ヘタフェ、リーズ退団の元スペイン代表GKカシージャを獲得

2022.08.11 07:09 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヘタフェは10日、リーズ・ユナイテッドを退団した元スペイン代表GKキコ・カシージャ(35)をフリーで獲得した。契約期間は2023年6月30日までとなる。

カシージャは、マドリーの下部組織出身で、2007年にエスパニョールの下部組織へ移籍。2008年にエスパニョールでトップチームに昇格した。その後は、カディスやカルタヘナでプレー。2011年からはエスパニョールで守護神を務めると、2015年7月に古巣のマドリーへ完全移籍で復帰。

しかし、マドリーではGKケイロル・ナバスやベルギー代表GKティボー・クルトワの牙城を崩せず。2019年に1月にリーズへ完全移籍すると、2019-20シーズンにチャンピオンシップ優勝によるプレミアリーグ昇格に貢献。
だが、2020-21シーズンからはU-21フランス代表GKイラン・メリエに正GKを奪われ、以降はバックアッパーに。昨夏に出番を求めてエルチェにローン移籍した。 来季まで契約を残すカシージャは、今夏にひとまずリーズに戻ったが、1日に双方合意の下で契約を解除していた。

関連ニュース
thumb

ヘタフェに辛勝、チャビ監督は内容に満足せず「我々は上手くいっていなかった」

バルセロナのチャビ・エルナンデス監督は、ヘタフェ戦の内容に満足しなかった。スペイン『マルカ』が伝えた。 22日に行われたラ・リーガ第18節でヘタフェをホームに迎えたバルセロナ。立ち上がりから押し込むと、34分に左サイドのブラジル代表FWハフィーニャのクロスから、ゴール前に走り込だスペイン代表MFペドリが押し込んで先制に成功する。試合を折り返してもボールを支配する展開を続けたが、追加点は奪えず。それでもリードを確実に保ち、1-0で勝利した。 チャビ監督は試合後、「我々は上手くいっていなかった」とコメント。改善すべき点が多かったと語りつつも、しっかりと3ポイントを獲得したことは評価した。 「上手く攻められなかった。守備面では良かったが、これだけ相手のディフェンスラインが低いと攻撃も難しい。良い内容ではなかったし、改善しなければならない。しかし、この勝利はとても大切なことだ。クリーンシートも達成できた」 「ホームでのベストゲームとは言えない内容だった。スーペル・コパからの精神的な疲労を感じた。重要な勝利だが、我々は最高の状態ではない。それは正直に言うしかない」 また、41分にチームの不用意なミスからピンチを迎えるも、一対一の場面でビッグセーブを見せたドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンを称賛。守護神への揺るぎない信頼を示した。 「久々に最高のマルクが見れた。彼は自信に満ち溢れていて幸せそうに見える。1対1のセーブは素晴らしかった」 「彼はリーダーであり、セーブだけでなく足元の技術でもゲームの中で超越した存在になっていた。この活躍はとても嬉しい」 2023.01.23 10:22 Mon
twitterfacebook
thumb

ペドリ弾の首位バルセロナがヘタフェに省エネ勝利《ラ・リーガ》

バルセロナは22日、ラ・リーガ第18節でヘタフェをホームに迎え、1-0で勝利した。 前々節、アトレティコ・マドリーとの上位対決を1-0で制した首位バルセロナ(勝ち点41)は、スーペル・コパを制してチャビ体制下初タイトルを獲得。そして3日前に行われたセウタとのコパ・デル・レイでは5-0と圧勝。そのセウタ戦のスタメンからハフィーニャとセルジ・ロベルト以外の9選手を変更した。 ブスケッツのバルセロナ通算700試合出場を祝うセレモニーが行われて迎えたキックオフ。 15位のヘタフェ(勝ち点17)に対し、レヴァンドフスキとフェラン・トーレスを出場停止で欠くバルセロナは最前線にファティ、右にハフィーニャ、左にデンベレを据えた。 5バックで構えるヘタフェを立ち上がりから押し込んでいったバルセロナは、34分に押し切る。敵陣でボールを奪った流れから左サイドのハフィーニャがダイレクトでクロスを送ると、ゴール前に走り込だペドリが押し込んだ。 一方的に試合を進めていたバルセロナだったが、41分に不用意なミスから大ピンチ。ペドリのバックパスがマジョラルへ。GKテア・シュテーゲンは一対一を強いられたが、見事に止めて見せた。 バルセロナが1点をリードして迎えた後半、前半同様に敵陣でボールを持つ展開で推移する。 両者目立った好機なく時間が進んだ中、終盤の85分にバルセロナに追加点のチャンス。ロングカウンターに転じた流れでデンベレが持ち上がってラストパス。これを受けたボックス中央のケシエがシュートに持ち込んだが、GKソリアのセーブに阻まれた。 結局、1-0でバルセロナが勝利。省エネで勝ち点3をしっかりと積み上げている。 2023.01.23 04:34 Mon
twitterfacebook
thumb

レンタル移籍中のビジャールがモウリーニョ監督を非難 「彼の到着で僕の冒険は中断された」

ローマからヘタフェに期限付き移籍中のスペイン代表MFゴンサロ・ビジャールがジョゼ・モウリーニョ監督を批判した。 ビジャールは2020年1月にローマへ完全移籍。2020-21シーズンはセリエAで33試合に出場するなど、主力の1人として活躍した。 しかし、昨シーズンにモウリーニョ監督が就任すると、序列が低下。2021-22シーズン後半には出場機会を求めてヘタフェへ期限付き移籍した。 迎えた今シーズンもローマでの立ち位置は変わらず、昨夏にサンプドリアへレンタル加入。だが、同クラブの厳しい財政事情からレンタル先の変更を余儀なくされ、13日に再びのヘタフェ行きが決まった。 落ち着かない日々を送るビジャールはスペイン『COPE』の取材に応じた際、名前こそ出さなかったものの、暗にモウリーニョ監督を非難。指揮官による冷遇がキャリアを狂わせたと語った。 「ローマではとても素晴らしい経験ができたと思う。僕たち全員が知っている人物がやってくるまではね」 「僕は彼について話しいとは思わないよ。何かについて喋るより、静かにしていることを好むからね。でも、彼が到着した後で、僕のローマでの冒険は中断された。それによって、いくつかの困難な状況に陥ってしまったんだ」 また、ビジャールは約半年を過ごしたサンプドリアについても言及。長期間にわたって給料未払いがあったとし、選手を困難な状況に追い込んでいると断じた。 「僕はサンプドリアでそれなりにプレーができたが、あそこの財政状況は複雑だった。数カ月にわたって、給料は支払われていなかったからね。これは僕がプロのフットボール界で経験した、もっとも困難な状況だったと思う」 2023.01.18 11:10 Wed
twitterfacebook
thumb

ローマMFビジャールがヘタフェへ再レンタル、今季はサンプドリアでプレー

ヘタフェは13日、ローマのスペイン代表MFゴンサロ・ビジャール(24)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。レンタル期間は今季終了までとなっている。 エルチェとバレンシアの下部組織で育ったセントラルMFのビジャールは、2020年1月にエルチェからローマに移籍。2020-21シーズンは主力としてセリエA33試合に出場したが、ジョゼ・モウリーニョ監督が就任した2021-22シーズンは出場機会に恵まれず、シーズン後半にヘタフェへレンタル移籍していた。そのヘタフェではラ・リーガ10試合に出場していた。 そして今季もサンプドリアへレンタル。セリエA15試合に出場し、主力としてプレーしていた。 2023.01.13 22:40 Fri
twitterfacebook
thumb

ウルグアイ代表MFアランバリが手術を決断、4カ月の離脱でカタールW杯欠場へ

ヘタフェのウルグアイ代表MFマウロ・アランバリが手術を決断したようだ。スペイン『ムンド・デポルティーボ』が報じている。 アランバリは1日に行われたラ・リーガ第7節のレアル・バジャドリー戦で右足首を負傷し投入交代すると、以降のリーグ戦4試合を欠場していた。 ケガと相談しながら少しずつ慣らしていたいたが、先週グループ内で行われた検査でも痛みが引いておらず、手術を決断するに至ったようだ。 なお、『ムンド・デポルティーボ』によれば復帰までには4カ月かかるため、11月20日に開幕するカタールW杯に間に合わないことになった。 2022.10.26 00:30 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly