バレンシア、脅迫発言疑惑のアニル・マーシー会長の解任を発表

2022.05.31 00:31 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バレンシアは30日、アニル・マーシー会長(49)の解任を発表した。

2017年7月にバレンシアの会長に就任したシンガポール人実業家のアニル・マーシー氏。以降、5年間に渡ってバレンシアのために尽力してきたが、その一方で所属選手との衝突が取り沙汰され、最近では今冬に退団をを望むような発言をしていたスペイン代表MFカルロス・ソレールに対し、第三者との食事会で脅しをかけるような発言をしていたと、音声付きで報じられ、物議を醸していた。

マーシー会長はすぐに公式声明で状況を説明したが、クラブは30日に取締役会を実施。その席でアニル・マーシー会長の解任が決定した。
「流出したアニル・マーシーと様々な第三者との会話の内容は、アニル・の個人的な意見であり、バレンシアの意見ではないことを明確にしたい。そして取締役会は、バレンシアを成功への道に導くため、ファンや地域社会からの信頼を回復するために指導者の交代が必要であるとの結論に至った。これによりアニルはバレンシアの会長およびフロントから退任する」

なお、バレンシアは、アカデミーのディレクターを務めるショーン・バイ氏が暫定CEO(最高経営責任者)に、非常勤取締役であるコジャマ・カリムディン氏が取締役会の暫定会長に就任したことも併せて発表している。

関連ニュース
thumb

エンリケ監督、軽傷のガヤを離脱させた理由を明かす「他に任せられる選手がいなかった」

スペイン代表を率いるルイス・エンリケ監督が、前日会見でバレンシアに所属するDFホセ・ルイス・ガヤを離脱させた理由を説明した。 ガヤは16日に行われたトレーニング中に右足首を捻挫すると、エンリケ監督はすぐに同選手の離脱とバルセロナのDFアレハンドロ・バルデの追加招集を決断。しかし、バレンシアで行われた検査で7~10日の離脱と診断され、27日に行われるドイツ代表とのグループリーグ第2戦には十分間に合うことが発覚。これにより、ガヤを帰国させたスペインサッカー連盟(RFEF)とエンリケ監督には国内から批判の声が挙がっていた。 そんな中、エンリケ監督は22日にグループリーグ初戦のコスタリカ代表戦に向けた前日会見で、ガヤについて自身の決断を説明した。 「私の気持ち次第でガヤはまだここにいられただろうが、私は決断を下さなければならなかった。当初の診断では10~15日のケガで、2試合はプレーできないとされていたね。代表監督という責任がある以上、チームのためにベストを尽くさなければならない」 「左サイドバックだけは、他に任せられる選手がいなかった。僕らが求めるものに対応できる人はね。他のポジションだったら、その選手はここにいるはずだ。だが、左サイドバックでプレーするための特長を持った選手は2人しかいなかった」 「ガヤは私にとって特別な存在でとても気が合う。だけど、私は自分の感情よりもチームを優先させなければならない」 2022.11.22 23:20 Tue
twitterfacebook
thumb

スペイン代表、負傷のDFガヤ離脱が決定か… 代役はバルサのM・アロンソorバルデ

カタールW杯に臨むスペイン代表から、バレンシア所属DFホセ・ルイス・ガヤの離脱が決まったようだ。 今大会のグループステージ第3戦で日本代表と対戦するスペイン代表は、16日にガヤがトレーニング中に足首を負傷したと明らかに。同選手はW杯前最後の強化試合となった17日のヨルダン代表戦を欠場していた。 スペイン『Fichajes』によると、ケガはさほど深刻ではないものの、スペインサッカー連盟(RFEF)とルイス・エンリケ監督はガヤの離脱を決定。現時点では追加招集される選手は発表されていない。 代役としてカタールに飛ぶと考えられる選手はバルセロナのDFマルコス・アロンソと、同じくバルセロナのDFアレハンドロ・バルデ。ガヤの離脱および追加招集については、18日か19日にも正式発表される見通しだという。 2022.11.18 20:47 Fri
twitterfacebook
thumb

スペイン代表、ガヤ負傷でベティスDFを追加招集? ククレジャやバルデも候補か

カタールW杯に臨むスペイン代表でメンバー変更があるかもしれない。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。 W杯のグループステージ第3戦で日本代表と対戦するスペイン代表。16日にDFホセ・ルイス・ガヤがトレーニング中に負傷したと明らかにしており、同選手はW杯前最後の強化試合となったヨルダン代表戦を欠場している。 ルイス・エンリケ監督も試合後の記者会見で心配な胸の内を吐露していたなか、ガヤに代わる追加招集が検討されている模様。レアル・ベティスのDFアレックス・モレノを招集する可能性があるようだ。 また、エンリケ監督は「18日中に何らかの決定を下し、発表をする」とも話しており、モレノの他にはチェルシーのDFマルク・ククレジャ、バルセロナのDFアレハンドロ・バルデの招集も議論されているとのことだ。 2022.11.18 15:09 Fri
twitterfacebook
thumb

スペイン代表DFガヤがトレーニングで足首捻挫…最大10日間離脱の可能性でメンバー入れ替えか

スペインサッカー連盟(RFEF)は17日、スペイン代表DFホセ・ルイス・ガヤの負傷を発表した。 日本代表と同じグループEに入っているスペイン。17日にはヨルダン代表とのフレンドリーマッチを行う。 その中で、ルイス・エンリケ監督はチーム情報をアップデート。ヨルダン戦に関しては、FWアルバロ・モラタ、MFマルコス・ジョレンテ、DFウーゴ・ギジャモンが予防的措置によりメンバーに入れないことを発表した。 また、16日のトレーニングでガヤが負傷。右足首の軽度外側捻挫と診断されたとのこと。MRI検査を受ける予定となっており、結果が出るまでプレーはさせないことを決めたという。 しかし、最新の情報をスペイン『アス』が伝えており、1週間から10日の離脱になる可能性があるとのこと。初戦のコスタリカ代表戦ではプレーが不可能となった。 当初メンバー変更についてはルイス・エンリケ監督が考慮していなかったが、第2戦のドイツ戦も難しいとなれば、選手を入れ替える可能性もあるという。 代役としてはバルセロナのDFマルコス・アロンソが候補に上がっている。 2022.11.18 00:05 Fri
twitterfacebook
thumb

「リスクを冒す時が来た」久保建英は9日も復帰? イマノル監督が復帰示唆、ベンチ入りも起用しなかった理由も明かす

レアル・ソシエダのイマノル・アルグアシル監督が、日本代表MF久保建英と元スペイン代表MFダビド・シルバを起用しなかった理由を説明した。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 ソシエダは6日、ラ・リーガ第13節でバレンシアをホームに迎えた。 10月27日に行われたヨーロッパリーグ(EL)のオモニア・ニコシア戦で左肩を脱臼した久保。1日に発表された日本代表のカタール・ワールドカップ(W杯)メンバーにも無事に選出されたが、先週末のラ・リーガを挟み、3日に行われたELのマンチェスター・ユナイテッド戦も欠場していた。 バレンシア戦も欠場が濃厚と見られていた中、イマノル監督は久保をベンチ入りさせることに。また、負傷中だったダビド・シルバも揃ってベンチ入りした。 試合前には「久保は今週貢献したいと行ってきた。非常に重要だ。非常に良いニュースであり、ダビドからも同じことを言われた」と語っていたイマノル監督は、その言葉通りベンチ入りさせた。 試合は10分にオウンゴールで先制するも17分にアリツ・エルストンドが一発退場。数的不利になると、25分にはサムエウ・リーノにゴールを許し同点に。長い時間数的不利な状態が続いたが、そのまま1-1のドローに終わった。 イマノル監督は、結局久保とダビド・シルバを起用しなかったが、「長い間プレーしていない」とその理由について説明。数的同数であれば起用したと語った。 「確かに11vs11であればフィールドに立っただろう。ただ、彼らはいなかった。1人少ない状態でプレーすることになったからだ」 ただ、9日に予定されているセビージャ戦では復帰することを示唆。「彼らはより良くなるだろう。リスクを冒す時が来た」とコメントしている。 2022.11.07 14:33 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly