元ミラン監督、ディバラの移籍先は「インテルよりもミラン」と古巣をオススメ…過去に獲得進言も「何もしなかった」

2022.07.03 21:48 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
かつてミランを指揮した名将としても知られるアリゴ・サッキ氏が、フリーとなっているアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラに関してミランでプレーする方が良いと語った。イタリア『ガゼッタ・デrロ・スポルト』が伝えた。

ディバラは2021-22シーズン限りでユベントスとの契約が満了。先日、公式に退団が発表され、現在はフリーとなっている。

今夏はインテルからのオファーが舞い込み移籍するものと見られた中、現在のところ移籍は実現せず。すでにチェルシーからベルギー代表FWロメル・ルカクを獲得するなど、複数の補強を行なっている状況だ。
一方で、ミランやローマ、モンツァ、アーセナルなど複数のクラブからの関心も集めていた中、今のところ行き先は決まっていない。

そんな中、サッキ氏はミランが獲得すべきだとコメント。以前にもディバラ、そして現在はラツィオで指揮を執るマウリツィオ・サッリ監督をチームに連れてくるべきだと進言したものの、シルヴィオ・ベルルスコーニ前会長は無視したと明かした。

「私は何年も前にベルルスコーニ(前会長)に彼を推薦していた。私は(マウリツィオ・)サッリとディバラを新たな才能として獲得するように言ったが、何もしなかった」

「ディバラがインテルよりもミランでより家にいると感じられると信じている。ロッソ・ネリは、すでに深い位置にいるFWとプレーすることに慣れている」

「しかし、ディバラは自分から動き、ボールを奪うことに参加し、スピードを使わなければいけない。現代サッカーは動くことが重要だ」

今夏のミランは、リバプールのベルギー代表FWディボク・オリジの獲得に近づいているとされるほか、イタリア代表MFニコロ・ザニオーロ、スペイン代表MFマルコ・アセンシオ、ポルトガル代表MFレナト・サンチェスに興味を持っており、アタッカー陣の補強に動いている。


関連ニュース
thumb

名門ミランの10番を着けた2人がカタールで再会!本田圭佑がレジェンドとの2ショットを披露「最近の子供たちは分かってくれるかなー?」

本田圭佑がカタールでの出会いを明かした。 カタール・ワールドカップ(W杯)を放送する「ABEMA」のFIFAワールドカップゼネラルマネージャに就任している本田は、現地を訪問中。17日にドバイで行われた日本代表vsカナダ代表の国際親善試合も生観戦したことを報告していた。 本田は21日にも自身のSNSを更新。「クラレンス(セードルフ)と久しぶりの再会。最近の子供たちは分かってくれるかなー?お父さんたち、彼の凄さをちゃんと伝えといてください」と、元オランダ代表MFクラレンス・セードルフ氏との2ショットを投稿した。 2人は、本田がミランに在籍していた時に選手と監督という関係で共闘。また、ミランの背番号「10」を背負った2人でもある。 一方のセードルフ氏もインスタグラムのストーリーズを更新。「ピッチ内外を問わず、サッカー界で最もインテリジェントで才能ある男のひとり」と本田のことを称えていた。 <span class="paragraph-title">【写真】本田圭佑とセードルフ氏がカタールで再会!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">クラレンス(セードルフ)と久しぶりの再会。最近の子供たちは分かってくれるかなー?お父さんたち、彼の凄さをちゃんと伝えといてください <a href="https://t.co/ioDllfj6ZJ">pic.twitter.com/ioDllfj6ZJ</a></p>&mdash; Keisuke Honda (@kskgroup2017) <a href="https://twitter.com/kskgroup2017/status/1594659968833425408?ref_src=twsrc%5Etfw">November 21, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.22 16:35 Tue
twitterfacebook
thumb

ミラン、アタランタGKスポルティエッロを来夏獲得へ?

ミランがアタランタの元U-21イタリア代表GKマルコ・スポルティエッロ(30)獲得に近づいているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 スポルティエッロはアタランタの下部組織出身で、下部リーグでのプロデビューを経て2012年夏に復帰。以降はフィオレンティーナやフロジノーネなどへのレンタル移籍も経験し、セリエAで通算190試合、今季は6試合に出場している。 ミランはここ数日で選手側との接触を強化。移籍市場に精通するイタリア人ファブリツィオ・ロマーノ記者によると、スポルティエッロはアタランタとの契約が満了を迎える来夏のフリー移籍となり、ミランでは正GKマイク・メニャンを第2GKとして支える立ち位置になる模様。なお、契約期間は3年間とみられている。 2022.11.22 15:13 Tue
twitterfacebook
thumb

36歳ジルー、W杯後の代表引退を否定「身体がノーと言うまで歩みを止めない」

ミランのフランス代表FWオリヴィエ・ジルーが代表引退を否定している。 9月に36歳を迎えたジルー。大ベテランとなったが、ミランでもレ・ブルーでも重要な選手であり続けており、加齢による際立った下降線も辿っていない。22日に初戦を戦うカタールW杯でも、主力FWの1人と位置付けられている。 以前には今大会後の代表引退を示唆するも、先日のフランス『ル・パリジャン』のインタビューでは一転して否定。今後数年もトップレベルでのプレーが可能と胸を張った。 「自分自身に限界を感じていない。今回のW杯が代表での最後かも、と確かに言ったが、決めたわけじゃないし、発表すべきことは何もないよ。身体がノーと言うまで歩みを止める気はない」 ジルーは国際Aマッチ通算114試合49得点を誇り、前回のロシアW杯では世界王者に。クラブレベルでもチェルシーやミランなどで多くのタイトルを獲得してきたが、36歳の今も、若き日と変わらない野心に溢れているという。 「レ・ブルーの一員になって11年くらいかな。私のハートは、今後もさらに私を駆り立てるだろう。勝利とトロフィーへの野心は今も昔も変わらない。私ほどの年齢に達してもなお、このような意識を持てる選手が増えていくと嬉しいんだ」 2022.11.21 18:13 Mon
twitterfacebook
thumb

ミラン、来冬もツィエク獲得に本腰? 今夏はクラブ間交渉まとめられず

ミランは、チェルシーのモロッコ代表MFハキム・ツィエク(29)獲得を諦めていなかったようだ。 カタールW杯にモロッコ代表として参戦するツィエク。ヴァイッド・ハリルホジッチ前監督との確執により長らく代表から遠ざかるも、同監督の解任後に復帰し、17日に行われたW杯前最後の強化試合であるジョージア代表戦では、自陣から圧巻のロングシュートを叩き込んだ。 そんななか、イタリア『カルチョメルカート』は、ツィエクのミラン移籍の可能性は残ったままと主張。ミランは今夏に1年レンタルを軸としてツィエク獲得を目指すも、クラブ間交渉をまとめられず。それでも、モロッコ随一のスター獲得への情熱は今も失われていないという。 スポーツ・ディレクター(SD)のパオロ・マルディーニ氏らはツィエク獲得に来冬も本腰。ツィエク本人もカタールW杯で活躍し、チェルシーからの退団につなげたい考えで、行き先の本命はミランと考えられている。 <span class="paragraph-title">【動画】モロッコの魔術師ツィエクが圧巻のロングシュート!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ht" dir="ltr">LE BUTTTT DE FOUUUYY DE 50M DE ZIYECH !!! <a href="https://t.co/o1axdrCj2y">pic.twitter.com/o1axdrCj2y</a></p>&mdash; (@marwaninho139) <a href="https://twitter.com/marwaninho139/status/1593281832002457602?ref_src=twsrc%5Etfw">November 17, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2022.11.18 16:10 Fri
twitterfacebook
thumb

「後半戦の俺に期待してくれ」年明けの復帰目指す41歳イブラが意気込み

ミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、戦列復帰後の活躍に自信をのぞかせた。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 2020年1月のミラン復帰以降、絶大な存在感でチームをけん引し、昨季のスクデット奪還に貢献したイブラヒモビッチ。復帰時点ですでに38歳だったが、復帰後の通算成績は74試合46得点11アシストと、衰え知らずの得点力を発揮している。 だが、そんなイブラも41歳。昨季終了後に手術した影響で今季は未だピッチに立てておらず、年明けの戦列復帰が期待されている。17日のグローブ・サッカー・アワードで最優秀キャリア選手賞を受賞し、スピーチでは後半戦に期待して欲しいと呼びかけた。 「俺はいつだってチームを引っ張って行くべき存在だ。是非とも後半戦に期待して欲しいね。チームはうまくやれているが、現在はナポリが上にいる。後半戦は前半戦より重要だ。ミランは常にスクデットのために存在している」 また、今アワードで最優秀スポーツディレクター賞を受賞したミランのパオロ・マルディーニ氏、フレデリック・マサラ氏の両名には称賛の言葉を贈っている。 「彼ら2人は本当に素晴らしい仕事を続けている。昨季の成功は彼らなしにありえなかった。ミランを再建して行くにあたって最も重要な人物こそ彼ら2人だったと言える」 2022.11.18 13:49 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly