チェルシー有望株が移籍! U-19イングランド代表MFベイトがリーズと3年契約

2021.07.23 08:55 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リーズ・ユナイテッドは22日、チェルシーからU-19イングランド代表MFルイス・ベイト(18)の獲得を発表した。移籍金は非公表。契約は2024年夏までの3年となる。

ベイトはセントラルMFがメインポジションで、左利きのパサー。U-9カテゴリーからチェルシーで過ごして、2019年10月にプロ契約を結ぶなど、パスセンスが魅力の有望株だが、昨季もトップチームデビューを果たせなかった。

慣れ親しむチェルシーを離れ、まずはU-23カテゴリーが主戦場になるようだが、マルセロ・ビエルサ監督がトップチームを率いるリーズに活躍の場を移すベイト。自身のSNSに惜別のメッセージに綴った。
「10年前に初めてコブハムのドアを開けて以降、長くともにした選手たちやスタッフのおかげで、今の僕がある。でも、僕は今こそキャリアの新たな章に進むべきとき。チェルシーのみんなが僕にしてくれたことを永遠に感謝する!」

関連ニュース
thumb

リーズ、ユベントスからアメリカ代表MFマッケニーを買取OP付きのレンタル移籍で獲得

リーズ・ユナイテッドは30日、ユベントスからアメリカ代表MFウェストン・マッケニー(24)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得した。背番号は「28」を着用する。 2021年夏にシャルケからユベントスへ加入したマッケニーは、複数ポジションをこなせるユーティリティ性の高さでチームを支え、公式戦90試合以上に出場。今季もここまで公式戦21試合に出場して3得点2アシストを記録していた。 また、41キャップを誇るアメリカ代表では、リーズに所属するMFブレンデン・アーロンソン、MFタイラー・アダムスと共に昨年末に行われたカタール・ワールドカップにも出場。全4試合に出場しチームのベスト16進出に貢献した。 なお、クラブは2月5日に行われるノッティンガム・フォレスト戦でマッケニーがプレミアリーグデビューする可能性を示唆している。 2023.01.31 07:01 Tue
twitterfacebook
thumb

マッケニーのリーズ移籍迫る! ユーベ指揮官アッレグリも認める

ユベントスのアメリカ代表MFウェストン・マッケニー(24)がリーズ・ユナイテッドに移籍するようだ。 2021年夏にシャルケからユベントスに移り、公式戦90試合以上に出場するマッケニー。今季もカタール・ワールドカップ(W杯)でのプレーを挟みながら、公式戦21試合に出場して3得点2アシストを記録中だが、今冬のマーケット閉幕が近づくなか、リーズ・ユナイテッド行きの噂が浮上している。 プレミアリーグ15位で残留を争うチームと紐づく噂だが、移籍市場に精通するイタリア人記者のファブリツィオ・ロマーノ氏によると、この移籍が決まった模様。120万ユーロ(約1億6000万円)のレンタルに3300万ユーロ(約46億5000万円)+アドオンの買取オプションで決着したという。 マッケニー本人も個人条件で合意に至っており、24時間以内にメディカルチェックを受けるためにイングランドへ。その後、契約にサインするようだ。 そんなリーズを率いるのはアメリカ人指導者のジェシー・マーシュ監督。選手にもMFブレンデン・アーロンソンとMFタイラー・アダムスのアメリカ代表勢がおり、よりアメリカ色の強いチームになりそうだ。 なお、29日にホームでセリエA第20節のモンツァ戦に臨むユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督もイタリア『スカイ』によると、マッケニーの欠場を明言。リーズとのクラブ間合意も明かして、移籍の可能性を認めている。 2023.01.29 11:30 Sun
twitterfacebook
thumb

降格回避へ… 1月中の補強急ぐレスター、リーズFWハリソン獲得は断念か

レスター・シティが、リーズ・ユナイテッドのイングランド人FWジャック・ハリソン(26)獲得を断念したようだ。 ハリソンはリバプールとマンチェスター・ユナイテッドの下部組織育ち。だが、家族の仕事の都合で13歳でアメリカに渡り、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のドラフト抽選を経て、ニューヨーク・シティFCでプロデビューしたという異色の経歴の持ち主だ。 2018年1月には同系列クラブであるマンチェスター・シティへの移籍で母国帰還。シティでの公式戦出場はないが、同年夏にレンタルで加入したリーズでエース級の活躍を披露し、のちに完全移籍へ移行。クラブ通算185試合で29得点28アシストを記録している。 イギリス『90min』によると、プレミアリーグで降格圏と1ポイント差の14位に低迷するレスターが、リーズとの契約を2024年夏まで残すハリソンの獲得を模索するも、リーズへの問い合わせ段階で却下されたという。 前線の選手層が薄いレスターは今冬中の補填に奔走。すでにフィオレンティーナのアルゼンチン代表FWニコラス・ゴンザレス(24)への照会も断られ、現在はレンジャーズのイングランド人FWライアン・ケント(26)、シャフタールの元U-23ブラジル代表MFテテ(22)に接触しているとされる。 2023.01.27 15:28 Fri
twitterfacebook
thumb

ユベントスのマッケニーにリーズが正式オファー、移籍金について交渉中か

リーズ・ユナイテッドがユベントスのアメリカ代表MFウェストン・マッケニー(24)に獲得オファーを出したようだ。 マッケニーは2021年夏にシャルケからユベントスへ加入。複数ポジションをこなせるユーティリティ性の高さでチームを支え、今季も公式戦21試合に出場するなど主力選手の1人としてプレーしている。 一方で、財政難に陥り不正会計による勝ち点15のはく奪処分も受けたユベントスは、資金獲得のための主力売却を計画。一部メディアによると、クラブ幹部は特にマッケニーの売却を希望し、複数のプレミアリーグのクラブに対して逆オファーを仕掛けた模様だ。 イタリア『スカイ・スポーツ』によると、そのうちの1つであるリーズが好反応を示し、総額2800万ユーロ(約39億円)のオファーを出したとのこと。ユベントスは移籍金3500万ユーロ(49億円)+ボーナスを望んでおり、現在両クラブは交渉中だという。 マッケニー自身も、同胞であるジェシー・マーシュ監督が率いるクラブへの加入を前向きに検討しているとのこと。他クラブも関心を示しているものの、現時点ではリーズ加入の可能性が高いと見られている。 2023.01.26 12:03 Thu
twitterfacebook
thumb

主力選手だが… ユーベがマッケニー売却を推進、複数のプレミアクラブに逆オファーか

ユベントスがアメリカ代表MFウェストン・マッケニー(24)の売却を目論んでいるようだ。 マッケニーは2021年夏にシャルケからユベントスへ加入。中盤のあらゆる位置をこなすユーティリティ性が魅力で、本職の中央のみならず、サイドでの起用も。今季は公式戦21試合に出場している。 だが、イギリス『90min』によると、幹部らは今夏の売却を目論み、複数のプレミアリーグクラブに対してマッケニーの「買い取りオプション付き半年レンタル」を逆オファー。いくつかのクラブからは好意的な反応を得ているという。 そのクラブとはアーセナル、ニューカッスル、リーズ・ユナイテッド、アストン・ビラ。プレミアの中堅クラブも含まれるが、いずれも財政難のユベントスより資金力で勝る面々だ。 一方、リバプール、チェルシー、トッテナムの3クラブは以前からマッケニーに関心を寄せているものの、本腰を入れる計画はない模様。移籍の実現性はさておき、不正会計問題の余波が続くユベントスの現状を象徴しているニュースかもしれない。 2023.01.25 18:16 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly