レアル・マドリーがナポリGKオスピナの獲得検討か

2022.05.18 10:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーがナポリからコロンビア代表GKダビド・オスピナ(33)の獲得を検討しているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。

ベルギー代表GKティボー・クルトワが絶対的守護神に君臨するレアル・マドリー。第2GKとしての役割を担うのがウクライナ代表GKアンドリー・ルニン(23)だが、選手は今夏の移籍を頭に巡らせている模様だ。

8日に行われたアトレティコ・マドリーとのラ・リーガ第35節でようやく加入後初のリーグ戦出場を果たしたなか、より多くのプレータイム、あるいは先発としてのチャンスがある環境を求めているという。

レアル・マドリー内では代役に関する協議が始められ、かつてパリ・サンジェルマンから獲得したフランス代表GKアルフォンス・アレオラのような実績を持つGKで穴埋めを図る方針を固めているのことだ。

そこで議論に挙がるのがかつてカルロ・アンチェロッティ監督の下でプレーした経歴を持ち、今季限りでナポリとの契約が満了するオスピナ。レアル・マドリー入りとなれば、クルトワとの争いが待つが、いかに。

なお、ルニンに関しては出番を得られるクラブを探しているものの、レアル・マドリーから完全に去ることは望んでいないとのことで、移籍となってもレンタルになる可能性があるようだ。

関連ニュース
thumb

ユナイテッドのカゼミロ獲得に現実味? 選手本人前向きでクラブ間交渉も進展か

マンチェスター・ユナイテッドのブラジル代表MFカゼミロ(30)獲得交渉に進展が出てきているようだ。 プレミアリーグで開幕2連敗を喫し、最下位に沈んでいるユナイテッド。今夏の移籍市場ではホールディングMF獲得が優先事項の一つとなっていたが、ここまでターゲットにしている選手をことごとく逃している。獲得に近づいていたとされるフランス代表MFアドリアン・ラビオに関しては、高額なサラリーを要求されたことで破談に。再び振り出しに戻った。 現在、クラブはブライトンのエクアドル代表MFモイゼス・カイセドという現実的なターゲットの獲得に関心を示す一方、レアル・マドリーの中盤を長年支えるワールドクラスの獲得に動いている模様だ。 スペイン『アス』やイギリス『The Athletic』など複数メディアが報じるところによれば、ユナイテッドとマドリーは今週初めに同選手の獲得交渉を本格化。ユナイテッドの幹部がマドリードに渡り、すでに会談を行ったという。 現時点でクラブ間、個人間のいずれでも合意には至っていないが、現在は6000万ポンド(約97億3000万円)の移籍金で交渉が行われている模様だ。 一方、マドリーと2025年まで契約を残すカゼミロに関しては、オールド・トラッフォード行きに前向きな姿勢を示している模様。ユナイテッドが掲示する現行給与の2倍以上のオファーに関しては信ぴょう性は怪しいものの、選手自身が移籍に関心を示していることは確かなようだ。 一方、マドリーに関してはフェデリコ・バルベルデ、エドゥアルド・カマヴィンガ、そして今夏加入したオーレリアン・チュアメニと中盤に若手選手を揃えており、来夏にはドルトムントのイングランド代表MFジュード・ベリンガムの獲得にも動く構えで、カゼミロの意向次第では適切なオファーが届いた場合、放出に踏み切る可能性もあるという。 また、カゼミロの流出の可能性を考慮してニューカッスルのブラジル代表MFブルーノ・ギマランイスら代役候補の確保に動く可能性も伝えられている。 これまでユナイテッドが獲得に固執してきたバルセロナのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングと比較すると、カゼミロとエリク・テン・ハグ監督の採用する戦術の相性は微妙なところ。ただ、同選手の加入によって同胞MFフレッジがセレソンで見せるハイパフォーマンスをクラブチームでも披露できる可能性も高く、その選手としての能力の高さに加えて、プラスアルファをもたらすことも期待される。 2022.08.19 00:01 Fri
twitterfacebook
thumb

カディスがマドリーの若手MFアントニオ・ブランコをレンタル!

カディスは18日、レアル・マドリー・カスティージャからU-21スペイン代表MFアントニオ・ブランコ(22)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 2013年にレアル・マドリーのカンテラに加入したブランコは、以降各カテゴリーで主力を担ってきた176cmのインテリオール。スペインの年代別代表の常連でもあるエリートMFは、2018年にカスティージャへ昇格。2021年4月に行われたラ・リーガのヘタフェ戦ではトップチームデビューも飾っている。 以降はカスティージャを主戦場としながらも、ここまでトップチームで通算6試合に出場。ボール奪取能力と豊富な運動量、正確な繋ぎに定評がある生え抜きMFは、将来的なトップチーム定着も期待される逸材の一人だ。 2022.08.18 22:21 Thu
twitterfacebook
thumb

移籍先が見つからないレアルMFヘイニエル、ジローナへのレンタルが近づく

EU圏外枠の問題もありチームに登録することができないレアル・マドリーのU-23ブラジル代表MFヘイニエル(20)だが、移籍先がようやく決まりそうだ。 ヘイニエルは2020年1月にフラメンゴからレアル・マドリーへと完全移籍。2020年8月には2年間のレンタル移籍でドルトムントへと武者修行に出ていた。 EU圏外枠の関係もありレンタルに出されたヘイニエルだったが、2シーズンで出場した試合は39試合。1ゴール1アシストという結果に終わり、両クラブにとっても、ヘイニエルにとってもプラスに働いたものとはならなかった。 マドリーは新シーズンもEU圏外枠の3枠は、ヴィニシウス・ジュニオール、ロドリゴ・ゴエス、エデル・ミリトンの3人で埋まっている状況。その中で、放出が予想されていたヘイニエルにはベンフィカが興味を示していた。 しかし、条件面で折り合いがつかずに破談。移籍先が見つからないままシーズンが開幕した。 そのヘイニエルだが、行き先として決定が近づいているとされるのがジローナだ。スペイン『アス』によれば、レンタル移籍することで合意達会という。 マドリーのOBであるロナウド氏が会長を務めるレアル・バジャドリー行きも噂された中、ジローナ行きが濃厚に。早ければ、今週末までに決着がつくとみられ、マドリーは一刻も早く決めたい考えのようだ。 ジローナの指揮官であるミチェル監督もヘイニエル加入を希望。マドリーとしても理想的な成長をさせてもらえるだけでなく、ラ・リーガの舞台でそれが叶うことは大きいとみているようだ。 2022.08.18 16:54 Thu
twitterfacebook
thumb

マドリー退団のマルセロに引退の可能性…今後はクラブ経営に注力か

元ブラジル代表DFマルセロ(34)に引退の可能性が浮上している。スペイン『マルカ』が伝えた。 昨シーズン限りで2007年から続いたマドリーでのキャリアに終止符が打たれたマルセロ。在籍16シーズンで公式戦545試合に出場し、獲得したタイトルはクラブ歴代最多の25個。まさに生きるレジェンドだった。 気になる去就に関しては、カタールやMLSからオファーがあったようだが、その誘いを全て拒否。34歳は現在、実業家としてのキャリアを始める準備をしているようだ。 『マルカ』によれば、マルセロはブラジル・カンピオナート・パラナエンセに所属するアズリスとポルトガル2部リーグのマフラを所有しており、ゆくゆくはブラジルとヨーロッパの移籍市場の架け橋になることを考えているという。 また、将来的にマドリーのアンバサダー就任やや上層部入閣も視野に入れているとのことで、このタイミングでの現役引退は驚くことではないようだ。 2022.08.18 14:45 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドはカゼミロに5年契約を提示…1370億円の契約解除条項を設定もレアルは本人の意思を尊重か

ブラジル代表MFカゼミロ(30)を狙うマンチェスター・ユナイテッドだが、そのハードルはかなり高いものとなっている。スペイン『アス』が伝えた。 プレミアリーグで開幕2連敗を喫し、最下位に沈んでいるユナイテッド。今夏の移籍市場で中盤を補強したい考えがあった中、ここまでは最終ラインにDFタイレル・マラシア、DFリサンドロ・マルティネス、中盤はMFクリスティアン・エリクセンの獲得にとどまっている。 ターゲットにしている選手をことごとく逃している中、獲得に近づいていたフランス代表MFアドリアン・ラビオは、高額なサラリーを要求されたことで破談に。再び振り出しに戻った。 その中でターゲットにあげたのがカゼミロ。押しも押されぬレアル・マドリーの中盤を支える要であり、獲得は容易ではない。 エリク・テン・ハグ監督は、ファン・サポーターの怒りを理解。クラブに納得できる補強を要請しているが、近年のスポーツ・マネジメントでの不出来は誰もが知るところ。今夏もそのツケが回ってきている状況だ。 イギリス『テレグラフ』によれば、ユナイテッドは6000万ユーロ(約82億3500万円)の移籍金を支払うとしていたが、その金額では獲得は難しいとされている。 マドリーは1年ほど前にカゼミロと2025年夏まで契約を延長したが、その際に10億ユーロ(約1370億円)の契約解除条項を設定していたとのこと。手放す気がクラブにないことを示す額ということだ。 また、フェデリコ・バルベルデ、エドゥアルド・カマヴィンガ、そして今夏加入したオーレリアン・チュアメニと中盤に若手選手を揃えているが、あくまでも中長期的な世代交代の準備であり、まだまだ現段階のプランではカゼミロの存在は重要とのこと。カルロ・アンチェロッティ監督も残留を望んでいる。 ただ、アンチェロッティ監督はカゼミロと話し合い、金銭的なことよりも自身の気持ちを大切にするように望んでいるという。 ユナイテッドは5年契約をカゼミロに提示。このオファーを本人が受けるつもりであれば、マドリーはあくまでもカゼミロ本人の意思を優先するようだ。 2022.08.18 12:55 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly