ローマ加入のマティッチ、モウリーニョ監督への厚い信頼強調「彼の存在がローマを選んだ理由の一つ」

2022.07.05 13:20 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ローマに加入した元セルビア代表MFネマニャ・マティッチ(33)が、ジョゼ・モウリーニョ監督への信頼を語った。クラブ公式サイトが伝えている。

昨シーズン限りでマンチェスター・ユナイテッドを退団したマティッチ。ラツィオやフルアムなど複数クラブの関心があるなか、恩師であるモウリーニョ監督率いるローマへの加入が決定した。

4日に開かれた入団会見では、ゼネラル・マネージャーのチアゴ・ピント氏が「彼がこの選択をしてくれて非常に嬉しい。我々のプロジェクト、進歩における素晴らしい兆候だ」と語るなど、高い期待がかけられている。

会見に出席したマティッチもローマでプレーする期待感を口にしつつ、チェルシー、ユナイテッドで共に仕事をしてきたモウリーニョ監督への信頼を強調。指揮官の戦術は熟知しており、すぐにフィットできるはずだと自信を示した。

「またジョゼと一緒に仕事ができてとても嬉しいね。彼は僕がローマを選んだ理由の一つだ。ジョゼの下でプレーした試合数で、僕より上はフランク・ランパードだけだから、彼の記録を破りたい」

「ジョゼとは以前から良い関係を築いていて、連絡も取り合っていた。ただ、(ローマへの誘いがあったのは)ほんの数カ月前だ。フットボールでは次の数カ月で何が起こるかわからず、僕らにはそれを知るだけの経験があった」

「数カ月前に話した際、彼は僕をチームに迎えたいと言ってきた。そして、それはもちろん僕の決断に影響を与えたよ。彼とローマは僕にとって完璧なつながりであり、彼の野心と僕の野心、そしてクラブの野心は同じ方向に進んでいた」

「同じ野心を持っていたから、交渉はとても早かったよ。(優勝した)ヨーロッパ・カンファレンスリーグ決勝の結果は、僕の去就に影響しなかったんだ。僕はすでにローマに来ることを決めていたからね。一度頭の中で決めたことを変えるのは不可能さ」

「ジョゼとの経験から、彼がチームにいる選手次第でシステムを変えることは理解している。僕自身は、中盤3枚でも2枚でもプレーしてきたから、適応はしやすいよ。もちろん、ベストを尽くしたい。僕の役割は監督がどんなプレーをしたいかにより、その指示に従う」

また、マティッチはローマのチームメイトについても言及。主将であるロレンツォ・ペッレグリーニを高く評価しており、共演を待ち望んでいる。

「もちろん、ローマの選手についてはほとんど知っている。試合も見ていたからね。そのなかでもペッレグリーニはベストの一人であり、もっとも重要な存在なのは確かだと思う。彼は素晴らしい選手であり、ピッチ上で僕たちは素晴らしい関係を築けるだろう。もちろん、明日から始まるトレーニングでそれを証明しなければならない。でも、僕は間違いなく選手として彼が好きだよ」


関連ニュース
thumb

ローマも破って全勝首位も「まだ突破とは言えない」 ベティス監督、気抜かず

レアル・ベティスのマヌエル・ペジェグリーニ監督が満足した。『UEFA.com』が報じている。 ベティスは6日のヨーロッパリーグ(EL)グループC第3節でローマとの敵地戦に臨み、2-1で勝利。先に先制を許す流れだったが、前半のうちに追いつき、後半の終盤に勝ち越した。 グループ最大の強敵との1stマッチをモノにして、3連勝で首位キープのペジェグリーニ監督も結果、内容を喜びつつ、残り3試合に目を向けた。 「前半はゲームをコントロールして、多くのチャンスを作り、4回ぐらいゴールに近づいた。後半はより拮抗したが、それでも我々が試合の主導権を握り続けた」 「このアウェイで素晴らしいチームを相手に後半でさえも常に勝利を目指した。まだ突破したとは言えない。まだ9ポイントも残っているし、待たねばならない」 2022.10.07 16:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ディバラ、先制PK弾も逆転負けで「すごく残念」

ローマのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが振り返った。 ローマは6日のヨーロッパリーグ(EL)グループC第3節でレアル・ベティスをホームに迎え撃ち、1-2で敗戦。34分にディバラのPK弾で先制しながら、前半のうちに追いつかれ、後半の終盤に勝ち越しを許した。 個人としては直近に出場した公式戦4試合で連発と好調だが、ローマはベティスに3連勝を許して3位に転落する結果となったディバラ。イタリア『スカイ』で 「彼らがテクニカルにボールを扱うのが得意なのはわかっていたけど、僕らのプレスがうまくいかなかった。でも、チャンスはあったし、この結果はすごく残念だね。(相手GKのクラウディオ・)ブラーボはすごい反応だった」 「監督やチームメイトは僕がこのグループ、ローマに溶け込めるようかなり力を貸してくれている。今夜の試合ではもっとうまくボールをコントロールすることができたはずだし、ゴールに向かうスピードが遅かったかもしれない」 2022.10.07 12:00 Fri
twitterfacebook
thumb

逆転負けのローマ、モウリーニョ「引き分けが最もフェアな結果」

ローマのジョゼ・モウリーニョ監督がコメントした。 6日のヨーロッパリーグ(EL)グループC第3節でレアル・ベティスをホームに迎え撃ったローマ。直近のセリエAでインテルを破っての一戦だったが、34分にFWパウロ・ディバラのPK弾で先制しながら、そこから2失点で逆転負けした。 ベティスに3連勝を許し、今大会の2敗目で3位に後退したモウリーニョ監督はイタリア『スカイ』で、「引き分けが最もフェアな結果」だと振り返っている。 「彼らは技術的によりハイクオリティなプレーぶりだった。とりわけ、前半はね。しかし、チャンスの部分では我々の方が多かった。技術的な部分では彼らの方が良かったが、我々もチャンスを何度も外していたし、きっと引き分けが最もフェアな結果だっただろう」 「2失点目は我々の疲れと勝利欲からのもの。(ネマニャ・)マティッチがプレスをかけにいったが、(レオナルド・)スピナッツォーラは続かず、彼らにスペースを突かれてしまった。苦い味が残る試合だ。良いプレーをせずともかなりのチャンスがあったのだからね」 2022.10.07 11:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ベティスが会心の逆転勝利で3連勝…ELホーム14戦ぶり敗戦のローマは3位転落…《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)のグループC第3節、ローマvsベティスが6日にスタディオ・オリンピコで行われ、アウェイのベティスが1-2で逆転勝利した。 前節、ヘルシンキに快勝を収めてグループリーグ初白星を挙げたローマ。さらに、インターナショナルマッチウィーク明け初戦となったセリエAではインテルとの強豪対決を制し、勢いに乗ってグループリーグの首位攻防戦に臨んだ。モウリーニョ監督はこのホームゲームに向けて先発2人を変更。負傷でベンチ外のペッレグリーニに代えてエイブラハム、スピナッツォーラに代えてザレフスキを起用した。 一方、グループリーグ2連勝で首位に立つベティスだが、直近のラ・リーガではセルタ相手に0-1で敗れ、公式戦連勝が「4」でストップした。その敗戦からのバウンスバックを図る一戦ではフェキル、カナーレスに加え、グアルダード、ホアキンの重鎮2人を起用してきた。 ホームの大歓声を後押しに集中した入りを見せたローマだが、開始直後にアクシデント発生。相手との接触プレーの際に右ヒザを捻ったチェリクが一度はプレーに復帰したものの、自ら交代を要求してピッチを後に。開始5分でスピナッツォーラのスクランブル投入を余儀なくされる。 以降はボールを握るベティス、カウンターで応戦するローマという構図の下で一進一退の攻防に。その流れの中でアウェイチームは右サイドのカナーレスとフェキルを起点に崩しの形を作り出し、13分にはフェキルが右ポスト直撃の決定機を作り出す。 時間の経過と共にアウェイチーム優勢の展開となるが、こちらもアクシデント発生。フェキルが筋肉系のトラブルでプレー続行不可能となり、22分にルイス・エンヒキが投入された。 すると、ここまでなかなかフィニッシュまで持ち込めずにいたローマにビッグチャンス。FKの場面で相手DFルイバルの腕にボールが当たると、オンフィールド・レビューの結果PKが与えられる。これをキッカーのディバラが冷静にGKブラーボの動いた逆サイドに突き刺し、34分の先制点とした。 やや不運な形で先手を奪われたベティスだが、途中投入のルイス・エンヒキが右サイドでの積極的な仕掛けで流れを引き寄せる。そして40分、そのルイス・エンヒキのペナルティアーク付近でのキープから丁寧にマイナスへ落としたボールをギド・ロドリゲスが豪快に右足で振り抜くと、地を這う鋭い弾道のシュートがゴール左下隅に決まった。 これで1-1の振り出しに戻った試合は前半終了間際にホームチームが押し返して決定機を創出。45分にはザレフスキからの正確な右クロスにゴール前で反応したザニオーロ、直後にはディバラが見事な左足のダイレクトボレーで勝ち越しに迫るが、クロスバーとGKブラーボのビッグセーブに阻まれた。 後半も試合展開に大きな変化はなし。だが、先にゴールへ迫ったのはホームチーム。51分、右CKの流れからゴール前でエイブラハムのオーバーヘッドのこぼれに反応したクリスタンテが右足の弾丸シュートを放つが、これはGKブラーボが驚異的な反射神経ではじき出した。 後半立ち上がり以降は試合が完全に膠着。ローマはディバラ、ベティスはカナーレスと質の高いプレーメイカーが要所で違いを生むが、いずれもアタッキングサードでのプレー精度を欠いて決定機まであと一歩という場面が目立つ。 その後、後半半ばから終盤にかけては互いに交代カードを切って流れを引き寄せにかかる。そういった流れの中でベティスが土壇場で勝負強さを発揮した。 88分、左サイド深くでロドリが滞空時間の長い絶妙なクロスを上げると、スピナッツォーラの緩慢な対応もあって難なく競り勝ったルイス・エンヒキの巧みな浮き球のヘディングシュートがゴール左隅に決まった。 これで厳しくなったローマはリスクを冒して前に出るが、巧みに時計を進めるベティスの守備に苦戦。試合終了間際にはフラストレーションを募らせたザニオーロがボールと関係ないところで相手DFに蹴りを見舞うと、VARのレビューの結果レッドカードが掲示された。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、ローマに2017年2月以来14戦ぶりとなるELホームゲームでの敗戦を与えたベティスがグループリーグ3連勝で首位キープに成功した。一方、これで1勝2敗となったローマは3位に転落している。 2022.10.07 06:19 Fri
twitterfacebook
thumb

引退イグアインを恩師モウリーニョがらしく労う 「ゴールに飽きたか?」

現役引退を決めた元アルゼンチン代表FWゴンザロ・イグアインに恩師から労いのメッセージだ。 2020年9月からメジャーリーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミに活躍の場を移したイグアイン。欧州のフットボール界ではすっかり名前を聞かなくなってしまったが、アメリカ挑戦から3年目の今季公式戦28試合で14ゴールと持ち前の決定力を発揮するなか、3日に現在のシーズンをもって現役から退くと発表した。 リーベル・プレートでのプロ入りから、欧州でもレアル・マドリー、ナポリ、ユベントス、ミラン、チェルシーを渡り歩いたとあって、各方面から惜しむ声。そして、レアル・マドリー時代に師弟関係だったジョゼ・モウリーニョ現ローマ監督もインスタグラムのストーリー機能を用いて、らしい言葉かけで労っている。 「ゴールを決めるのに飽きでもしたか? 残りの人生も楽しんで!」 イグアインとモウリーニョ氏は2010年5月〜2013年5月までレアル・マドリーでタッグ。その当時は若きフランス代表FWカリム・ベンゼマとの熾烈なポジション争いもあったが、ポルトガル人指導者の下で通算123試合に出場して57得点28アシストをマークした。 2022.10.04 19:20 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly