堂安が芸術FK弾で決勝点!延長戦を制したフライブルクが2回戦へ《DFBポカール》

2022.08.01 05:40 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
DFBポカール1回戦の11試合が、7月31日にドイツ各地で行われた。

堂安律の所属するフライブルクは2部所属のカイザースラウテルンと対戦し、延長戦の末に2-1で勝利した。1点のビハインドで後半を迎えたフライブルクは、82分にR・サライのゴールで試合を振り出しに戻した。

試合はそのまま延長戦に突入。フライブルクは111分、バイタルエリア中央右寄りの位置で獲得したFKを堂安が直接狙うと、これがゴール右隅に突吸い込まれ勝ち越しに成功。これが決勝点となりフライブルクが2回戦へ駒を進めた。
その他の日本人選手在籍クラブでは、DF吉田麻也の所属するシャルケは4部のブレーマーSVに5-0で、DF室屋成の所属するハノーファーは4部のショット・マインツに3-0で、DF板倉滉に所属するボルシアMGは4部のオーバーアハーンに9-1で、MF奥川雅也の所属するビーレフェルトは4部のエンガースに7-1でそれぞれ勝利している。

また、MF遠藤渓太の所属する3部のブラウンシュヴァイクはヘルタ・ベルリンと対戦し、4-4で120分が終了。その後行われたPK戦を6-5で勝利し2回戦へ駒を進めている。

なお、31日に開催された結果および1回戦の日程一覧は以下の通り。

◆DFBポカール1回戦 日程&結果
▽7/31(日)
SWレーデン(4部) 0-4 ザントハウゼン(2部)
ブレーマーSV(4部) 0-5 シャルケ
ショット・マインツ(4部) 0-3 ハノーファー(2部)
レーディングハウゼン(4部) 0-2 ホッフェンハイム
オーバーアハーン(4部) 1-9 ボルシアMG
ローネ(4部) 0-4 アウクスブルク
カイザースラウテルン(2部) 1-2 フライブルク
エンガース(4部) 1-7 ビーレフェルト(2部)
マンハイム(4部) 0-0(PK:5-3) ホルシュタイン・キール(2部)
エルツゲビルゲ(2部) 0-3 マインツ
ブラウンシュヴァイク(3部) 4-4(PK:6-5) ヘルタ・ベルリン

▽8/1(月)
コットブス(4部) vs ブレーメン(2部)
ケムニッツ(4部) vs ウニオン・ベルリン
マクデブルク(3部) vs フランクフルト
インゴルシュタット(2部) vs ダルムシュタット(2部)

▽8/30(火)
オッテンセン1905(4部) vs ライプツィヒ

▽8/31(水)
ヴィクトリア・ケルン(4部) vs バイエルン

▽7/29(金)
ディナモ・ドレスデン(2部) 0-1 シュツットガルト
ノイシュトレーリッツ(4部) 0-8 カールスルーエ(2部)
カーン=マリエンボルン(4部) 0-2 ニュルンベルク(2部)
1860ミュンヘン(3部) 0-3 ドルトムント

▽7/30(土)
1889ベルリン(4部) 0-3 ボーフム
19シュトラーレン(4部) 3-4 ザンクトパウリ(2部)
バイロイト(4部) 1-3 ハンブルガーSV
レーゲンスブルク(2部) 0-0(PK:4-3) ケルン
リューベック(4部) 1-0 ハンザ・ロストック(2部)
イラーティッセン(4部) 0-2 ハイデンハイム(2部)
エルフェアスベルク(4部) 4-3 レーバークーゼン
ヴェルニゲローデ(4部) 0-10 パーダーボルン(2部)
シュツットガルト・キッカーズ(4部) 2-0 グロイター・フェルト(2部)
オッフェンバッハ(4部) 1-4 デュッセルドルフ(2部)
イェーナ(4部) 0-1 ヴォルフスブルク


関連ニュース
thumb

「動きがエグい」「完璧にハマった」遠藤航の動き出しが秀逸すぎる! 2戦連発にファンも称賛「遠藤をフリーにさせたらこうなる」

シュツットガルトの日本代表MF遠藤航が2試合連続ゴールの活躍を見せた。 19日、DFBポカールの2回戦が行われ、シュツットガルトは2.ブンデスリーガのアルミニア・ビーレフェルトをホームに迎えた。 リーグ戦の低迷を受けて監督が交代した中、遠藤はアンカーとして先発出場。日本代表DF伊藤洋輝も3バックの中央で先発フル出場を果たした。またビーレフェルトのMF奥川雅也はベンチスタートとなり、後半スタートから出場した。 ミヒャエル・ヴィマー監督を新たに迎え、直近のリーグ戦で今シーズン初勝利を掴んだシュツットガルト。2部チーム相手に20分で先制ゴールを決めると、24分に遠藤がネットを揺らした。 右CKを獲得すると、クリス・ヒューリッヒがゴール前にクロス。これをフリーで待ち構えた遠藤が落ち着いてヘッド。追加点を奪った。 相手のマークから逃げる動きで完全にフリーとなり、良いポジションをとっていた遠藤。これにファンは「遠藤をフリーにさせたらこうなる」、「動きがエグいな」、「さすが遠藤」、「完璧にハマってる」と称賛のコメント。また、ポルトガルでゴールを決めているスポルティングCPのMF守田英正を引き合いに出し「遠藤と守田のダブルボランチ日本史上最強だろ」と、得点も取れ、守備強度も高いダブルボランチへの期待の声が上がっている。 なお、シュツットガルトはその後もゴールを重ね、6-0で圧勝し3回戦に駒を進めた。 <span class="paragraph-title">【動画】絶妙すぎるマーク外し、遠藤航が2戦連発のゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="7AZqKbkOkSY";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.10.20 09:10 Thu
twitterfacebook
thumb

グレゴリッチュの劇的弾で120分の激闘を制したフライブルクが3回戦進出!《DFBポカール》

堂安律の所属するフライブルクはDFBポカール2回戦で2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)のザンクト・パウリと対戦し2-1で勝利した。堂安はフル出場している。 直近のバイエルン戦で大敗を喫したフライブルクが、ホームにザンクト・パウリを迎えた一戦。フライブルクの堂安は3日前のバイエルン戦に続き、[4-2-3-1]の右MFでスタメンとなった。 試合はアウェイチームが積極的な入りを見せる中、フライブルクは徐々にボールを保持して攻撃を試みるが、アタッキングサードでの精度、アイデアを欠いてシュートまで持ち込めない。 すると37分、フライブルクはピンチを迎える。中盤でのルーズボールを奪ったダシュナーがドリブルでボックス右まで切り込みクロスを供給。これをゴールエリア左に走りこんだアメニドが合わせたが、シュートはGKアトゥボルが左足でファインセーブ。 さらにフライブルクは42分にも、最終ラインのK・シュロッターベックが不用意なバックパスをダシュナーに奪われると、そのままボックス手前まで独走を許す。チップキックで狙ったシュートは飛び出したGKが右手に当てるも、弾ききれずにゴールネットに吸い込まれた。 迎えた後半、1ビハインドのフライブルクはペテルゼンやM・エッゲシュタイン、K・シュロッターベック、チョン・ウヨンを下げてグレゴリッチュ、ホフラー、チェレ、ラインハルトを投入する4枚替えを敢行。 後半はフライブルクが積極的な入りを見せたが、集中した守りを見せるザンクト・パウリ守備陣を崩すには至らずに時間が経過。71分には、ドリブルでボックス左深くまで切り込んだヴァイスハウプトの折り返しからチャンスを作るが、これはゴール前のDFに当たリゴール右に外れた。 このまま試合終了かと思われたが、フライブルクは後半アディショナルタイムに追いつく。92分、右サイドからカットインしたカイテルのクロスをファーサイドに走りこんだギンタ―が頭で叩き込んだ。 結局、試合はそのまま1-1で後半が終了し延長戦に突入。延長戦も膠着状態が続く中、試合終了間際にスコアが動く。フライブルク119分、左CKをニアでギンタ―がフリックしたボールをゴール前のグレゴリッチュが頭で押し込んだ。 結局、グレゴリッチュの決勝弾で逃げ切ったフライブルクが120分の激闘を制して3回戦進出を決めた。 2022.10.20 03:42 Thu
twitterfacebook
thumb

吉田フル出場シャルケがリーグ戦に続きホッフェンハイムに惨敗…ボルシアMGは2部相手に敗退…《DFBポカール》

DFBポカール2回戦の8試合が18日に行われた。 DF吉田麻也の在籍するシャルケは、ホッフェンハイムとのブンデスリーガ勢対決に臨み、1-5で大敗した。 直近のリーグ戦で0-3の大敗を喫した相手にリベンジを期して臨んだシャルケは、3バックを採用して吉田を中央でスタメン起用した。 試合は開始6分にカウンターからボックス内に抜け出したダブールが先制点を奪うと、16分にはアンヘリーニョの強烈なミドルシュート、前半終盤の43分にはセットプレーの二次攻撃から再びダブールと前回対戦同様にホッフェンハイムが鮮やかな連続ゴールを挙げて、前半で3点のリードを奪う。 これで敗退濃厚となったシャルケだが、後半立ち上がりの51分にはセットプレーからオザン・カバクに恩返しゴールを許すと、63分には鮮やかな連携からカデラベクに5点目まで献上。その後、1点を返して意地を見せたが、リーグ戦に続く大敗で2回戦敗退となった。 また、MF鎌田大地とMF長谷部誠の所属するフランクフルトはシュツットガルター・キッカーズ(5部)と対戦し、2-0で勝利した。鎌田は78分からボランチで途中出場して逃げ切りに貢献。長谷部はケガの影響で招集外となった。 FW浅野拓磨とDF板倉滉が引き続き負傷欠場となったボーフムとボルシアMGは、それぞれエルフェアスベルク(3部)、ダルムシュタット(2部)と下部カテゴリーのチームと対戦。ボーフムは苦しみながらも後半終盤のゴールで1-0の勝利を収めたが、ボルシアMGは格下相手に1度は追いついたものの、1-2で敗退となった。 2.ブンデスリーガに在籍する日本人所属クラブではFW遠藤渓太を擁するブラウンシュヴァイクが、ヴォルフスブルクと対戦し、1-2で敗戦した。遠藤は先発出場し77分までプレー。後半にカットインから枠内シュートを放つなど、攻守両面でまずまずの奮闘を見せたが、格上に競り負けて無念の敗退となった。 ◆DFBポカール2回戦 ▽10/18(火) VfBリューベック(4) 0-3 マインツ S・キッカーズ(5) 0-2 フランクフルト マンハイム(3) 0-1 ニュルンベルク(2) ライプツィヒ 4-0 ハンブルガーSV(2) エルフェアスベルク(3) 0-1 ボーフム ブラウンシュヴァイク(2) 1-2 ヴォルフスブルク ホッフェンハイム 5-1 シャルケ ダルムシュタット(2) 2-1 ボルシアMG ▽10/19(水) ハノーファー(2) vs ドルトムント フライブルク vs ザンクト・パウリ(2) ザントハウゼン(2) vs カールスルーエ(2) パーダーボルン(2) vs ブレーメン アウグスブルク vs バイエルン シュツットガルト vs ビーレフェルト(2) ウニオン・ベルリン vs ハイデンハイム(2) ヤーン・レーゲンスブルク(2) vs デュッセルドルフ(2) ※()内は所属カテゴリー 2022.10.19 06:16 Wed
twitterfacebook
thumb

2回戦組み合わせが決定! 遠藤&伊藤vs奥川の日本人対決が実現《DFBポカール》

4日にDFBポカール2回戦の組み合わせ抽選が行われた。 2回戦ではブンデスリーガ同士の対戦が2カード実現。大会最多優勝を誇るバイエルンは、アウェイで同州に本拠地を構えるアウグスブルクと激突。また、日本代表DF吉田麻也の所属するシャルケはアウェイでホッフェンハイムと対戦する。 また、遠藤航、伊藤洋輝所属のシュツットガルトと奥川雅也所属のビーレフェルトによる日本人対決が実現。長谷部誠、鎌田大地所属のフランクフルトはアウェイでシュツットガルト・キッカーズ(4部)と、板倉滉所属のボルシアMGはアウェイでダルムシュタット(2部)、浅野拓磨所属のボーフムはアウェイでエルフェアスベルク(3部)との対戦が決定した。 その他、前回王者のライプツィヒはホームでハンブルガーSV(2部)と、昨季ファイナリストの堂安律が所属するフライブルクは、ホームでサンクト・パウリ(2部)と、2大会ぶりの優勝を目指すドルトムントは、アウェイで室屋成の所属するハノーファー(2部)との対戦する。 DFBポカール2回戦は10月18、19日に行われる。 ◆DFBポカール2回戦 VfBリューベック(4部) vs マインツ S・キッカーズ(4部) vs フランクフルト エルフェアスベルク(3部) vs ボーフム マンハイム(3部) vs ニュルンベルク(2部) ブラウンシュヴァイク(2部) vs ヴォルフスブルク ハノーファー(2部) vs ドルトムント フライブルク vs ザンクト・パウリ(2部) ライプツィヒ vs ハンブルガーSV(2部) アウグスブルク vs バイエルン ザントハウゼン(2部) vs カールスルーエ(2部) ホッフェンハイム vs シャルケ シュツットガルト vs ビーレフェルト(2部) パーダーボルン(2部) vs ブレーメン ウニオン・ベルリン vs ハイデンハイム(2部) ヤーン・レーゲンスブルク(2部) vs デュッセルドルフ(2部) ダルムシュタット vs ボルシアMG 2022.09.05 23:20 Mon
twitterfacebook
thumb

「2本ともコース完璧」ボランチ・鎌田大地の2ゴールに称賛続々「グラウンダーのシュート好き」

フランクフルトの日本代表MF鎌田大地からボランチでもそのクオリティを見せた。 鎌田と長谷部誠が所属するフランクフルトは1日、DFBポカール1回戦で伊藤達哉が所属するマクデブルク(ドイツ2部)と対戦。2022-23シーズン最初の公式戦に臨んだ。 フランクフルトはプレシーズンから試していた[3-4-3]のシステムで臨み、これまで2列目で先発することが多かった鎌田は、ボランチの位置での起用となった。 その鎌田は、4分に早速チーム初ゴールをマーク。左サイドを抜け出したフィリップ・コスティッチがマイナスに折り返したグラウンダークロスを、ペナルティアーク中央でダイレクトでゴール左へシュートを蹴り込んだ。 さらに鎌田は、リードを2点に広げた59分にも追加点。ボックス右深くまで侵入したイェスパー・リンドストロームのマイナスクロスを受けたラファエル・サントス・ボレが後方に落とし、最後はゴール右隅へ蹴り込んだ。 フランクフルトは4-0で快勝。ボランチでフル出場した鎌田は最後まで攻撃のタクトを握っていたが、いきなりの2ゴールにはファンも驚き。「2点目気持ちよすぎる」、「2本ともコース完璧」、「2点目の場面、ここでニアサイドかすごいな」、「グラウンダーのシュート好き」など称賛が相次いだ。 まずはカップ戦で早速クオリティを発揮した鎌田。フランクフルトは5日のブンデスリーガ開幕節でいきなり王者バイエルンを迎えるが、そこでも躍動することができるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】コース完璧!見ていて気持ちがいい鎌田の2ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="69tjvCRKR58";var video_start = 30;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.08.02 20:20 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly