バイエルン新加入マネの背番号は「17」に決定

2022.06.27 06:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バイエルンは26日、セネガル代表FWサディオ・マネの背番号が「17」に決定したことを発表した。

22日に最大総額4100万ユーロ(約58億7400万円)でリバプールから加入したマネ。リバプール時代は加入当初から攻撃陣を牽引すると、在籍6年間で公式戦通算269試合で120ゴール48アシストを記録。2018-19シーズンから背番号「10」を着用しチームの中心選手として活躍した。

新シーズンに向けてポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが退団を希望していることもあり、新たな得点源の補強が急務となっていた。
背番号の決まったマネは公式サイトで以下のようにコメントしている。

「バイエルンでは、ジャージーのフリーナンバーの中から17番を選んだ。チームとこの番号で多くの成功を祝うことを目指している。今は、新しいチームメイトと一緒にシーズンに向けての準備をすぐに始められることを本当に楽しみだよ」

なお、同背番号は2度の3冠達成に貢献した元ドイツ代表DFジェローム・ボアテング(現・リヨン)やかつて主将を務めた元オランダ代表MFマルク・ファン・ボメル氏(現・アントワープ監督)、1990年代に活躍したDFクリスティアン・ツィーゲ氏などが着用していた。


関連ニュース
thumb

30歳目前でもメガクラブの触手減らず... トッテナム、W杯後にケインと話し合いへ

トッテナムが、イングランド代表FWハリー・ケイン(29)との話し合いの場を設けるつもりのようだ。 ケインは現在、イングランド代表としてカタールW杯に参戦中で、グループステージ2試合を終えて自身のゴールこそないものの、初戦のイラン代表戦では2アシストで勝利に貢献。31日のウェールズ代表戦で引き分け以上なら決勝トーナメント進出が決まる状況だ。 所属するトッテナムとの契約は2024年6月までだが、過去に何度もメガクラブ行きが噂され、マンチェスター・シティやユナイテッド、バイエルン・ミュンヘンなどから触手が。イギリス『Football Insider』によると、稀代の点取り屋に対し、現在はレアル・マドリーが関心を強めているという。 これを受け、トッテナムの幹部らはW杯からの帰国に合わせ、選手側とのミーティングを調整。アントニオ・コンテ監督の要望はもちろんのこと、幹部らとしても現役引退までクラブでプレーを続けてもらいたい考えだ。 一方、以前にはチェルシーのレジェンド、ジョン・テリー氏が「ケインはトロフィー獲得の野望を隠しておらず、スパーズではそれが不可能だと理解している」と発言。ケインは来年で30歳を迎えるが、その去就に注目が途切れることはしばらくはなさそうだ。 2022.11.28 16:44 Mon
twitterfacebook
thumb

W杯初戦で重傷のリュカ、手術が無事成功…近くリハビリ

フランス代表DFリュカ・エルナンデスの手術が成功した。所属先のバイエルンが25日に発表している。 フランス代表の一員としてカタール・ワールドカップ(W杯)に臨むリュカ・エルナンデスだが、22日に行われたグループD第1節のオーストラリア代表戦で早々に負傷交代。右ヒザの前十字じん帯断裂という重傷を負った。 クラブによると、リュカ・エルナンデスは24日の夜にオーストリアのインスブルックで手術。クリスチャン・フィンク医師が執刀し、無事に成功したとのことで、数日のうちにミュンヘンでリハビリを始めるという。 なお、全治は一部メディアの見立てで約半年といわれ、残るW杯欠場はもちろんのこと、バイエルンでの残りシーズンも絶望的な様相を呈している。 2022.11.26 09:15 Sat
twitterfacebook
thumb

W杯だけじゃない!女子CLでバルサが"らしさ"全開のパスワークからゴラッソ決める

カタール・ワールドカップ(W杯)が盛り上がりを見せているが、UEFA女子チャンピオンズリーグ(UWCL)でも素晴らしいゴールが生まれた。 24日、UWCLのグループステージ第3節、バルセロナvsバイエルンが、Spotifyカンプ・ノウで行われ、3-0でバルセロナが快勝。バイエルンのなでしこジャパンDF熊谷紗希は74分から途中出場を果たしている。 試合を通じて主導権を握ったバルセロナは、前半こそ無得点に終わったものの、後輩開始早々にブラジル女子代表ジェイゼ・フェレイラのヘディングで先制に成功。60分には左サイドをえぐったスウェーデン女子代表MFフリドリーナ・ロルフォの折り返しを、スペイン女子代表MFアイタナ・ボンマティが流し込んでリードを広げた。 さらに、その6分後にはこれぞバルセロナという、精錬されたビルドアップからダメ押しの3点目を奪う。 高い位置からはめに来たバイエルンのプレスをGKも使ってかいくぐると、中盤ではワンタッチのパスを駆使してサイドのスペースへ展開。最後は2018年U-17女子ワールドカップのMVP、FWクラウディア・ピナがボックス手前から鮮やかなミドルシュートを決めた。 この日も4万6937人の観衆を集め、完勝でタイムアップを迎えたバルセロナ。グループステージ3戦を終えて16得点1失点で全勝と、盤石の強さを発揮している。 <span class="paragraph-title">【動画】プレスをかいくぐるパスワークから最後はゴラッソで仕上げ!女子バルセロナが奪った3点目</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="b4NTgZVQ3cg";var video_start = 300;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.11.25 18:15 Fri
twitterfacebook
thumb

プレミア勢関心もライマーは来夏バイエルン入り一択か?

RBライプツィヒのオーストリア代表MFコンラート・ライマー(25)は来夏のバイエルン行きを強く望んでいるようだ。移籍市場に精通するジャーナリストのクリスティアン・ファルク氏が報じている。 レッドブル・ザルツブルク、ライプツィヒとレッドブルグループの志向するスタイルを体現してきたライマー。 しかし、今シーズン限りで満了する契約を延長する意思を示しておらず、来夏のフリートランスファーが既定路線となっている。 ここ最近ではリバプールに加え、チェルシーが獲得に向けた動きを見せているが、あくまでバイエルン行きを望む職人系MFは話し合いに応じる意思はないという。 一方、ライプツィヒ時代に同選手を指導したユリアン・ナーゲルスマン監督は、今夏にも獲得に動いた教え子を未だに熱望しており、ライマーの意向を含めて相思相愛と言われる。 ただ、ファルク氏によると、現時点でライマーとバイエルンは口頭合意に至っているものの、公式な合意はないという。 卓越した運動量と戦術眼、闘争心、プレーの連続性を武器に、中盤のバトルで質的と量的優位性をもたらす重要なプレーヤーだが、希望通りに来季はミュンヘンでプレーすることになるのか…。 2022.11.24 23:40 Thu
twitterfacebook
thumb

右ヒザ前十字靭帯断裂のリュカが近日中に手術へ、バイエルンSD「とても残念に思っている」

バイエルンは23日、フランス代表DFリュカ・エルナンデスが右ヒザ前十字靭帯の断裂で長期離脱になることを発表した。 22日にカタール・ワールドカップ(W杯)グループD第1節のオーストラリア代表戦に先発出場したリュカだが、9分の失点場面でヒザを負傷。その後、同日夕方に受診した検査の結果、上記の診断が下された。 バイエルンのハサン・サリハミジッチSD(スポーツ・ディレクター)は、リュカの状態と今後について以下のようにコメントしている。 「リュカ・エルナンデスが右ヒザ前十字靭帯を断裂したとフランス代表のドクターが知らせてきた。もちろん、我々は皆ショックを受けており、とても残念に思っている。だが、リュカはファイターであり、強くなって戻ってくるはずだ。彼はこれからすぐにドーハを離れ、こっちで手術をしてミュンヘンでリハビリを始めることになるだろう。我々は可能な限り彼をサポートするつもりだ」 2022.11.23 23:30 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly