降格圏リーズ、2試合連続の危険タックル退場に指揮官も嘆き「デジャヴだ」

2022.05.12 19:07 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リーズ・ユナイテッドのジェシー・マーシュ監督が、2試合連続の失態を悔やんだ。イギリス『BBC』が伝えた。

降格圏に沈むリーズは11日、プレミアリーグ第33節の延期分でチェルシーと対戦した。

マンチェスター・シティ、アーセナルと上位相手に連敗中のリーズは、同じく上位のチェルシーと対戦すると、4分にメイソン・マウントのゴールで失点してしまう。

さらに24分には、ダニエル・ジェームズマテオ・コバチッチに対して危険なタックルを見舞ったことで一発退場に。後半には2失点を喫し、0-3で敗れた。

残留に向けて苦しい状況が続いているリーズだが、3日前の8日に行われたアーセナル戦と全く同じ失敗を繰り返してしまった。

アーセナル戦では、開始5分でエディ・エンケティアにゴールを奪われると、10分にもエンケティアにゴールを決められ2-0に。すると、27分はルーク・エイリングがガブリエウ・マルティネッリに危険なタックルを見舞い、退場となっていた。

2試合連続での立ち上がりの失点、前半のうちに退場者を出すという失態に、マーシュ監督がコメント。選手を責めるつもりはないとしながらも、学ばなければいけないとした。

「悔しい。序盤に失点し、また1人少なくなってしまった。デジャヴだ」

「このままでは、自分たちの力を試すことができず、さらに上を目指すこともできない。また1人、選手を失うこととなった」

「この2試合で2つのタックルが、わずかに一線を超え、チームを傷つけてしまった」

「選手たちを責めたり、非難したりするつもりはない。彼らは全力を尽くしてくれている」

「自分たちを危険に晒さないよう、境界線の中で止まらなければいけない」

なお、プレミアリーグの1シーズンにおいて、リーズはイエローカードとレッドカードを合わせて100枚もらう初めてのチームになるという不名誉な記録も作ってしまった。

1 2

関連ニュース
thumb

シティがイングランド代表MFフィリップス獲得でリーズと合意報道、移籍金総額75億円か

リーズ・ユナイテッドのイングランド代表MFカルヴァン・フィリップス(26)に関して、マンチェスター・シティが獲得で合意に至ったようだ。イギリス『BBC』が伝えた。 リーズの下部組織出身のフィリップス。2015年7月にファーストチームに昇格すると、チャンピオンシップ(イングランド2部)で経験を積み、チームと共にプレミアリーグへ昇格した。 プレミアリーグでは2020-21シーズンに初めてプレミアリーグでプレーした中、これまで49試合に出場し1ゴール3アシストを記録。イングランド代表にもすぐに招集されると、主軸に定着し、ユーロ2020ではレギュラーとして準優勝に貢献した。 シティは今夏のターゲットとしてフィリップスを設定。『BBC』によると、シティはリーズに移籍金4200万ポンド(約70億円)を支払い、プラス300万ポンド(約5億円)のボーナスを支払う可能性があるという。 シティでは中盤を9シーズンに渡ってきた元ブラジル代表MFフェルナンジーニョが退団。スペイン代表MFロドリと共に、中盤の守備的なポジションを任せる選手の獲得を望んでいた。 2022.06.25 05:30 Sat
twitterfacebook
thumb

アーセナルのハフィーニャへのオファーは拒否か、108億円の解除条項があるとも

アーセナルが獲得に乗り出しているリーズ・ユナイテッドのブラジル代表FWハフィーニャ(25)だが、拒否されるようだ。イギリス『BBC』が報じた。 ハフィーニャはプレミアリーグの2シーズンで 64試合に出場し17ゴール11アシストを記録。2年目のシーズンでは二桁ゴールを記録するなど評価を高めた。 そのハフィーニャにはバルセロナが獲得に動いている中、アーセナルも興味。リーズへ正式なオファーを出したとされている。 しかし、アーセナルのオファーはリーズが求めるものよりも低く、確実に拒否されると見られている。 一方で、バルセロナはクラブの財政問題があり、ハフィーニャが欲しいものの、獲得に動ける資金がないと見られている。 ただ、イギリス『ガーディアン』によるとハフィーニャには解除条項があるとされ、その金額は6500万ポンド(約108億2300万円)とされている。 今夏も若い選手を中心に積極的に補強を進め、選手層を厚くしているアーセナルだが、確実に確保するために大金を費やす可能性は高いと見られている。 2022.06.23 10:40 Thu
twitterfacebook
thumb

積極的に動くアーセナル、ハフィーニャ売却に100億円求むリーズとの交渉継続か

アーセナルがリーズ・ユナイテッドのブラジル代表FWハフィーニャ(25)に最初のオファーを提出するも、拒否されたようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 今シーズン、残留争いに巻き込まれたリーズで奮闘しプレミアリーグ35試合出場11ゴール3アシストの好成績を残したハフィーニャ。多くのビッグクラブが関心を寄せており、今夏の移籍市場の注目銘柄になっている。 ハフィーニャに対してはバルセロナが強い関心を示していたが、財政難に苦しむクラブは移籍金の捻出に苦戦しており、ここまで具体的なオファーは出していない。それに対して、積極的な動きを見せたのがアーセナルだ。 21日にポルトから移籍金総額4000万ユーロ(約56億7300万円)でMFファビオ・ヴィエイラの獲得を発表したアーセナルは間髪入れず、リーズに対してハフィーニャ獲得のオファーを提出したという。 しかし、移籍金の金額がリーズの要求に達していなかったことから、すぐに却下されたようだ。リーズはハフィーニャに対して6000万ポンド(約100億円)の移籍金を求めているが、アーセナルは引き続き交渉を続けていくと報じられている。 アーセナルはハフィーニャのほか、マンチェスター・シティのブラジル代表FWガブリエウ・ジェズス(25)やアヤックスのアルゼンチン代表DFリサンドロ・マルティネス(24)獲得に向けた交渉も行っており、積極的な夏を過ごしている。 2022.06.22 11:52 Wed
twitterfacebook
thumb

今夏積極補強のリーズ、指揮官の教え子であるライプツィヒMFにも関心か

リーズ・ユナイテッドがRBライプツィヒのアメリカ代表MFタイラー・アダムス(23)獲得に関心を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 リーズは今年2月に就任したジェシー・マーシュ監督の下で、今夏積極的な補強に着手。すでに指揮官がかつて指揮したレッドブル・ザルツブルクからアメリカ代表MFブレンデン・アーロンソン(21)とデンマーク代表DFラスムス・クリステンセン(24)を獲得したほか、バイエルンからスペイン人MFマルク・ロカ(25)の補強にも成功している。 しかし、マーシュ監督は中盤の要であるイングランド代表MFカルヴァン・フィリップスにマンチェスター・シティ移籍の可能性があることから、さらなる補強を望み、ライプツィヒのアダムスに狙いを定めているようだ。 ニューヨーク・レッドブルズのアカデミー出身であるアダムスは2019年に加入したライプツィヒで徐々に出場機会を増やすと、今季は公式戦36試合に出場。チームのトップ4フィニッシュに貢献している。 アダムスは今冬もアーセナルが関心を示すなどビッグクラブが注目する存在だが、同胞でありライプツィヒ時代に同選手を指導した経歴を持つマーシュ監督は、獲得に自信を示しているようだ。 2022.06.21 16:39 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナルがブラジル代表FWハフィーニャ獲得に接近、ぺぺを放出しサカとポジション争いへ

今夏のバルセロナ移籍が取り沙汰されているリーズ・ユナイテッドのブラジル代表FWハフィーニャ(25)だが、アーセナルへの移籍に近づいているようだ。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えた。 ヴィトーリア・ギマランイス、スポルティング・リスボン、スタッド・レンヌでプレーした後、2020年10月にリーズへと完全移籍したハフィーニャ。2シーズンを戦い、公式戦66試合で17ゴール11アシストを記録している。 プレミアリーグに復帰したリーズを支えるエースは、バルセロナへの移籍が噂されていた中、ここまで具体的なオファーもなし。クラブには優先すべき事項が多々あり、後回しになっている状況だ。 そんな中、攻撃時の補強したいアーセナルが獲得に積極的に動いており、早ければ今週中にも纏まるのではないかと見られている。 今夏の移籍市場でもミケル・アルテタ監督とスポーツ・ディレクター(SD)のエドゥ氏の方針に基づき、サンパウロのFWマルキーニョス(19)、ポルトのU-21ポルトガル代表MFファビオ・ヴィエイラ(22)、アメリカ代表GKマット・ターナー(27)を確保。さらに、エディ・エンエンケティア(23)とも契約延長を結ぶなど、順調に動いている。 そのアーセナルは、ウインガーを手にしたいところ。右サイドはイングランド代表MFブカヨ・サカがレギュラーを務めている一方で、クラブ史上最高額の移籍で加入したコートジボワール代表FWニコラ・ペペが期待外れに終わっている状況。そこにハフィーニャを迎えたい考えのようだ。 ぺぺはアーセナルで苦しい時間を過ごしており、自身の将来を考えているとのこと。多くのクラブが興味を示している一方で、給料の高さがネックとなっており、獲得に動き出せず、ハフィーニャの獲得が決まれば動きにも影響が出てくることになりそうだ。 2022.06.20 22:10 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly