲得の立役者となったペリシッチは、指揮官への信頼や自身と同じく新加入ながらあまり出場機会を得られていない同僚への助言も行っている。

「(コンテの下でのプレーは)初めは大変だった。何年かぶりにポジションを変えて、最初はちょっと大変だったね。でも、大丈夫だった。一生懸命やって、この2年半はこのポジションでプレーしている。悪くはないと思うけど、毎日、もっと良くできるはずだし、毎日改善しなければならない」

「僕はすべての新しいプレーヤーと話をしたけど、彼らはビッグクラブに来たことを理解する必要があり、忍耐強く、毎日働く必要がある。チャンスを待っている状況だけど、そのチャンスが来たら、彼らはそれを受け入れてうまくプレーしなければならない。そのようにしてのみ、彼らはチームがゲームに勝つのを助けることができるんだ」

「僕らの監督は過去にすべてのクラブでトロフィーを獲得したことは誰もが知っているし、彼は働くことが好きで、勝つことが好きだ。これは最も重要なことで、それこそ自分がイングランドに来た理由さ。僕も勝ちたいし、トッテナムで多くの良いことができることを示したい。今は良い状態だと思うし、あとは毎日ハードにやって、監督の言うことを聞くだけさ」

関連ニュース
thumb

教え子への愛が溢れるポチェッティーノ氏が驚きの願望「ケインとムバッペを一緒に…」

マウリシオ・ポチェッティーノ氏が夢のコラボを提案した。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えている。 昨季限りでパリ・サンジェルマン(PSG)の指揮官を退任し、現在はフリーのポチェッティーノ氏。同氏はイギリス『The Athletic』のコラム内で、かつて自身が指導したトッテナムのFWハリー・ケイン、PSGのFWキリアン・ムバッペの両者を褒め称えている。 「ハリー(・ケイン)はゲームに関与しながらリズムをつくっていく選手だが、キリアン(・ムバッペ)はその真逆。ボールに触れなくともリラックスしており、常に強い自信を持っている。足下にボールが来れば、相手をなぎ倒していく」 ケインは4年前のロシア・ワールドカップ(W杯)で得点王に。ムバッペはカタールW杯において現時点で得点ランキングの単独首位に。世界で唯一、両者を指導した経験を持つポチェッティーノ氏は、チャンスがあれば自身の下で両者を一緒にプレーさせたいという願望を語った。 「キリアンはフットボールを観るのも、話すのも大好きな青年。才能豊かな選手は戦術や組織、チームプレーに関心を示さない場合があるが、彼はそうではないよ」 「ゴールに最も集中している一方、戦術の話も大好きなのさ。これがハリーとキリアンを結びつけるポイントだ。本来、大物選手はフットボールのみを愛し、戦術への理解は好まない」 「トッテナムがハリーを売りたがるわけないし、彼自身もクラブを愛している。だが、もし退団するようならまた一緒に仕事したいね。2人の偉大なアタッカーを一緒にさせるなら、ケインとムバッペで決まりだ」 なお、ケイン擁するイングランド代表とムバッペ擁するフランス代表は、10日に行われるカタールW杯準々決勝でベスト4進出を懸けて激突する。 2022.12.09 21:08 Fri
twitterfacebook
thumb

アトレティコは1月のカラスコ売却望む…値下げも選択肢に

アトレティコ・マドリーはベルギー代表MFヤニク・フェレイラ・カラスコ(29)の売却を進めているようだ。 カラスコはベルギー代表としてカタール・ワールドカップ(W杯)に臨むも、前回のロシアW杯で3位に輝いた同代表はグループステージ敗退という結末に。自身も2試合に出場したが、印象的なプレーや結果は残せなかった。 今季は所属先のアトレティコでも苦戦気味。公式戦19試合で2得点2アシストを記録する一方、スタメンの座は保証されず、W杯前にはトッテナムやニューカッスル行きが噂に。年明けにもスペインの首都を離れる可能性があるようだ。 スペイン『Fichajes』によると、財政難のアトレティコは来年1月の移籍市場でカラスコの売却を模索。カラスコがW杯でベルギー共々評価を下げたため、買い取り先が現れるかどうかは定かでないものの、移籍金の値下げも選択肢だという。 カラスコとの契約は2024年6月まで。移籍金を得られるタイミングは限られていることから、なるべく早いうちに売却まで漕ぎ着けたいようだ。 2022.12.09 15:56 Fri
twitterfacebook
thumb

スパーズも日本代表MF鎌田大地に注目か、CL初得点の相手

日本代表MF鎌田大地(26)にトッテナム興味を持っているようだ。ドイツ『ビルト』が報じている。 現在在籍しているフランクフルトで評価を高める鎌田。今季は中断前まで公式戦22試合12ゴール4アシストという成績を収めており、自身初のチャンピオンズリーグでは初ゴールから3試合連続でネットを揺らし、決勝トーナメント進出に大きく貢献した。 日本代表が旋風を巻き起こしたカタール・ワールドカップでは、個人としてはいまひとつの結果となってしまったが、ヨーロッパでの評価はうなぎ上りで、獲得に興味を示すクラブは後を絶たない。 その中で『ビルト』は、トッテナムやドルトムントが強い関心を示していると主張。トッテナムは鎌田がCLで初ゴールを挙げた相手で、プレミアリーグの強豪に印象を深く植え付けたようだ。 鎌田とフランクフルトの契約は今季限りで満了を迎えているが、クラブは延長オファーを出している状況。去就は鎌田次第ということになるが、サムライブルーのゲームメーカーはどのようなキャリアを選ぶのだろうか。 2022.12.08 18:45 Thu
twitterfacebook
thumb

ポチェッティーノがスパーズ時代の教え子ソン・フンミンの劇的アシストに大興奮

元トッテナムの指揮官マウリシオ・ポチェッティーノ氏は、やはり教え子の韓国代表FWソン・フンミンを心から愛しているようだ。 2014年から2019年までトッテナムを率いていたポチェッティーノ氏。一方、ソン・フンミンは2015年にレバークーゼンから加入し、以降両者は師弟関係を築いてトッテナムの躍進に貢献してきた。 現在、イギリス『BBC』でカタール・ワールドカップ(W杯)のコメンテーターを務めるアルゼンチン人指揮官は、サウサンプトン、トッテナムで2度に渡ってソン・フンミンの獲得に動いていたことを明かしていた。さらに、自身が指導してきた中で最も優れた選手かとの問いに対しては、「そうかもしれないね。たぶん、そうだね」と絶賛していた。 そして、ポチェッティーノ氏は2日に行われた韓国代表vsポルトガル代表をアラン・シアラー氏、リオ・ファーディナンド氏と共に『BBC』の番組でスタジアムで観戦した際、教え子への愛情を爆発させた。 逆転でのグループリーグ突破に向けて勝利が必須だった韓国だが、後半アディショナルタイムを迎えるまで1-1のスコアで敗退濃厚だった。 しかし、91分にはロングカウンターからソン・フンミンが見事なドリブルでの運びからのスルーパスでFWファン・ヒチャンの逆転ゴールをお膳立てし、土壇場での劇的勝ち上がりを見せた。 その様子をスタジアム上部のスタジオで観戦していたポチェッティーノ氏は、思わずモニターではなく窓際からソン・フンミンのドリブル突破を見守り、ゴールが決まった瞬間には会心のガッツポーズ。さらに、ファーディナンド氏とシアラー氏から教え子のアシストを称賛されると、まるで自分の息子が褒められているような誇らしいリアクションを示した。 現在もトッテナムと良好な関係を築く同氏には将来的な古巣帰還の噂もあり、愛する息子との再会を期待するスパーズファンも多くいるはずだ。 <span class="paragraph-title">【動画】教え子ソンの活躍にポチェも大興奮</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Studio scenes… South Korea changing the full time analysis! <a href="https://twitter.com/hashtag/FIFAWorldCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FIFAWorldCup</a> <a href="https://t.co/DJ5opex78X">pic.twitter.com/DJ5opex78X</a></p>&mdash; Rio Ferdinand (@rioferdy5) <a href="https://twitter.com/rioferdy5/status/1598761996953870336?ref_src=twsrc%5Etfw">December 2, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2022.12.03 22:49 Sat
twitterfacebook
thumb

不協和音のフランス代表… 主将ロリス、直接言及せずも結束呼びかけ「グループ力が試される」

フランス代表キャプテンのGKウーゴ・ロリスが、カタール・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦のポーランド代表戦へ向けて意気込みを語った。 大会連覇を目指すフランス代表はグループDを首位通過し、4日に行われる決勝トーナメント1回戦でポーランド代表との対戦に。そんな最中、ディディエ・デシャン監督とDFバンジャマン・パヴァールの間に軋轢が生じていると伝えられ始め、同国ファンを中心に小さくない不安が広がっている。 スペイン『ムンド・デポルティボ』によると、チームを束ねるロリスは前日会見でこの件には触れず。その上で、チームが一丸となって戦わなくてはならないと述べている。 「戦いは新たなステージへと移った。勝てば次があるし、負ければ家に帰ることとなる。ここ(W杯)に残るためには、各々が可能な限りベストを尽くす必要がある。(ポーランド戦は)グループとしての力量が試される」 「繰り返すが、ミスは帰宅に直結する。このようなステージでリラックスできる瞬間はなく、肉体的にも精神的にも最高レベルでなくてはならない。それも90分間ずっとね」 直接の言及こそなかったものの、チームに結束を呼びかけた格好のロリス。自身も出場した2010年の南アフリカW杯ではチーム内の不和が決定的な要因となってグループステージ敗退を経験しているだけに、気が気でない部分があるのだろう。 2022.12.03 21:42 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly