ビエルサがアスレティック帰還? 会長選候補が公約として招へい明言

2022.06.20 21:59 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マルセロ・ビエルサ氏(66)にアスレティック・ビルバオ復帰の可能性が出てきた。スペイン『アス』など複数メディアが報じている。

今シーズンのラ・リーガを8位でフィニッシュしたアスレティックでは、マルセリーノ・ガルシア・トラル監督の今シーズン限りでの退団が決定。

新シーズンに向け、できるだけ早い段階で新監督を決めたいところだが、クラブは今月24日に会長選挙を控えており、アイトール・エリゼギ現会長が再出馬を見送ったことで、新監督人事も会長選の行方に左右される状況となっている。

そういった中、会長選に参加する候補の一人であるイニャキ・アレチャバレタ氏は、公約として2011年から2013年までチームを指揮したビエルサ氏の招へいを宣言。

アレチャバレタ氏とビエルサ氏の間では新監督就任に向け、すでに条件面で合意がなされており、アトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンの獲得はさすがに難しいものの、オサスナのスペイン人MFホン・モンカジョラ、バレンシアのスペイン代表DFウーゴ・ギジャモンの獲得に乗り出すことも約束しているという。

20日の公式プレゼンテーションで今回の公約を宣言する以前は人気3番手と見られているアレチャバレタ氏だが、ここからの逆転選出は十分可能と見られており、ビエルサ氏の9年ぶりの帰還に注目が集まるところだ。


関連ニュース
thumb

アスレティックDFペトシャロマン、ピケが代表務める2部のFCアンドラへレンタル移籍

アスレティック・ビルバオは10日、スペイン人DFアレックス・ペトシャロマン(25)がセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)のFCアンドラへレンタル移籍することを発表した。 レアル・ソシエダの下部組織育ちのペトシャロマンは、2021年7月にアスレティックにフリーで加入。右サイドバックを主戦場としている。 2021-22シーズンはラ・リーガで17試合、コパ・デル・レイで2試合に出場していた。 FCアンドラは、バルセロナの元スペイン代表DFジェラール・ピケが代表を務め、リオネル・メッシやセスク・ファブレガスらも出資しているクラブ。アンドラにあるクラブだが、スペインのリーグに参加している。 2022.08.11 07:45 Thu
twitterfacebook
thumb

セルタが元スペイン代表DFウナイ・ヌニェスをレンタル!

セルタは16日、元スペイン代表DFウナイ・ヌニェス(25)のレンタル移籍に関して、アスレティック・ビルバオと原則合意に至ったことを発表した。 今回の契約は1年間のレンタル移籍となるが、セルタにはレンタル期間を1年延長するオプションがあり、そのオプションを行使した場合、買い取り義務が生じる。 アスレティックのカンテラ出身であるセンターバックのヌニェスは、2017年8月にトップチームデビュー。そのデビューシーズンに主力として活躍し、2019年9月にスペイン代表デビューも果たした。 ここまで公式戦116試合に出場し、屈強な守備者として定評があるものの、昨シーズンはリーグ戦9試合の出場に留まるなど、ここ最近は控えに甘んじていた。 2022.07.17 13:55 Sun
twitterfacebook
thumb

ビルバオ、右SBカパと2024年まで契約延長

アスレティック・ビルバオは12日、スペイン人DFアンデル・カパ(30)と2024年6月まで契約を延長したことを発表した。 エイバルでMF乾貴士と共に活躍した右サイドバックのカパは、2018年7月にビルバオに加入。ビルバオでは公式戦105試合に出場。しかし、昨季はラ・リーガわずか1試合の出場にとどまっていた。 退団が規定路線と言われていたが、マルセリーノ・ガルシア・トラル監督の退任に伴い、契約延長に至ったようだ。 2022.07.12 22:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ビルバオ、第3GKエスキエタとの契約解除を発表

ビルバオは4日、スペイン人GKジョキン・エスキエタ(25)と双方合意の下で契約を解消することを発表した。 オサスナの下部組織で育ったエスキエタは193㎝のGK。2014年夏にオサスナBに昇格しプロデビューを飾ると、2015年3月にバルセロナBへ移籍。2017-18シーズンに初めてトップチームに登録されると、2018-19シーズンのリーガエスパニョーラ第2節のバジャドリー戦でベンチ入りを果たしたが、その後はケガの影響もあり、トップチームに定着とはならず。2019年の夏にビルバオへ完全移籍。 ビルバオでは加入初年度こそリザーブチームのビルバオ・アスレティックでプレーしたが、2020-21シーズンからトップチームに所属。しかし、スペイン代表GKウナイ・シモン、U-21スペイン代表GKジューレン・アギレサバラに次ぐ第3GKの位置から脱却できず、公式戦4試合の出場にとどまっていた。 昨季出場機会のなかったエスキエタとビルバオの現行契約は2023年夏までとなっていたが、プレシーズンのタイミングで契約を解消することになった。 2022.07.05 00:10 Tue
twitterfacebook
thumb

通算3度目、バルベルデ氏がアスレティックの監督に就任

アスレティック・ビルバオは30日、エルネスト・バルベルデ氏(58)が新監督に就任することを発表した。 現役時代はアラベスやエスパニョール、バルセロナ、マジョルカでプレー。アスレティックでも6シーズンにわたってプレーした。 引退後はアスレティックのユースやU-19で監督を務めると、Bチームで監督業をスタート。2003年7月からファーストチームの監督に就任した。 その後、エスパニョールやオリンピアコス、ビジャレアル、バレンシアで監督を務めると、2013年7月1日から2017年6月30日まで4シーズン指揮。その後バルセロナの監督となるが、3シーズン目の途中で解任。その後はフリーだった。 自身3度目のアスレティックでの監督就任となるバルベルデ氏。先日の会長選でジョン・ウリアルテ氏が就任すると、公約にバルベルデ氏の招へいを掲げており、その通り公約を果たすこととなった。 2022.06.30 19:00 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly