アーセナル、米代表GKターナー加入を発表! アルテタ「高いクオリティーをもたらしてくれる」

2022.06.27 19:41 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルは27日、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のニューイングランド・レボリューションからアメリカ代表GKマット・ターナー(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「30」に決定している。

今年2月に加入合意がすでに発表されていたターナーは、メディカルチェックを無事にパスし、正式にアーセナルの一員となった。契約期間に関しては“長期”とのみ発表されている。

2016年3月にフェアフィールド・スタッグスからニューイングランド・レボリューションへ加入したターナー。リッチモンド・キッカーへの2度のレンタル移籍を経験し、2017年11月に復帰した。

2018シーズンからはレギュラーとしてプレー。MLSで111試合に出場した28歳は、2021年2月にはアメリカ代表デビュー。現在は正守護神としてプレーし、カタール・ワールドカップ北中米カリブ海予選突破に貢献した。

アーセナルではイングランド代表GKアーロン・ラムズデールが守護神を務める一方、セカンドGKのドイツ代表GKベルント・レノに今夏の退団の可能性が報じられており、ターナーがラムズデールのバックアップを担うことになりそうだ。

アーセナルを率いるミケル・アルテタ監督は、その新加入GKがチームに新たな経験とクオリティーをもたらすことを期待している。

「マットは経験豊富なGKで、我々のチームに高いクオリティーをもたらしてくれるはずだ。彼は近年、MLSとアメリカ代表の国際レベルでのパフォーマンスで、来シーズンに向けてさらなる強さを与えてくれるGKであることを示している」

「我々はマットと彼の家族の加入を歓迎し、今後数年間一緒に仕事をすることを楽しみにしている」


関連ニュース
thumb

今季リーグ戦初弾を含む2G2Aとジェズスが大活躍!レスターを下したアーセナルが開幕連勝《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第2節のアーセナルvsレスター・シティが13日に行われ、4-2でアーセナルが勝利した。アーセナルの日本代表DF冨安健洋は75分からプレーしている。 プレミアリーグ開幕戦でクリスタル・パレスに完勝したアーセナルが、ドロースタートとなったレスターをエミレーツ・スタジアムに迎えたホーム開幕戦。前節欠場したアーセナルの冨安はベンチスタートとなった。 互いに前節と同じ先発メンバーで臨んだ中、先にチャンスを迎えたのはレスターだった。4分、敵陣までハイプレスをかけたフォファナがボールを突っつくとそのまま前線へ。こぼれ球を拾ったヴァーディからのパスを受けたフォファナがゴール前まで切り込んだが、シュートはGKラムズデールが好セーブに阻まれた。 その後も目まぐるしく攻守が入れ替わるトランジションゲームが繰り広げられる中、アーセナルは20分にボックス右横でボ―るを受けたサカのクロスをファーサイドから走りこんだジャカが頭で合わせたが、これはGKウォードの正面を突いた。 さらにアーセナルは23分、マルティネッリの左クロスをジャカが落とすとボックス左で受けたガブリエウ・ジェズスがシュート。ループ気味に放ったコントロールショットはゴール右隅に吸い込まれた。 先制点で勢いづくアーセナルは、34分にセットプレーから追加点を奪う。マルティネッリの左CKをニアで相手選手がフリックすると、ファーサイドのガブリエウ・ジェズスが頭で押し込んだ。 リードを許したレスターは42分、カスターニュのロングパスに反応したヴァーディが飛び出したGKラムズデールと接触し倒れると、主審はPKを宣告。しかし、オンフィールドレビューの結果、ファウルは認められず、PKは取り消された。 迎えた後半は立ち上がりからホームチームがボールを支配する。しかし、先にネットを揺らしたのはレスターだった。53分、エバンズのロングフィードをバイタルエリアに駆け上がったジャスティンが頭でつなぐと、これを対応したサリバのバックパスがそのままゴールネットに吸い込まれた。 1点を返されたアーセナルだったが、すぐに反撃。55分、ボックス右手前のホワイトがゴール前へロングパスを供給すると、飛び出したGKが味方DFと重なりファンブル。こぼれ球を拾ったジェズスの横パスを最後はジャカがゴールネットを揺らした。 再び点差を広げられたレスターは、70分にヴァーディを下げてイヘアナチョを投入。すると74分、マディソンの縦パスを受けたイヘアナチョがボックス右から侵入。タメを作りラストパスを送ると、ボックス右深くまで駆け上がったマディソンのシュートがGKの股下を抜けてゴールに吸い込まれた。 アーセナルは失点直後にホワイトを下げて冨安を投入。すると75分、バイタルエリア右でボールを受けたジェズスがカットインから横パスを供給。これを受けたマルティネッリがボックス左手前から左足で狙うと、シュートはゴール右隅に突き刺さった。 結局、試合はそのまま4-2でタイムアップ。 ジェズスの2ゴール2アシストなどの活躍もあり、レスターを下したアーセナルが開幕2連勝を飾った。 2022.08.14 00:59 Sun
twitterfacebook
thumb

【プレミアリーグ第2節プレビュー】チェルシーとスパーズが激突! リバプールとユナイテッドは初勝利を目指す

開幕節ではリバプールが昇格組のフルアムにまさかのドロースタートとなった一方、虎視淡々と優勝を狙うロンドンのビッグクラブは揃って3ポイントを手にした。また、マンチェスター勢では明暗が。シティが新エース・ハーランドが早速の2ゴールで勝利に導いたが、エースのロナウドの去就に揺れるユナイテッドはブライトンに敗れた。 今節は早くもビッグマッチが到来。移籍市場で大型補強を実行したチェルシーとトッテナムによるロンドン・ダービーだ。 ホームに迎え撃つは、開幕戦でエバートンに辛勝したチェルシー。エバートン戦では序盤からボールを握りながらも、相手の徹底した守備を前に攻撃陣が苦しむ展開に。そんな中、機を見て攻撃参加したチルウェルがPKを獲得し、名手ジョルジーニョが仕留めて虎の子の1点。一方で守備ではチアゴ・シウバを中心に、契約延長したキャプテンのアスピリクエタと新戦力のクリバリが圧巻のパフォーマンスを披露し、無失点で勝利を呼び込んだ。 対するトッテナムの開幕戦はセインツを圧倒。12分に先制を許し、一時雲行きは怪しかったが、セセニョンの同点ゴールを皮切りに、ダイアーやクルゼフスキが得点を重ね、終わってみれば4-1の快勝を収めた。後半には新加入のペリシッチやラングレ、ビスマがスパーズでの公式戦デビューを果たしており、悲願の優勝に向けてこの上ないスタートを切っている。 王者シティは強敵ウェストハムを相手に序盤からポゼッションで圧倒。その中でプレミアリーグデビューとなったハーランドがPK獲得から自らゴールを決めて、早速仕事を果たす。後半にはデ・ブライネのスルーパスがハーランドの2点目をお膳立て。今季の強力ホットラインを予感させるプレーでウェストハムを退けた。そして今節の相手は昇格組のボーンマス。プレミアリーグでは10回対戦しているが、シティが全勝している。 リバプールはクリスタル・パレスと対戦。上述のようにドローという結果になったフルアム戦は、先にネットを揺らされる展開に。開幕直前のシティとのコミュニティ・シールドでPK獲得&1得点で勝利に導いた新加入のヌニェスが後半の途中出場からゴールを決めて試合を振り出しに戻すが、世界一のCBと名高いファン・ダイクがミトロビッチを倒して珍しくPKを献上。再び勝ち越され、最終的にサラーのゴールで再び同点に戻したものの、逆転は叶わなかった。なお、リバプールはこの試合でチアゴがハムストリングを負傷し、最低6週間の離脱を強いられることになった。 アーセナルの第2節の相手はレスター。初戦ではクリスタル・パレスに立ち上がりから主導権を握り開始20分で先制。しかし、この勢いに乗れず、前半の終盤にはGKラムズデールがファインセーブを強いられるシーンも。後半立ち上がりにも守護神のビッグセーブが光った中、試合終盤の相手のオウンゴールもあり、なんとか白星で飾った。なお、レスターとは現在3連勝中だ。 初戦でブライトンに力負けしたユナイテッドは、アウェイのブレントフォード戦で汚名返上と初勝利を目指す。昨シーズンに初めてプレミアリーグに昇格した同クラブとの対戦はわずか2回だが、昨季はいずれも3得点で快勝。相性の良い相手と言える。 ◆プレミアリーグ第2節 ▽8/13(土) 《20:30》 アストン・ビラvsエバートン 《23:00》 アーセナルvsレスター ブライトンvsニューカッスル マンチェスター・シティvsボーンマス サウサンプトンvsリーズ ウォルバーハンプトンvsフルアム 《25:30》 ブレントフォードvsマンチェスター・ユナイテッド ▽8/14(日) 《22:00》 ノッティンガム・フォレストvsウェストハム 《24:30》 チェルシーvsトッテナム ▽8/15(金) リバプールvsクリスタル・パレス 2022.08.13 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

アーセナルが狙う19歳のスペイン代表WGピノ、移籍金は108億円か

アーセナルが今夏の移籍市場でもう1人チームに加える可能性があるようだ。 イギリス『フットボール・ロンドン』によれば、アーセナルが関心を抱いているのはビジャレアルのスペイン代表FWジェレミ・ピノ(19)とのことだ。 ピノは2020年8月にCチームからファーストチームに昇格。するとすぐに頭角を現し、1年目は公式戦37試合で7ゴール1アシスト、2年目の昨季は公式戦40試合で7ゴール4アシストを記録していた。 すでにビジャレアルで公式戦77試合に出場し14ゴール5アシストを記録しているピノは、スペイン代表としても2021年10月にデビュー。4ゴール1アシストを記録している。 スペイン期待の若手アタッカーで、ビジャレアルにとって欠かせない選手の1人となっているピノ。右利きのウインガーは、アーセナルが補強したいポジションだった。 今夏のアーセナルはリーズ・ユナイテッドのブラジル代表FWハフィーニャの獲得を目指していたが、バルセロナへの移籍を希望したこともあり諦めることに。右サイドではU-21ポルトガル代表MFファビオ・ヴィエイラを獲得したが、左サイドの補強を行いたい考えがあった。 ピノは右ウイングを主戦場とし、タイプとしてはタッチラインからのカットバックを得意とするため、左サイドよりは右サイドの方が適性がありそうなタイプ。スピードが飛び抜けているわけではないが、得点力は持ち合わせている。 ミケル・アルテタ監督は攻撃の選手に関しては利き足とは逆のサイドで選手を起用することが多く、アーセナルに加入するとなれば左サイドに入る可能性もある。そうなれば、ブラジル代表FWガブリエウ・マルティネッリ、イングランド代表MFエミール・スミス・ロウとポジションを争うことになるが、右サイドであればイングランド代表FWブカヨ・サカ、コートジボワール代表FWニコラ・ぺぺがライバルとなるだろう。 『フットボール・ロンドン』によれば、その価値は6700万ポンド(約108億5000万円)とも言われており、決して安い買い物ではない。ただ、サイドの層が厚くないアーセナルとしては、将来への投資も含めて獲得に動く可能性は十分にありそうだ。 2022.08.12 19:20 Fri
twitterfacebook
thumb

ついに冨安健洋が週末に復帰へ…スミス・ロウと共にベンチ入り濃厚と報道

アーセナルの日本代表DF冨安健洋がついに復帰を果たすことになりそうだ。 昨シーズン終盤の負傷で長らく戦線を離脱していた冨安。日本代表の活動も試合出場は叶わないと、アーセナルのアメリカへのプレシーズンツアーに帯同するも試合出場はなし。トレーニングの日々が続いていた。 開幕戦となったクリスタル・パレス戦もメンバー外となった冨安は、翌日に行われたU-21チームのマンチェスター・ユナイテッド戦に先発出場。前半のみのプレーとなったが、久々に実戦復帰を果たしていた。 その冨安だが今週はチームトレーニングに復帰しているとのこと。同じくケガで離脱していたイングランド代表MFエミール・スミス・ロウ、U-21ポルトガル代表MFファビオ・ヴィエイラも復帰しているという。 ふくらはぎを痛めていた冨安は、その後大腿四頭筋を負傷。しかし、その状態も良くなってきており、週末のレスター・シティ戦ではベンチ入りする可能性が伝えられている。 また、そ径部を痛めていたスミス・ロウもベンチ入りが濃厚とのこと。一方で、ヴィエイラは少し難しいようだ。 冨安が起用できないこともあり、今シーズンはイングランド代表DFベン・ホワイトが右サイドバックに、センターバックにはDFウィリアム・サリバが入り、開幕戦でデビューを果たしていた。 ポルトガル代表DFセドリック・ソアレスもいる中で、右サイドバックのポジション争いは昨年以上に激化しそうだ。 2022.08.12 11:58 Fri
twitterfacebook
thumb

フルアム新戦力WGソロモンがヒザ手術で離脱…ウィリアン獲得説に拍車か

フルアムに加入したばかりのイスラエル代表MFマノー・ソロモンだが、戦線離脱を余儀なくされてしまった。 今夏、シャフタール・ドネツクから今季いっぱいの契約でフルアム入りしたソロモン。23歳にしてイスラエル代表で31キャップを刻むサイドアタッカーは6日にホームで行われたリバプールとのプレミアリーグ開幕節に66分から出場した。 プレミアリーグ復帰1年目のチームも有効候補から勝ち点1をもぎ取ったが、その公式戦デビューの翌日に手術が必要なヒザのケガを負ってしまったようだ。 クラブ公式サイトによると、フルアムを率いるマルコ・シウバ監督は13日にアウェイで予定する第2節のウォルバーハンプトン戦に先立ってのチーム状況を話すなか、出遅れのMFハリー・ウィルソンとともにソロモンの離脱を認めた。 「残念だが、ハリー・ウィルソンとマノー・ソロモンという2人の負傷者がいる。彼らは出られないだろう。(ソロモンは)ヒザのケガ。先週の日曜日(7日)に行ったセッションでだ。おそらく数日中に手術を受けるだろう」 「それからもっと詳しいことがわかり、戻ってくる時期もはっきりしてくるはず。だが、長期の負傷離脱になりそうだ。とにかく手術を待つのがベターだし、それから詳細を把握したい」 一方、ハリー・ウィルソンに関しては「週ごとに見てみないとわからないし、様子を見よう。ソロモンほど長くかからないだろうが、6、8週間はありうる。我々にとっては長期離脱だし、10試合くらいになる」と述べた。 ソロモンの離脱が理由か定かでないものの、かつてチェルシーやアーセナルでプレーしたコリンチャンスの元ブラジル代表MFウィリアンを獲得しようとする動きが取り沙汰されるフルアム。その噂にも拍車をかける出来事だが、いかに。 2022.08.12 09:55 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly