中盤を補強したいミラン、アーセナルMFサンビ・ロコンガに興味か

2022.08.10 23:05 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミランがアーセナルのベルギー代表MFアルベール・サンビ・ロコンガ(22)の獲得を目指しているようだ。イタリア『TuttoMercatoWeb』が報じた。

サンビ・ロコンガはDRコンゴにルーツを持つベルギー代表MF。アンデルレヒトで育つと、昨夏アーセナルへと完全移籍を果たす。

アーセナルでの1年目はシーズン当初は出番があったものの、トーマス・パルティグラニト・ジャカモハメド・エルネニーとのポジション争いがあり、公式戦24試合の出場に終わっていた。

今シーズンも開幕戦の終盤に出場したが、ミランが虎視眈々と狙っているという。

2026年までアーセナルと契約が残っているため、ミランが獲得するとしてもレンタル移籍になる見込み。ただ、中盤の補強を行いたいクラブは、出番が限られそうなサンビ・ロコンガに目をつけ、一気に話をまとめたい考えがあるようだ。

アーセナルはトーマス、ジャカ、エルネニーに加え、U-21ポルトガル代表MFファビオ・ヴィエイラも獲得。出場機会を与えるためにサンビ・ロコンガを貸し出す可能性はありそうだと見られている。

関連ニュース
thumb

ミランに痛手…代表戦で負傷の守護神メニャンが約1カ月の離脱へ

フランス代表での活動中に負傷したミランのGKマイク・メニャンは約1カ月の離脱となるようだ。 メニャンは22日に行われたUFFAネーションズリーグ(UNL)のグループA・グループ1第5節のオーストリア代表戦に先発。しかし、左ふくらはぎを痛め、ハーフタイムにGKアルフォンス・アレオラとの交代でピッチを退いた。 翌日、フランスサッカー連盟(FFF)はメニャンが25日に控えるデンマーク代表戦でのプレーが不可能になったと発表。代表チームからの離脱が決定した。 イタリア『スカイ』によると検査の結果、メニャンの離脱期間は約1カ月となる模様。チャンピオンズリーグ(CL)でのチェルシーとの連戦や、来月8日に行われるセリエA第9節のユベントス戦といったビッグマッチも欠場する見込みだ。 昨夏にリールから加入し、昨シーズンのスクデット獲得に大きく貢献したメニャンは今季も公式戦全9試合に出場。不動の守護神の離脱はミランにとって大きな痛手となりそうだ。 2022.09.24 15:34 Sat
twitterfacebook
thumb

負傷のメニャン&クンデがフランス代表を離脱…マンダンダが追加招集に

フランスサッカー連盟(FFF)は23日、GKマイク・メニャン(ミラン)とDFジュール・クンデ(バルセロナ)がフランス代表から離脱したことを発表した。 フランスは22日に行われたUEFAネーションズリーグのオーストリア代表戦に2-0で勝利。グループリーグ初勝利を手にした。 しかし、同試合では左ハムストリングを痛めたクンデが前半途中に、左ふくらはぎを痛めたメニャンがハーフタイムでピッチを後にしていた。 今回の発表によると、両選手は25日に控えるデンマーク代表戦でのプレーが不可能であることからこのタイミングでの代表チーム離脱が決定したという。 これを受け、メニャンの代役としてスタッド・レンヌのGKスティーブ・マンダンダが追加招集されている。 2022.09.23 22:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ベテランFW多いミラン、19歳ホイルンド&22歳クドゥスに関心?

ミランが来夏に若手ストライカーの補強を計画しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ミランは今夏にFWディヴォク・オリジを獲得も、同選手は加入後、未だスタメンの機会がなく得点もなし。さらに現在はケガで離脱中と、期待に見合う選手かどうか疑念が生まれつつある。 不動のエースは昨季同様にFWオリヴィエ・ジルーで、今季も公式戦9試合5得点とさすがの働き。だが、ジルーは今月30日で36歳になり、FWズラタン・イブラヒモビッチも40歳。こういった背景があり、若手ストライカーを何人かリストアップしているという。 先日はザルツブルクのスイス代表FWノア・オカフォー(22)への関心が報じられたが、イタリア『トゥット・スポルト』によると、アタランタのデンマーク代表FWラスムス・ホイルンド(19)とアヤックスのガーナ代表FWモハメド・クドゥス(22)も有力な候補とのことだ。 ホイルンドは今夏にアタランタ入りしたばかりだが、セリエA第5節で初ゴールを記録し、最新のデンマーク代表メンバーに初選出と勢いに乗る。一方のクドゥスも今季の公式戦ですでに7ゴールを記録。いずれもカタール・ワールドカップ(W杯)出場が期待される新進気鋭のストライカーだ。 2022.09.22 19:35 Thu
twitterfacebook
thumb

内転筋負傷のテオ・エルナンデス、チェルシー&ユベントス戦欠場か

ミランのフランス代表DFテオ・エルナンデスが代表ウィーク明け後に行われるチェルシーとユベントス戦に出場できない可能性があるようだ。『フットボール・イタリア』が報じている。 テオ・エルナンデスは18日に行われたセリエA第7節ナポリ戦でフル出場。一時同点となるアシストを記録したが、この試合で右足内転筋を痛めたとのことだ。 フランス代表招集を辞退し、ミランでリハビリに励むことになったテオ・エルナンデスだが、『フットボール・イタリア』は復帰まで3週間を要すると主張。 その場合、10月5日に行われるチャンピオンズリーグ第3節チェルシー戦、同8日に行われるセリエA第9節ユベントス戦を欠場する可能性が高いと報じている。 2022.09.20 23:45 Tue
twitterfacebook
thumb

上位対決で今季初黒星のミラン…ピオリ監督は「間違いなくがっかりしている」

ミランのステファノ・ピオリ監督が、内容を反映していない敗戦を嘆いた。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ミランは18日に行われたセリエA第7節で、勝ち点「14」で並ぶナポリと対戦した。 公式戦3連勝中のチームはこの日も積極的な入りを見せたが、相手GKの好プレーもありチャンスを決めきれないままハーフタイムへ。後半開始早々にPKで先制されると、69分にFWオリヴィエ・ジルーのゴールで一度は追いついたものの、78分に再度失点するとそのまま1-2で敗れた。 連勝ストップで今季初黒星を喫した試合後、ピオリ監督は結果への失望を隠さず。多くのチャンスを作りながら得点に繋げられなかったことを嘆き、改善する必要があると強調した。 「私は間違いなくがっかりしている。チームがあのようなプレーを見せたなら、試合に負けて良いはずがない」 「フットボールはこういうものだとも言えるが、我々は無敗記録を気にしており、今日のようなプレーができたのにそれを失うのは残念だ。チャンスはいくらでもあったのに、1点のみだったのは失敗だった。これからは、もっと良い結果を出す必要がある」 「守備を発展させる必要はあるが、我々はリバプールに4点を決めたナポリ相手に、枠内シュートは4本しか与えていない。後ろのシステムは機能していたと思う。ただ、2失点目は明らかにいくつかのミスがあった」 また、ピオリ監督はこの試合で得点にも絡んだMFチャールズ・デ・ケテラエルを称賛。加入後最高のパフォーマンスだったと称え、今後さらに成長するだろうと期待した。 「デ・ケテラエルは今シーズン最高のパフォーマンスだった。彼には時間が与えられるべきだが、私は今日のプレーがとても好きだ。彼は攻撃においてチームでますます決定的な存在になると確信している」 2022.09.19 12:13 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly