UEFA、CL第1節の注目は「ハーランド、マネ、古橋亨梧」

2022.09.06 21:50 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本だけなく、全世界の視線を集めることになりそうだ。

欧州サッカー連盟(UEFA)公式によるチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節のプレビューのトップ画像に、セルティックの日本代表FW古橋亨梧が用いられた。

6日、いよいよ今季のCLグループステージがスタートする。
UEFAは5日、公式サイトで第1節の見どころを紹介。「昨季王者のレアル・マドリーはグラスゴーへの困難な遠征に、FWアーリング・ハーランド(マンチェスター・シティ)はセビージャを視界にとらえ、バイエルンはグループステージのキックオフに向けて旅路についている」と、始めている。

トップ画像を彩ったのは3人のストライカーだ。新加入ながらすでにリーグ戦6試合で10得点をマークしているハーランド。FWロベルト・レヴァンドフスキ(バルセロナ)という核を放出しながらも、開幕からの公式戦4試合で20得点を挙げたバイエルンをけん引する1人、FWサディオ・マネ

そして、昨季チャンピオンのレアル・マドリーをホームに迎えるセルティックからは、絶対的エースの古橋がピックアップされた。

UEFAによれば、セルティックとマドリーの対戦は過去に1度あり、UEFAチャンピオンズカップ時代の1979-80シーズン準々決勝で顔をあわせている。

このときセルティックはホームで2-0と勝利。当時アウェイでは0-3で敗れたものの、今回もグラスゴーでは波乱を起こす気配を十分に漂わせている。

2017-18シーズン以降、5季ぶりにCLのグループステージを戦うセルティック。名だたるストライカーと肩を並べた古橋には、何か期待せずにはいられない。



1 2

関連ニュース
thumb

W杯だけじゃない!女子CLでバルサが"らしさ"全開のパスワークからゴラッソ決める

カタール・ワールドカップ(W杯)が盛り上がりを見せているが、UEFA女子チャンピオンズリーグ(UWCL)でも素晴らしいゴールが生まれた。 24日、UWCLのグループステージ第3節、バルセロナvsバイエルンが、Spotifyカンプ・ノウで行われ、3-0でバルセロナが快勝。バイエルンのなでしこジャパンDF熊谷紗希は74分から途中出場を果たしている。 試合を通じて主導権を握ったバルセロナは、前半こそ無得点に終わったものの、後輩開始早々にブラジル女子代表ジェイゼ・フェレイラのヘディングで先制に成功。60分には左サイドをえぐったスウェーデン女子代表MFフリドリーナ・ロルフォの折り返しを、スペイン女子代表MFアイタナ・ボンマティが流し込んでリードを広げた。 さらに、その6分後にはこれぞバルセロナという、精錬されたビルドアップからダメ押しの3点目を奪う。 高い位置からはめに来たバイエルンのプレスをGKも使ってかいくぐると、中盤ではワンタッチのパスを駆使してサイドのスペースへ展開。最後は2018年U-17女子ワールドカップのMVP、FWクラウディア・ピナがボックス手前から鮮やかなミドルシュートを決めた。 この日も4万6937人の観衆を集め、完勝でタイムアップを迎えたバルセロナ。グループステージ3戦を終えて16得点1失点で全勝と、盤石の強さを発揮している。 <span class="paragraph-title">【動画】プレスをかいくぐるパスワークから最後はゴラッソで仕上げ!女子バルセロナが奪った3点目</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="b4NTgZVQ3cg";var video_start = 300;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.11.25 18:15 Fri
twitterfacebook
thumb

昨季決勝のリバプールvsレアルが実現し3年連続の対戦、PSGはバイエルン、鎌田&長谷部のフランクフルトはナポリと《CL》

7日、チャンピオンズリーグ(CL)のラウンド16組み合わせ抽選会が行われた。 カタール・ワールドカップ(W杯)がシーズン中に開催されることで、通常よりも過密日程で行われた今シーズンのCL。バルセロナ、アトレティコ・マドリー、ユベントスなど常連クラブがグループステージで敗退する波乱もあった。 一方で、昨シーズンのヨーロッパリーグ(EL)王者であり、日本代表MF鎌田大地、MF長谷部誠が所属するフランクフルトはクラブ初の決勝トーナメント進出に。一方で、日本代表MF守田英正が所属するスポルティングCPは3位でELプレーオフに回ることに。また、日本人4人が所属するセルティックは1勝もできずに敗退と明暗が分かれた。 前回王者のレアル・マドリーは、リバプールと対戦。昨シーズンの決勝カードがラウンド16で実現した。なお、2020-21シーズンは準々決勝で当たっており、3シーズン連続決勝トーナメントで対戦することとなった。 また、昨シーズン準決勝で敗れたマンチェスター・シティはRBライプツィヒと対戦。悲願のCL制覇を目指すパリ・サンジェルマン(PSG)はバイエルンとの対戦が決定した。このカードは2020-21シーズンの準々決勝と同じカードとなっている。 鎌田と長谷部が所属するフランクフルトはセリエAで首位を走るナポリと。2020-21シーズン王者のチェルシーは、ドルトムントと対戦する。 ◆2022-23シーズン CLラウンド16組み合わせ RBライプツィヒ(グループF・2位) vs マンチェスター・シティ(グループG・1位) クラブ・ブルージュ(グループB・2位) vs ベンフィカ(グループH・1位) リバプール(グループA・2位) vs レアル・マドリー(グループF・1位) ミラン(グループE・2位) vs トッテナム(グループD・1位) フランクフルト(グループD・2位) vs ナポリ(グループA・1位) ドルトムント(グループG・2位) vs チェルシー(グループE・1位) インテル(グループC・2位) vs ポルト(グループB・1位) パリ・サンジェルマン(グループH・2位) vs バイエルン(グループC・1位) 2022.11.07 20:27 Mon
twitterfacebook
thumb

「誰か説明してくれ」なぜ風船!? エンクンクのゴールパフォにファンも困惑「CLで最もユニークな1つ」

RBライプツィヒのフランス代表MFクリストファー・エンクンクのゴールセレブレーションが注目を集めている。 エンクンクは2日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループF最終節のシャフタール戦に先発し、フル出場。早々の10分に先制ゴールをマークした。 FWティモ・ヴェルナーのシュートのこぼれ球を押し込み、公式戦4試合連続得点を決めたエンクンク。ゴール後の歓喜に集まってくるチームメイトたちに抱擁されながらソックスを下ろし始めると、そこから取り出したのは風船だった。 赤い風船を膨らませ、咥えたまま天を仰ぐゴールセレブレーションを披露した24歳のMF。突然のバルーンパフォーマンスには「誰かわけを説明してくれ」、「このセレブレーションについて説明してください」と、ファンも困惑気味だった。 イギリス『スポーツバイブル』は「CLでの最もユニークなゴールセレブレーションの1つ」と紹介。フランス人ジャーナリスト、ファブリス・ホーキンス氏によると、これは2歳の息子とかわしていた約束だったとのことで、見事にゴールを決めたエンクンクは子供との約束を果たした恰好だ。 なお、エンクンクはセレブレーション後、風船を再び靴下にしまっている。仮にドッペルパックをしていた場合、再び使用したのか気になるところだ。 チームは後半に得点を重ね、4-0で快勝。2連敗からの4連勝で、グループ2位で決勝トーナメント進出を決めている。 <span class="paragraph-title">【動画】「わけを説明してくれ」エンクンクがゴール後に風船を膨らますセレブレーション</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/CkeA1s6DIcW/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/CkeA1s6DIcW/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/CkeA1s6DIcW/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ELEVEN Portugal(@elevensportspt)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.11.03 17:30 Thu
twitterfacebook
thumb

「これは好きなゴール」なでしこ戦には未招集、バルセロナのナイジェリア女子代表エースの一撃が衝撃的「来年はバロンドール」

結果は異なっていたかもしれない。 バルセロナ女子は19日、UEFA女子チャンピオンズリーグ(UWCL)グループD第1節でベンフィカをホームに迎え、9-0と圧勝。昨季準優勝の借りを返すべく、好スタートを切った。 この試合の3点目となるゴールを決めたのが、ナイジェリア女子代表FWのアシサト・オショアラ。規格外のミドルシュートが衝撃を呼んでいる。 バルセロナの2点リードで迎えた34分、DFマリア・ピラー・レオンのフィードがクリアされると、ボックス手前中央でこぼれ球拾ったオショアラが迷いなく右足を強振。弾丸ライナーを左上隅に突き刺した。 コンパクトな振りながらもこの威力。DAZNの公式ツイッターには「なぜ彼女は男子チームでプレーできないのですか?」、「来年はバロンドールを受賞」、「アフリカの女王」、「Great goal」、「これは好きなゴール」、「アフリカのゴールデンガール」、「ゴラッソだね」と、驚きのコメントが寄せられている。 2014年のU-20女子ワールドカップ(W杯)で得点王とMVPに輝き頭角を現したオショアラは、これまでアフリカ女子年間最優秀選手賞を5度受賞。バロンドール2022にもノミネートされていた。 バルセロナのセンターフォワードとしてだけではなく、ナイジェリア女子代表としてもエースとして君臨するが、6日のなでしこジャパン戦には招集されていなかった。 ナイジェリアは来年のオーストラリア&ニュージーランドワールドカップ(W杯)の出場権を獲得しており、日本と再戦する可能性は十分にある。世界レベルのストライカーのシュートレンジや威力を、肝に銘じておきたい。 <span class="paragraph-title">【動画】この振りでこの威力、バルサのナイジェリア女子代表FWのロケット砲!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">WHAT A STUNNING GOAL BY ASISAT OSHOALA!<br><br>A wonderful strike puts Barcelona three goals ahead of Benfica <a href="https://twitter.com/hashtag/UWCL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#UWCL</a> LIVE NOW<br> <a href="https://t.co/pD7NqwVyp8">https://t.co/pD7NqwVyp8</a><br> <a href="https://t.co/9Fl2s4Jc1I">https://t.co/9Fl2s4Jc1I</a><br> <a href="https://t.co/QqXmmfPhf7">https://t.co/QqXmmfPhf7</a> <a href="https://t.co/HfA8K2lZnw">pic.twitter.com/HfA8K2lZnw</a></p>&mdash; DAZN Football (@DAZNFootball) <a href="https://twitter.com/DAZNFootball/status/1582819376985649152?ref_src=twsrc%5Etfw">October 19, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.10.21 20:55 Fri
twitterfacebook
thumb

「北の王とサッカーの王」メッシと妻アントネラさんが『ゲーム・オブ・スローンズ』俳優と3ショット「本物だ」

意外な組み合わせが反響を呼んでいる。 11日のチャンピオンズリーグ(CL)グループH第4節でベンフィカをホームに迎え撃ったパリ・サンジェルマン。試合は両者ともに守備の強度が高く、1-1で勝ち点1を分け合った。 ただ、ふくらはぎに張りを感じているというアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、リーグ・アン第10節のスタッド・ランス戦に続いてベンフィカ戦を欠場した。そのメッシは妻のアントネラさんとともにこの一戦をスタンドで観戦。仲睦まじい様子で試合を観ていたが、この試合には他にも大物が観戦に訪れていたようだ。 それはイギリスの俳優であるキット・ハリントン。テレビドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のジョン・スノウ役で知られている。 アントネラさんは試合後にインスタグラムを更新。メッシとハリントンとの3ショットを投稿しているが、2人とも素敵な笑顔を見せており、余程嬉しかったようだ。 この豪華な1枚には、ファンも「北の王とサッカーの王」、「2人の王がここに」、「メッシはゲーム・オブ・スローンズを観てるんだろうな」、「すごい写真だ」、「本物だ」、「ジョンスノウ来てたのか」とコメント。放送時には世界を沸かせた『ゲーム・オブ・スローンズ』なだけに海外のファンから注目を集めていた。 <span class="paragraph-title">【写真】メッシとアントネラさんもこの笑顔!ジョン・スノウ役キット・ハリントンとの3ショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Jon Snow x Messi <a href="https://t.co/czkniOTaAj">pic.twitter.com/czkniOTaAj</a></p>&mdash; Booska-P (@booska_p) <a href="https://twitter.com/booska_p/status/1580106092260257794?ref_src=twsrc%5Etfw">October 12, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.10.12 20:30 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly