チェルシー有望株が移籍! U-19イングランド代表MFベイトがリーズと3年契約

2021.07.23 08:55 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リーズ・ユナイテッドは22日、チェルシーからU-19イングランド代表MFルイス・ベイト(18)の獲得を発表した。移籍金は非公表。契約は2024年夏までの3年となる。

ベイトはセントラルMFがメインポジションで、左利きのパサー。U-9カテゴリーからチェルシーで過ごして、2019年10月にプロ契約を結ぶなど、パスセンスが魅力の有望株だが、昨季もトップチームデビューを果たせなかった。

慣れ親しむチェルシーを離れ、まずはU-23カテゴリーが主戦場になるようだが、マルセロ・ビエルサ監督がトップチームを率いるリーズに活躍の場を移すベイト。自身のSNSに惜別のメッセージに綴った。
「10年前に初めてコブハムのドアを開けて以降、長くともにした選手たちやスタッフのおかげで、今の僕がある。でも、僕は今こそキャリアの新たな章に進むべきとき。チェルシーのみんなが僕にしてくれたことを永遠に感謝する!」

関連ニュース
thumb

17位に沈むリーズがマーシュ監督の解任を発表

リーズ・ユナイテッドは6日、ジェシー・マーシュ監督(49)を解任したことを発表した。 マルセロ・ビエルサ監督の後任として昨年2月から指揮を執っていたマーシュ監督。昨季途中までRBライプツィヒを率いたアメリカ人指揮官は、自身初となるプレミアリーグで、低迷していたチームを17位に導きプレミア残留に成功。 昨夏にアメリカ代表MFタイラー・アダムスや同代表MFブレンデン・アーロンソン、デンマーク代表DFラスムス・クリステンセンらを積極補強して臨んだ今季は、開幕3戦負けなしと好スタートを切ったが、第4節でブライトンに敗れたあたりから不調に。以降16試合で2勝5分け9敗と大きく負け越しており、降格圏の18位エバートンと同勝ち点の17位に沈んでいた。 リーズは解任したマーシュ監督に対して「ジェシーと彼のスタッフたちの努力に感謝し、彼らの今後の活躍を祈りたい。」と、感謝の声明を発表している。 また、後任監督については「新たな監督を選任するプロセスは進行中であり、今後数日間を通してサポーターに最新情報を提供し続ける」と明かしている。 2023.02.07 01:30 Tue
twitterfacebook
thumb

リーズに痛手…今季12GのFWロドリゴが足首負傷で2カ月の離脱へ

リーズは2日、元スペイン代表FWロドリゴ・モレノが、足首のケガで戦線離脱したことを発表した。 ロドリゴは、1月28日に行われたFAカップ4回戦のアクリントン戦に出場したが、この試合で足首を負傷。検査の結果、足首の骨と靭帯を損傷と診断され、簡単な手術を受けたとのことだ。 なお、リーズはロドリゴの離脱期間を2カ月程度と明かしており、3月末までには復帰できるという。 2020年夏にバレンシアからリーズへ2700万ポンド(約40億8000万円)で加入したロドリゴは、センターフォワードとして今季ここまで公式戦22試合に出場し12ゴールを記録するなど攻撃陣を牽引する働きを見せていた。 2023.02.03 06:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマがスペイン代表DFディエゴ・ジョレンテ獲得! マドリ―ではモウの下でトップデビュー

ローマは31日、リーズ・ユナイテッドからスペイン代表DFディエゴ・ジョレンテ(29)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「14」に決定している。 なお、イギリス『スカイ・スポーツ』によると、買い取りオプションの金額は1800万ユーロ(約25億3000万円)になるという。 ローマへの加入が決定したジョレンテは、新天地での意気込みを語った。 「ローマに来る可能性が提示されたとき、二度考える必要はなかったよ。ここに来ることは、自分のキャリアにとって大きな前進であり、この機会を最大限に活用したいと思っている」 「ローマは美しく、信じられないほどの都市であり、フットボールをプレーするのにこれ以上の場所を見つけることはほとんど不可能だと思うよ」 「クラブは今シーズン、あらゆる面で素晴らしいことを達成するために戦っている。僕はそれに貢献する準備ができているよ」 レアル・マドリーのカンテラ出身のジョレンテは、現在ローマを指揮するジョゼ・モウリーニョ監督の下、2012-13シーズンにトップチームデビュー。以降はラージョ・バジェカーノ、マラガ、レアル・ソシエダを経て、2020年夏にリーズへ加入。マルセロ・ビエルサ前監督の下で主力に定着したが、今シーズンはジェシー・マーシュ監督の下で序列が低下しており、プレミアリーグでは8試合の出場にとどまっていた。 スペイン代表として10キャップを刻む186㎝のセンターバックは、右サイドバックや守備的MFでもプレー可能な多才なプレースタイルの持ち主。 ローマではアルバニア代表DFマラシュ・クンブラと共に3バックの控えからのスタートとなるが、ほかのライバルにはないビルドアップ能力を武器にポジション奪取を目指す。また、チーム状況次第では選手層に問題を抱える右ウイングバックでの起用の可能性もありそうだ。 2023.02.01 03:33 Wed
twitterfacebook
thumb

ジョレンテ移籍濃厚のリーズがU-19ポルトガル代表CBモンテイロを獲得! 3年半契約

リーズ・ユナイテッドは31日、スイス・スーパーリーグのセルヴェットFCからU-19ポルトガル代表DFジオゴ・モンテイロ(18)の獲得を発表した。契約期間は3年半となる。 出生地がスイスとあって、セルヴェットのアカデミーからフットボールキャリアを始めたモンテイロはセンターバックがメインポジション。2020年6月にプロ契約を結び、翌年3月に16歳でデビューした。 今季もここまで公式戦6試合の出場のみだが、世代別代表の常連であり、キャプテンも経験。昨年5月のU-17欧州選手権では準決勝進出に貢献。リーズはそうした実績に将来性も見込み、獲得した形だ。 そんなリーズではスペイン代表DFディエゴ・ジョレンテ(29)のローマ行きが濃厚視。ポジション的に後釜とも目されるモンテイロだが、まずはU-21チームに合流する見通しのようだ。 2023.01.31 18:40 Tue
twitterfacebook
thumb

ローマがリーズのD・ジョレンテ獲得でクラブ間合意、選手はすでに現地入り

ローマがリーズ・ユナイテッドのスペイン代表DFディエゴ・ジョレンテ(29)の獲得に迫っているようだ。 セリエAで20試合を消化して6位につけるローマ。目標としているトップ4まで1ポイント差の好位置につけており、クラブは来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場を少しでも確実にするべく、今冬の移籍市場で補強に動いている。 移籍市場に精通するジャンルカ・ディ・マルツィオ氏によると、守備陣の強化を目指すジョゼ・モウリーニョ監督がジョレンテの獲得を強く希望。指揮官はレアル・マドリーで同選手を指導した経歴を持ち、そのクオリティを高く評価しているとのことだ。 ローマとリーズはすでに1800万ユーロ(約25億3000万円)の買い取りオプションが付随した半年のレンタル移籍で合意。選手も現在ローマ入りしており、書類へのサインがまとまり次第、獲得が正式発表される模様だ。 マドリーの下部組織出身であるD・ジョレンテは、2020年夏にリーズへ加入。マルセロ・ビエルサ前監督の下で主力に定着したが、今シーズンはジェシー・マーシュ監督の下で序列が低下しており、プレミアリーグではわずか8試合の出場にとどまっていた。 2023.01.31 18:12 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly