ウェールズ代表、デイビス&アレンがケガで不参加…18歳MFを初招集《UEFAネーションズリーグ》

2022.09.20 10:23 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウェールズサッカー協会(FAW)は19日、UEFAネーションズリーグ(UNL)2022-23に向けたメンバーの変更を発表した。

ロバート・ページ監督は、チャンピオンシップ(イングランド2部)のバーミンガム・シティに所属するMFジョーダン・ジェームズ(18)を初招集した。

ジェームズは、世代別のウェールズ代表を経験したほか、2022年3月にはU-20イングランド代表にも招集され2試合に出場した実力がある。
バーミンガムの下部組織出身で、ここまでファーストチームでは31試合で1ゴール2アシストを記録していた。

なお、トッテナムのDFベン・デイビスとスウォンジー・シティのMFジョー・アレンはケガのために招集外に。デイビスは足の小さな骨折、アレンはハムストリングの問題だという。

ウェールズは、22日にベルギー代表とアウェイで、25日にポーランド代表とホームで対戦する予定となっている。

関連ニュース
thumb

「数日前に友だちの1人を亡くした」 2発ラッシュフォードの天指差しパフォに込めた思い

イングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードが亡き友にゴールを捧げた。 カタール・ワールドカップ(W杯)のグループBで首位に立つイングランド代表は29日の最終節でウェールズ代表を3-0で撃破。グループステージ2勝1分け無敗で首位突破を決めた。 そんな一戦で輝きを放ったのがラッシュフォード。初戦のイラン代表戦でダメ押しの5ゴール目を記録したマンチェスター・ユナイテッドの10番は最終節で今大会初先発した。 0-0で折り返した50分に目の覚めるような直接FKを決め、先制点をもたらすと、68分にも左足でチームの3得点目。今大会の得点ランキングでも首位タイに浮上している。 圧巻のラッシュフォードだが、直接FKからのゴール時にひざまずいて天を指さすパフォーマンスを披露。ウェールズ戦を前に友人が闘病の末に帰らぬ人となってしまったようだ。 イギリス『デイリー・メール』によると、ラッシュフォードは試合後、友人であるガーフィールド・ヘイワード氏の死に直面しての一戦だったと明らかにした上で思いを馳せた。 「不幸にも、数日前に友だちの1人を亡くした。彼はかなり長いこと、がんと闘っていた。だから、彼のためにゴールを決められて嬉しいよ」 「彼はいつだって僕の大きなサポーターだった。人としても素晴らしかったし、僕の人生に彼がいてくれたのを本当に嬉しく思っている」 2022.11.30 16:55 Wed
twitterfacebook
thumb

64年ぶりのW杯でGS敗退のウェールズ…ページ監督「これ以上ないほど選手を誇りに思う」

ウェールズ代表のロブ・ページ監督がカタール・ワールドカップ(W杯)敗退もチームを誇った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ウェールズは29日に行われたグループB最終節で、イングランド代表と対戦した。ここまで2試合を1分け1敗で終え、グループステージ突破のためには勝利が必須だったが、立ち上がりから押し込まれる苦しい状況に。前半こそ無失点で抑えたものの、後半に守備が崩れて3失点し、0-3で敗れた。 この結果、ウェールズは64年ぶりのW杯でグループステージ敗退が決定。未勝利で大会を去ることになったが、試合後のページ監督はチームへの誇りを強調し、全力を尽くした選手をひたすらに称えた。 「結果はとても残念だ。前半はとても良かったし、選手たちの努力は並外れたものだった。我々はボールを握ったときにもう少しうまくプレーできたかもしれないが、選手たちを悪く言うつもりはない。彼らは今日、すべてを出し切ったのだから」 「ネガティブなことは話したくない。この大会から去るのは残念だが、去るのであればこうした形が良い。チームの前半のパフォーマンスは素晴らしかった」 「ハーフタイム5分前に、ガレス・ベイルはハムストリングに違和感を覚えた。ジョー・アレンは久しぶりのフル出場で全力を尽くした。ベン・デイビスは負傷で退場せざるを得なかった。ここにいられるのはチーム全員の努力の賜物であり、大きな成果だ。私はこれ以上ないほど、彼らを誇りに思う」 2022.11.30 11:31 Wed
twitterfacebook
thumb

「できる限り、そして求められる限り、続ける」 ベイルが代表引退説を否定

ウェールズ代表FWガレス・ベイル(33)はまだ代表の赤いユニフォームに別れを告げるつもりなどないようだ。イギリス『BBC』が報じだ。 長らくウェールズの看板選手として国の期待を背負って立つベイル。カタール・ワールドカップでは29日に行われたグループB最終戦のイングランド代表も敗れ、1分け2敗の最下位で敗退が決まった。 ハムストリングの負傷でハーフタイムにピッチを退き、苦い結果に終わった主将のベイル本人も今大会をもって代表レベルからの幕引きが懸念されたが、続行意向を口にして、その憶測を否定した。 「できる限り、そして求められる限り、続ける。今が難しい時期なのは明らかだけど、また頑張ろう。3月からは(ユーロの)予選が始まる。(W杯に)もっと長くいたかったけど、3月にまた戦うんだ」 2022.11.30 09:40 Wed
twitterfacebook
thumb

ラッシュフォード躍動のイングランドが英国勢対決に快勝! 首位通過でR16ではセネガルと対戦《カタールW杯》

カタール・ワールドカップ(W杯)のグループB最終節、ウェールズ代表vsイングランド代表が29日に行われ、イングランドが0-3で勝利した。 ここまで1敗1分けの最下位と64年ぶりの大舞台で苦戦を強いられるウェールズ。逆転でのグループリーグ突破に勝利が最低条件という状況で臨んだイギリス勢対決では、0-2で敗れたイラン代表戦から先発3人を変更。痛恨の退場となったGKヘネシーに代わってGKウォードを起用したほか、コナー・ロバーツとハリー・ウィルソンに代えてジョー・アレンとダニエル・ジェームズを起用。並びを[3-5-2]から[4-2-3-1]に変更した。 対して1勝1分けでグループ首位に立つイングランドは引き分け以上で突破を決められる優位な状況で最終節を迎えた。苦戦の末にゴールレスドローに終わったアメリカ代表戦からは先発4人を変更。トリッピアーとマウント、サカ、スターリングに代えてウォーカー、ヘンダーソン、フォーデン、ラッシュフォードを起用した。 戦前の予想通り、イングランドがボールを握って攻め手を窺う立ち上がりに。[4-4-2]のコンパクトな守備ブロックを敷くウェールズに対して、アンカーのライスを起点にボールを動かすが、なかなか効果的にボールを前進できない。 それでも、10分には切り替えの局面でケインからの完璧なスルーパスに抜け出したラッシュフォードがGKと一対一のビッグチャンスを迎えるが、チップキック気味に放ったシュートはGKウォードの見事な飛び出しに阻まれる。 以降はリスクを回避しながらフォーデンとラッシュフォードの逆足ウイング、サイドバックの攻撃参加を生かして攻め込むイングランドは、セットプレーから幾度かフィニッシュのシーンを創出する。 一方、ウェールズは守備で粘り強くやれているものの、最前線のムーアになかなかボールが収まらず。カウンターの起点を担うベイルとジェームズの両サイドも前向きで仕掛ける場面はほとんどなく攻撃が停滞。また、30分過ぎにはシュートブロックの際に脳震とうが疑われたネコ・ウィリアムズがプレー続行不可能となり、コナー・ロバーツの投入を余儀なくされるなど、耐える時間が続く。 前半終盤にかけては徐々に攻撃のギアを上げたイングランドが、フォーデンの反転シュートやラッシュフォードのアクロバティックなボレーなどで際どい場面を作るが、前半の内にリードを奪うまでには至らず。 迎えた後半、先に動いたのは勝利が必須のウェールズ。攻守両面で存在感を欠いたベイルを諦めブレナン・ジョンソンをハーフタイム明けに投入した。 これに対してイングランドは前半と同じメンバーも、ラッシュフォードとフォーデンを順足のサイドに入れ替える微調整を施すと、この変更が完璧に嵌った。 まずは50分、フォーデンの仕掛けでボックス手前左の好位置でFKを獲得。ここでキッカーのラッシュフォードが壁の間を狙った鋭いシュートを放つと、GKウォードが一瞬逆を突かれてゴール右隅に突き刺さった。 ラッシュフォードの見事な直接FKで2試合ぶりの得点を挙げたイングランドはさらに畳みかける。51分、前線からのプレスで右サイドのラッシュフォードがDFベン・デイビスの持ち出しを引っかけると、こぼれを回収したケインがボックス右からGKとディフェンスラインの間に見事なグラウンダーのクロスを供給。ファーにフリーで走り込んだフォーデンがニア下に難なく左足ワンタッチで流し込んだ。 この連続ゴールで突破に近づくイングランドは57分に3枚替えを敢行。負傷明けのウォーカーに加え、2戦連続フル出場のケインとライスを下げてアレクサンダー=アーノルド、カラム・ウィルソン、フィリップスを投入。さらに、65分には同じくフル稼働のショーに代えてトリッピアーが投入された。 ここからは負傷やカードリスクを避けつつ時計を進めることがメインとなるイングランドだったが、前がかりな相手の背後を突いて決定的な3点目を奪い切る。 68分、自陣深くでストーンズ、アレクサンダー=アーノルド、フィリップスと見事な繋ぎでプレスを回避し、ハーフウェイライン付近の右サイドで背後を狙うラッシュフォードへフィリップスからの高精度のフィードが通る。そのままボックス内に持ち込んだラッシュフォードはDFロバーツを切り返しでかわして左足を振ると、低い弾道のシュートをGKウォードがはじき出せずにゴールネットを揺らした。 その後、大勢が決した試合は敗退決定的も英国対決で意地を見せたいウェールズが一矢報いるゴールを目指すが、ムーアらが幾度か得たチャンスを決め切ることができない。一方、危なげなく時計を進めるイングランドはフォーデンやストーンズが4点目のチャンスを決め切れなかったものの、3-0のまま試合をクローズした。 この結果、W杯で初のイギリス勢対決に快勝のイングランドがグループB首位通過を決め、12月4日に行われるラウンド16ではグループA2位のセネガル代表との対戦が決定した。 ウェールズ代表 0-3 イングランド代表 【イングランド】 ラッシュフォード(後5) フォーデン(後6) ラッシュフォード(後23) 2022.11.30 05:58 Wed
twitterfacebook
thumb

「ムラがある」 イングランド代表OB、指揮官の手腕評価もW杯優勝不可と予想

元イングランド代表のクリス・ワドル氏は同代表を率いるガレス・サウスゲイト監督を称えた一方、カタール・ワールドカップ(W杯)優勝の望みは薄いと口にした。 イングランド代表はグループBの2試合を終え、1勝1分の勝ち点4で首位に。29日に行われる最終節のウェールズ代表戦で引き分け以上なら決勝トーナメント進出が決まり、敗戦でも大敗さえしなければ問題なしという極めて有利な立場にいる。 トッテナムのレジェンドとして知られるワドル氏はイギリス『サン』で、イングランドがウェールズ相手に躓くことはないと予想した上で決勝トーナメント以降の戦いを展望。手腕が疑問視されるサウスゲイト監督については取り立てて問題点はないと語った。 「UEFAネーションズリーグ(UNL)の成績が悪かった? なら、ドイツのハンジ・フリック(監督)は今ごろ無職だ。ヨーロッパ予選で勝てず、W杯に出られなかった国を見てみよう。それらの国の監督が全員解任されているのか?悪い試合結果から解任を叫ぶのはもっとも簡単なことだ」 「ガレス・サウスゲイト(監督)は前回のW杯で準決勝まで進み、EUROでは決勝を戦った。素晴らしい仕事をしたと思うね。彼自身が素晴らしかったのだ」 9月にはUNLでリーグBへと降格し、ここ数カ月、何かと批判されがちな指揮官を擁護したワドル氏。一方、チームのパフォーマンスの一貫性のなさを指摘し、56年ぶりとなるW杯優勝は不可能と予想している。 「ムラがあると言わざるをえない。一貫性のなさが優勝できないと思う理由だ。準決勝までは到達できるがね」 「最終ラインが心もとない。今の4バックは続けるべきだろう。相手に合わせて3バックを採用する場合もあるが、基本的に必要ないと思うね。柔軟に対応できると自信を持っているのなら、それは良いことだが…」 2022.11.29 17:57 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly