エメルソン、コンテのしごき語る 「死んだようにトレーニングを終える…」

2022.06.27 16:25 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムのブラジル代表DFエメルソン・ロイヤルがアントニオ・コンテ監督の下での厳しいトレーニング事情について語った。ブラジル『ESPN』が伝えている。

昨夏、バルセロナからトッテナムに加入したエメルソンは、加入初年度にプレミアリーグ31試合に出場し、1ゴール1アシストを記録。当初のターゲットがアーセナルで印象的なパフォーマンスを見せた日本代表DF冨安健洋だったこともあり、シーズンを通じて攻撃の精度や、守備時の軽率な判断が批判されたものの、終盤戦では徐々にポテンシャルを発揮。チームのトップ4フィニッシュに貢献した。

今夏の移籍市場ではアトレティコ・マドリーらからの関心が伝えられる一方、イタリア人指揮官がさらなる成長を期待して来季も構想に入れているとも言われる。

そのブラジル代表DFは『ESPN』でコンテ監督の下での厳しいトレーニング事情に言及。「死んだようにトレーニングを終える」とその過酷さを明かしつつ、同監督のしごきから愛情や期待を感じ取っているという。

「フィジカルトレーニングがあり、ときには高強度のトレーニングもあるんだ。それが終わるとき、僕は死んだようにトレーニングを終えるんだ」

「次の日にトレーニングに到着すると、彼(コンテ)が『エメルソン、昨日のトレーニングは気に入らなかったよ』って言うんだ。ありえないだろ、そうなると僕も怒りがわいてくるんだ。昨日のトレーニングが気に入らなかったって、マジかよ? 僕は命を懸けて、死んだようにトレーニングを終えたんだってね」

「だけど、GPSで確認すると、多くの人よりも良い数字を出していて、ベストの中にさえいるんだ」

「だから、彼に『僕のGPSの結果を見てほしい』って言うんだ。だけど、彼は『いや、もっとできるはずだ』って言い返してくるんだ」

「それから僕はイライラしながらトレーニングを終える。その後に彼は、『ほら、そうやってトレーニングするんだ』って言うんだ」

「フィジカルトレーニングをやるとき、彼はいつでも僕の名前を叫び続ける。だけど、実際のところは自分にとって良いことだと捉えているよ。僕を助けたいという彼の気持ちが伝わってくるんだ」

コンテ監督がエースFWハリー・ケインやその他の主力選手に対して、どういった対応を見せているかは不明だが、少なくとも少々気分屋で反骨精神も持っているエメルソンのパフォーマンスを引き出す上では、このやり方がベストなのかもしれない。

関連ニュース
thumb

スパーズがウディネーゼSBウドジェを獲得、今季はレンタルでウディネ残留

トッテナムは16日、ウディネーゼのU-21イタリア代表DFデスティニー・ウドジェ(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2027年6月までの5年間。移籍金はイギリス『スカイ・スポーツ』によれば1500万ポンド(約24億3000万円)にアドオンとのことだ。なお、今季はレンタルの形でウディネーゼに残留することになる。 ナイジェリアにルーツを持ちイタリアで生まれ育ったウドジェは、187cmの左サイドバック。エラス・ヴェローナでプロデビューを飾ると、昨夏に買い取り義務付きのレンタルでウディネーゼに新天地を求めた。 ウディネーゼでは加入1年目となった昨季、左ウイングバックを主戦場にリーグ戦35試合に出場し、5ゴール3アシストの鮮烈な活躍を見せた。 サイドプレーヤーとして恵まれた体躯に加え、スタミナ、スピード、パワーとフィジカル能力が非常に高く、攻守両面で強度を発揮できる万能型。とりわけ、積極果敢にスペースをアタックする推進力、一定水準以上の技術を持つ攻撃性能は、利き足は異なるものの、オランダ代表DFデンゼル・ダンフリースを彷彿とさせる。 今夏の移籍市場でユベントス、インテル、ブライトンらの関心を集めたウドジェ。しかし、アントニオ・コンテ監督、マネージングディレクターのファビオ・パラティチ氏がその将来性を高く評価するトッテナムが、獲得レースを制した。 2022.08.17 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシーのトゥヘル監督が二重罰の可能性に直面…主審非難でFAが調査開始

トッテナム戦のチェルシーのトーマス・トゥヘル監督のコメントに関して、イングランドサッカー協会(FA)が調査を開始したようだ。『アスレティック』が伝えている。 結果も内容も劇的な展開となったスパーズとのロンドン・ダービー。チェルシーが2度のリードを奪うなど、優勢に試合を進めたものの、アンソニー・テイラー主審の微妙な判定の影響もあり、最終的には後半アディショナルタイムにFWハリー・ケインが決めたゴールによってドロー決着となった。 ただ、スパーズが一度追いついた68分のゴールシーンでは、チェルシー陣営を挑発するような過度な態度をとったアントニオ・コンテ監督とトゥヘル監督が衝突。試合終了直後には、握手を求めたコンテ監督に対し、トゥヘル監督がその手を掴んだまま再び小競り合いを起こし、両指揮官にはレッドカードが提示されるという荒れた一戦に。 そして、両指揮官はFAから告発され、追加のベンチ入り禁止や罰金処分が科される可能性浮上した中、トゥヘル監督は別件で調査対象に挙がることになったようだ。 同監督は試合後の会見で「なぜ最初のゴールがオフサイドにならなかったのか理解できないし、いつから選手たちがお互いの髪を引っ張ってもピッチに居続けられるようになったのかもわからない。説明もなく納得できない。この感情を表す言葉が見つからない。2つのゴールは認められるべきではなかった」と、テイラー主審のジャッジを非難。 また、試合終了直後に自身を退場処分としたテイラー主審に対して「私は次の試合は出られないが、あなたはまた笛を吹くのか?」と皮肉を飛ばしていたようで、退席処分とは別件で調査が開始されることになった。 2022.08.16 16:45 Tue
twitterfacebook
thumb

「もしかして見えてない?」チアゴ・シウバも目の前のラフプレーを見逃した主審を非難「髪を引っ張ることは許されるのか」

チェルシーのブラジル代表DFチアゴ・シウバがアンソニー・テイラー主審を非難した。 14日にスタンフォード・ブリッジで行われたプレミアリーグ第2節のチェルシーvsトッテナムは、2-2のドローに終わった。 試合はチェルシーが2度のリードを奪うなど、優勢に試合を進めたものの、アンソニー・テイラー主審の微妙な判定の影響もあり、トッテナムが2度のビハインドを追いつき、最終的には後半アディショナルタイムにFWハリー・ケインが決めた劇的同点ゴールによってドロー決着となっていた。 試合後の会見においては、チェルシーのトーマス・トゥヘル監督もテイラー主審を含む審判団を強い口調で非難していたが、見逃された場面の1つに後半アディショナルタイムのプレーがあった。 ケインの同点ゴールが生まれたトッテナムのCKの際、クリスティアン・ロメロがチェルシーDFマルク・ククレジャの長いカーリーヘア―を引っ張り、そのまま地面になぎ倒していた。この場面はテイラー主審の目の前で起きていたが、ファウルが取られることはなかった。 チアゴ・シウバは、この瞬間をスクリーンショットした画像を添え、自身のインスタグラムのストーリーズを更新。「もしかして、見えてない?あり得ないだろ。髪を引っ張ることは許されるのか?」と怒りを隠さなかった。 あまり、感情を露わにすることは多くないチアゴ・シウバだが、この日は試合中からテイラー主審に詰め寄る場面もあり、判定への疑問はかなり大きかったようだ。 <span class="paragraph-title">【画像】テイラー主審の視線はどこに…ククレジャのカーリーヘアが思い切り引っ張られる瞬間</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Should Chelsea have been given a free-kick for this hair pull from Cristian Romero on Marc Cucurella?<br><br>Thomas Tuchel thinks so! <a href="https://twitter.com/hashtag/beINPL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#beINPL</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/CHETOT?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#CHETOT</a> </p>&mdash; beIN SPORTS (@beINSPORTS_EN) <a href="https://twitter.com/beINSPORTS_EN/status/1558898387256315904?ref_src=twsrc%5Etfw">August 14, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.16 11:31 Tue
twitterfacebook
thumb

スパーズがミリンコビッチ=サビッチ獲得を検討? ザニオーロ獲得資金を投下か

トッテナムがラツィオのセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(27)の獲得に動き出したようだ。 今夏の移籍市場で積極補強を見せるトッテナムだが、市場閉幕までに手薄なセンターバックと中盤の補強を目指している。 とりわけ、中盤はMFジオバニ・ロ・チェルソに続き、MFタンギ・エンドンベレのナポリ行きが迫り、構想外のMFハリー・ウィンクスの退団を含め、他のポジションに比べて手薄なポジションだ。 そういった中、イタリア『カルチョ・メルカート』によると、アントニオ・コンテ監督とリクルート部門を取り仕切るファビオ・パラティチ氏は、セリエAで仕事をしていたときから、その才能を高く評価してきたミリンコビッチ=サビッチの獲得に興味を示しているという。 クラブはローマのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ獲得に向けて準備していた資金を利用し、4500万ユーロ+ボーナスを含めた総額6000万ユーロ(約81億3000万円)程度のオファーを掲示することを検討しているようだ。 2015年8月にヘンクからラツィオへ移籍した27歳MFは、これまで公式戦295試合で58ゴール52アシストを記録。移籍市場が開くたびにビッグクラブの関心を集めてきたが、クラブの強気な値段設定もあってここまで移籍は実現せず。 今夏もアーセナルやチェルシー、ユベントスといったクラブからの関心が伝えられるが、具体的な動きには発展していない。 ただ、クラブとの現行契約は2024年までとなっており、ステップアップを考慮する場合、今夏あるいは来夏のタイミングでの移籍が見込まれるところだ。 セントラルMFを主戦場に攻撃的MFや2シャドーの一角でもプレー可能な191cmのMFは、コンテ監督のスタイルにフィットする可能性が高く、MFロドリゴ・ベンタンクール、MFピエール=エミール・ホイビュア、MFイヴ・ビスマ、MFオリヴァー・スキップに続き、スパーズの中盤に加わった場合は、リーグ屈指の中盤となるはずだ。 2022.08.16 06:30 Tue
twitterfacebook
thumb

FAがダービーで小競り合いのトゥヘル&コンテを告発! 次節ベンチ入り禁止に加え追加処分の可能性

イングランドサッカー協会(FA)は15日、14日に行われたロンドン・ダービーで退席処分を受けたチェルシーとトッテナムの両指揮官を告発した。 14日にスタンフォード・ブリッジで行われたプレミアリーグ第2節のチェルシーvsトッテナムは、2-2のドローに終わった。 試合はチェルシーが2度のリードを奪うなど、優勢に試合を進めたものの、アンソニー・テイラー主審の微妙な判定の影響もあり、トッテナムが2度のビハインドを追いつき、最終的には後半アディショナルタイムにFWハリー・ケインが決めた劇的同点ゴールによってドロー決着となった。 元々のライバル関係に加え、微妙なジャッジの影響もあってトーマス・トゥヘル監督と、アントニオ・コンテ監督は、トッテナムの最初の同点ゴール直後にピッチサイドで小競り合いを起こすと、以降互いのチームにゴールが生まれる度に相手へのフラストレーションを募らせた。 そして、試合終了後に握手を行った際にはトゥヘル監督が握った手を放さなかったことをキッカケに両者がヒートアップ。周囲の素早い制止によって大事にはならなかったものの、共にレッドカードを掲示されて退席処分となっていた。 これを受け、FAは以下の声明を発表。両者を告発したことを明らかにした。 「トーマス・トゥヘルとアントニオ・コンテは、2022年8月14日に行われたプレミアリーグのチェルシーvsトッテナムにおいて、FA規則E3違反で告発された。両監督の振る舞いは、試合終了後に不適切であったとされている。両監督は2022年8月18日までに、それぞれの回答を提出する必要がある」 なお、共にリーグ次節のベンチ入り処分が決定しているが、今回のFAの発表によって追加のベンチ入り禁止や罰金処分が科される可能性がある。 また、トゥヘル監督に関しては試合後の会見においてテイラー主審を含む審判団を強い口調で非難しており、今回の処分とは別にFAから調査を受ける可能性も伝えられている。 2022.08.16 06:00 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly