ブライトン新指揮官候補にマインツ指揮官が浮上!

2022.09.15 07:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
新指揮官を探すブライトンが、マインツ指揮官を新たにリストアップしたようだ。イギリス『The Athletic』が報じている。

今シーズン、開幕から4勝1分け1敗の4位と躍進を見せるブライトンだが、2019年夏からチームを率い、昨季にはクラブ史上最上位となる9位フィニッシュに導いたグレアム・ポッター監督が、トーマス・トゥヘル監督の後任としてチェルシーに引き抜かれることになった。

これにより、後任探しに着手するクラブは、ボデ/グリムトを率いるヒェティル・クヌートセン監督、サッスオーロやシャフタール・ドネツクを率いたロベルト・デ・ゼルビ氏の2名を有力な候補としてリストアップしている。
現時点ではクヌートセン監督が最有力候補に挙がる一方、ボデ/グリムトが引き抜き阻止の動きを見せており、交渉が難航している模様だ。

そういった中、クラブは新たな候補としてマインツを率いるボー・スヴェンソン監督(43)をリストアップしているようだ。

現役時代にデンマーク代表MFとしてコペンハーゲンやボルシアMG、マインツで活躍したスヴェンソン監督は、古巣マインツのユース年代での指導を経て、2019年はレッドブル・ザルツブルクのリザーブチームにあたるFCリーフェリングで監督キャリアをスタートした。

その後、2021年1月からマインツの指揮官に就任。昨シーズンのブンデスリーガでチームを8位に躍進させると、今季ここまでも3勝1分け2敗の6位と好調な滑り出しを見せている。

リーフェリング、マインツを通じて若手育成の手腕が高く評価されるデンマーク人指揮官は、[3-4-2-1]をメインシステムとして採用しており、ブライトンの現スカッドとの相性は悪くないはずだ。

関連ニュース
thumb

三笘の公式戦3戦連発弾でボーンマスを下したブライトンが公式戦連勝!《プレミアリーグ》

三笘薫の所属するブライトン&ホーヴ・アルビオンは4日、プレミアリーグ第22節でボーンマスと対戦し1-0で勝利した。三笘はフル出場で87分にゴールを記録した。 先週末に行われたFAカップ4回戦のリバプール戦を三笘の決勝弾で制したブライトンが、公式戦4連敗中のボーンマスをホームに迎えた一戦。ブライトンの三笘は左MFでリーグ戦6試合連続の先発出場となった。 ブライトンは13分に相手GKのパスミスを敵陣でカットしたウンダブが決定機を迎える。しかし、2度のシュートはメファムのシュートブロックやGKネトのセープに阻まれ、3度目のシュートは左ポストに弾かれた。 一進一退の展開が続く中、ブライトンは35分に右クロスの流れたボールをボックス左で拾った三笘の仕掛けからチャンスを作ったが、クロスはゴール前に詰めた味方に合わず。 ブライトンは40分にも、左サイドからマーチのクロスをウェルベックがヘディングシュートを放ったが、これは相手GK正面を突いた。 ゴールレスで迎えた後半も膠着状態が続く中、69分にピンチ。中盤からドリブルを仕掛けたがセメンヨが中央を切り裂き、ボックス内まで侵入。しかし、シュートはエストゥピニャンがスライディングブロックで阻んだ。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指すが、拮抗した展開が続く。それでもブライトンは87分、サルミエントの左クロスをボックス中央左で合わせた三笘が頭で合わせると、GKネトが右手で触るも弾ききれず、ゴールに吸い込まれた。 結局、三笘の公式戦3戦連発弾が決勝点となり、ブライトンが苦しみながらもホームで勝ち点3を獲得した。 2023.02.05 02:10 Sun
twitterfacebook
thumb

ブライトン指揮官がファンへお願い、移籍希望のカイセドへのサポートを求める「ファンと話し合いたい」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンのロベルト・デ・ゼルビ監督が、今冬に移籍の可能性があったエクアドル代表MFモイセス・カイセドへのサポートを願った。クラブ公式サイトが伝えた。 カイセドは今冬の移籍市場でチェルシーから熱烈なアプローチを受けたが、チェルシーはターゲットをベンフィかのアルゼンチン代表MFエンソ・フェルナンデスに変更して撤退していた。 その後、アーセナルも熱心に獲得に動き、何度もオファー。しかし、ブライトンは再三オファーを拒否。結果として、チェルシーのイタリア代表MFジョルジーニョを獲得した。 カイセドは今冬の移籍がチャンスと考え、自身のSNSを通じて移籍願望を示すなどしたが、結果として残留することが決定。チームのトレーニングにも復帰している。 移籍願望を明確に示したこともあり、ファンの中にはカイセドへの信頼を無くした人も少なくない。しかし、デ・ゼルビ監督はファンに対してカイセドへのサポートを訴え、サッカーの世界では起こり得ることだとした。 「モイセスがシーズン終了まで我々と一緒にいてくれることをとても嬉しく思う。私はファンに対して、彼を批判するのではなく、彼をサポートしてもらいたいので、ファンと話し合いたい」 「彼がミスをしたかどうかはわからないが、移籍市場は閉鎖されている。私は監督であり、彼に対する責任を負っている。ファンは私に従い、信じなければいけないと思う」 「選手やクラブ内で働く人々はモイセスを愛し、リスペクトしている。なぜなら彼は良い人間だからだ。彼らはサッカーの世界に住んでおり、このような状況が起こり得ることを知っているので理解していたと思うが、他の選手にとっても問題ではない」 ブライトンは4日にボーンマスと対戦する。 2023.02.04 22:50 Sat
twitterfacebook
thumb

「まるで三笘薫ショー」元同僚DFが語る三笘薫の凄み、スピードの変化は「ただただ恐怖」、魅力は「みんな一生懸命やる人が好き」

「彼は完全に試合の主導権を握った。そして僕たちに勝利をもたらした。まるで三笘薫ショーを見ているようだった。誰にも止められないね」 そう語ったのは、ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズのイングランド人DFクリスチャン・バージェス。昨シーズンは今世界を驚かせているブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫の同僚としてプレーした。 バージェスはミドルズブラやハートプール、ピーターボロ、ポーツマスでプレー。2020年7月にサン=ジロワーズに加入し、センターバックの軸としてプレー。DF町田浩樹と3バックを形成している。 そのバージェスが、イギリス『BBC』のインタビューに応じ、プレミアリーグで躍動し、衝撃を与え続けている三笘について語った。 バージェスが語った冒頭の試合は2021年10月16日に行われたジュピラー・プロ・リーグのスラン戦。ヨーロッパでの三笘の躍進がスタートした試合と言っても良い。 この試合、三笘はベンチスタート。スランが前半に連続ゴールを決め0-2とリードして後半へ。昇格組ながら好調を維持していたサン=ジロワーズ。三笘は途中出場が続いていた中、この試合で後半だけでハットトリックを達成。チームを4-2の逆転勝利に導いていた。 三笘はこの試合を境にスタメンの座を奪い取ることとなったが、チームメイトだったバージェスも驚いたと語った。 「深い位置でボールをもらい、ピッチを縦横無尽に駆け回り、4点目を決めた。あの時は『すごい、特別だ』と思ったのを覚えている。彼は本当に能力のある選手だと示していた」 異国から来た無名選手。日本でもプロとして1年半しかプレーしていなかった三笘は、当然ヨーロッパで知られている訳もない。バージェスは入団当初の三笘の様子を語る中、良いサポートを受ける体制を作っていたと明かした。 「彼はとても物静かだった。ナイスガイで、謙虚だったが、あまり話はしなかった。少し内気な性格だと思う」 「彼は日本から良いサポート部隊を連れてきたようだ。奥さんとフィジオ(理学療法士)が来てくれていた。家でのサポートを受け、親しみやすさがあったと思う。彼はただただ、ピッチの上で自分を表現していた」 ピッチ内のパフォーマンスに集中するために環境を整えていた三笘。実際にトレーニングなどで対峙していたバージェスは、三笘とのマッチアップは難しいと明かした。 「彼が走ってきて一対一になった時、正直どうして良いかわからなくなる。彼は外に出されてもそのスピードのまま回り込むし、右足にボールを持ってきてフィニッシュもできる。カバーすれば、中に切り込んでファーにパスを出すだろう」 「彼を止めた時はとても良い選手だと感じた。でも、それは僕が望んでいたほどにはいかなかった。彼が多くの能力を持ち、トップレベルでプレーできることは明らかだった」 そして特に危険だというのがスピードの変化。緩急をつけ、相手との間合いを生かす三笘のドリブルは恐怖だという。 「彼のスピードの変化はただただ恐怖だ。インサイドに切り込む時も、もう一度切り込んでアウトサイドに出る時も、動きと最初の数ステップの加速が速すぎる。致命的だ。最近、トレント・アレクサンダー=アーノルドに対してやっているのを見たけど、簡単にやっているように見えた」 ブライトンでその凄みが増している三笘。バージェスも最近のプレーには驚いているようだが、サン=ジロワーズでは大きな恩恵を受けていたと告白した。 「たまにチームがピンチに立たされている時、ただ考えるだけだった。『よし、ボールを取り戻せば、カオルに預けて、彼に仕事をさせよう』と思うはずだ」 「彼がボールを持ったらすぐに、他のチームは2人で対応したり、彼のスピードに負けて下がってしまう。彼のスピードは凄まじかった。おかげで、後ろは一息つけたけどね」 三笘に助けられていたサン=ジロワーズはレギュラーシーズンを首位で終了。プレーオフで優勝を逃したが、三笘はブライトンへとレンタルバック。そして今の活躍がある。 バージェスは三笘が見せる魅力はスピードやドリブルだけではないとコメント。異国の地でプレーを選択したこと、そこで直向きにプレーする姿勢がファンを掴むのだと見解を語った。 「みんな、良い人間や一生懸命やる人を見るのが好きだ。もし誰かが値するとしたら、それはカオルだ。日本からベルギーを経由してイングランドに行き、言葉も通じず、家族や友人と離れ離れになるということは簡単ではない」 「彼はそれを全て受け入れ、どんどん良くなっていった。その甲斐あって恩恵を受けている。彼の活躍を心から嬉しく思うよ」 <span class="paragraph-title">【動画】「ただただ恐怖」と語られる三笘薫の緩急をつけたドリブル突破!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="pU2tgZrtDdg";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】“三笘薫ショー”欧州での初ハットトリックは0-2からの逆転に繋がる</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="oj4s_etJWS8";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.03 22:37 Fri
twitterfacebook
thumb

カイセド代理人が今冬を語る…「テーブルの上にあるオファーを目にして、彼は…」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンに所属するエクアドル代表MFモイセス・カイセド(21)の代理人が口を開いた。 今冬、去就を巡る報道が相次いだカイセド。チェルシーの関心も示されるなか、2度のオファーを出したアーセナルが最終的にアドオン込みで7000万ポンドを積んだが、ブライトンに即却下され、移籍が実現しなかった。 カイセド本人も当初こそクラブ公式サイトで残留意思を打ち出したが、アーセナルの1stアタックが明らかになってから、自身のSNSでそれを覆す移籍志願の声明。だが、ブライトンのスタンスは最後まで揺るがなかった。 今冬の移籍マーケットが閉幕するまで練習参加が禁じられたカイセドは再合流したが、イギリス『サン』によると、代理人のマヌエル・シエラ氏は『Marca90Ec』で選手の明確な移籍意思と嘆願文の作成関与を認めた。 「テーブルの上にあるオファーを目にして、モイセスは『前に進みたい』と言った。あれは生涯における夢。人生で二度とないかもしれないチャンスだ」 「そして、あのステートメントの下書きを手伝った。彼にプレミアリーグでプレーする夢を叶えるチャンスを与えてくれたクラブへの願いと感謝を込めてね」 また、「明日、何が起こるかなんてわからない。練習でケガするかもしれない。何が起こるかわからないんだ」とも述べると、物議を呼んだ移籍嘆願文を含め、ブライトンと合意してのものだと正当性を強調している。 「モイセスは声明を発表する許可をクラブに求めた。彼が練習に参加せず、試合に出なかったのは彼らが休暇を与えたから。でも、ブライトンは彼を突き放しはしなかった」 「彼らは状況を理解し、彼のことをとても愛している。合意の上だったんだ」 2023.02.03 20:40 Fri
twitterfacebook
thumb

ブライトン残留のカイセドが練習復帰! 三笘薫らとハードなトレーニングに励む

ブライトン残留が決定したエクアドル代表MFモイセス・カイセドがトレーニングに復帰した。 今冬の移籍市場でステップアップを求めたカイセド。しかし、相思相愛と思われたアーセナルから届いた6000万ポンド(約96億2000万円)、7000万ポンド(約112億2000万円)の2度のオファーは、今冬の主力流出を望まないブライトンにいずれも拒絶された。 その頑ななシーガルズの姿勢を受け、今冬の獲得が困難と判断したアーセナルは、チェルシーのイタリア代表MFジョルジーニョ(31)にターゲット変更していた。 カイセドの移籍希望公言後、クラブは1月31日の移籍市場閉幕まで休暇を取るように伝えていたが、正式に残留が決定したことで同選手は1日からトレーニングに復帰した。 そして、2日にブライトンが公式SNSに投稿したトレーニング動画では、心機一転再びシーガルズでの戦いに集中するカイセドが、日本代表MF三笘薫らと共にハードなトレーニングに励む姿が映されている。 <span class="paragraph-title">【動画】カイセドが三笘らと共にハードなトレーニングに励む</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Intensity levels high in training! <a href="https://t.co/5fwiBa0MO9">pic.twitter.com/5fwiBa0MO9</a></p>&mdash; Brighton &amp; Hove Albion (@OfficialBHAFC) <a href="https://twitter.com/OfficialBHAFC/status/1621100343860908033?ref_src=twsrc%5Etfw">February 2, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2023.02.02 22:48 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly