ブライトンがフリーのグリリッチュに関心! 守備的MFに加えCBでもプレー可能

2022.07.22 21:22 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブライトンがホッフェンハイムを退団したオーストリア代表MFフロリアン・グリリッチュ(26)の獲得に動いているようだ。イギリス『テレグラフ』が報じている。

今夏のフリーエージェントプレーヤーとして注目を集めるグリリッチュは、一時フィオレンティーナ行きに近づいたものの、最終的に破談。現在はガラタサライと交渉中であることが報じられている。

そういった中、DFダン・バーンやMFイヴ・ビスマといった主力の移籍により、中盤やディフェンスラインが手薄となっているブライトンがオーストリア代表MFへの関心を強め、交渉を行っているようだ。
現時点で交渉は深い段階までは進んでいないものの、話し合いの感触は悪くなく、クラブサイドは交渉成立を楽観視している模様だ。

母国のザンクト・ペルテン、ブレーメンのユースチームでのプレーを経て、2015年にブレーメンのトップチームへ昇格したグリリッチュ。その後、2017年夏にホッフェンハイムへ完全移籍すると、公式戦150試合に出場し、8ゴール11アシストを記録。

オーストリア代表で背番号10を背負う26歳は、ホッフェンハイムの絶対的な主力として活躍してきたが、新たな挑戦を求めて再三に渡る契約延長オファーを固辞。契約満了に伴い、今夏にクラブを退団していた。

キャリア初期はダイナミズムを生かした攻撃的MFとして台頭したが、ホッフェンハイム加入後はセントラルMF、守備的MFとより低いポジションに下がり、ここ最近では3バックの一角でプレーする機会も増えていた。

187cmの恵まれた体躯を生かした対人戦の強さに加え、視野の広さと戦術眼を武器に中盤のオーガナイザーとしての存在感も際立つ万能型のMFだ。

関連ニュース
thumb

ブライトンが19歳のスウェーデン代表MFアヤリを完全移籍で獲得、17歳でデビューした逸材

ブライトン&ホーヴ・アルビオンは30日、スウェーデンのAIKソルナからスウェーデン代表MFヤシン・アヤリ(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2027年6月までの4年半。移籍金は非公開とされているが、イギリス『スカイ・スポーツ』は500万ポンド(約8億円)だとしている。 アヤリはAIKのアカデミー出身で、17歳でファーストチームデビュー。ここまで公式戦通算47試合に出場し5ゴール2アシストを記録している。 2022シーズンはアルスヴェンスカン(スウェーデン1部)で24試合に出場。ボランチやサイドハーフでプレーしながら、4ゴール2アシストを記録していた。 世代別のスウェーデン代表を経験しており、既にA代表にでも2試合に出場している。 ポジションは引く手数多のエクアドル代表MFモイセス・カイセドと同じだが、穴埋めではなく、将来への投資だとされている。 2023.01.30 23:40 Mon
twitterfacebook
thumb

「似すぎだろ」「全然違う」三笘薫のスーパーゴールと酷似!?わずか4時間半後に生まれたセリエA得点王のゴールが注目集める

スーパーゴールを決めたブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫だが、三笘以外にもスーパーゴールを決めた選手がいるようだ。 29日、FAカップ4回戦でブライトンはリバプールとホームで対戦。三笘はこの試合でも左ウイングで先発出場を果たした。 1-1で迎えた後半アディショナルタイムには、ブライトンがボックス手前右でFKをもらうと、ペルビス・エストゥピニャンの折り返しにファーサイドで待っていた三笘。巧みなアウトサイドでのファーストタッチでわざと浮かせると、そこからシュートフェイクでジョー・ゴメスをかわし、ボールを浮かせたまま右足アウトを使ったシュートを放つと、これがゴールネットに突き刺さした。 三笘自身も「自分でも信じられない」と語るワールドクラスのゴールだったが、セリエAでも同じようなゴールが決まっていた。 決めたのはナポリのナイジェリア代表FWビクター・オシムヘン。セリエA首位を走るナポリのエースで、得点ランキングでもトップに立つ男だ。 三笘の試合と同じ29日に行われたセリエA第20節のローマ戦に先発したオシムヘンは17分、ボックス内左に持ち込んだクヴィチャ・クワラツヘリアのクロスを、ファーサイドで胸トラップ。腿を使ったボールコントロールから強烈な右足のボレーシュートを叩き込んだ。 リバプール戦の三笘のように、ファーサイドで受けながら、ボールを地面に落とすことなく決めたボレーシュート。三笘のアウトサイドを駆使した点や空中でのシュートフェイントはオシムヘンのゴールにはないものだが、ボールを受けた位置やゴール上に突き刺さるボレーシュートという類似点のあるゴールだった。 2人のゴールには、ファンも「似すぎだろ」、「いや全然違うだろ」、「三笘の方が難易度高い」、「同じようなゴール決めてて笑う」と驚きや議論。どちらも素晴らしいゴールだった。 <span class="paragraph-title">【動画】三笘薫のスーパーゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="pLMTZtEg8iE";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】三笘薫のスーパーゴールと同日に生まれたオシムヘンのゴール(35秒~)</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="crpiAfijz64";var video_start = 35;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.30 18:05 Mon
twitterfacebook
thumb

「ブライトンのシンボル」三笘薫が世界を席巻!衝撃は日英以外にも拡散し西紙は論文紹介も

ブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫が世界中で話題となっている。 29日に行われたFAカップ4回戦で、リバプール撃破の立役者となった三笘。劇的で鮮やかな決勝点以外にも、幾度の突破やアウトサイドでのラストパスでも決定機を演出しており、『DAZN』からは“ミトマショー”と題してこの試合におけるプレー集が公開されている。 日本はもちろん、イギリス中を震撼させた三笘。影響は日英以外にまで及んでいるようだ。 アメリカ『ESPN』は「Kaoru Mitomaはスペシャル」とゴールシーンを紹介すれば、中米ホンジュラスの『diez』は試合結果と三笘のこれまでのスタッツを絡め、「ブライトンのシンボル」と締めた。 スペイン『AS』は「三笘薫について知っておくべきこと」と題し、これまでの経歴を紹介するまでに。川崎フロンターレからロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズに渡ったことや日本代表での成績はもちろん、筑波大学ではドリブルに関する論文を執筆したこと。装着したカメラを使い、相手をかわすためのデータを取得していたことなどについても触れている。 カタール・ワールドカップ(W杯)スペイン代表戦でのアシストが世界中を震撼させた三笘。あれから2カ月足らずでまたしても世界に衝撃を与えることとなった。 <span class="paragraph-title">【動画】圧巻ドリブルから決勝点まで!FAカップ、リバプール戦の三笘薫のプレー集</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="pU2tgZrtDdg";var video_start = 19;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.30 17:30 Mon
twitterfacebook
thumb

「ゴールエグぅうう!!」三笘薫のスーパーゴール、『ブルーロック』作者のノ村優介さんも驚き、ファンは技に例える「完全に凪くんのアレでしたw」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫の活躍に、人気漫画家も驚きを隠せなかったようだ。 29日に行われたFAカップ4回戦でブライトンはリバプールと対戦。2週間前にプレミアリーグで対戦した際には、3-0で快勝したブライトンだが、試合は前半に1点ずつを奪いながら後半はゴールがなかなか生まれず。90分が終了しようとしていた。 しかし、終了間際の後半アディショナルタイムに三笘が巧みなアウトサイドでのファーストタッチでわざと浮かせてジョー・ゴメスをかわし、右足アウトで押し込み劇的な逆転ゴールを記録。三笘のスーパーゴールで、ブライトンが5回戦へと駒を進めた。 日本のファンはもちろんのこと、現地のファンだけでなくヨーロッパ中も話題としている中、人気サッカー漫画『ブルーロック』の作者であるノ村優介さんもツイッターでこのゴールに驚き喜んだ。 「三笘選手のゴールエグぅうう!!前回のゴールもやけど、DFの動きしっかり見た後にめちゃくちゃ繊細に隙間通す技術が凄過ぎる…!!」 三笘は『ブルーロック』のスマートフォンゲームのCMにも出演しており、作者も反応したことでファンも反応。実際には異なるものだが、トラップを武器とし、ドリブルやパスが特徴の凪誠士郎の二段式空砲直蹴撃(空中でトラップしてそのままボレーをするシュート)に例えるファンも現れた。 「二段式空砲直蹴撃」 「凪を見ました」 「完全に凪くんのアレでしたw」 止まるところを知らない三笘。カタール・ワールドカップ(W杯)での「三笘の1ミリ」で世界中の注目を集めたが、その後の活躍でも話題を独り占めしている状況だ。 <span class="paragraph-title">【SNS】三笘のゴールに漫画『ブルーロック』の作者も驚き</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">三笘選手のゴールエグぅうう!!<br>前回のゴールもやけど、DFの動きしっかり見た後にめちゃくちゃ繊細に隙間通す技術が凄過ぎる…!!</p>&mdash; ノ村優介 Yusuke Nomura (@nomnii) <a href="https://twitter.com/nomnii/status/1619742603632861184?ref_src=twsrc%5Etfw">January 29, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】『ブルーロック』作者も驚き!三笘薫の劇的スーパーゴールは「二段式空砲直蹴撃」!?</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="pLMTZtEg8iE";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.30 16:48 Mon
twitterfacebook
thumb

「1億ユーロの価値」大活躍の三笘薫にファン歓喜、評価の裏返しでリバプールファンからは嫌われる「トレントの評価に傷をつけた」「2つめのタッチは不愉快」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫だが、現地ファンも賛辞を送らざるを得ない状況だ。 29日に行われたFAカップ4回戦でブライトンはホームにリバプールを迎えた。 2週間前にプレミアリーグで対戦した際には、3-0で快勝した相手。試合は前半に1点ずつを奪いながら、後半はゴールがなかなか生まれず。90分が終了しようとしていた。 しかし、終了間際の後半アディショナルタイムに三笘が大仕事。ボックス手前右でFKからボールを繋ぐと、三笘は巧みなアウトサイドでのファーストタッチでわざと浮かせてジョー・ゴメスをかわし、右足アウトで押し込み劇的な逆転ゴール。三笘のスーパーゴールで、ブライトンが5回戦へと駒を進めた。 劇的な決勝ゴールには、ブライトンのロベルト・デ・ゼルビ監督だけでなく、リバプールのユルゲン・クロップ監督も評価。多くのファンに喜びを与え、驚きも与えていた。 このゴールはファンの間でも話題に。ブライトンのファンとしても知られるキャスターのジュールズ・ブリーチさんは「下書きツイートとして残しておこう…ミトマは不思議な力がある」と、驚きを表現。また、ブライトンのファンは「今、ミトマは1億ユーロの価値がある」と1億ユーロ(約140億7500万円)もの市場価値だと称賛の言葉を送った。 一方で、リバプールファンも三笘についてコメント。プレミアリーグで敗れた試合を含め、2試合続けて仕事をされてしまった悔しさから対峙したイングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルドを引き合いに出し、「ミトマはこの2週間でトレントの評価に深刻な傷を与えた」と、三笘にやられたことでアレクサンダー=アーノルドの評価がガタ落ちだとした。 また、ジョー・ゴメスが背中をむけてしまった2つめのタッチについて「ミトマの2つめのタッチは不愉快だ」とコメントする人も。相手チームのファンから嫌われるということはそれだけ厄介な存在ということであり、評価されていると言って良いだろう。 カタール・ワールドカップ(W杯)以降、輝きが増している三笘。イングランド中でもその存在が注目を集めており、どこまで飛躍していくのか注目は高まるばかりだ。 <span class="paragraph-title">【動画】驚きの声連続!三笘薫の華麗なタッチと判断の劇的スーパーゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="pLMTZtEg8iE";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.30 16:12 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly