「相手選手へのリスペクトに欠けるものでした」福岡・クルークスが物議醸したフェアプレー無視のゴールを謝罪

2022.09.04 21:05 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
アビスパ福岡のMFジョルディ・クルークスが、物議を醸したゴールを謝罪した。3日、明治安田生命J1リーグ第28節のアビスパ福岡vs名古屋グランパスは波乱続出の展開となった。

試合は開始2分になる手前、ロングボールを処理しようとした福岡のGK永石拓海がボックスを飛び出ると、バックステップでクリアしようとしたDF宮大樹と頭同士が激突。そのまま2人とも倒れ込むが、味方同士の接触でもあり、この流れでプレーは止まらず、名古屋が森下龍矢のゴールで先制する。
早々にアクシデントが起こり、異様な雰囲気が漂う中、20分に再びアクシデントが起きる。

20分に福岡のクルークスがタックルを受けるが、これは正当なチャージに。しかし、痛んで倒れていたため、名古屋のレオ・シルバがボールを外に蹴り出した。

クルークスは大事に至らずプレーは再開。福岡の前嶋洋太がスローインで名古屋のGKランゲラックに戻そうとしたところ、このボールを福岡のルキアンがカット。クロスを上げると、クルークスが蹴り込み、同点に追いついていた。

このプレー自体はルールに違反したわけではないが、通例では相手選手が試合を止めるために故意に外に蹴り出したため、相手にボールを返すのがフェアプレー。どの試合でも見られる行為だが、それを無視してゴールを決めてしまった。

当然名古屋側が激怒。紳士協定違反と見られ、怒りを露わにするのは当然。そして、怒りの収まらない名古屋は、長谷川健太監督が長谷部茂利監督のところへ。2人の話し合いの結果、福岡が無抵抗で1点を与えることとなり、キックオフから永井謙佑が1人で持ち込んでゴールを決めた。

このゴールを決めてしまったクルークスは、一夜明けて自身のインスタグラムのストーリーズで謝罪した。

「みなさん、こんにちは」

「まずは、昨日のゴールについて皆さんに謝りたいです。あのゴールは、相手選手へのリスペクトに欠けるものでした」

「ただ、あのプレーは故意的なものではありませんでした」

「いつも僕を応援してくださっている方なら、僕がフェアで、誰に対してもリスペクトを欠かさない選手であると知ってくれているはずです」

「僕は最後までアビスパ福岡のために闘います。一緒に乗り越えましょう」

試合中は興奮状態にもあり、パスが来たから反射的にシュート打った可能性は考えられる。大きな物議を醸しただけに、冷静な判断をしてもらいたいところだ。

1 2

関連ニュース
thumb

福岡DF熊本雄太が2年ぶりに山形復帰! 「お久しぶりです」

モンテディオ山形は9日、アビスパ福岡からDF熊本雄太(27)の完全移籍加入を発表した。 熊本は東福岡高校、早稲田大学を経て、2018年に山形でプロ入り。初年度から主力センターバックとしてチームを引っ張り、今年から地元クラブの福岡に活躍の場を移した。 J1初挑戦となる移籍だったが、出番に恵まれず、公式戦14試合の出場に。来季のポジション奪取が期待されたが、わずか1年での山形復帰を決断した。 その山形の公式サイトを通じては「モンテディオ山形に関わる全ての皆さんお久しぶりです」と挨拶の言葉とともに抱負を語っている。 「またモンテディオ山形のユニフォームに袖を通し、戦えることを嬉しく思います。チームの目標でもあるJ1昇格の為に、全力で戦います。山形一丸で2023シーズンも戦いましょう。最高の後押しよろしくお願いします」 一方、福岡では「アビスパ福岡に関わる全ての皆さま、1年間ご支援、ご声援ありがとうございました」と感謝の言葉を続けた。 「久しぶりにベスト電器スタジアムでプレーでき、アビスパ福岡の応援を背に戦えてとても嬉しかったです。また成長した姿を見せられるように、日々精進します。本当に1年間お世話になりました」 2022.12.09 16:10 Fri
twitterfacebook
thumb

J1残留の福岡、古巣帰還のMF田中達也と契約更新

アビスパ福岡は8日、MF田中達也(30)と2023シーズンの契約を更新したことを発表した。 田中は福岡の育成組織出身で、九州産業大学在学中にはロアッソ熊本の特別指定選手としてJ出場を飾った。正式加入後のFC岐阜への期限付き移籍を含め、J2では95試合11得点を記録。2019年にはガンバ大阪へ加わり、自身初のJ1挑戦を果たした。 以降は大分トリニータ、浦和レッズを経て2022年に"古巣"福岡へ復帰。今季はリーグ戦、ルヴァンカップ、天皇杯を含めた32試合に出場し2得点をマークしていた。 2022.12.08 14:01 Thu
twitterfacebook
thumb

今治がかつて福岡でプレーしたスペイン人GKセランテスを獲得「みなさんが望む以上の力を発揮できるように頑張ります」

FC今治は8日、スペイン3部のログロニェスからスペイン人GKセランテス(33)を完全移籍で獲得したことを発表した。 セランテスは、アスレティック・ビルバオの下部組織や、セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)やセグンダB(スペイン3部)のチームを渡り歩いて、2014-15シーズンからレガネスでプレー。加入当初はスペインのセグンダ・ディビシオンに所属していたが、2015-16シーズンに2位でシーズンを終え、プリメーラ昇格。セランテスはそのシーズンはリーグ戦42試合に出場していた。 福岡には2019年に加入。正守護神として41試合に出場すると、2年目の2020シーズンも26試合に出場し、チームの5年ぶりのJ1昇格に貢献していた。 同年限りで退団し、短期契約でテネリフェに所属。その後、プリメーラ・ディビシオンRFEF(スペイン3部)のログロニェスへと移籍していた。 セランテスはクラブを通じてコメントしている。 「みなさん、こんにちは。ここに来ることができて、とてもうれしいです。来シーズン、2年ぶりに日本でプレーすることができます。そのため、FC今治にとても感謝しています」 「これからは、シーズンの開幕に向けて100%の力を発揮し、クラブの目標達成に向け、みなさんが望む以上の力を発揮できるように頑張ります」 「新スタジアムの雰囲気作りにご協力をお願いします。一緒に行こう今治!」 2022.12.08 13:05 Thu
twitterfacebook
thumb

C大阪が福岡のサイドアタッカーMFクルークスを完全移籍で獲得、J1で56試合8得点「全身全霊をかけてプレーします」

セレッソ大阪は7日、アビスパ福岡のベルギー人MFジョルディ・クルークス(28)を完全移籍で獲得した。 クルークスは、ベルギーのヘンクやOHルーヴェン、オランダのマーストリヒト、ヴィレムII、ローダでプレー。2021年に福岡に加入した。 福岡では右サイドのアタッカーとして2シーズンプレーし、明治安田生命J1リーグで56試合8得点、YBCルヴァンカップで11試合2得点、天皇杯で6試合2得点を記録していた。 クルークスは両クラブを通じてコメントしている。 ◆セレッソ大阪 「セレッソ大阪ファン・サポーターの皆さんへ。この度、アビスパ福岡より加入しましたジョルディ・クルークスです。セレッソ大阪という素晴らしいクラブでプレー出来ることを本当に嬉しく思っています」 「ゴールやアシスト、素晴らしいゴールへと繋がるプレーに加え、チームが掲げる目標を達成するために、全身全霊をかけてプレーします。セレッソ大阪のファン・サポーターの皆さんは、チームの一員です。僕たちと一緒に、目標に向かって突き進んで行きましょう」 「そして、皆さんがスタジアムで最高の時間を過ごせるよう、僕はたくさんのゴールとアシストでチームの勝利に貢献していきます。早く皆さんと会える日を楽しみにしています。スタジアムで一緒に喜びを分かち合いましょう」 ◆アビスパ福岡 「アビスパ福岡ファン・サポーターの皆様へ」 「とても心苦しいですが、皆様にお伝えしなければならないことがあります。この度、この素晴らしいクラブであるアビスパ福岡を離れることになりました。アビスパ福岡は僕にとって、初めての”海外挑戦”でした。その中で皆様は、最高の形で僕を迎えてくれて、またどんな時でも熱い応援とサポートをし続けてくれたこと、本当に心から感謝しています」 「僕がこんなにもアビスパ福岡を我が家のように感じられるのは、紛れもなくファン・サポーターの方々のお陰だと思っています。今回、僕はアビスパ福岡を離れることになりますが、これは皆様への”さよなら”ではありません。皆様とはまた、必ず会えます」 「そして皆様に1つ、覚えておいて欲しいことがあります。それは、アビスパ福岡のファンサポーターの熱い応援と歌声は、僕の、そして僕の家族の心にしっかり刻まれているということ。一生忘れることはありません」 「アビスパ福岡の監督・スタッフ、選手のみんな、アビスパのために働いて下さっている皆様、そしてアビスパ福岡を支える素晴らしいファン・サポーターの皆様、2年間本当にありがとうございました。また会いましょう!必ず!」 2022.12.07 13:33 Wed
twitterfacebook
thumb

福岡、残留に貢献の守護神・村上昌謙と来季の契約を更新!

アビスパ福岡は6日、GK村上昌謙(30)と2023シーズンの契約を更新したと発表した。 村上は大阪体育大学から2015年に当時J3のレノファ山口FCへ加入。水戸ホーリーホックへの期限付き移籍を経て、福岡には2020年から加わり、J1昇格を経験した。 自身初のJ1となった2021年は37試合でゴールを守り、"神セーブ"でチームを救った。今季もリーグ戦27試合に出場し、2年連続の残留へ貢献。ルヴァンカップでも6試合に出場し、クラブ史上初のベスト4入りを支えていた。 2022.12.06 14:10 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly