J2最下位の琉球、新指揮官にナチョ・フェルナンデス氏を招へい バレンシア前ヘッドコーチ

2022.06.12 17:59 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
FC琉球は12日、ナチョ・フェルナンデス氏(49)の監督就任を発表した。入国日、チームの合流日については改めて発表される。

ナチョ・フェルナンデス氏はスペイン出身で、UEFAプロライセンスを所有。自国のクラブを中心に指導者の道を極め、かつてアトレティコ・マドリーBの監督を歴任したほか、今季はバレンシアのヘッドコーチを務めた。

スペインで磨き上げた手腕が期待されるナチョ・フェルナンデス監督はクラブ公式サイトで「はじめまして。FC琉球の新監督に就任するホセ・イグナシオ・フェルナンデス(ナチョ)です」と切り出すと、意気込みを語った。

「まずFC琉球の社長である倉林様、強化部の皆様、私にこの機会を与えてくれた事、名誉ある日本の偉大なチームで私を信頼し指揮を任せてくれた事、全員がひとつとなり現在の困難な状況から抜け出す為にと仕事を託してくれた事に心から感謝いたします」

「FC琉球を愛するファミリーの皆様にもごあいさつし、これからエキサイティングな挑戦に立ち向かい、私の仕事でこのクラブが在るべき場所に辿り着くようにする事を約束します」

「クラブ、チームを支えるすべての人が重要であることはもちろん、それ以上に私たちのスタジアムに訪れるFC琉球ファミリーの皆様のサポートに勝る重要な事はありません」

「ホームスタジアムであるタピック県総ひやごんスタジアムを今以上の熱い気持ちでよりホームにし、ここにやってくるライバルチームが勝点を奪うことが難しい場所となるようにしなければいけません」

「この場をお借りしてFC琉球を愛する皆様にお願いしたい事は、困難なこの瞬間に全員が一つになり立ち向かい、選手達を支え、励まし、応援し、選手達自身が皆さんのサポートを大きく感じることができるようにして頂きたいです。そうなれば私たちが定めた目的を達成することができるはずだからです」

「私は奇跡は約束できません。しかし私がハードワークする事、皆様の団結があればどんな時でも粘り強く、たゆまぬものになることを保証します。私たちは日々全力でハードワークし、チームの最大限の力を発揮できるように努めます」

「私たちは定義されたシステムを持ちません。アイデアがそこにあれば、システムは素晴らしい選手達が創り出します。日々ハードワークする事、そしてチームとして大胆に戦う事を、私はここに誓います。バモス! 琉球!」

明治安田生命J2リーグで最下位に沈む琉球。8日に喜名哲裕前監督を解任し、11日に行われた第21節のV・ファーレン長崎戦はヘッドコーチの倉貫一毅氏が暫定的に指揮を執った。

関連ニュース
thumb

元日本代表MF加藤恒平、琉球入りでJリーグ復帰を果たす! 直近はタイでプレー

FC琉球は12日、元日本代表MF加藤恒平(33)の加入決定を発表した。背番号は「37」。契約報酬の一部は琉球が発行した暗号資産FCRコインにて支払われる。 加藤は2012年にFC町田ゼルビアでプロキャリアを始めて以降、これまでモンテネグロやポーランド、ブルガリア、ジブラルタル、ポルトガル、タイでプレー。2018年3月にサガン鳥栖入りしてJリーグ復帰を果たした時期もあったが、その後は再び海外に出て、2022年からタイのチェンライ・ユナイテッドFCに活躍の場を移した。 そのチェンライ・ユナイテッドではAFCチャンピオンズリーグ2022の4試合でプレーし、この夏から琉球でJリーグでのキャリアを再開させることに。2017年5月にヴァイッド・ハリルホジッチ体制下の日本代表に初選出され、話題も呼んだ加藤は琉球の公式サイトを通じて、意気込みを語っている。 「この度FC琉球に加入することになりました、加藤恒平です。チームの目標は明確で、それに対して少しでも力になれるように覚悟を決めて来ました。それが伝わるようなプレーが出来るようにしっかり準備をして、なるべく早くチームに溶け込めるように頑張ります。ファンの皆さんの前でプレー出来るのを楽しみにしています。よろしくお願いします!」 2022.08.12 14:35 Fri
twitterfacebook
thumb

琉球がブラジル人FWヴィニシウス・ドスサントスと契約解除…今季は4試合無得点

FC琉球は9日、ブラジル人FWヴィニシウス・ドスサントス(22)との契約解除を発表した。 ヴィニシウス・ドスサントスは2021年8月にサンパウロ州3部のナシオナルACから期限付き移籍で加入していた。 2021年は出番がなかった中、今シーズンは明治安田生命J2リーグで4試合に出場。天皇杯で1試合に出場していた。 ヴィニシウス・ドスサントスはクラブを通じてコメントしている。 「僕にチャンスを与えてくださったFC琉球クラブ一同に感謝したいです。このクラブで沢山の思い出を築き、素晴らしい友人たちに出会うことが出来ました。チームは今厳しい状況ですが、みんなが一丸となって困難を乗り越えることを願っています」 「そして、いつも心温かく僕のことを応援してくださったサポーターの皆様に心より感謝申し上げます。今シーズン残り頑張ってください。VAMOS!」 2022.08.09 19:12 Tue
twitterfacebook
thumb

琉球の選手2名が新型コロナ陽性…選手1名が濃厚接触疑い者に

FC琉球は4日、トップチームの選手2名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、選手1名は1日の抗原定性検査で陽性疑いとなり、沖縄県内の病院でPCR検査を受けて陽性判定となった。 またもう1名は、2日の定期抗原定性検査で陽性に。3日に県内の病院でPCR検査を行い、陽性診断となった。 なお、選手1名が濃厚接触疑い者となったとのこと。2日に受けた抗原定性検査、PCR検査では陰性となったが、4日に改めて抗原定性検査を受けたという。 2022.08.04 19:03 Thu
twitterfacebook
thumb

琉球選手1名が新型コロナ陽性診断…30日の熊本戦は陰性判定者でエントリー

FC琉球は30日、トップチーム選手1名の新型コロナウイルス感染症陽性診断を報告した。 当該選手は29日深夜に発熱症状があり、翌日に県内病院にてPCR検査を受け、陽性診断。適切な指導及び対策のもとで療養中で、チーム内にJリーグのガイドラインに基づく濃厚接触疑いの者はいないという。 30日に行われる明治安田生命J2リーグ第29節のロアッソ熊本戦は試合当日のスクリーニング検査で陰性判定の者でエントリー予定とのことだ。 2022.07.30 16:20 Sat
twitterfacebook
thumb

琉球の選手6名がコロナ陽性…選手1名が濃厚接触疑い者に

FC琉球は28日、トップチーム選手6名が新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けたことを報告した。 また、Jリーグのガイドラインに基づく「濃厚接触疑い者」にクラブ内の1名が該当しており、陽性者と濃厚接触疑いの者は適切な指導及び対策のもと、チーム活動から離れ療養しているという なお、28日にトレーニング前に実施したスクリーニング検査(抗原定性検査)においては、当該選手6名を除く選手・スタッフ全員の陰性が確認されているという 2022.07.28 18:32 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly