グラスナー監督がUEFAスーパーカップ制覇へ意気込む! 不在コスティッチ退団も認める…

2022.08.10 14:12 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フランクフルトを率いるオリバー・グラスナー監督が、UEFAスーパーカップに向けた意気込みを語った。

昨シーズンのヨーロッパリーグ(EL)を制したフランクフルトは10日、フィンランドのヘルシンキ・オリンピックスタジアムでチャンピオンズリーグ(CL)王者のレアル・マドリーと対戦する。

先週末に行われたブンデスリーガ開幕戦ではバイエルン相手に1-6の大敗を喫し、今回のビッグマッチに向けては大きな不安を残すところだ。

グラスナー監督は、マドリーの強さを認めながらも「またトロフィーを手にしてフランクフルトに戻りたい」と、タイトル奪取への意気込みを語っている。クラブ公式サイトがオーストリア人指揮官のコメントを伝えている。

「レアルはボールを持つととても心地よく見えるし、時にはとても高い位置から攻撃してくる。我々はコンパクトなディフェンスから、自信を持って、情熱的に、積極的に、そしてスピリットを持ってプレーしたい。もちろん、セットプレーから危険なプレーをしたい」

「当然、レアルに対しては特に優れた守備が必要であり、チャンピオンズリーグの歴史の中で最高の得点者の一人であるベンゼマのようなアタッカーが前にいる場合はなおさらだ」

「しかし、彼らはベンゼマだけではない。彼に加えて、ロドリゴヴィニシウス、バルベルデ…。我々はコンパクトに守らなければならない。我々にとって、非常に特別な相手との非常に大きな試合だ。ただ、我々には恐れではなく野望がある。試合には常にチャンスがあるし、我々は昨年それを示した」

「勝敗はディテールによって決まるはずだ。相手の長所をできる限り消す必要がある。レアルに問題を起こせるという自信はあるし、目的は明確で、またトロフィーを手にしてフランクフルトに戻りたい」

さらに、格上撃破に向けたキーマンの一人となるMFマリオ・ゲッツェに対しては、その豊富な経験への期待を口にしている。

「彼のようなプレーヤーが仲間になるのは嬉しいことだ。彼はチャンピオンズリーグで60試合以上出場した経験がある。彼が先発するかどうかはまだ決まっていないが、その存在我々の助けになるはずだ」

一方、今回の一戦では昨季のEL制覇の立役者となったMFフィリップ・コスティッチが不在に。ユベントス行きが決定的と見られる中、グラスナー監督はエースの退団を認めている。

「彼は質の高いプレーヤーであり、我々がが失ったプレーヤーでもある。我々は彼に別れを告げる。もちろん、彼の退団は我々を弱体化させることになる。彼は他のところへ行くことを求め、明日はプレーしない。私は彼にヒーローのように去るようにと話したよ。そういうわけだ」

「明日システムを変更するつもりはないが、時間が経てばいろんなことが分かるはずだ。監督の仕事は常に、使えるプレーヤーで可能な限り最高のシステムでプレーすることであり、これから数週間、それを実行するつもりだ」

関連ニュース
thumb

先制ゴールの鎌田大地「もう少し早めに2点目を取れれば」と反省もゴールに喜び「日本代表でのゴールは格別」

日本代表のMF鎌田大地(フランクフルト)が、アメリカ代表戦の勝利を振り返った。 23日、日本はドイツのデュッセルドルフで行われたキリンチャレンジカップ2022でアメリカと対戦した。 カタール・ワールドカップまで2カ月、メンバー発表前の最後の2試合となった今回の活動。日本は、[4-2-3-1]のシステムでアメリカに臨んだ。 試合は立ち上がりから日本が主導権を握ると、鎌田のゴールで先制。一度はオフサイドで取り消されたが、VARチェックの結果認められて先制した。 その後も日本がペースを握ると、選手交代をしながらも危なげなく戦う展開に。鎌田は先制のシーン以外にも何度か決定機を迎えたが、GKマット・ターナーの好セーブを前にゴールを奪えなかった。 それでも、終盤には途中出場の三笘薫もゴールを決めて、2-0で日本が勝利を収めている。 試合後のフラッシュインタビューに臨んだ鎌田は「今日僕自身、凄い得点チャンスが多かったので、決められて良かったですが、もう少し早めに2点目を取れれば、チームは楽になれてたと思います」とコメント。「点は取れて良かったですが、もう少し、シュートを決められるようにならなければと思います」と、決定機をもっと決めたかったとした。 自身もプレーするドイツでの日本代表としてのゴールについては「ドイツだけじゃなく、場所はどこでも日本代表でのゴールは格別です」と語り、「ゴールが取れて良かったです」と、今季の好調ぶりを日本代表でも示たことを喜んだ。 日本は27日にエクアドル代表と対戦。メンバー発表前のラストマッチを戦う。 <span class="paragraph-title">【動画】鎌田大地がダイレクトシュートで日本が先制!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/jfa_samuraiblue?ref_src=twsrc%5Etfw">@jfa_samuraiblue</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/jfa?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#jfa</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/daihyo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#daihyo</a> <a href="https://t.co/o6Zsc7P55h">pic.twitter.com/o6Zsc7P55h</a></p>&mdash; フジテレビサッカー (@cxfootball) <a href="https://twitter.com/cxfootball/status/1573295973287137281?ref_src=twsrc%5Etfw">September 23, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.24 00:15 Sat
twitterfacebook
thumb

アーセナルがフランクフルトの主力MFリンドストロームに関心か?

アーセナルが、フランクフルトのデンマーク代表MFイェスパー・リンドストローム(22)の獲得に関心を示しているようだ。ドイツ『ビルト』が報じている。 『ビルト』によると、デンマーク代表として5キャップを刻むフランクフルトの主力MFに対して、アーセナルは今冬の獲得を考慮して代理人やクラブ間ですでに接触を図っているという。また、現時点でフランクフルトは移籍金1700万ポンド(約28億3000万円)以上を要求する構えだという。 その一方で、移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏は、リンドストロームに関して現時点で具体的な動きを見せているクラブはないと主張。さらに、ユベントスやローマといったセリエA勢が頻繁にスカウトを派遣しているという。 母国クラブのブレンビーの下部組織出身のリンドストロームは、2018年11月のデンマーク・カップでトップチームデビュー。2020-21シーズンはリーグ戦29試合の出場で10ゴール11アシストという見事な成績を残し、クラブの16年ぶりのリーグ優勝に貢献した。 昨夏に加入したフランクフルトでは、開幕から2シャドーの一角でレギュラーに定着すると、ブンデスリーガ29試合5ゴール5アシストの活躍をみせ、リーグ選出のルーキー・オブ・ザ・シーズンを受賞。さらに、ヨーロッパリーグ(EL)では9試合4アシストの数字を残し、悲願のタイトル獲得の立役者の一人となった。 キャリア初期にセントラルMF、10代後半からウイングやセンターフォワードでのプレーも経験しており、組み立てからフィニッシュまで一手に担うことが可能なアタッカー。 ストライカー並みの飛び出しや決定力、プレーメイカーらしいライン間でボールを引き出してからのラストパスや個での打開と“多才”という言葉が最も似合う万能型だ。182cmとサイズは十分も、筋肉量やフィジカル面には伸びしろを残している。 2022.09.23 06:30 Fri
twitterfacebook
thumb

日本代表FW鎌田大地、フランクフルトでの活躍の背景には指揮官とのあるやり取りが?

フランクフルトで好調の日本代表FW鎌田大地だが、プレシーズンにオリバー・グラスナー監督とのあるやり取りがあったようだ。 2017年夏の加入からフランクフルト在籍5年目を迎えている鎌田。シント=トロイデンでの武者修行を経て、ここ3シーズン好調を維持する26歳は、今季もここまで公式戦10試合で6ゴール3アシストと、チーム内トップスコアラーとして躍動している。 だが、シーズン前は去就が不確定だったことも事実。現行契約が2023年までとなっていることに加え、先発も確約されていなかったため、鎌田には移籍の選択肢もあった。 ところが、ドイツ『ビルト』によれば、シーズン開幕前にグラスナー監督から直接電話があり、そんな鎌田の不安は解消されたとのこと。内容は不明も、心のモヤが晴れた鎌田は上述の成績でチームを牽引している。 『ビルト』はまた、鎌田が今夏の移籍考慮から翻意して契約延長を考え始めたとも。一方でこのまま活躍を続ければさらなるステップアップも期待できるが、果たして日本代表FWの運命は。 2022.09.20 14:30 Tue
twitterfacebook
thumb

鎌田躍動のフランクフルトがシュツットガルトに快勝! 2季ぶりのレヴィア・ダービーはドルトムントに軍配【ブンデスリーガ日本人選手】

ブンデスリーガ第7節が週末にドイツ各所で行われた。 今シーズンのブンデスリーガにはフランクフルトのMF鎌田大地、DF長谷部誠、シュツットガルトのMF遠藤航、DF伊藤洋輝らに加え、ボルシアMG、フライブルク、シャルケに加入したMF板倉滉、MF堂安律、DF吉田麻也3選手が新たに参戦。 新シーズンも多くの選手が活躍する中、今回の第7節では遠藤、伊藤の所属するシュツットガルトが鎌田、長谷部の所属するフランクフルトと激突。また、吉田が所属するシャルケは、ドルトムントと2年ぶりの“レヴィア・ダービー”を行った。 日本人選手4人が先発したシュツットガルトvsフランクフルトは、開始早々の6分にフランクフルトが先制。鎌田が直接FKでゴールに迫るとGKが弾いたルーズボールをローデが頭で押し込んだ。 1点のリードで前半を終えたフランクフルトは、後半の立ち上がりに追加点を奪う。55分、ボックス手前左で得たFKを鎌田が直接狙うと、ディフレクトしたシュートがネットを揺らした。 その後、トマスのミドルシュートで1点を返されたフランクフルトだったが、88分に鎌田の左CKからヤキッチのヘディングシュートを突き刺し、試合を決定づける3点を奪取。 結局、試合はそのまま1-3でタイムアップ。日本人選手4人がフル出場した一戦は鎌田の活躍でフランクフルトに軍配が挙がった。 また、ドルトムントとの“レヴィア・ダービー”に臨んだ吉田のシャルケは、78分にヴォルフの左クロスからムココにヘディングシュートを決められ、ドルトムントに先制を許す。 何とか反撃に出たいシャルケだったが、ドルトムントの要所を締める守備に阻まれ、ゴールは奪えず。2年ぶりのダービーは1-0でドルトムントが勝利した。 ★板倉滉[ボルシアMG] ▽9/17 ボルシアMG 3-0 ライプツィヒ ◆ケガのため欠場 <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=426910">結果ニュース</a> ★鎌田大地[フランクフルト] ▽9/17 シュツットガルト 1-3 フランクフルト ◆フル出場、55分にゴールを記録 ★長谷部誠[フランクフルト] ▽9/17 シュツットガルト 1-3 フランクフルト ◆フル出場 <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=426903">結果ニュース</a> ★堂安律[フライブルク] ▽9/18 ホッフェンハイム 0-0 フライブルク ◆78分までプレー <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=426967">結果ニュース</a> ★吉田麻也[シャルケ] ▽9/17 ドルトムント 1-0 シャルケ ◆フル出場 <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=426905">結果ニュース</a> ★原口元気[ウニオン・ベルリン] ▽9/18 ウニオン・ベルリン 2-0 ヴォルフスブルク ◆ベンチ入りも出場せず ★伊藤洋輝[シュツットガルト] ▽9/17 シュツットガルト 1-3 フランクフルト ◆フル出場 ★遠藤航[シュツットガルト] ▽9/17 シュツットガルト 1-3 フランクフルト ◆フル出場 <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=426903">結果ニュース</a> ★浅野拓磨[ボーフム] ▽9/18 ボーフム 1-1 ケルン ◆ケガのため欠場 2022.09.19 06:35 Mon
twitterfacebook
thumb

「勝つに値した」今季リーグ戦初先発の長谷部誠、疲労を言い訳にせず「ピッチ上で示した」

フランクフルトのMF長谷部誠が、勝利を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えた。 フランクフルトは17日、ブンデスリーガ第7節でシュツットガルトと対戦。フランクフルトの長谷部3バックの一角で先発。鎌田大地も先発出場した。また、シュツットガルトの日本代表MF遠藤航、DF伊藤洋輝も揃って先発し、ピッチに4人の日本人が立つ試合となった。 この試合の主役は鎌田だった。開始6分にボックス手前でFKを獲得したフランクフルトは、鎌田が直接狙うと、GKフロリアン・ミュラーにセーブされるも、最後はセバスティアン・ローデが詰めて先制する。 試合はフランクフルトリードで折り返すと、55分には鎌田が魅せる。再びボックス手前でFKを獲得すると、壁の上を越すシュートで直接狙う。これが、壁に僅かに当たってディフレクトするも、抜けたボールがGKの逆を突いてゴール。鎌田は今季早くも4ゴール目に。88分にはCKから鎌田のクロスをクリスティアン・ヤキッチが決めて、1-3で勝利を収めた。 長谷部も守備の一角でしっかりとプレー。1失点こそ喫したものの、今季のリーグ戦初先発試合でしっかりと勝利に貢献した。 長谷部は試合後、チャンピオンズリーグ(CL)の影響もあり疲労を感じると監督に言われたものの、それはなかったと否定。しっかりとプレーで示すことができたと語った。 「監督は『誰もが疲れていると言っていた』と言っていました」 「それでも監督は『我々は疲れていない。団結している』と言いました。そして僕たちはピッチ上で示しました」 「特にゴールの後は集中力を保つことが重要でした。僕たちはそれをやり遂げましたし、勝つに値しました」 <span class="paragraph-title">【動画】鎌田大地が3ゴールに絡む活躍!試合ハイライト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="NxtIMn7PF1E";var video_start = 22;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.09.18 13:20 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly