代理人デコ、顧客ハフィーニャを巡る状況を明かす 「リバプールも彼がお気に入り」

2021.10.15 14:05 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リーズ・ユナイテッドのブラジル代表FWハフィーニャ(24)を巡る獲得レースが今後、激化するかもしれない。イギリス『90min』が報じた。

ハフィーニャはスタッド・レンヌでの活躍を受けて、2020年夏の移籍市場でリーズ入り。プレミアリーグ初挑戦のブラジリアンドリブラーだったが、マルセロ・ビエルサ監督の下で初年度から多彩な打開力とチャンスメーク力を兼備するウィンガーとして輝いた。

その活躍ぶりから瞬く間にビッグクラブの関心が取り沙汰される注目株に。今季もここまでプレミアリーグ全7試合の出場で3ゴールと存在感を際立たせ、リーズと2024年まで契約を残すが、代理人はビッグクラブも無視できない存在になったと感じているようだ。
2013年に現役を退いてから代理人業を勤しみ、ハフィーニャを顧客に持つ元ポルトガル代表MFのデコ氏はブラジル『Globo Esporte』で「彼はプレミアリーグで重要な選手になった。クラブも彼の成長ぶりを把握しており、自ずと物事が起こるだろうね」と話した。

現役時代にポルトやバルセロナ、チェルシーなどで一世を風靡したフットボール界のレジェンドはまた、どこからも正式なオファーこそなかったものの、今夏に噂レベルながら興味を示すクラブの一角として名が浮上したリバプールの関心も認めた。

「まだ若く、多くの課題もあるが、彼を気に入るクラブがいくつかあるの確かであり、リバプールもそう。いくつかのアプローチはあったが、正式なものじゃなかった。リーズも彼をもう1年、とどめておきたがっていたのだ」

関連ニュース
thumb

ユナイテッド、リーズ戦ではアントニーら6選手不在に…

マンチェスター・ユナイテッドは、8日のリーズ戦で6選手不在での戦いを強いられる見込みだ。クラブ公式サイトが伝えている。 現在、公式戦4連勝中と好調を維持するプレミアリーグ3位のユナイテッドは、8日にホームで行われるプレミアリーグ第8節延期分で17位のリーズと対戦する。 今週末にもアウェイで対戦するリーズとのローズ・ダービー連戦初戦に向けた公式会見に出席したエリク・テン・ハグ監督は、最新のチームニュースを提供。 直近のクリスタル・パレス戦での暴力行為によって3試合の出場停止を科されたMFカゼミロに加え、同試合で負傷したFWアントニーの2選手が新たに離脱者のリストに加わったことを明かした。 「彼ら(マルシャルとマクトミネイ)は明日も関与しない」 「そして、アントニーも同じだ。彼も明日は欠場することになり、それに関して整理しなければならない」 また、長期離脱中のMFクリスティアン・エリクセン、MFドニー・ファン・デ・ベークの2選手に関しても引き続き不在となる。 テン・ハグ監督は、多くの離脱者の存在を嘆きながらも、直前にジェシー・マーシュ監督を解任するなど苦戦が続く相手から勝ち点3を獲得することを至上命令としている。 「私は常に、起用可能なプレーヤーと一緒に戦わなければならない。我々にはスカッドがあり、そのチームには良いプレーヤーがたくさんおり、常にスタメンが固定されているわけではない。だからこそ、他のプレーヤーにもチャンスはあるし、私は彼らと共に戦うだけだ」 「試合後、カゼミロやアントニー、マルシャルがいなかったとは言えない。いや、勝たなければならない」 「このスカッドは、すべてのプレーヤーがマンチェスター・ユナイテッドで戦うだけの能力を備えており、明日はパフォーマンスを発揮しなければならない。ピッチに誰が立っても試合に勝たなければならない」 2023.02.08 00:32 Wed
twitterfacebook
thumb

新監督に推すのはポステコグルー監督?リーズOBの元イングランド代表GKが言及「彼を獲りに行くのを見たい」

ジェシー・マーシュ監督を解任したリーズ・ユナイテッド。クラブOBはセルティックのアンジェ・ポステコグルー監督(57)を連れてくるべきだと主張した。イギリス『サン』が伝えた。 リーズは6日、成績不振によりマーシュ監督の解任を発表。チームは降格圏ギリギリの17位に位置。昨シーズンは見事に残留へと導いた中、今季は期待外れの結果に終わっていた。 後任監督にはかつての指揮官であるマルセロ・ビエルサ氏や、アストン・ビラを指揮していたスティーブン・ジェラード氏などが浮上。そんな中、元イングランド代表GKでリーズのOBでもあるポール・ロビンソン氏はポステコグルー監督こそが指揮をするべきだとした。 「WBAでカルロス・コルベランの話があったことは知っているが、個人的にはポステコグルーがセルティックからやってくるのが見たい」 「彼らは地に足の着いた人を採用しなければいけない。リーグを知り尽くし、選手を熟知している人の名前が挙がっている」 「ただ、私は、人をマネジメントできる人でなければいけないと思っている」 「彼のマネジメント能力と彼がスコティッシュ・プレミアシップで見せた適応力、そして獲得したトロフィーを考えれば、私のお気に入りだ」 「ハリー・キューウェルをアシスタントに迎えており、すでに繋がりはあると考えて良い」 「彼がプレミアリーグに来るのは時間の問題だと思うし、リーズが今すぐに船を出して、彼を獲りに行くのを見たい」 これまでもプレミアリーグクラブからの誘いがあった中で、セルティックで仕事を全うするとしてきたポステコグルー監督。シーズン途中でチームを離れることは考えにくいが、どのような結末を迎えるだろうか。 2023.02.07 21:20 Tue
twitterfacebook
thumb

監督解任のリーズがラウール監督にオファーも即拒否…中井卓大も所属するレアル・マドリー・カスティージャの指揮を優先

ジェシー・マーシュ監督を解任したリーズ・ユナイテッドだが、新監督候補からは拒否されたようだ。 リーズは6日、成績不振によりマーシュ監督の解任を発表。チームは降格圏ギリギリの17位に位置。昨シーズンは見事に残留へと導いた中、今季は期待外れの結果に終わっていた。 新監督を早急に探す必要があるリーズは、様々な人物が後任の候補に浮上。そんな中、スペイン『アス』はレアル・マドリー・カスティージャを指揮するラウール・ゴンサレス監督(45)にも声が掛かったと報じた。 ラウール監督はマドリーのレジェンドとして知られ、引退後はカンテラで監督業をスタート。2019年7月からカスティージャで指揮を執っている。 U-19日本代表のMF中井卓大も所属するチームを指揮しており、今シーズンはプリメーラ・フェデラシオン(スペイン3部)のグループIで2位につけており、セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)への昇格を目指して奮闘している。 『アス』によれば、解任後にラウール監督の下へリーズからオファーが来たとのこと。しかし、ラウール監督はこれを拒否したという。 拒否した理由としては「タイミング」が理想的ではないというもの。今のチームを途中で見捨てて行くことはできないと判断したようだ。 ラウールにはフランクフルトやシャルケなどのドイツのクラブも関心を示し、スペインのクラブも招へいに関心を抱いていた状況。ただ、今はマドリーの若手を率いることを固く決めているようだ。 2023.02.07 10:30 Tue
twitterfacebook
thumb

17位に沈むリーズがマーシュ監督の解任を発表

リーズ・ユナイテッドは6日、ジェシー・マーシュ監督(49)を解任したことを発表した。 マルセロ・ビエルサ監督の後任として昨年2月から指揮を執っていたマーシュ監督。昨季途中までRBライプツィヒを率いたアメリカ人指揮官は、自身初となるプレミアリーグで、低迷していたチームを17位に導きプレミア残留に成功。 昨夏にアメリカ代表MFタイラー・アダムスや同代表MFブレンデン・アーロンソン、デンマーク代表DFラスムス・クリステンセンらを積極補強して臨んだ今季は、開幕3戦負けなしと好スタートを切ったが、第4節でブライトンに敗れたあたりから不調に。以降16試合で2勝5分け9敗と大きく負け越しており、降格圏の18位エバートンと同勝ち点の17位に沈んでいた。 リーズは解任したマーシュ監督に対して「ジェシーと彼のスタッフたちの努力に感謝し、彼らの今後の活躍を祈りたい。」と、感謝の声明を発表している。 また、後任監督については「新たな監督を選任するプロセスは進行中であり、今後数日間を通してサポーターに最新情報を提供し続ける」と明かしている。 2023.02.07 01:30 Tue
twitterfacebook
thumb

リーズに痛手…今季12GのFWロドリゴが足首負傷で2カ月の離脱へ

リーズは2日、元スペイン代表FWロドリゴ・モレノが、足首のケガで戦線離脱したことを発表した。 ロドリゴは、1月28日に行われたFAカップ4回戦のアクリントン戦に出場したが、この試合で足首を負傷。検査の結果、足首の骨と靭帯を損傷と診断され、簡単な手術を受けたとのことだ。 なお、リーズはロドリゴの離脱期間を2カ月程度と明かしており、3月末までには復帰できるという。 2020年夏にバレンシアからリーズへ2700万ポンド(約40億8000万円)で加入したロドリゴは、センターフォワードとして今季ここまで公式戦22試合に出場し12ゴールを記録するなど攻撃陣を牽引する働きを見せていた。 2023.02.03 06:30 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly