Y・トゥーレが本領発揮期待のビスマに金言授ける 「毎日が向上、良くなるための時間」

2022.09.22 07:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムのマリ代表MFイヴ・ビスマが、憧れのレジェンドから貴重なアドバイスを受けた。

ブライトンでリーグ屈指のボックス・トゥ・ボックス型のMFとして評価を高めていた26歳は、国内外のビッグクラブの関心を集めた中、移籍総額3500万ポンド(約57億1000万円)でトッテナムに4年契約で加入した。

ここまではアントニオ・コンテ監督が指摘する戦術理解の部分で主力に後れを取り、公式戦7試合の出場の内、スタメン出場はウェストハム戦の1試合のみとなっている。それでも、直近のレスター・シティ戦では途中出場ながら[3-5-2]の中盤の一角で安定したパフォーマンスをみせ、今後は出場機会を増やすことが期待される。
そのマリ代表MFは今回、クラブの公式チャンネル『SPURSPLAY』で、以前から憧れていた元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレとの対談企画が実現。これまでバルセロナやマンチェスター・シティで活躍した世界屈指のMFは、現在トッテナムのアカデミーコーチを務めている。

そして、今回の対談企画ではその憧れの人物からビスマに対して、幾つかの貴重なアドバイスが送られた。

「私にとってフットボールは情熱であり、信念であり、高揚感だ。一番大事なことは、コーチングができるようになることだ。コーチングに努めることは、周囲に常に耳を傾け、集中すること、常に集中することに繋がる」

「コンディション調整にも注意した方がいい。プレミアリーグの試合は毎週あり、それは本当に、本当に重要なことだ」

「私にとってプレーすることは、常にトレーニングよりも重要だ。だからといって、トレーニングをするなと言っているわけではないよ。トレーニングをして、常にできる限りの準備を整える必要がある。なぜなら、それは自分の成長にとって非常に重要なことだからだ」

「私にとっては、より多くの試合でプレーすることで学び、成長してきた。代表チームや、プレミアリーグでプレーするように、世界中のさまざまなタイプのプレーヤーと対峙する。それはまったく異なるものだし、ますます学び、より良くなろうとしていた」

「アドバイスとしては、毎日、できる限り改善することだ。文字通り、毎日だ。時々、セッションやトレーニングに参加しても、退屈していたり、今日は何をするんだろうと思っているプレーヤーもいる。そのようなプレーヤーたちは、私がセッションに参加したとき、それが学び、向上するためのセッションであることに気づいていないんだ」

「これまでやってきたことを、もっと改善しなければならない。毎日、家に帰る前にマッサージを受けて、朝には1リットルか2リットルの水を飲んで、体の状態を整える。セッションに来て、たとえそれが悪いセッションでも、最高のセッションでも、監督は君を向上させるためにいるのだから、いかに自分を向上させることができるかを考えることが重要なんだ」

「最も重要なのは、いかにベストを尽くすかだよ。それによって初めて学んだものを自分のものにできるんだ。自分にとって毎日が、向上するため、より良くなるための時間なんだ。私にとっては、すべてがチャレンジだったが、すべてに学びがあったよ」

「たとえば、1時間のパスセッションがあったとして、自分のパスはもっともっと良くなっていかなければならない。そうすれば、もっといいパスができるようになるし、そうでなければダメになる。それを変えなければならないんだ」

なお、レジェンドからの数々の金言を真面目に聞いていたビスマだが、対談の締めくくりでは「みんな、バロンドールを獲りに行くから、覚悟しておけよ」とジョークをかましてレジェンドを爆笑させている。

徐々にブライトン時代の輝きの一端を垣間見せているマリ代表MFは、今回のアドバイスを通じて、ここから本領発揮なるか。

関連ニュース
thumb

「彼が憎たらしい笑」解説者も思わず…引退から1カ月経たずにゴルファーデビューのベイル、PGAツアーでプロも驚愕のスーパーショット披露

1月9日に現役引退を電撃発表した元ウェールズ代表FWガレス・ベイルがゴルファーとしてデビューを果たした。 ウェールズ代表としてカタール・ワールドカップ(W杯)を戦ったベイルは、その後にピッチに立つことはなく引退を発表した。 そのベイルは現役時代からサッカーと同様に愛していたのがゴルフ。自身の大会を開くなどの熱の入れようで、一時期はケガでサッカーがプレーできない中でゴルフをすることもあり、ゴルフの方が大事だとファンに揶揄されることも少なくなかった。 そのベイルは、アメリカプロゴルフのツアーであるPGAツアーの1つであるAT&Tペブルビーチ プロアマに出場することを報告していたが、ついにその夢が叶った。 156人のプロとアマチュアのゴルファーが出場するこの大会。ベイルはアメリカ人のョセフ・ブラムレットとペアを組んでいる。 アマチュアの参加者の中では10番目にハンディキャップが少ないベイル。その大会では、プロゴルファーも脱帽のスーパーショットを見せた。 グリーン脇のカートが通る道の外に出ていたボールをベイルがショット。すると、直接カップを狙うのではなく、手前のラフで一度バウンドさせてグリーンに乗せることに成功。カップまで1mもない位置につけるスーパーショットとなった。 これにはコース脇で見ていたコメンテーターも「彼が憎たらしいね」と冗談めいてコメント。プロゴルファーからも嫉妬されるほどのゴルフの腕前をしっかりと大会でも見せるあたりは、サッカーで大舞台に立ち続けてきた経験がなせる技なのかもしれない。 サウサンプトンの下部組織で育ったベイルは、2006年4月にファーストチームデビュー。2007年夏に加入したトッテナムでは2013年までの在籍期間に公式戦203試合56ゴール58アシストを記録した。 2013年夏にトッテナムから8500万ポンド(約115億3000万円)といわれる移籍金でレアル・マドリーに加入。クラブ公式戦通算251試合の出場で105ゴール68アシストの成績を収め、5度のチャンピオンズリーグ制覇や3度のラ・リーガ優勝など計15個ものタイトル獲得に貢献。キャリアの最後はメジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルスFCで過ごしていた。 カタール・ワールドカップ(W杯)では64年ぶりとなる出場に導くなど、ウェールズ代表最多の111キャップを誇り、40ゴールを記録していた。 <span class="paragraph-title">【動画】プロ顔負けの実力!ベイルが見せたとんでもないスーパーショット!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="DZfgmrryV88";var video_start = 86;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.03 12:50 Fri
twitterfacebook
thumb

スーパーコンピューターがプレミアリーグの最終順位を予想…今冬510億円投下のチェルシーは8位

あるイギリス企業が開発したスーパーコンピューターが、今季のプレミアリーグの最終順位を予測した。イギリス『サン』が伝えている。 冬の移籍市場が閉幕し、泣いても笑っても現スカッドで戦うのみとなった欧州リーグ。プレミアリーグでは例年通り、他国を圧倒する資金力で数多の移籍が成立した。 その中で今冬の主役となったのは間違いなくチェルシーだ。総額3億6360万ユーロ(約510億円)もの大金を投下し、ミハイロ・ムドリクやエンソ・フェルナンデスなど多くのビッグクラブが注目したタレントを次々と獲得。エンソ・フェルナンデスは英国史上最高額となる1億2100万ユーロの移籍金を記録した。 この移籍市場を踏まえてプレミアリーグの今後の順位変動は気になるところだが、イギリスのベッティング企業『bettingexpert』の専門家チームが、プレミアの最終順位表を予測するスーパーコンピューター『BETSiE』を開発した。 その『BETSiE』の予想では、優勝は現在トップのアーセナル。演算の結果、88.5ポイントの勝ち点でこのまま逃げ切るという。2位はマンチェスター・シティで82.9ポイント。3位にはマンチェスター・ユナイテッドがニューカッスルを抜いて割って入るとみられ、それぞれ勝ち点は71.4、70.9と僅差となっている。 5位と6位にはトッテナムとリバプールが予想されている。極度の不振に喘ぐ現在9位のリバプールだが、最終的にはなんとか欧州カップ戦の出場権を手にするようだ。 そして、気になるチェルシーはというと8位と結果振るわず。前半戦のような戦いを繰り返すと見込まれ、グレアム・ポッター監督の古巣であるブライトンにも及ばずという予測がなされている。 一方で、下位に目を向けると、最下位はエバートン。現在19位の同クラブはフランク・ランパード監督を解任し、後半戦の巻き返しに向けてショーン・ダイチ監督を招聘した。しかしながら最下位予想。現在降格圏に沈んでいるボーンマスとサウサンプトンと共に2部降格の可能性が高いようだ。 ◆スーパーコンピューター予想の最終順位表 (勝/引/負/勝ち点) 1. アーセナル(27.6/5.6/4.1/88.5pt) 2. マンチェスター・シティ(25.4/6.6/6.0/82.9pt) 3. マンチェスター・ユナイテッド(21.5/7.1/9.1/71.4pt) 4. ニューカッスル(19.3/12.9/5.0/70.9pt) 5, トッテナム(18.6/7.3/12.6/63.2pt) 6. リバプール(17.9/9.2/12.2/63.0pt) 7. ブライトン(18.0/8.5/11.7/62.5pt) 8. チェルシー(15.4/10.0/14.7/56.2pt) 9. ブレントフォード(13.8/12.9/10.2/54.4pt) 10. フルアム(14.6/7.8/16.1/51.5pt) 11. アストン・ビラ(14.1/8.8/15.9/51.1pt) 12. クリスタル・パレス(10.9/10.7/16.8/43.5pt) 13. ウェストハム(11.5/7.5/18.2/41.9pt) 14. リーズ(10.3/10.1/16.6/41.1pt) 15. レスター(10.4/7.7/20.9/39.0pt) 16. ノッティンガム・フォレスト(9.2/10.0/18.1/37.7pt) 17. ウォルバーハンプトン(8.8/9.5/19.8/36.0pt) 18. サウサンプトン(8.8/7.4/20.7/33.9pt) 19. ボーンマス(7.3/9.3/21.6/31.1pt) 20. エバートン(7.0/9.8/20.4/30.9pt) 2023.02.02 17:05 Thu
twitterfacebook
thumb

胆嚢の摘出手術受けたコンテ監督がメッセージ…「手術はうまくいき、もう気分は良くなっている」

胆嚢の摘出手術を受けたトッテナムのアントニオ・コンテ監督が、自身の公式SNSを通じて経過を報告した。 コンテ監督は先日に激しい腹痛を訴え、体調を崩していた。その後、医師による診断の結果、胆嚢炎が発覚し、1日に摘出手術を受けていた。 トッテナムサポーターを中心にイタリア人指揮官の体調を気遣う声がSNSであがっていた中、コンテ監督は術後に自身のインスタグラムを更新。多くのメッセージに対する感謝を伝えると共に、術後の経過が順調であることを明かした。 「素敵なメッセージをありがとう。私の手術はうまくいき、もう気分は良くなっているよ」 「今は回復するときだ。チームと一緒にフィールドに戻るのが待ち切れないよ」 なお、現時点でコンテ監督の復帰時期は不明だが、イギリスの国民保健サービス(NHS)によれば、胆嚢摘出手術後、通常の活動に戻るには最低2週間を要するという。 トッテナムは今月にマンチェスター・シティとの再戦、チャンピオンズリーグのラウンド16初戦のミラン戦、月末にはチェルシーとのダービーといった重要な試合を控えているが、しばらくはアシスタントコーチを務めるクリスティアン・ステッリーニ氏を中心としたコーチングスタッフ主導での戦いを強いられることになりそうだ。 2023.02.02 07:30 Thu
twitterfacebook
thumb

「心からここに来たかった」、スパーズ加入のペドロ・ポロが意気込む

スポルティングCPからトッテナムに加入したスペイン代表DFペドロ・ポロが、新天地での意気込みを語った。 ポルトガル屈指の名門での印象的な活躍により、今冬の移籍市場でトッテナムのトップターゲットとなったポロ。個人間での交渉はスムーズに進んだものの、クラブ間での交渉が難航。 それでも、移籍市場最終日の土壇場で、今夏の買い取り義務が生じる半年間のレンタル移籍での加入が決定した。 アントニオ・コンテ率いるスパーズの新たな右ウイングバックの主力候補は、クラブ公式チャンネル『SPURSPLAY』のファーストインタビューで新天地の印象について語った。 今シーズンのチャンピオンズリーグの対戦で、すでにトッテナム・ホットスパースタジアムの空気を経験したスペイン代表DFは、「何よりも、スタジアムとサポーターの雰囲気が印象的だね。チャンピオンズリーグでここに来たときに感じた熱狂的な雰囲気に、本当に感動したんだ」と、クラブを巡る雰囲気に好印象を抱いている。 さらに、「僕はこの移籍にとても満足しているんだ。心からここに来たかった。これは自分にとってまたとない機会だし、すべてがうまくいくことを願っているよ」と、意気込みを語った。 右サイドバックでもプレー可能なものの、攻撃面の特長を考えれば、現チームが採用する[3-4-3]の右ウイングバックに完璧に合致するプロフィールの持ち主は、自身の特長をチームにうまく還元できると考えている。 「僕はこのチームに多くのキャラクターとパーソナリティをもたらすことができる」 「何よりも、自分の野心と勝利への意志。今シーズンは僕らのかなりの数のリーグ戦も観てきたし、このチームをフォローしてきたから、今回は断言できる! 自分のキャラクター、野心、そして素晴らしい姿勢を提供することができるはずさ」 「(3-4-3のシステムは)僕にとって非常に良いことだと思う。それが、ここでプレーする可能性に非常に感銘を受けた理由でもあるんだ」 「そのようになることを願っているし、すべてがうまくいくことを一番に考えているよ。そして、シーズンの次のピリオドを良い形でスタートできるように、みんなにとって素晴らしいものになるように願っている」 「プレミアリーグでプレーすることは子供の頃からの夢だった。それが実現し、今週の日曜日にうまくいき、勝利を収めることを願っているよ」 なお、ポロのスパーズデビューが期待される5日のプレミアリーグ第22節の対戦相手は、古巣であるマンチェスター・シティだ。 2023.02.01 23:52 Wed
twitterfacebook
thumb

トッテナムのコンテ監督が激しい腹痛…胆嚢炎と診断され摘出手術、しばらく離脱へ

トッテナムは1日、アントニオ・コンテ監督が手術を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、コンテ監督は激しい腹痛を訴え、体調を崩していたとのこと。医師の診断の結果、胆嚢炎が発覚。1日に摘出手術を受けたとのことだ。なお、しばらくは回復に充てるためにチームを離れるという。 イギリスの国民保健サービス(NHS)によれば、再発を防ぎ、合併症のリスクを軽減するために摘出手術が推奨される可能性があるとのこと。完全回復には最大8週間かかるとされている。 1月28日に行われたFAカップ4回線のプレストン戦では、試合後の記者会見にアシスタントコーチのクリスティアン・ステッリーニ氏が登場していた。 トッテナムは現在プレミアリーグで5位。5日には2位のマンチェスター・シティと対戦する。 2023.02.01 20:50 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly