ファビオ・ヴィエイラ Fabio VIEIRA

ポジション MF
国籍 ポルトガル
生年月日 2000年05月30日(23歳)
利き足
身長 170cm
体重
ニュース クラブ
ニュース一覧

ユーティリティ性を武器にしたセドリックが4年半過ごしたアーセナル退団を表明「本当にありがとう!」

アーセナルの元ポルトガル代表DFセドリック・ソアレス(32)が退団を表明した。 スポルティングCPで育ったセドリックは、2015年7月にサウサンプトンへと完全移籍。インテルへのレンタル移籍を経験すると、2020年1月にアーセナルへとレンタル移籍。同年7月にフリーでアーセナルに完全移籍を果たした。 2023年1月からは半年間フルアムへとレンタル移籍も経験したセドリック。ユーティリティさを武器に右サイドバックだけでなく、左サイドバックやサイドハーフでもプレー。アーセナルでは4シーズンを過ごし、公式戦64試合に出場し2ゴールを記録していた。 ただ、近年は右サイドバックにDFベン・ホワイトが君臨。左サイドバックもDFオレクサンドル・ジンチェンコが加わると、自身のユーティリティ性を凌駕したのが日本代表DF冨安健洋。左サイドバックを主戦場に、右サイドバック、時にはセンターバックでも起用され、今シーズンは左右のサイドバックでプレーできるDFユリエン・ティンバーも加入したことで出番がほとんどなく、公式戦5試合の出場に終わっていた。 セドリックは自身のインスタグラムを通じて退団の挨拶を行った。 「なんていうチーム、なんていうクラブなんだろう」 「僕がチームと言っている時、全ての選手のクオリティ、みんなが示すプロフェッショナリズム、そして素晴らしい人間性が、まさにそれを意味しているからだ。本当にありがとう!」 「僕がクラブという時、それは最高レベルで戦うことを可能にするためにピッチ内外で常に懸命な時間を費やしている全ての部門、全てのスタッフを意味する」 「そして全てのファンのみんな、本当にありがとう!あなたたちは、いつでも僕の心の中の特別な場所にいる!」 「アーセナル(ハート)」 これにはチームメイトのDFウィリアム・サリバやMFファビオ・ヴィエイラ、MFマルティン・ウーデゴール、GKダビド・ラヤらがコメント。別れを惜しんだ。 <span class="paragraph-title">【動画】4年半過ごしたセドリックが退団を表明</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/C7MB92htKBf/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/C7MB92htKBf/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/C7MB92htKBf/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Cédric Soares(@cedricsoares41)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2024.05.21 09:47 Tue

アルテタ、難敵リバプールとの新年初戦に向け「チームはもっと多くのものを与えないといけない」

アーセナルを率いるミケル・アルテタ監督が、2024年初陣となるリバプール戦に向けた展望を語った。クラブ公式サイトが会見コメントを伝えている。 ウェストハム、フルアムとのロンドン・ダービーで連敗を喫して厳しい形で2023年を終えたアーセナル。2024年初戦となるFAカップ3回戦では、プレミアリーグで優勝を争うリバプール相手にバウンスバックの勝利を狙う。 このビッグマッチに向けた公式会見に出席したスペイン人指揮官は、最新のチームニュースに言及。DFオレクサンドル・ジンチェンコが復帰に近づいている一方、MFトーマス・パルティ、MFファビオ・ヴィエイラ、DFユリエン・ティンバーらは復帰まで時間を要すると説明している。 「ジンチェンコは順調に回復している。明日(6日)はまたトレーニングセッションがあり、彼がプレーして試合に出場できるかどうかを評価する予定だ」 「トーマスの復帰は希望的観測では数週間だ。何週間かかるかは、チームとのトレーニングの次のステップにどれくらいの時間がかかるかによって少し異なるが、彼は順調に進んでいる」 「ファビオ・ヴィエイラは我々が望んでいる場所からまだ少し遠いが、彼は働き続ける必要があり、今後数週間以内に彼を起用できることを願っている」 「ティンバーは非常に良くやっているが、チームで練習するのにはまだ程遠いし、チームと競争するには程遠く、我々は彼がすぐに戻ってくることを期待していない」 また、今冬の移籍市場では一部でストライカー補強や左サイドバックの補強の可能性が取り沙汰されている。しかし、現状では積極的に動く可能性が低いことを示唆している。 「我々は移籍市場にオープンだが、やはり我々が保有するプレーヤーを最大限に活用することに重点を置いている。可能性があるかどうか、何か良い選択肢があるかどうかを理解するためにクラブと協力していくが、まずは我々が抱えているプレーヤーに焦点を当てる」 「(補強なしに終わる場合も想定しているか?)それは可能性だ」 肝心のリバプールとの重要な一戦についてはFAカップへの敬意を改めて示すと共に、1-1のドローに終わった2週間前のリーグ戦の対戦と同様にスペクタクルな試合になると予想する。 「前にも言ったように、特にクラブにとってFAカップは素晴らしい大会だ。我々は誰よりも何度も優勝しており、素晴らしい試合と好成績を期待している」 「(リバプールとは)2週間前に試合をしたが、素晴らしい試合だったし、また本当に良い試合になると確信している」 「(抽選結果は)我々に選択の余地がない。両チームに言わせれば、おそらくドローでもっと何か違うことを期待していたと思うが、このラウンドでは信じられないほどの激突があり、それに向かって行かなければならない」 「(勝ち上がりに向けて)チームはもっと多くのものを与えないといけない。チームはその戦い、攻撃性、威嚇、支配力を相手に伝えなければならない。チャンピオンズリーグの試合など、今シーズンの特定の試合で、我々は次のステップを作り上げた」 先月はチームとして多くの勝ち点を失い、コンペティションは異なるものの、ここで3連敗を喫すると、リーグ後半戦に向けてもネガティブな影響が懸念されるところ。 アルテタ監督は「今シーズン最低」と酷評したフルアム戦を「一度限り」のものとすべく、自身を含めてしっかりと改善したいと語っている。 「それは一度限りのものであり、再びそうならないことを願っている。試合の特定の時間帯でチームがあのような姿になってしまうところを見たことがなかった。そうならないことを祈る」 「それは我々の勢いに影響を与えた。クリスマスの日まで、我々はリーグのトップだった。その6日後、我々は4位だ。したがって、顕微鏡や望遠鏡を使ってもう少し遠くまでもう少し広い視点で物事を見てみたいという誘惑に駆られることがある。ただ、私の最大の仕事は、望遠鏡を覗いて物事を適切な方法で分析し、一つのパフォーマンスに影響されないようにすることだ。つまり結果ではなく、一つのパフォーマンスにフォーカスするということだ」 2024.01.07 09:30 Sun

「戻る可能性はある」負傷中の冨安健洋にアルテタ監督が言及、アジアカップ出場の可能性もゼロではない?

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、日本代表DF冨安健洋ら負傷者について言及した。 プレミアリーグで首位を走っていたアーセナル。しかし、28日に行われたプレミアリーグ第19節ではウェストハム相手にホームで0-2と惨敗。押し込みながらもゴールを奪えずに敗れ、首位の座から陥落した。 そのアーセナルは負傷者に悩まされている。1人は開幕戦で重傷を負ってしまったオランダ代表DFユリエン・ティンバー。今季中の復帰は難しいとみられている。 その他に、ガーナ代表MFトーマス・パルティ、MFファビオ・ヴィエイラ、そして冨安が負傷中。過密日程の中で、主軸が離脱する手痛い事態となっている。 31日にはフルアムとのプレミアリーグの試合を控えているが、前述の4名は欠場が確定。ただトーマスと冨安は1月にそれぞれアフリカ・ネーションズカップとアジアカップを控えている状況だ。 イギリス『フットボール・ロンドン』はアルテタ監督のコメントを伝え、負傷者について言及。特に、代表活動を控える2人について語った。 「あの2人(トーマスと冨安)はいない。おそらく5人が欠場するが、プレーする意欲のある選手はたくさんいる」 「彼らが(大会前に)戻る可能性はある。様子を見なければならない。ただ、彼らはまだトレーニングをしていない」 「うまくいけば、彼らは正しい方法で回復することができるだろう」 冨安は2日に行われたウォルバーハンプトン戦の試合中に負傷交代。ハムストリングを痛めたとされており、ここまで5試合続けて欠場しており、過密日程の中での離脱はチームに大きな影響を与えてしまっている。 まだ復帰していない中で、1月1日にはアジアカップのメンバーを発表する日本代表。森保一監督は不安を抱えた状態の冨安を招集するのか注目だ。 2023.12.30 22:55 Sat

冨安健洋の次節出場は五分五分…アルテタ「彼は強い子だから、きっと大丈夫」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、前節負傷交代の日本代表DF冨安健洋の状態について語った。 冨安は2日に行われたプレミアリーグ第14節のウォルバーハンプトン戦(2-1で勝利)に右サイドバックで先発出場。前半立ち上がりにFWブカヨ・サカの先制点をアシストするなど攻守に安定したパフォーマンスを披露した。 だが、79分に左ふくらはぎ辺りを気にしながらピッチに座り込み、最終的に負傷交代となっていた。 アルテタ監督は、5日にアウェイで行われる第15節のルートン・タウン戦に向けた前日会見で最新のチームニュースに言及。そのなかで冨安の状態についても説明。 現時点でルートン戦の起用の可否は明言しなかったものの、日本代表のケガが深刻なものではないことを強調している。 「我々は試合後に彼を評価した。予防措置として彼を交代させたので、我々は待つつもりだ」 「彼を使うことが有益かどうかは、明日決めることになる。彼は強い子だから、きっと大丈夫なはずだ」 また、冨安が欠場する場合、代役を担う可能性が高いDFベン・ホワイトに関しては、コンディションが戻ってきており、先発起用に問題ない状態にあるとしている。 「彼のケガと我々が決めた彼の負荷管理方法の後、彼は完璧な気分でフィットネスに戻っている。彼は(ここ数試合で)数分間プレーしたが、今は良い位置にいる」 なお、リーグ4連勝での首位固めを目指すガナーズは、このルートン戦でMFファビオ・ヴィエイラ、MFトーマス・パルティ、MFエミール・スミス・ロウ、DFユリアン・ティンバーが引き続き欠場となる。 2023.12.05 06:30 Tue

ファビオ・ヴィエイラが鼠径部の手術で数週間の離脱に…アルテタ監督が前日会見で明かす

アーセナルのポルトガル人MFファビオ・ヴィエイラが鼠径部の手術を受けたようだ。RCランス戦の前日会見に臨んだミケル・アルテタ監督が明かしている。 今季ここまで公式戦14試合に出場していたファビオ・ヴィエイラだが、直近のプレミアリーグ第13節のブレントフォード戦は出場停止処分で欠場していた。 チャンピオンズリーグ(CL)グループB第5節のRCランス戦の前日会見に臨んだアルテタ監督は、メンバー外となったファビオ・ヴィエイラについて次のように話した。 「彼は以前から違和感を感じていて、いくつかの治療を試みたが改善しなかったため、専門医の診察を受けさせたところ、鼠径部の手術を受けることになった」 「数週間は離脱することになるだろう。昨日手術が終わったので、しばらく様子を見なければならないが、その都度状況を見極めるつもりだ」 2023.11.29 08:30 Wed

「ただただ感動」「マジで泣いた」プレミア50試合目の節目で冨安健洋がアーセナル初ゴール!チームメイトがみんな笑顔で大喜び「めっちゃ愛されてる」

アーセナルの日本代表DF冨安健洋が待望のアーセナル初ゴールを記録した。 28日、プレミアリーグ第10節のアーセナルvsシェフィールド・ユナイテッドがエミレーツ・スタジアムで行われ、5-0で快勝を収めた。 ミッドウィークのチャンピオンズリーグ(CL)第3節のセビージャ戦でフル出場した冨安はベンチスタートに。好パフォーマンスが高く評価された中でも先発の座は奪えなかった。 無敗のアーセナルと未勝利のシェフィールドの対戦となった中、前半はなかなかペースが上がらずにゴールが遠い状況。それでも28分にイングランド代表FWエディ・エンケティアがイングランド代表MFデクラン・ライスのクロスからゴールを奪い、アーセナルが先制する。 前半を1-0で終えると、後半はエンケティアが躍動。50分にCKのこぼれ球を蹴り込み追加点を奪うと、58分にはボックス手前からの強烈なミドルシュートを叩き込み、ハットトリックを達成。冨安は3-0となった後の66分から途中出場した。 この試合では右サイドバックとして出場した冨安。チームは88分にファビオ・ヴィエイラがPKを決めて4点目。アディショナルタイム10分を過ごす中、96分に冨安に待望の瞬間が訪れた。 右CKからのファビオ・ヴィエイラのクロスに対し、GKをブロックしていた冨安がキープ。すると、こぼれ球をGKの前で反転ボレー。冨安にとってプレミアリーグ50試合目のメモリアルマッチで、ついに加入後初ゴールを記録することとなった。 このゴールには、スタンドのファンも総立ちで大喜び。チームメイトも冨安に駆け寄って喜びを露わにすると、ベンチにいたメンバーやミケル・アルテタ監督も笑顔で喜びを露わにし、ブカヨ・サカやデクラン・ライスなどは拍手と送って冨安を称えていた。 加入3年目にして初ゴール。このゴールにファンは「いいもの見れた!」、「マジで泣いた」、「このゴールはめちゃくちゃ嬉しい」、「記念すべき日になった」、「ただただ感動」とコメント。また、周りの反応にも注目が集まり、「みんなが喜んでるのが良い」、「めっちゃ愛されてる」、「全員が笑顔に」、「雰囲気が最高だな」とコメントが集まった。 アーセナルは冨安のゴールもあり、今季最多となる5ゴールで勝利。プレミアリーグでの無敗をキープした。 <span class="paragraph-title">【動画】待望の瞬間!冨安健洋がアーセナルで初ゴール!ファンもチームメイトも大喜び!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="u6_7PM2KbEw";var video_start = 5;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.10.29 01:23 Sun

ハムストリング負傷のサカ、イングランド代表の活動を辞退…アーセナルでリハビリへ

イングランドサッカー協会(FA)は9日、アーセナルのFWブカヨ・サカが、イングランド代表の活動から外れることを発表した。 今シーズンもアーセナルの主力として開幕からプレーを続けてきたサカ。右ウイングとしてチームの攻撃を牽引していた。 しかし、3日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)第2節のRCランス戦に先発出場すると、ハムストリングを負傷。34分にプレー続行不可能となり、ファビオ・ヴィエイラと交代していた。 この影響で、8日に行われたプレミアリーグ第8節のマンチェスター・シティ戦ではメンバー外に。クラブ記録となるプレミアリーグ87試合連続出場の記録もと途絶え、ミケル・アルテタ監督は「彼は代表チームに加わることができない」と代表参加見送りの方針を口にしていた。 一方で、イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督はサカの合流を希望。代表チームのメディカルスタッフのチェックを求めた中、サカは他のチームメイト同様にセント・ジョージズ・パークにやってきた。 しかし、メディカルチェックを受けた結果、やはりプレーは無理。国際親善試合のオーストラリア代表戦(13日)、ユーロ2024予選のイタリア代表戦(17日)でプレーすることは不可能と判断。クラブにそのまま戻り、リハビリすることが決定した。 アーセナルはインターナショナル・マッチウィーク明けの21日にはチェルシーとのリーグ戦を控えており、サカはそこでの復帰を目指す。 2023.10.10 09:30 Tue

アーセナルOBが活動停止中のFWトニー獲得を提言… ジェズス&エンケティアの力不足を指摘「プレミア制覇をもたらすことはない」

元イングランド代表FWのポール・マーソン氏が、アーセナルにブレントフォードのイングランド代表FWイヴァン・トニーの獲得を勧めた。 昨シーズンは優勝まであと一歩届かず、そのリベンジを果たすことが期待される今シーズンのアーセナル。ここまでのリーグ戦成績は4勝2分けと開幕から無敗をキープしているが、最大のライバルとなるマンチェスター・シティは無傷の6連勝スタート。すでに勝ち点差は「4」開いている。 アーセナルOBのマーソン氏は、今のままではアーセナルがプレミアリーグを制覇するのは難しいと考えているようで、特に前線のクオリティ不足をイギリス『スカイ・スポーツ』で指摘。24日に行われたトッテナムとのノースロンドン・ダービーを振り返る中、センターフォワードを務めたイングランド代表FWエディ・エンケティアと左ウイングを務めたブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスを厳しく評価した。 「私は初日から常に言ってきたが、エディ・エンケティアがプレミアリーグ制覇をもたらすことはない」 「適切なセンターフォワードが必要だ。トッテナムとの一戦を2-2で引き分けたことに関してエンケティアを責めるつもりはないが、リーグ戦はあと32試合あり、チャンピオンズリーグ(CL)も全て戦わなければならない。その中で、彼がチームを次のレベルに引き上げるとは思わない。ガブリエウ・ジェズスがチームを次のレベルに引き上げたとも思えない」 「私はアーセナルが日曜日(24日)に勝つだろうという強い自信を持っていたが、チームを見て大きな不安を感じた。ウイングにジェズス、前線にエンケティアが入る。それにファビオ・ヴィエイラ。彼は十分ではないと思う。その後、デクラン・ライスが下がり、ジョルジーニョが入る」 「アーセナルは最強のチームではなかったし、チャンピオンズリーグも含めた今後全ての試合を考慮すると、日曜日は少し弱々しく見えた」 マーソン氏は具体的な補強案として、昨シーズン、プレミアリーグで33試合20ゴールを記録したブレントフォードのストライカー、トニーの名前を挙げた。 「彼らにセンターフォワードが必要だと考えるのは問題ないが、一体誰がいるだろうか? 1月に彼らが獲得できるのはイヴァン・トニーだけだ。世界を見渡してもセンターフォワードはそれほど多くない。彼らは絶滅危惧種だ」 「トニーは良い選手だ。彼はボールをキープすることができるし、空中戦も得意だ。アーセナルは彼を獲得する必要があるかもしれない。周りにセンターフォワードが100万人いるわけではない」 トニーは5月に賭博規則違反によりイングランドサッカー協会(FA)から8カ月間のフットボール活動禁止処分を科され、試合出場は2024年1月17日まで不可能となっている。 2023.09.26 18:30 Tue

「ここでは長く勝てていなかった」 アーセナル指揮官アルテタがグディソン・パーク攻略で今季4勝目

アーセナルのミケル・アルテタ監督が振り返っている。イギリス『BBC』が報じている。 アーセナルは17日のプレミアリーグ第5節でエバートンのホームに乗り込み、1-0で勝利。前半にガブリエウ・マルティネッリの負傷交代に見舞われたりもしたが、そのアクシデントで急きょ出場したレアンドロ・トロサールが69分に決勝弾をマークした。 これで2連勝のアーセナルは開幕から4勝1分け無敗で唯一の5連勝で首位を走るマンチェスター・シティの追走に成功。来週のチャンピオンズリーグ(CL)にも弾みのアルテタ監督は2017年以来のグディソン・パーク攻略を喜び、決勝弾のトロサールを称えた。 「ここでは長く勝てていなかった。素晴らしい試合をしたと思うし、何も譲らなかったね。試合を支配し、数多くのチャンスを作った。もっと大差もつけられたはずだ」 「本当に楽しめた。私はマンチェスター・ユナイテッド戦後、自分の顔を見て、少し安心したんだ。この試合は楽しかったよ」 「先発は本当にうまくプレーしてくれた。何度もチャンスがあり、辛抱強く待ったが、レアンドロが勝つために素晴らしいフィニッシュを決めてくれたね」 そんな今節のアーセナルでは最後尾にアーロン・ラムズデールではなく、デビューのダビド・ラヤを抜擢。その理由についてはこう話している。 「ファビオ・ヴィエイラがプレーしたように、何ら違いはない。私が11人の先発を選ぶが、誰も例外などない」 2023.09.18 09:55 Mon

アーセナルが圧巻5ゴール! 冨安健洋は出番なしも、トロサール2発でバルセロナとの撃ち合い制す【国際親善試合】

現地時間26日、国際親善試合でアーセナルとバルセロナが対戦。「サッカー・チャンピオンズ・ツアー2023」の1つとして、カリフォルニアのSoFiスタジアムで行われた試合は、アーセナルが5-3で勝利した。 アーセナルは、23日にマンチェスター・ユナイテッドと対戦し、0-2で敗戦。この試合では、新加入のMFデクラン・ライスがメンバー外に。FWカイ・ハヴァーツ、DFユリエン・ティンバーは先発した。DF冨安健洋はベンチスタートとなっている。 対するバルセロナは、22日にユベントスとの試合が予定されていたが、チーム内でウイルス性胃腸炎が蔓延。多くの選手が影響を受け、当日に中止が決定していた。 そのバルセロナは、6月6日に日本で行われたヴィッセル神戸戦以来の試合に。新加入のMFオリオル・ロメウ、MFイルカイ・ギュンドアンと新戦力が先発出場。トップにFWロベルト・レヴァンドフスキ、中盤にはMFペドリなどが起用された。 先手を奪ったのはバルセロナ。開始早々にゴールを奪う。 7分、バルセロナは自陣からカウンター。エズ・アブデがマルティン・ウーデゴールからボールを奪うと、そのまま左サイドをドリブルで持ち上がりボックス左からグラウンダーのクロス。これを走り込んだ22が合わせるが、GKラムズデールがセーブ。こぼれ球をレヴァンドフスキが蹴り込み、バルセロナが先制する。 先制を許したアーセナルだったが、13分に早くも追いつく。右サイドでボールを持ち、ベン・ホワイトがスルーパス。しかし、これがミスになりアンドレアス・クリステンセンに阻まれるも、判断ミスを見逃さなかったサカがボールを奪い、右足でしっかりとネットを揺らし同点に追いつく。 勢いに乗るアーセナルは15分、ガブリエウ・ジェズスが左サイドを仕掛けるとボックス内に侵入。グラウンダーのクロスを送るが、サカにはわずかに届かない。 押し込み続けるアーセナルは21分にPKを獲得。右サイドからのウーデゴールのグラウンダーのクロスにレアンドロ・トロサールが合わせるが、これがロナルド・アラウホのハンドを誘った。 キッカーはシーズン中同様にサカが務めたが、シュートを右に外しゴールならず。アーセナルは逆転とはならなかった。 すると34分にバルセロナはボックス手前でFKを獲得。ハフィーニャが直接狙うと、これが壁に当たってディフレクト。ラムズデールは逆を取られてしまいゴールを許す。 PK失敗が響いた形となったアーセナルだったが43分、右サイドを仕掛けたサカが右足でクロス。ボックス中央でウーデゴールがヘッド。これをハヴァーツが押し込み、アーセナルが同点に追いつく。 2-2で後半を迎えた中、ハーフタイムには同点ゴールのハヴァーツを下げて、MFエミール・スミス・ロウを投入。バルセロナは、セルジ・ロベルトやフレンキー・デ・ヨング、ウスマーヌ・デンベレなど11名全てを交代させた。 55分、アーセナルはGKラムズデールのロングキックを最前線で競り合うと、こぼれ球を拾ったトロサールが仕掛けからボックス内でシュート。クンデの隙をついたシュートがネットを揺らし、アーセナルが逆転する。 アーセナルも62分にウーデゴールを下げて、ファビオ・ヴィエイラ、70分にはウィリアム・サリバ、ティンバー、トーマス・パルティを下げ、ヤクブ・キビウォル、キーラン・ティアニー、ジョルジーニョを投入する。 バルセロナはなかなか攻撃の形が作れない中、カウンターから決定機。75分、一気にゴール前に持ち込むと、アンス・ファティのスルーパスに反応したウスマーヌ・デンベレがボックス内からシュート。しかし、右ポストに嫌われる。 すると78分にアーセナルがさらに追加点を奪う。ボールを運んでいくと、左サイドでパスを受けたキーラン・ティアニーがボックス手前から鋭いクロス。これを中央に走り込んだトロサールがスピードボールをダイレクトで合わせ、ネットを揺らしこの試合2点目。トロサールは直後にお役御免となりガブリエウ・マルティネッリと交代。ジェズスもエディ・エンケティアと交代した。 終始アーセナルのペースで試合が進み、なかなか攻撃の形を作れずにいたバルセロナだったが、88分にゴール。デンベレの仕掛けからスルーパスに反応したフェラン・トーレスがボックス内から決めて、1点差に詰め寄る。 追いつきたいバルセロナだったが、直後にアーセナルが衝撃のゴールですぐに突き放す。89分、ジョルジーニョの縦パスをガブリエウ・マルティネッリが受けると、そのボールを拾ったヴィエイラがバイタルエリアで左足一閃。鋭いミドルシュートがネットに突き刺さり、リードを広げた。 結局そのまま試合は終了。アーセナルが見事な5ゴールで撃ち合いを制し、アメリカでのプレシーズンを締めくくった。 アーセナル 5-3 バルセロナ 0-1:7分 ロベルト・レヴァンドフスキ(バルセロナ) 1-1:13分 ブカヨ・サカ(アーセナル) 1-2:34分 ハフィーニャ(バルセロナ) 2-2:43分 カイ・ハヴァーツ(アーセナル) 3-2:55分 レアンドロ・トロサール(アーセナル) 4-2:78分 レアンドロ・トロサール(アーセナル) 4-3:88分 フェラン・トーレス(バルセロナ) 5-3:89分 ファビオ・ヴィエイラ(アーセナル) <span class="paragraph-title">【動画】トロサールが仕掛けから技ありゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="qme" dir="ltr"><a href="https://t.co/PISp2v2ixK">pic.twitter.com/PISp2v2ixK</a></p>&mdash; Arsenal (@Arsenal) <a href="https://twitter.com/Arsenal/status/1684420833085734913?ref_src=twsrc%5Etfw">July 27, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.07.27 14:25 Thu
もっと見る>
移籍履歴
移籍日 移籍元 移籍先 種類
2022年7月1日 ポルト アーセナル 完全移籍
2020年6月1日 FCポルトB ポルト 完全移籍
2019年7月1日 FCポルトU19 FCポルトB 完全移籍
2017年7月1日 FCポルトU17 FCポルトU19 完全移籍
2016年7月1日 Padroense U17 FCポルトU17 完全移籍
2015年7月1日 FCポルトU15 Padroense U17 完全移籍
2013年7月1日 FCポルトU15 完全移籍
今季の成績
UEFAチャンピオンズリーグ グループB 3 86’ 0 0 0
プレミアリーグ 11 291’ 1 0 1
UEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント 0 0’ 0 0 0
合計 14 377’ 1 0 1
出場試合
UEFAチャンピオンズリーグ グループB
第1節 2023年9月20日 vs PSV 21′ 0
4 - 0
第2節 2023年10月3日 vs RCランス 56′ 0
2 - 1
第3節 2023年10月24日 vs セビージャ ベンチ入り
1 - 2
第4節 2023年11月8日 vs セビージャ 9′ 0
2 - 0
第5節 2023年11月29日 vs RCランス メンバー外
6 - 0
第6節 2023年12月12日 vs PSV メンバー外
1 - 1
プレミアリーグ
第1節 2023年8月12日 vs ノッティンガム・フォレスト ベンチ入り
2 - 1
第2節 2023年8月21日 vs クリスタル・パレス ベンチ入り
0 - 1
第3節 2023年8月26日 vs フルアム 34′ 0
2 - 2
第4節 2023年9月3日 vs マンチェスター・ユナイテッド 13′ 0
3 - 1
第5節 2023年9月17日 vs エバートン 80′ 0
0 - 1
第6節 2023年9月24日 vs トッテナム 45′ 0
2 - 2
第7節 2023年9月30日 vs ボーンマス 14′ 0
0 - 4
第8節 2023年10月8日 vs マンチェスター・シティ ベンチ入り
1 - 0
第9節 2023年10月21日 vs チェルシー メンバー外
2 - 2
第10節 2023年10月28日 vs シェフィールド・ユナイテッド 17′ 1
5 - 0
第11節 2023年11月4日 vs ニューカッスル 11′ 0
1 - 0
第12節 2023年11月11日 vs バーンリー 24′ 0 83′
3 - 1
第13節 2023年11月25日 vs ブレントフォード メンバー外
0 - 1
第14節 2023年12月2日 vs ウォルバーハンプトン メンバー外
2 - 1
第15節 2023年12月5日 vs ルートン・タウン メンバー外
3 - 4
第16節 2023年12月9日 vs アストン・ビラ メンバー外
1 - 0
第17節 2023年12月17日 vs ブライトン&ホーヴ・アルビオン メンバー外
2 - 0
第18節 2023年12月23日 vs リバプール メンバー外
1 - 1
第19節 2023年12月28日 vs ウェストハム メンバー外
0 - 2
第20節 2023年12月31日 vs フルアム メンバー外
2 - 1
第21節 2024年1月20日 vs クリスタル・パレス メンバー外
5 - 0
第22節 2024年1月30日 vs ノッティンガム・フォレスト メンバー外
1 - 2
第23節 2024年2月4日 vs リバプール メンバー外
3 - 1
第24節 2024年2月11日 vs ウェストハム メンバー外
0 - 6
第25節 2024年2月17日 vs バーンリー メンバー外
0 - 5
第26節 2024年2月24日 vs ニューカッスル ベンチ入り
4 - 1
第27節 2024年3月4日 vs シェフィールド・ユナイテッド 45′ 0
0 - 6
第28節 2024年3月9日 vs ブレントフォード ベンチ入り
2 - 1
第30節 2024年3月31日 vs マンチェスター・シティ ベンチ入り
0 - 0
第31節 2024年4月3日 vs ルートン・タウン ベンチ入り
2 - 0
第32節 2024年4月6日 vs ブライトン&ホーヴ・アルビオン 1′ 0
0 - 3
第33節 2024年4月14日 vs アストン・ビラ ベンチ入り
0 - 2
第34節 2024年4月20日 vs ウォルバーハンプトン ベンチ入り
0 - 2
第29節 2024年4月23日 vs チェルシー 7′ 0
5 - 0
第35節 2024年4月28日 vs トッテナム ベンチ入り
2 - 3
第36節 2024年5月4日 vs ボーンマス ベンチ入り
3 - 0
第37節 2024年5月12日 vs マンチェスター・ユナイテッド ベンチ入り
0 - 1
第38節 2024年5月19日 vs エバートン ベンチ入り
2 - 1
UEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント
ラウンド16・1stレグ 2024年2月21日 vs ポルト ベンチ入り
1 - 0
ラウンド16・2ndレグ 2024年3月12日 vs ポルト ベンチ入り
1 - 0
準々決勝1stレグ 2024年4月9日 vs バイエルン ベンチ入り
2 - 2
準々決勝2ndレグ 2024年4月17日 vs バイエルン ベンチ入り
1 - 0