移籍市場でバルサに屈辱の連敗のチェルシーが抵抗、アスピリクエタとアロンソのバルサ行きを阻止へ

2022.07.28 22:05 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
今夏の移籍市場では多くの選手が動いており、各クラブの主力選手も新天地へと羽ばたいている。

その中で奇妙な関係にある2チームがある。それが、バルセロナとチェルシーだ。

財政難に陥りながらも選手を確保し続けているバルセロナと、トッド・ベーリー氏を新オーナーに迎え、戦力補強に動けると思いきやほとんど補強が進んでいないチェルシー。この両チームは同じ選手を取り合う状況になっている。
まずはリーズ・ユナイテッドのブラジル代表FWハフィーニャ。当初はアーセナルやトッテナムも興味を示した中、チェルシーも獲得に動いていたが、最終的には選手の希望通りバルセロナへの移籍がまとまった。

そして、その再来とも言えるのか。最終ラインの補強をしたいチェルシーはセネガル代表DFカリドゥ・クリバリをナポリから獲得したものの、その他のターゲットはことごとく失敗。そして、合意に至り獲得間近と思われていたセビージャのフランス代表DFジュール・クンデは、土壇場でバルセロナ行きに翻意。チェルシーはまたしてもバルサの前に敗れることとなった。

そのチェルシーだが、デンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセンがフリーでバルセロナにすでに移籍しており、いわば3選手を奪われたようなもの。しかし、さらに2人をバルセロナが狙っている状況だ。

それはスペイン代表DFセサール・アスピリクエタ(32)とスペイン代表DFマルコス・アロンソ(31)の両サイドバックだ。

両者ともにチェルシーとの契約は残り1年。チャビ・エルナンデス監督は、この2人を両サイドに配置したいと考えており、水面下では個人合意に達しているとされている。

しかし、クラブ間合意はまだなされておらず、ここまでの移籍市場でバルセロナに敗れ続けていることから、彼らの移籍を阻止しようと画策しているようだ。

ただでさえCBを補強したいなかで、キャプテンでもアスピリクエタがチームを去るのは大きな痛手。さらにアロンソも左サイドバックは手薄であり、退団されると非常に苦しい状況となる。

思うような補強ができず、さらにチームから選手を引き抜かれる可能性のあるチェルシー。少しでもバルセロナに抵抗したいようだが、どうなるだろうか。


関連ニュース
thumb

チェルシーが生え抜きDFチャロバーと2028年まで契約延長「全力を尽くしたい」

チェルシーは25日、元U-21イングランド代表DFトレヴォ・チャロバー(23)との契約延長を発表した。 新契約は2028年6月までとなり、2029年まで延長するオプションがついているという。 フルアムでプレーする兄のナサニエルと共にチェルシーの下部組織で育ったチャロバーは、イプスウィッチ・タウン、ハダースフィールド・タウン、ロリアンへのレンタル移籍を経験。2021年7月に正式にファーストチームに昇格した。 ここまでチェルシーでは公式戦43試合に出場し4ゴール2アシストを記録。今シーズンもプレミアリーグで8試合、チャンピオンズリーグ(CL)で4試合、EFLカップで1試合に出場している。 9歳から所属するクラブでの長期契約にサインしたチャロバーはクラブを通じてコメントしている。 「ユニフォームを着るたびに光栄に思う。このクラブのために全力を尽くしたいと思う」 「誰もが知っているように、僕は幼い頃からここにいて、ここでプレーを続けるということは全ての子ども夢だ。機会があれば、いつだってクラブのために全力を尽くし、未来を見据えていく」 「神にも感謝したい。神がいなければ、これは不可能だった。そして、常に信じているだけだ。家族にも、クラブにも感謝している。これからも全力を尽くしたいと思う」 2022.11.25 20:30 Fri
twitterfacebook
thumb

プレミア勢関心もライマーは来夏バイエルン入り一択か?

RBライプツィヒのオーストリア代表MFコンラート・ライマー(25)は来夏のバイエルン行きを強く望んでいるようだ。移籍市場に精通するジャーナリストのクリスティアン・ファルク氏が報じている。 レッドブル・ザルツブルク、ライプツィヒとレッドブルグループの志向するスタイルを体現してきたライマー。 しかし、今シーズン限りで満了する契約を延長する意思を示しておらず、来夏のフリートランスファーが既定路線となっている。 ここ最近ではリバプールに加え、チェルシーが獲得に向けた動きを見せているが、あくまでバイエルン行きを望む職人系MFは話し合いに応じる意思はないという。 一方、ライプツィヒ時代に同選手を指導したユリアン・ナーゲルスマン監督は、今夏にも獲得に動いた教え子を未だに熱望しており、ライマーの意向を含めて相思相愛と言われる。 ただ、ファルク氏によると、現時点でライマーとバイエルンは口頭合意に至っているものの、公式な合意はないという。 卓越した運動量と戦術眼、闘争心、プレーの連続性を武器に、中盤のバトルで質的と量的優位性をもたらす重要なプレーヤーだが、希望通りに来季はミュンヘンでプレーすることになるのか…。 2022.11.24 23:40 Thu
twitterfacebook
thumb

フランス代表MFラビオにアーセナル&チェルシーが接触、トッテナムも参戦へ?

ユベントスのフランス代表MFアドリアン・ラビオ(27)に、プレミアリーグの複数クラブが触手を伸ばしているようだ。 レ・ブルー(フランス代表の愛称)の一員としてカタール・ワールドカップ(W杯)に参戦中のラビオ。23日に行われたグループステージ初戦のオーストラリア代表戦ではフル出場し、1点ビハインドの27分に同点ゴールを記録するなど、4-1の勝利に大きく貢献した。 所属するユベントスでは今季限りで契約満了を迎える予定で、今大会前には「W杯で活躍し、キャリアを前進させたい」と発言。中断前はセリエAで11試合3得点、チャンピオンズリーグ(CL)でも5試合2得点を挙げるなど奮闘を見せていたが、来夏のフリー移籍も匂わせる格好となった。 イタリア『カルチョメルカート』によると、ユベントスはラビオとの契約延長交渉が未だ始まっておらず、現在の年棒700万ユーロ(約10億1000万円)を超える提示が難しい模様。そんななか、1000万ユーロ(約14億4000万円)超えのオファーがプレミアリーグからラビオに届いたという。 そのクラブとはアーセナルとチェルシーで、ここにトッテナムも加わる見込みとのこと。トッテナムのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるファビオ・パラティチ氏は、ユベントスでかつてGMを務めており、ラビオを連れてきた張本人。2人の関係性からも可能性はあるようだ。 2022.11.24 13:52 Thu
twitterfacebook
thumb

ルカク、今季終了後にチェルシー復帰か... インテルは後釜を選定済み

インテルのベルギー代表FWロメル・ルカク(29)は、今季終了後に保有権元のチェルシーへ戻る可能性が高いようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 今夏に1年レンタルでインテルへと加入したルカク。昨季のチェルシーで鳴かず飛ばずの成績に終わり、わずか12ヶ月で出戻りとなったが、シーズン序盤に負ったケガが長引き、中断期間までに期待に見合う活躍は披露できていない。 自身は来季以降のインテル残留を強く希望も、なかなか稼働できないうえ、安くないコストがかかっているため、首脳陣らは今季終了後のレンタル期間満了に伴う退団を想定。ボルシアMGのフランス代表FWマルクス・テュラム(25)獲得に本腰を入れ出したのは、これが最大の要因だという。 レンタル延長という選択肢も残すものの、チェルシーとしても来夏にルカクを売却し、2021年夏に費やした移籍金1億1500万ユーロを少しでも回収したい考え。インテルはルカクを巡るチェルシーとの交渉に意欲を失いつつあり、現時点では今季限りの退団が濃厚とのことだ。 2022.11.21 17:25 Mon
twitterfacebook
thumb

海千山千のラニエリ監督、次なる舞台はスイスか

現在フリーのクラウディオ・ラニエリ監督(71)にスイスからオファーが届いているようだ。フランス『Le Nouvelliste』が報じている。 これまでチェルシーやユベントス、モナコなど数多くのクラブで指揮を執ってきたラニエリ監督。2015年から2017年にかけて在籍したレスター・シティではプレミアリーグ優勝に導き、現在でも“ミラクル・レスター”としてその功績が称えられている。 ここ数年はローマやサンプドリア、ワトフォードを歴任したが、今年1月にワトフォードを解任されて以降、フリーの状況が続く。 今年10月初旬には古巣のサンプドリアに再就任する噂もあったが、現在はスイスのシオンからオファーを受けており、クリスティアン・コンスタンティン会長とも直々に話をしたという。 現在のシオンはイタリア人指揮官のパオロ・トラメッツァーニ氏が監督を務めているが、チームはリーグ戦10チーム中8位と低迷。クラブはラニエリ監督の他にも、元スイス代表MFで昨年まで同リーグのルツェルンを指揮していたファビオ・セレスティーニ氏にも接触しているようだ。 2022.11.20 15:00 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly