リーズの元スペイン代表GKカシージャがエルチェにレンタル移籍

2021.07.13 09:57 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エルチェは13日、リーズ・ユナイテッドから元スペイン代表GKキコ・カシージャ(34)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。

カシージャはレアル・マドリーのカンテラ出身。しかし、ファーストチームに昇格することなく、2007年7月にエスパニョールの下部組織へと完全移籍。2008年1月にファーストチームに昇格した。

その後は、カディスやカルタヘナへのレンタル移籍を経験し、2015年7月に古巣のマドリーに復帰する。

マドリーでは控えGKとなっていたが、2019年1月にリーズへと完全移籍。2019-20シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)で36試合に出場し、チームのプレミアリーグ昇格に貢献していた。

しかし、2020-21シーズンは若手GKのイラン・メリエにポジションを譲り、プレミアリーグでは3試合、FAカップ、EFLカップで1試合ずつの出場に留まっていた。

エルチェは昇格した2020-21シーズンを残留ラインぎりぎりの17位で終え、新シーズンもラ・リーガに所属することが決まっていた。

関連ニュース
thumb

リーガ5連勝のバルサ、チャビが“チームの心臓”ペドリを絶賛「最上級のフットボーラー」

バルセロナのチャビ・エルナンデス監督はスペイン代表MFペドリのパフォーマンスを称えた。スペイン『マルカ』が伝えている。 17日に行われたラ・リーガ第6節でエルチェをホームに迎えたバルセロナ。14分に相手選手がレッドカードを受けて退場となり、序盤から数的優位になると、34分にポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキのリーグ5試合連発となるゴールで先制する。勢いを完全に掴むと、41分にオランダ代表FWメンフィス・デパイが追加点を奪取。試合を折り返して48分にはレヴァンドフスキが再びゴールを決め、3-0で勝利した。 相手のシュートも1本に封じる完璧な内容でリーグ5連勝を達成するとともに、暫定首位に浮上したバルセロナ。チャビ監督は試合後、シーズン序盤戦で良い結果を残すことができていると喜んだ。 「重要な勝利だ。この試合へのアプローチは[5-4-1]という守備的なものだった。しかし、序盤は大きく劣勢になることもあった。結果的には予想以上にリラックスした試合になったがね」 「退場者が出たことで、全ての要素がよりポジションに影響を受けるようになった。後半は楽しめた」 「結果は非常にポジティブなものだ。バイエルン戦とラージョ戦は残念だったが、目覚ましいスタートといえるだろう」 また、この試合でも攻守にわたって大きな存在感を示し続け、先制点の起点にもなったペドリについても言及。攻撃の組み立てに欠かせないチームの司令塔を絶賛した。 「彼は試合というものを理解している。パスで違いを作り、ボールを失わない。最上級のフットボーラーだ。決断力があるし、バルセロナでプレーした中でも最高の選手の一人だ」 「彼の成功は約束されているが、我々は彼のことをケアしなければならない。我々はチームをうまく管理している。彼は誰とプレーしても、ほとんど違和感がない。彼は超一流のフットボーラーだ」 2022.09.18 17:03 Sun
twitterfacebook
thumb

デパイのゴラッソにレヴィがリーグ5戦連発! バルサが快勝でバイエルン戦敗戦を払しょく《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第6節、バルセロナvsエルチェが17日にカンプ・ノウで行われ、ホームのバルセロナが3-0で勝利した。 マドリード・ダービーの結果次第で首位浮上のチャンスもあるバルセロナは、開幕未勝利が続くエルチェとホームで対戦。前節のカディス戦を4-0の快勝で飾り、リーグ4連勝となったチャビ率いるチームだが、直近のチャンピオンズリーグ(CL)ではバイエルンとのアウェイゲームに0-2で敗戦。決して悲観すべき内容ではなかったものの、今季初黒星からのリバウンドメンタリティが試された。 インターナショナルマッチウィーク前最後の一戦に向けてはバイエルン戦から先発5人を変更。クリステンセン、マルコス・アロンソに代えてエリック・ガルシアとバルデ。ブスケッツとガビに代えてケシエとデ・ヨング、ハフィーニャに代わってデパイを起用した。 立ち上がりからボールを握るバルセロナは、[5-4-1]の守備ブロックを敷くエルチェに揺さぶりをかけていく。なかなかフィニッシュまで持ち込めない状況が続いたが、思わぬ形で大きなアドバンテージを得る。 14分、デ・ヨングのスルーパスに反応したレヴァンドフスキが相手ディフェンスラインと完璧に入れ替わると、DFベルドゥが抱きかかえる形で抜け出しを阻止した結果、決定機阻止で一発退場となった。 試合序盤に数的優位を手にしたホームチームは、相手が[4-4-1]で守り慣れる前に先制点を奪おうと前がかる。デンベレとバルデが幅を取りながら、クンデやケシエも中央で高い位置を取って攻撃にアクセントを加える。 デンベレのスピード、デパイの個人技でチャンスを創出していくと、24分にはボックス左で細かく仕掛けたデパイが中央の味方をオトリにニア下を狙うが、ここはGKバディーアの好守に遭う。 それでも、攻勢を続けるホームチームは34分、右サイド深くでボールを持ったデンベレからペナルティアーク付近のペドリを経由して左サイド深くに走り込んだバルデにボールが渡る。ここでGKとディフェンスラインの間に絶妙なグラウンダークロスが入ると、ニアに飛び込んでDFを引っ張ったデパイの背後にフリーで飛び込んだレヴァンドフスキが右足で流し込み、リーグ5試合連続ゴールとした。 良い時間帯にリードを手にしたバルセロナは畳みかける攻めを見せると、41分には再び左サイドのバルデからボックス左でDFジョンを背負ったデパイの足元にボールが入る。ここでオランダ代表DFは右足の足裏を使った巧みな反転から左足の強烈なシュートをニア上に突き刺した。 フィジカルとテクニックを高次元で融合したデパイの鮮烈な今季リーグ戦初ゴールで追加点を奪ったチャビのチームは、ハーフタイムにかけても多彩な攻めを披露。だが、レヴァンドフスキのシュートに詰めたペドリのゴールはオフサイドで取り消しとなり、3点目を奪うには至らなかった。 迎えた後半、2枚目のカードをもらうリスクがあったケシエを下げてガビをハーフタイム明けに投入したバルセロナ。立ち上がりから攻勢を仕掛けると、早々に3点目が生まれる。48分、右サイド深くでデンベレが入れた高速クロスがDFジョンのクリアミスを誘うと、ゴール前で詰めたデパイは押し込めずも、GKがかき出したボールをドフリーのレヴァンドフスキが冷静にゴール左隅に流し込み、ドブレーテを達成した。 これで完全に試合を決めたブラウグラナは59分、デパイとデンベレの両翼、エリック・ガルシアを下げてアンス・ファティ、ハフィーニャ、ベジェリンを一気に投入。その後も攻撃の手を全く緩めることなく、トリプレーテを狙うレヴァンドフスキ、ファティらが果敢にゴールを目指すが、敗色濃厚なエルチェもGKバディーアを中心に粘り強い守備で失点を許さない。 最後まで4点目を奪うことはできなかったものの、相手のシュートを1本に封じる完璧な内容でリーグ5連勝を達成。バイエルン戦敗戦のショックを払しょくする内容で暫定首位にも浮上している。 2022.09.18 01:13 Sun
twitterfacebook
thumb

元アルゼンチン代表F・フェルナンデスがエルチェと単年契約、ニューカッスルから移籍

エルチェは1日、ニューカッスル・ユナイテッドから元アルゼンチン代表DFフェデリコ・フェルナンデス(33)の獲得を発表した。契約は1年間となる。 フェデリコ・フェルナンデスは2018年8月にスウォンジー・シティからニューカッスルに加入。ニューカッスルでは通算82試合でプレーし、プレミアリーグ通算200試合の出場数を誇る。 そんな経験豊富なセンターバックだが、チームがオーナーの変更で生まれ変わりに向かう昨季からケガもあって出番が減らし、わずか7試合の出場に。今季はここまで出番なしだった。 なお、フェデリコ・フェルナンデスはナポリ時代の2012-13シーズン後半にヘタフェへのローン移籍を経験。それ以来のラ・リーガ上陸となる。 2022.09.02 09:50 Fri
twitterfacebook
thumb

ビジャレアルがエルチェDFモヒカを獲得! エストゥピニャンの穴埋め補強に

ビジャレアルは1日、エルチェからコロンビア代表DFホアン・モヒカ(30)を完全移籍で獲得した。契約期間は2026年6月30日までの4年となる。 モヒカは2011年に母国のアカデミアでプロデビューし、2013年にヨーロッパへ活躍の場を移した。これまでラージョやバジャドリー、ジローナ、アタランタなどでプレー。昨年1月にジローナからレンタル加入したエルチェではすぐさま主力に定着し、昨夏に完全移籍へ移行していた。 185cmの左利きのDFはサイドバックを主戦場に左サイドのすべてのポジションでプレー可能。ビジャレアルにとっては、ブライトンに引き抜かれたエクアドル代表DFペルビス・エストゥピニャンの穴を埋める補強となった。 2022.09.02 05:58 Fri
twitterfacebook
thumb

開幕から未勝利のセビージャ、ストライカーを緊急補強へ

セビージャが新たにストライカーの獲得を画策しているようだ。 昨季はラ・リーガで4位フィニッシュとなり、3シーズン連続でのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を手にしたセビージャ。しかし、今季は開幕節でオサスナに敗れると、ここまで3戦で1分2敗と、昨季からは予想のつかなかった不振に陥っている。 フレン・ロペテギ監督の解任も現実味を帯びてきている中、スペイン『マルカ』によると、セビージャのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるモンチ氏は、新たに前線の選手の獲得に向けて動いている模様。ブラジル代表DFジエゴ・カルロスとフランス代表DFジュール・クンデの二枚看板が去ったバックラインの補強ではなく、得点力向上を優先事項とするようだ。 同メディアによれば、モンチ氏がリストアップしたのはスペインで活躍するストライカーの2人。エルチェのアルゼンチン代表FWルーカス・ボジェ(26)と、エスパニョールのスペイン代表FWラウール・デ・トーマス(27)だ。 昨季のラ・リーガで7得点3アシストを記録したボジェは、エルチェからのステップアップを希望しており、セビージャにとっては絶好のターゲット。問題となっているのは金銭面で、クラブは3つのボーナス条件を含めた1000万ユーロ(約13億7000万円)の獲得オファーをすでに送ったが、2500万ユーロ(約33億9000万円)の要求額をはるかに下回るとして、エルチェから一度突っぱねられてしまったようだ。 一方のデ・トーマスは昨季公式戦で17得点を挙げ、昨年11月にはスペイン代表デビューも果たした、今夏の移籍市場における人気株。こちらも高額な移籍金がネックとなっているが、買い取り義務が付帯したレンタルという形態ならば獲得の可能性はあるようだ。 2022.08.29 19:10 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly